石坂ファームハウスの『都会の田舎をおすそ分け』

多摩丘陵の自然豊かな里山から、その恵みを大切にした農家の暮らしをお伝えします

タケノコ堀り 春を楽しみましょう

2024年04月10日 | 自然の恵みを楽しむ会
≪お米作り講座、募集中。グループでのご参加も受付しています。東京の田んぼをぜひ応援してください!≫


今年は昨年よりも10日ほど遅くタケノコが出始めました。
裏山の山桜も見頃です。畑もいろいろな野菜を植え付けたり種まきする季節になりました。スナップエンドウもイチゴも生育順調です。今が旬ののらぼう菜など野菜の収穫も一緒に春を体いっぱい感じましょう。

~5組限定~・・・あと1組募集
•日時 4月14日(日曜日)13:30集合 雨天中止 90分ほどの内容です ※タケノコの様子を見て来週も行います…が、今回だけになるかもしれません。
•参加費 お一人1,500円 (入園・のらぼう菜・パセリ・チャイブ・ミニ大根・山椒の葉の収穫)
同伴見学者は500円
タケノコは量り売りになります…1キロ800円
•持ち物 持ち帰りの袋、汚れてもよい服装・足元、軍手など 

•申し込みはメールで
①代表者氏名 ②参加人数と同伴見学者の人数の内訳 ③駐車場利用の有無 ④連絡の取れる電話番号


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

令和6年度 お米作り講座募集について

2024年04月02日 | 田んぼ・お米作り講座
【令和6年度お米つくり講座】~3回講座~田植え・稲刈り・わらリース作り

●日にち
①田植え 6月8日(土)小雨決行 大雨の場合は翌日延期、9日になった場合は大雨以外は決行します。 
②稲刈り10月12日(土)雨天翌日 また前日が大雨で田んぼがぬかるんでいる場合は翌日13日に延期、両日雨の場合は中止で作業は我が家で行います。      
③ワラのリース作り 12月7日(土)雨天翌日
※開催の判断は当日朝6時頃、ブログに掲載します。天候により開催判断に迷う時はご覧の上お越しください。
※「お米の花観察会とかかし作り」8月中旬、「おもちつき」1月下旬 は状況を見て別途で募集。ブログでご案内します。

●募集人数と開催時間 
≪前半の部≫ 約20組 集合時間9:30 11:00ごろ解散予定 (約90分)
≪後半の部≫ 約20組 集合時間10:45 12:15ごろ解約予定 (約90分)
※田植え体験後、希望者はその時期の収穫できる野菜の収穫体験が別途でできます(昨年6月:大根・玉ねぎ・ルバーブ・カモミールなど)

●参加費 お1人5,500円 当日現金でお支払いください(全3回講座費、体験指導費、田植えと稲刈りの保険代、入園料 他)
➡4年前の募集と異なります…全4回が3回になり、参加費も変更があります。お餅つきは含まれませんので別途ブログで募集いたします。
※3歳以上(講座期間内に3歳になる幼児を含む)、田んぼに入らない同伴者・見学者(農園に来園の方は全て)も参加費が発生いたします。 
※お子様のみのご参加はできませんので、保護者の方も一緒にお申し込みください。

農作業は天候に左右される事にご理解いただき、作物の生育状態を考慮して次週延期が不可能であり体験活動が出来ない場合もあります。また田んぼの状態を見ながら当日が晴れていても田に水が浸かって稲刈りが出来ない場合もあります。(稲穂を泥水でぬらす恐れあり)体験することの大切さもお伝えしたいのですが、石坂ファームハウスのお米作りに皆さんが『参加』する、体験のためだけに行うお米作りでない事をご了承ください。そのため田植えも植え直しは行いませんので真剣に植えていただきます。場合によっては田んぼの端の植えきるキリのつくところまで田植えをしていただくこともあります。食べるものを育てる、その実る前の種・苗も大事であるという事。田植えをするための数カ月前からの準備や作業もお話・説明いたしますのでそれらを含めお米作りについて体験していただきたいと思います。

