石坂ファームハウスの『都会の田舎をおすそ分け』

多摩丘陵の自然豊かな里山から、その恵みを大切にした農家の暮らしをお伝えします

オオスズメバチ

2020年09月23日 | 日本ミツバチ
この時期、裏山ではオオスズメバチが巣の前を飛びミツバチをエサにするために連れさりをします。大きいハチは4㎝くらいあるので、ミツバチはかないません。花粉集めに外へ飛び出すのやめて、巣に籠城状態。あまりに攻撃が続くとミツバチは巣を逃げ出してしまうのです。
お酢と砂糖と日本酒を混ぜ、ペットボトルに1匹が入れるくらいの入り口を空けてオオスズメトラップを作りました。2日目あたりから液体がいい具合に馴染んだのでしょうか・・・オオスズメホイホイみたいに後から後から次々に液体を入れたペットボトルに吸い込まれます。
オオスズメバチは壊滅的に捕獲すると言う訳でなく、あくまでも日本ミツバチに危害を加えさせない範囲の捕獲。私たちにとって日本ミツバチは守るべき対象ですが、オオスズメバチも農作物に来る害虫をエサにしたりと役立つ生き物でもあり共存できればと思います。生き物の命、仕方のない場面もあることを感じながら向き合っています。

完全防備の服装・帽子と顔面のネット・手袋・長靴。しかし今年は油断したのか運が悪かったのかミツバチに2回、あしながバチに1度に6か所、良く分からないハチに1か所刺されるという当たり年。アナフィラキシーの心配をしながらハチに関わっていきたいです。

色々調べていると日本ミツバチはスズメバチやオオスズメバチに反撃することがあるのです。最初に体当たりの1匹はかみ殺されてしまうそうですがミツバチたちが攻撃する対象に団子状にたかり身体を震わせて熱を出し(48℃近くになる)殺すそうです。「熱殺蜂球」という名前が付いています(笑)見たことはありませんが、あの小さなハチが集団で立ち向かい敵を倒すなんてすごいことです。西洋ミツバチは身体の熱を上げられても40℃ちょっとにしかならず、この方法で撃退できるのは日本ミツバチだけです。だからこそ、オオスズメバチも日本ミツバチも共存しながら自然界に暮らしているのですね。

日本ミツバチのためにも自然に優しい農業しています。

※只今、さつま芋堀りと秋野菜の種まき体験、募集中です。
コメント

さつま芋堀りと秋野菜の種まき体験~秋の恵みを味わおう~

2020年09月21日 | 自然の恵みを楽しむ会
秋は野外活動の時期です。空は雲が高く、風が気持ち良いです。5月に植え付けしたさつま芋は収穫できる季節になりました。先日試しに掘ってみると、ちょうど良いサイズが4個くらい。出来は上等です!
10月半ば頃は小松菜・ほうれん草の種まきを行います。色々な野菜の種のお話もしますね。土に触れ、収穫を楽しみ・喜び・味わいましょう!
稲刈り後の田んぼの畦を歩くもよし、畑の原っぱで昼食も良し、秋の虫を捕まえるも良し。秋を楽しんでください。

●日 時 10月17日(土) 10時集合11時半ごろ解散(活動後1時間は自由にお過ごしください)
●参加費 お1人2,500円 2歳から (入園・さつまいも1株・種まき体験・日本ミツバチのハチミツ小瓶(約70ml)お土産 ほか)
●申込み メールでお申し込みください ishizakafarmhouse@yahoo.co.jp
①代表者名前 ②参加人数 ③緊急時連絡できる番号 ④駐車場利用の有無
※10組限定
コメント

