あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

蓮舫ネタは関心を持ち続けるべし!

2017-07-20 23:27:03 | 政治(安倍政権)
 ネットでは、やっぱりというか、予想通りというか。蓮舫の用意した書類の検証が始まっている。

 ちなみに。こんなツイッター画像が拡散しているが、これが本当に偽造なのかどうか、ちゃんと分かる人は現時点ではいないようだ。



 OKOK。この件については、それでいいと思う。
 なんといっても、この件はほっとくとフェードアウトしてしまう。蓮舫が戸籍謄本公開まで追い込まれ、二重国籍である事が発覚したのは、はっきり言ってネットの力である。
 ネットで騒がれなければ、単なる疑惑として、一部の人が不審に思うだけで、スルーされてしまっていたに違いないのだ。

 大切な事は、継続して関心を持ち続ける事だ。いくら反日マスコミであっても、熾火のようにくすぶり続けるネットの話題には、もはや完全無視を決め込む事は困難だ。

 ましてや、最近の産経新聞のスタンスは「ネットで話題になっている事をきちんと裏をとって記事にする」である。いや素晴らしい。

 俺は、このままネットでこの話題を継続して騒ぎ続ければ、いずれ、蓮舫が準備したネタが真モノなのか偽物なのか、どっちであったとしても、きちんと裏取りをして公開してくれると信じている。

 信じているぞ産経!!


 ところで。ウチでもエントリしてるし、ご存知の通り、蓮舫のネタは現在マスコミ報道では収束に向かわせようとしているような感じがしている。

 そこで、蓮舫の今の状態を端的に問題があると知らしめるパワーワードが必要だと思うのだ。毎度の如く、連中は犯罪者から被害者へと、マスコミを使って擬態する。見ているとヘドが出そうなんだけど。

 で。2chのスレタイ職人がすばらしいワードを見つけてくれたので。
 それを紹介し、できるだけ多くの人の心に刻みたいと思う。

 元ネタであるツイッターのモクトモク氏、素晴らしい「標語」をありがとう。

20年以上無免許運転を続けていた人間が運転免許を見せろと言われ続けて、やっと1年前に取得した免許をハイこれですと見せて、無免許運転者に免許を見せろというのはこれを最後にしてほしい、これは無免許運転者に対する差別だ、と逆切れして差別の話にしようとしている。それが蓮舫氏。


 先日のサッカー浦和VS済州の、韓国人選手による日本人暴行殺人未遂事件の、韓国人容疑者に対する減刑も、一部日本の責任とする事で決まったし、ホント、特定日本人界隈(中国人、韓国人、特定日本人)は、被害者ズラが上手いこって。

 心底うっとおしいわ。擦り寄ってくるんじゃねぇ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

宇治原史規特別監修版 今さらこんなこと他人には聞けない辞典

コメント (1)

メディアの自画自賛

2017-07-20 00:16:00 | 国内の事件
 テレビが。自分の事を自ら洗脳メディアだとのたまってるな。アホちゃうか。

【ITM】テレビの信頼度は過去最高、ネットは最低に――博報堂「こども20年変化」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1707/19/news103.html

 そんなバカな──────

 そんな気分になるかもしれないが。これの種明かしは簡単である。

博報堂がこのほど行った、小学4年生~中学2年生を対象にした調査「こども20年変化」で、こんな結果が出た。

 これは、ネットに触れる前の子供に対する意識調査なのである。
 まあタイトルにもあるんだけどな。なら、当然の結果だ。

 現在、俺の目線で見てみると。テレビはぜんぜん、信用できねぇ。
 様々な捏造がテレビでは行われ、それがネットで簡単に検証されてしまい、証拠があってその上で炎上している。

 そんなテレビを過去最高に信頼している子供達。
 でもって、なぜネットが信頼できないものと写っているのか。

 当然、その年代の子供達はネット導入前か、黎明期だからだ。
 俺ぐらいのキャリアでも、ネットは怖いと思う。注意しなければいけない世界だと思う。炎上事件も後を絶たない。ネットを利用しはじめて間もなかったり、まだ利用した事がない子供にとっては、危険地帯という意識があってもおかしくなく、それはむしろ正常であろう。

 でも。今やネットなしではマトモな情報収集はできない。
 若いんだし、そのうちネットは必要不可欠なものとなってくる。高校から大学にかけてとなると、この信頼度とはどうなる。どんなアンケ結果になるんだろうね。

 ちなみに。こんな記事もあったりする。

【朝日】低下傾向にあるメディアの情報信頼度
http://www.asahi.com/articles/SDI201611172639.html

 もちろん、テレビや新聞と比較するとネットの信頼度は低いんだけど…。
 特に民放は信頼度を低下させており、ネットの信頼度に迫りつつある。どんなけ信頼度低いねん!と、ツッコミを入れたくなるぐらいだ。
 基本、嘘も混じっている事が前提のネットと、絶対に嘘は言ってはいけないマスコミと比較してこの結果なんだぜ?