【募集方法】 
官製はがきに
①代表者お名前 ②参加人数(代表者を含む) ③希望の部(前半または後半)※人数調整をする場合もあるため どちらも大丈夫な方は第一希望と第二希望を書いてください。 ④ご住所 ⑤連絡の取れる電話番号
を記載してください。
※1枚のはがきで複数家族での申し込みは、その旨が分かるように人数をお知らせください。なお重複になるようなお申し込みはご遠慮ください。

【募集期間】 4月15日まで ハガキで受付 消印有効 ※人数の多い場合は抽選になります。参加出来る方にのみ書類送付いたします。

●申し込み後のながれ
ハガキでの申し込み後4月16日頃から活動内容の詳細と申込書類を発送します。保険加入も兼ねる参加申込書なので返信は10日以内にお願いいたします。
●参加費については当日お支払いいただきます。

【申込先】 〒191-0033 日野市百草672-1 石坂ファームハウス 
【お問い合わせ】090‐2910‐6506 (18時から20時) メール ishizakafarmhouse@yahoo.co.jp

※外部に募集業務委託することなく全て一個人で行うために、日中は畑作業が忙しく事務作業に手間取ることもあります。不手際等ありましたら申し訳りません。参加される予定の皆様へはブログでの発信でお知らせを行いますのでマメに確認していただけると有難いです。
農園では種まき・収穫体験や農業体験(「いこーよ」に募集掲載する場合有)など生育過程を見て体験する・四季の畑を見る機会も含め農業を身近に感じてもらえるような体験もあります。インスタには農作業の1場面や農のある暮らしの1場面を知ってもらいたいと思いますのでご覧ください。

※グループでの参加も可能です。(保育園・幼稚園・会社の活動など)ご相談ください


【スケジュール】 集合→田植えの説明 約20分 →移動 →田植え…田んぼに入っているのは30分ほどです→用水で手洗い→希望者のみ畑で収穫体験(大根・カモミール・お茶摘み・ブルーベリーなどを予定)→解散

田んぼが減る東京での農家指導のお米作りです。緑豊かな景観も楽しめます。子どもたちにリアルな体験をさせたい方、お申込みおまちしております。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジャガイモオーナー参加の方 ~第1回植え付け~

2024年03月13日 | じゃがいものオーナー
春一番の畑の植え付け作業は「ジャガイモ」です。
ジャガイモの植え付けが終わるといろいろな野菜の種を畑にまき始めます。
本日もホームセンターの種売り場で注文した種以外の種を物色してきました。
来週には苗床準備、踏み込み温床を作りたいと思っています。

ジャガイモのオーナーの植え付けについて
●日 時 3月16日(土) 10時 自宅に集合 ジャガイモについての説明  など

【作業の流れ】 集合・説明→畑へ移動→クワを使って植え溝を掘る・ジャガイモを溝に置く・肥料を入れる→埋め戻す・道具を洗う→作業終了
もし時間に余裕がありましたらブルーベリーの剪定枝の拾い集めをお手つだいただけると助かります。

●持ち物 作業用手袋、長靴、水筒、など
●1時間ほどの作業です。希望があればネギの収穫体験ができます。持ち帰りの袋をご持参ください。

お待ちしております。
 
※オーナーは15日まで受け付けしています。植え付け・土寄せと草むしり・収穫の3回ジャガイモの生育観察しながら収穫を楽しみましょう。同時に畑の様子も見て春の畑から夏の畑の作物の育つ様子も見どころです。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

令和6年度 お米作り講座募集 ~告知~

2024年03月01日 | 田んぼ・お米作り講座
今年はまだブルーベリーの剪定も終わっておらず焦る日々です・・・
毎年恒例なのですがもうお米作りの募集日程計画の時期になりました!