ミツロウラップ

2020年09月18日 | 日本ミツバチ
ブルーベリーの摘み採りに来たお客様に教えていただいた「ミツロウラップ」の存在。気になっていましたが、ようやく制作することが出来ました!
ハチの巣は採蜜したあとはエサの少ない冬の時期のミツバチのエサとしてストック。あとは巣を煮て溶かし、ゴミなどを漉してミツロウを作ります。花粉の混入具合で黄色さが異なるみたい。まったく不思議な固形物が出来上がるのです。
この固形物とアイロンとクッキングシートと布を用意します。ミツロウは熱で溶けるので、クッキングシートは大きめに。更に新聞紙もアイロン台の上に敷きます。
クッキングシートの上に布を載せてナイフで適当に削ってから、更にクッキングシートで挟みます。アイロンを当てるとミツロウが溶けだし布に染みていくのが見えます。染み足りないところはまたミツロウを削り足して全体にミツロウが行き渡ったらOK。そっと剥がして乾燥させます。結構、簡単なのが嬉しい。保湿・抗菌効果もあるようです。軽く水洗いして、何度も使用します。レンジでは使用できませんが、残り野菜を包んで冷蔵庫へ・・・も。永久的なものではないですが、使い勝手あり。

ホホバオイルなど布に柔らかさを持たせるためにオイルを使う作り方もありますが、今回はミツロウのみ。器に載せて手で温めて形作り、使用してみるとラップをふわっと載せている感じ。ちょっとの時間・ちょっとの食材なのにラップをかけてそれをゴミにするのはなんだかな・・・なんて日頃感じていたので、これまた嬉しいアイテム。

我が家の日本ミツバチのミツロウラップ講習会を開催予定です。ミツロウハンドクリームも手作りして使っていますがこれまた良いのです。是非知って使ってほしい!冬場の必須アイテムです。ミツバチのいる生活も4年、ハチミツだけでなく色々楽しませてもらえ感謝の自然の恵みです。
コメント

今年の初蜜

2020年09月16日 | 日本ミツバチ
この夏の暑さで、巣落ちしてしまった一群。丸太の巣箱でしたが、ハチたちの勢いが無くなり急遽蜜を取ることになりました。
少しだけ・・・蜜層をいただきました。このまま、残ったハチミツとミツバチで保てるかなと思っていたら見事に翌日には逃げられてしまっていた!!

裏山の雑木林の草刈りもそっちのけで『蜜回収』作業。前日の垂れた蜜にはオオスズメバチも数匹来ています。時間がたてばスズメバチの数も増え回収不能になります。

西洋ミツバチと違い1年に1回ほどしか採蜜出来ないので貴重なハチミツです。手早く丸太を抱え(蜜が少ないから軽い)スズメバチから逃れて用意したボールにザクザク巣を切り取ります。
何とも言えない蜜の甘い香り、濃くて独特の味。ミツバチってスゴイ!
この後は袋状フィルターに巣を入れて、自然に垂れてくる蜜のみを集めます。ちょっとしたタイミングで採蜜するハチミツの色はまちまち、これもまた不思議。まだこれから成虫になる予定の蛹も巣には沢山います。潰さないように・・・また、孵ることが出来なかった幼虫の命にも「ありがとう、ハチミツは感謝していただきます」という気持ちを忘れずに。

この先、あと2回は採蜜作業があるかな。来年へつなげるために人間は欲張ってはいけないのがお約束です。

コメント

ヤモリ

2020年09月12日 | 生活
古民家にはヤモリも一緒に住んでいます。私が子どもの頃はあまりお目にかかることはなかったのですが、この数十年で増え夏場は特に多く見かけます。
動きも素早く隙間にすぐ入り込みますが、扉に挟まれているタイミングの悪いことも・・・。家の周りの小さな昆虫を食べているのでしょうか。
小さな子どもと不意に出会えば驚きますが、大きな10㎝くらいのサイズは悲鳴と驚き。古民家だから土間もあるし、縁の下は土のままだし。ヤモリも虫も仕方のない事。
しかしヤモリの小さな手の吸盤で壁を這う姿は不思議です。たまに産み付けられた卵を見つけることがありますが、うすい殻の卵は恐竜の卵を想像させられます。