 ネットがなければ、今頃社会はどうなっていたんだろうと、暗澹たる気持ちになる。
 ネットに触れる前の子供達が、そんなテレビを信頼し、ネットを(メディアが悪様に叩き続けるからか)信頼できないものと認識しているところを見ると、きっと自分でもそうなってしまうのだろうなと感じる。

 最近ホント、フェイクニュースが目立つテレビだけど。いろいろ中韓の酷いところとかもある程度はアリバイ的に流れるようにはなってきていたし、マシになってはきてたと思っていたのだけど…。

 博報堂がこんな調査結果を出してる段階で、自画自賛すぎて気持ち悪く、かつネットリテラシーなしの層がこれだけメディアに信頼を寄せているのを見ると、実は昔よりも捏造とか、頑張っているんだなあと、メディアに対して思うのである。

 そろそろ、反マスコミの大規模デモとか発生してもいい頃合いなんじゃない?

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

宇治原史規特別監修版 今さらこんなこと他人には聞けない辞典

コメント (4)

日本は慰安婦で謝罪しない

2017-07-20 00:12:26 | 政治(安倍政権)
 最近、「謝罪と賠償」って言わなくなってきた韓国。
 だんだん、謝罪と賠償のワンセットは無理なんだって思えてきたのかな。

【サーチナ】「日本の反省は韓国に伝わっていない」日本の市民団体が慰安婦解決のための法制定を要求=韓国ネット「全ての日本人が同じ気持ちなら…」
http://www.recordchina.co.jp/b184819-s0-c10.html

日本の市民団体「慰安婦問題の立法解決を求める会」は18日、東京で開かれた集会で「2015年末の慰安婦合意は拙速に進められた」と主張し、「日本の反省と謝罪が韓国に誠実に伝わっていないことが問題」と指摘した。
 集会に参加した吉川春子元参議院議員は、慰安婦問題について「責任を取るためには賠償するための法律をつくり、法律で謝罪しなければならない」と主張した。

 ちなみに。この記事で紹介された吉川春子氏とは、共産党の元参議院議員である。
 マイクホンダと共に活動し、米下院での対日慰安婦謝罪決議を主導した慰安婦詐欺ババアの一人、李容洙を招いた集会に、円より子や岡崎トミ子、福島瑞穂なんかと共に参加している。筋金入りの特定日本人である。

 とてつもなく不愉快な気持ちになった吉川氏の発言内容だったんだけど。
 同時にとても安心できる記事の内容に、さすがサーチナだと思った。

 やっぱサーチナは、中国による日韓離間工作の場だよねぇ。
 秀逸なのは、特定日本人による、「日本の反省は韓国に伝わっていない」という台詞であろう。これはまさにそのとおりである。一般の日本国民との大きな乖離を感じる。

 だって。日本人が反省する必要なんて、何一つないんだもの。
 慰安婦問題は、ご存知の通り、特定日本人の詐欺だ。それに、韓国人が便乗したにすぎない。

 これはもう、朝日が慰安婦詐欺を認めて撤回してからは完全に確定事項である。

 韓国人が、日本人に反省を求める限り、もう日本と接近する事は有り得ない。
 日本人は謝罪する気マンマンであると主張する連中は、特定日本人のみであり、アレは慰安婦詐欺を主導した連中なので、日本人に謝罪をさせ、反省を促そうとするのは当然。絶対その原則からは逃れられない。

 よって、日本人の反省や謝罪を求めるのであれば、特定日本人以外の日本国民が、韓国に向けて土下座するぐらいの世論になれねばならないのだけど…。

 俺は思うのである。
 もう、慰安婦詐欺に引っかかるヤツは出てこない。

 ほら。もう日韓は離れていくばっかなんである。
 中国は、今も日韓の離間策をやっているけれど。なんかミイラ取りがミイラになってるような気がするんだよね。むしろ中国も、嫌韓にシフトしてきている気がする。日韓離間策で韓国のアラを探して、そこで韓国が嫌いになっているのかな。

 いい傾向だ。韓国は、現在かつてない孤立化、窮地に立っている。そこで、平昌冬季五輪で、どのような化学変化が発生するのか。

 俺は実に楽しみだ。きっと、何が起こっても韓国を助けてくれる人って、すっごく少ないと思うよ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

宇治原史規特別監修版 今さらこんなこと他人には聞けない辞典

コメント (1)