今年も例年通りお米作り(田植え・稲刈り・わらリース作り)を行います。
お餅つきは別日、別途で行います。

【予定日時】雨天翌日
田植え 6月8日(土) 
稲刈り 10月12日(土)
わらリース作り 12月7日(土)
※2部制 の時間が変わります (ボランティアさんスタッフ不足のため午前のみ開催)
1部 9時半集合 11時ごろ解散予定(野菜の収穫体験・別途 など含む)
2部 10時45分集合 12時15分ごろ解散 予定 上記同じ

【スケジュール】 集合→田植えの説明 約20分 →移動 →田植え…田んぼに入っているのは30分ほどです→用水で手洗い→希望者のみ畑で収穫体験(大根・カモミール・お茶摘み・ブルーベリーなどを予定)→解散

【6年度募集について】
4月1日に日程など詳細をブログにて掲載します
往復はがきにて必要項目を記載して申し込み…アナログでごめんなさい

田んぼが減る東京での農家指導のお米作りです。緑豊かな景観も楽しめます。子どもたちにリアルな体験をさせたい方、お申込みおまちしております。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

農業体験農園利用者の方 ~お手伝いのお願い~

2024年03月01日 | 高齢者体験農園・三世代農園
毎年春になると農作業がとても忙しくなります。余裕をもって作業順調と思っていると雪やら雨やら作業の手が止まってしまいます。
今年もまだ裏山の落ち葉掃き(枝拾い)・竹の間引き作業の終わりが見えない状況です。落ち葉を掃き集めて米ぬかを混ぜて堆肥にします。農園ではこの堆肥を利用して野菜を育てますのでぜひご参加・お手伝いお願いいたします。
竹も間引き適度な管理をしていきます。この間引き竹も冬場の燃料やお餅つきなど外に煮炊きで使用します。

日 時 3月2日(土)、3月9日(土)、3月10日(日)、3月16日(土)、3月23日(土)、3月24日(日)
13時30分から15時ごろまで
場 所 自宅裏山
持ち物 作業手袋・歩きやすい靴か長靴・水筒など
※参加できる方はメールでお知らせください
※前日、当日雨の場合は落ち葉掃きは中止になります(枝拾い・竹の間引きは行います)

【お願い】農業体験農園の開園準備のご協力おねがいします。
•農園内、通路、周辺の草むしり、ごみ穴付近(常時)
•堆肥まき
•区画準備 くい打ち 区画ひも張り
など
作業予定日・・・3月4日(月)、3月5日(火)、3月7日(木)、3月11日(月)、3月12(火)、3月15日(金)
9時~12時の間、1時間でも助かります
※指示を出しますので畑に来られたら電話ください。090-2910-6506(見つけにくい場所で作業していることもあるので)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

農業体験農園利用者募集~3月17日ジャガイモの植え付け~

2024年02月19日 | 高齢者体験農園・三世代農園
•年間利用料 30㎡ 46,000円(税込み) 種・苗・作物代・施設利用料等(トイレ・休憩所・私物を置くコンテナあり・農具貸出)
•契約期間 3月~翌年1月 約10カ月
•講習は月に2・3回 日曜日15時から 月曜日9時から

※こちらで作付けは決定します。自由に作物は栽培できません。 作物栽培例:大根・白菜・キュウリ・茄子・・トマト・レタス・サニーレタス・ブロッコリー・キャベツ・ラッカセイ・しょうが・ルッコラ・バジル・赤シソ・青しそ・とうもろこし・枝豆・インゲン・じゃがいも・八頭・里芋・ニンジン・ネギ・小松菜・春菊。ホウレンソウ・ルッコラ・コカブ・ラディッシュ・水菜・ピーマンなど
※年によって栽培する作物は変わります

利用者条件:なるべく畑にマメに来られる方。(キュウリなど収穫時期は2日でお化けキュウリになってしまいます!)
駐車場あり。日野市・多摩市・八王子市の近隣の方

興味のある方はメールお待ちしております。見学の対応もいたします。ishizakafarmhouse@yahoo.co.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

旬を楽しむ「東京おひさまベリー」 イチゴオーナー募集

2024年02月19日 | イチゴのオーナー 東京おひさまベリー
令和6年の「東京おひさまべりー」のオーナーさんを募集します。…東京おひさまベリーは東京都で開発された新品種です。