「稲刈り体験と秋野菜の収穫体験」の募集は締め切りさせていただきました。来年度は例年のように田植えから始まるお米つくり講座を募集いたしますのでご参加お待ちしております。

10月中旬、11月上旬に「秋野菜の収穫体験とハチミツを味わおう」の募集を予定しています。詳細が決まり次第ブログに掲載いたします。ハチミツはこの秋採蜜予定のものです。日本ミツバチは春から集め続けた蜜を秋に1回だけ採取するので量も少なく大変貴重です。味も格別ですので、お楽しみに!
コメント

稲刈り前の準備

2020年09月08日 | 田んぼ・お米作り講座
先日の台風の前に大雨が予想されたので、川の水位を上げる板と用水への水取り板を外しました。5月の田んぼに水を入れ始める頃に川に板を設置。用水へ水が調整して流れ込むようにします。農業用水は許可水利権という権利があります。数十年の間に近隣の農家は田んぼをやめてしまいこの地区は我が家1軒のみの水路の使用。そのため田植え前の用水の堀さらいや草刈りも共同作業ではなくなり、うちだけで担わなくてはいけなくなりました。でも、夏場の渇水期はこの用水の水で揉めるところが多いそうです。そのような事が起きない分気が楽かな・・・。

これで田んぼへの用水からの水は断たれ、稲刈りまでは自然の降雨のみで田を乾かしていきます。いつまでも水が入った田んぼでは稲刈りの時に重量のある機械もぬかるみ動かなくなってしまうからです。だから稲刈りの頃の田んぼはカチカチの地面になってますよ。

稲刈り体験と秋野菜の収穫、9時の部・あと5組。10時の部・あと1組。お申し込みお待ちしております。詳細は8月31日のブログをご覧ください。
コメント

稲刈り体験募集

2020年09月04日 | 田んぼ・お米作り講座
稲刈りの体験と秋野菜の収穫(ラッカセイ・さつまいも)の募集です。
9時の部  残り6組
10時の部 残り5組
ご参加お待ちしております。詳細は8月30日のブログをご覧ください。

今、田んぼはアキアカネの大群が百匹以上は飛んでいるでしょうか。高く飛び、低く飛んだり見ていて飽きません。シオカラトンボもいます。アキアカネは6月ごろ羽化して標高の高い山で成熟するまで過ごし涼しくなった頃の10月ごろに平地の田んぼに戻ると言われています。このあたりですと高尾山から飛んでくるそうです。「今年は早いのでは?」と母が気にしています。7月の長雨・8月の高温乾燥・・・トンボの体内時計も狂うはずです。

台風10号の進路も心配です。年々自然災害がひどくなるばかり。子どもたちが将来も自然と共存できるように今の大人が出来る事をして考えていきましょう。私は持続可能な農業を意識して、子どもたちの豊かな未来を願い農業を通して応援してきたいです。農業体験の受け入れでは「たくましい子」「興味を持つ子」「諦めない子」「優しい子」・・・色々な場面を見ますが、農作業体験は五感からの学びが多いと思っています。秋の空の下、稲刈りを体験して収穫の喜び・食べ物への感謝の気持ち、旬を感じる機会になると良いですね。
コメント

稲刈り体験と秋野菜の収穫を楽しもう! ※イベントの 募集締め切りました

2020年08月30日 | 田んぼ・お米作り講座
稲穂が垂れ始め、穂先から黄金色になってきました。風が吹いている田んぼは美しく、穂がゆらゆらする風景は気持ちが穏やかになります。夕方は田んぼに吹く風は心地よく、傾いた日差しが更に田んぼの黄金色を際立たせます。
昨日は田んぼの畦の草刈りを夕方5時過ぎから開始。日中は暑すぎて出来ません・・・。何度となく田んぼに立つかかしに驚く自分。下を向いて草を刈っているとそばに立つものに驚くものです(笑)。春過ぎから何度も繰り返す草刈りも、稲刈り前にあと一回行えば最終回になるかな。草刈りをしたあぜと田んぼはやはり絵になります。スイスの農業研修後は観光立国のスイスの放牧・牧草地などの美しい手入れをされた農地の影響を受け、日本の農業も景観を保つ事が役割だと思うようになりました。多くの方が、我が家の田んぼを見て季節感や郷愁、心が安らぐ気持ちになっていただければ嬉しいです。見ていただく事も励みです!
先日、日本の食料自給率38パーセントというお話を聞いて「あれ?ついこの間は40%だったのに」と驚きました。数年で2%も簡単に下がってしまうという事は危機的なものも感じます。お米離れも要因の一つです。お米は野菜と違い八十八もの工程を経て出来る作物だと言われています。「用水の掃除」「肥料散布」「田起こし」「あらしろ」「代かき」「籾まき」「苗つくり」「田植え」「草取り」「草刈り」「水を張ってからはほぼ毎日の水の管理」「入水」「排水」「機械の準備」「稲刈り」「かけ干し」「脱穀」「乾燥」「籾摺り」「計量」「精米」・・・かなり省いても作業は手間暇がかかる作物です。そして貯蔵ができる保存食です。日本人の主食なのですから、体験を通してぜひ子どもたちにも沢山食べてもらいたいです。今年は春の時点で「お米つくり講座」の募集が出来なかったので単発講座になりますが、大空のした子どもたちが思いっきり身体を動かし「体験」そして稲刈りという「働く」ことも経験してもらえればと思います。ぜひ、稲刈りを体験して「お米」に興味を持ってください!


【日 時】10月10日(土)雨天中止 ①9時の部 9時集合、10時半ごろ終了予定 ②10時部 10時集合、11時半頃終了予定(体験活動後1時間は自由にお過ごしください。)
※各回10家族限定
※天候等開催の判断に迷う時はブログに掲載します。ブログを見てからお越しください。また、電話でお問い合わせください。

【参加費】 お1人 2,500円(2歳から・同伴者も含む)入園・稲刈り体験・野菜収穫体験(ラッカセイ1株・さつまいも1株のお土産付)

【持ち物】グリップ付き・すべり止め付きの手袋、長袖、長ズボン、収穫物を入れるビニール袋 2~3枚、飲み物、帽子、など
※稲の穂がチクチクしてかゆくなることがあるので、肌はなるべく出さないように。
※稲刈り専用ののこぎりガマを使用します。怪我のないように十分注意して使用しましょう。

【体験の流れ】受付集合➡説明➡稲刈り(1家族に1本鎌を渡します)、わらで刈り取った稲を束ねる➡掛け干しする➡刈る・干すの繰り返し➡開始から30~45分で稲刈り終わり➡畑へ移動・ラッカセイとさつま芋の収穫➡終了後は1時間ほど自由にお過ごしください。虫取り可、お弁当持参もおすすめです。畑・田んぼ・庭のお好きなところでお食べ下さい。(作業をしている場所への立ち入りはご遠慮ください)

【申込み】① 代表者氏名と参加人数 ② 連絡の取れる電話番号 ③ 希望の部・時間 ④ 駐車場利用の有無
※申し込みは先着順になります。
※当日の検温、マスク着用のうえお越しください。なお体調不良の方は参加をご遠慮ください。
コメント

白菜の苗の成長

2020年08月28日 | 高齢者農業体験農園
本葉4枚になりました。間引いて1本にしました。本葉5~6枚の時に定植です。講習会は9月6日、7日ですがタイミングが良いと良いのですが・・・。
レタスは発芽・生育にバラつきがあり購入苗になりそうです。さすがにこの暑さ、暑さに弱いレタスは発芽不良。夜も気温が下がらず、仕方がありませんね。