●作業予定…お手伝い大歓迎、イチゴ栽培を知るために是非ご参加ください!強制ではありません。
2月追肥とマルチ張り、4月防鳥ネット張りとわら敷き、4月下旬~5月中旬収穫
●価格(区画売り)限定10区画(あと2区画)
1区画 8株5000円(1家族2区画まで)※2区画がオススメです。
●摘み採り期間 4月下旬~5月中旬予定
●オーナー条件
最低でも3日に一度は摘み採りに来られる方(駐車場有)
日野市・多摩市・府中市の近隣の方限定
●募集期間 区画売り切れまで
●メールで受付 ishizakafarmhouse@yahoo.co.jp 見学希望の方はご案内いたします
①代表者お名前 ②希望区画 ③ご住所 ④連絡のとれる電話番号

※落ち葉堆肥やボカシ肥を使用、農薬も様子を見て使用しますが(自然・食品由来の薬)、最低限とします。毎年もアブラムシが出ると、負けずと大量にナナホシテントウムシが発生して退治してくれました!自然界って、すごいと思う場面にも出会えます。

※電気柵や防網を設置しますが食害されてしまうこともあります。天候で思うように実りが思わしくない時もあります。収穫時期も長くはありません。苗の植え付けから収穫まで非常に手間のかかるイチゴ栽培です。安心・安全で食べていただきたいイチゴの甘味と香りが感じられる味です。市販のパックのイチゴでのお値段で換算せず、日々イチゴがあかるむ様子を見たり収穫も楽しんでください。

※収穫間際に区画割をします。(4月下旬)泥はねを防止する稲わらを敷く作業は各自で行ってください。その後のイチゴの管理はオーナーお任せします。…ランナー切り、アブラムシ駆除(お酢のスプレーを準備しておきます)など
※収穫時期はご自身のタイミングで自由に収穫にお越しください。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

家族で育てる・ジャガイモをオーナー

2024年02月19日 | じゃがいものオーナー
●内 容 じゃがいも3品種10株のオーナー募集
●日 時 ※タイミングが良ければ野菜の収穫体験ができます(別途)
①じゃがいもの植え付け 3月16日(土)10時集合11時ごろ解散 雨天翌日
②GW中 生育次第でブログに日時は掲載します
③7月上旬 各自
作業後、一時間ほど自由にお弁当など食べてお過ごしください。
●参加費 10株1区画…3品種 6,000円(家族単位でお申込み下さい) ←種芋・肥料の値上げのため参加費が値上がりしました。リピーターの参加者の方はご了承ください。
≪参加費の内容:栽培指導・肥料・じゃがいも10株≫

●持ち物 作業用手袋・汚れてもよい服装と汚れてもよい足元(小さなお子様は長靴が良いです)・飲み物・他
●申込みメールでお申込みください ishizakafarmhouse@yahoo.co.jp
①代表者お名前 ②参加人数 ③連絡の取れる電話番号 ④駐車場利用の有無

●申込締切 10組限定 3月15日締め切り
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

おもちつきと落ち葉掃き体験

2024年01月27日 | 自然の恵みを楽しむ会
今日のお餅つきは「お米作り体験講座」の参加した方がほとんどでした。
汁物準備を手伝いしていただいた後、裏山の落ち葉掃きをしました。今日の煮炊きの燃料もこの山をきれいに保つために拾い集めた枝を無駄なく資源として利用しています。落ち葉も堆肥にするので野菜作りにはかかせない作業です。大きな袋を3つ、落ち葉で満たしました。みなさん夢中になって作業をしてくれました。小さなお子さんも力がなくても何かしらの形で「作業」に関われましたね。

もみすりの体験コーナーでは稲穂からもみを外すところから体験してもらいました。もみ殻が外れ、玄米の米粒やもみを吹き飛ばす過程も子どもも大人も今日食べるもち米がお米の姿になるまでの様子を理解してもらいました。一層今日食べるお米へ関心や味わいにつながったと思います。単にたべるだけでなく、そのお米はどうやって育つの?どうやったら食べられるの?を体験を通して農家としてお伝えしたいのが「お米作り講座」です。今年も4月に募集開始しますのでご参加ください。