来週の秋・冬野菜の講習会第1回目は「秋じゃがの植え付け」です。両日とも9時からなのでお間違えの無いようにお願い致します。

≪お知らせ≫
●イチゴオーナー

10月上旬に「東京おひさまベリー」の苗を植え付けます。イチゴオーナーを募集予定です。興味のある方は植え付けから参加しませんか。
10株5,000円予定、農家と一緒に栽培管理をしていただきながら収穫時期はご自分の区画のイチゴの収穫をお楽しみください。出来ればお住まいは近い方で最低でも2、3日に一回は来られる方が良いです。そして無農薬栽培で育てていきたいです(今年度は無農薬栽培)。露地イチゴのじっくり逞しく育つ過程を見ていると、収穫の喜びが一層増すはずです。

●稲刈り体験と秋の野菜の収穫を楽しもう

【日 時】10月10日(土)雨天中止 ① 9時集合、10時半ごろ終了予定 ② 10時集合、11時半頃終了予定(体験活動後1時間は自由にお過ごしください。)各回10組限定
※天候等開催の判断に迷う時はブログに掲載します。ブログを見てからお越しください。また、電話でお問い合わせください。
【参加費】 お1人 2,500円(2歳から・同伴者も含む)入園・稲刈り体験・野菜収穫体験(ラッカセイ1株・さつまいも1株のお土産付)
【持ち物】グリップ付き・すべり止め付きの手袋、長袖、長ズボン、飲み物、帽子、など
※稲の穂がチクチクしてかゆくなることがあるので、肌はなるべく出さないように。
※稲刈り専用ののこぎりガマを使用します。怪我のないように十分注意して使用しましょう。
【体験の流れ】受付集合➡説明➡稲刈り(1家族に1本鎌を渡します)、わらで刈り取った稲を束ねる➡掛け干しする➡刈る・干すの繰り返し➡開始から30~45分で稲刈り終わり➡畑へ移動・ラッカセイとさつま芋の収穫➡終了後は1時間ほど自由にお過ごしください。虫取り可、お弁当持参もおすすめです。田んぼは広いですのでお好きなところでお食べ下さい。

【申込み】① 代表者氏名と参加人数 ② 連絡の取れる電話番号 ③ 希望の時間 ④ 駐車場利用の有無
※申し込みは先着順になります。
※当日の検温、マスク着用のうえお越しください。なお体調不良の方は参加をご遠慮ください。
コメント

農業体験農園のための苗作り

2020年08月18日 | 高齢者農業体験農園

大体毎年お盆の頃の15日、白菜・ブロッコリーの種をポットに蒔きます。今年も例年通り・・・ですが、年々気温が上がっているので例年通りも当てにならないかも。心配しながら寒冷紗+遮光ネットをかけてみました。昨日あたりから白菜がポコポコと発芽、今日は可愛い小さな双葉の姿に。今のところ、良い感じに揃っています。これが農園の講習会の日に植え付けできる丁度よい大きさになるかは毎回賭けです。講習会に間に合わない時は各自で植え付けをしてもらうことに。

苗は購入する事もありますが、我が家は農園の区画が多くはないので自分で種まきから育てます。種から育てた方が品種も選べ、市販されていない苗を作ることが出来ます。だから種選びも結構楽しいです。

この夏、会社の夏休みということで我が家に3回ボランティアに来て下さった方がいます。15日は一緒にポット苗の種まきをしました。たぶん、自分がまいた種は発芽したのだろうか・・・とその後が気になっていらしゃるかと思い写真を撮りました。大丈夫です!いい感じの発芽です!
この先は水の管理と、害虫に注意しながら苗を育て畑に移植します。

只今畑は夏野菜の片付け中、昨日も大学生ボランティアさんのご協力でスイカやかぼちゃのマルチと防草シートを片づけました。汗まみれ・誇りまみれでも片付いた場所を見ると達成感で笑顔。暑い中、農家と一緒になって作業を担ってくださり本当に助かります、有難いです。
コメント