まずはお餅を味わってからお米作りをスタートしましょう!蒸したてのもち米はおコメの甘味や本来のお米の味を感じられますよ。

●日 時 2月18日(日)10時30分集合12時半ごろ解散 雨天時中止
●参加者定員 約20名  →開催決定・・・あと10名ほど募集
●参加費 お一人2500円 2才以上、また同伴見学の方も参加費が発生します
●持ち物 お皿、お椀、お箸、飲み物、敷物など、汚れても良い服と歩きやすい靴、作業用手袋
●申し込み メールで受付 ishizakafarmhouse@yahoo.co.jp
①代表者氏名 ②参加人数 ③連絡のとれる電話番号 ④駐車場利用の有無

※参加しながらもお手伝い可能な方はエプロンと三角巾をご持参ください。お雑煮用の汁物作りやお餅をちぎるなどの作業をお願いいたします。
※雨天時は中止になります。もち米を水に浸ける都合があるため前日夜8時頃に開催の判断をいたします。微妙な天候の時は前日夜にブログに掲載いたします。
※参加者が10名集まらない場合は準備の都合中止にさせていただきます。申し込み状況を日時の下に記載いたします。ご確認のうえお越しください。

◆当日の流れ
10時半集合→お手伝い可能な方は汁物作り、他の方は雑木林の枝拾い、落ち葉掃き(熊手で集めます)→11時半 蒸したもち米の試食→お餅1臼目(きな粉、からみもち、あんこ、雑煮)→お餅2臼目→3臼目 子ども杵も用意します、大人の方もお餅つきに挑戦してください
12時半頃 解散
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お餅つき体験

2024年01月09日 | 自然の恵みを楽しむ会
昨年お米作り講座に参加した方も参加しなかった方もどなたでも参加出来ます。
東京の農地のうち水田は4%ほどしかないそうです。きっと増えることはなく今日現在は4%よりも減少しているかもしれません。我が家の前にある田んぼのお米は正真正銘『東京産』です。水は湧水も含み冷たくキレイ。もち米はマンゲツモチという品種で、我が家ではお餅以外にはお赤飯も良く炊きます。うるち米にはない味わいに感動してほしいです。蒸したてのもち米の試食もしていただきます。シンプルにお米がおいしいと感じてください。あとはお米を生産する農家として伝えられること教えられること『もみすり体験』(収穫したお米はもみに包まれています。それを外した状態が玄米です)も準備します。食べると学びもご一緒に!

当日はお餅つき前に一仕事。焚き付けに使う枝拾いや熊手を使いくぬぎなどの雑木林の落ち葉掃きをします。我が家では野菜作りには落ち葉堆肥が重要。有機質な肥料はゆっくり土に還り野菜を美味しくしてくれます。作業を通して管理された雑木林の美しさも理解していただきたいと思います。

●日 時 1月27日(土)10時30分集合12時半ごろ解散 雨天時中止
●参加者定員 約20名  →開催決定 あと8名ほど受付中
●参加費 お一人2500円 2才以上、また同伴見学の方も参加費が発生します
●持ち物 お皿、お椀、お箸、飲み物、敷物など、汚れても良い服と歩きやすい靴、作業用手袋
●申し込み メールで受付 ishizakafarmhouse@yahoo.co.jp
①代表者氏名 ②参加人数 ③連絡のとれる電話番号 ④駐車場利用の有無

※参加しながらもお手伝い可能な方はエプロンと三角巾をご持参ください。お雑煮用の汁物作りやお餅をちぎるなどの作業をお願いいたします。
※雨天時は中止になります。もち米を水に浸ける都合があるため前日夜8時頃に開催の判断をいたします。
※参加者が10名集まらない場合は準備の都合中止にさせていただきます。申し込み状況を日時の下に記載いたします。ご確認のうえお越しください。

◆当日の流れ
10時半集合→お手伝い可能な方は汁物作り、他の方は雑木林の枝拾い、落ち葉掃き(熊手で集めます)→11時半 蒸したもち米の試食→お餅1臼目(きな粉、からみもち、あんこ、雑煮)→お餅2臼目→3臼目 子ども杵も用意します、大人の方もお餅つきに挑戦してください
12時半頃 解散
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする