HELLHOUND-FILES 3

さすらいのブログ「HELLHOUND-FILES」からの続きもシーズン3になっちゃいました!

Co-DEBA CUSTOM

2017-10-29 21:00:20 | タクティカル


この前、関アウトドアズナイフショーが終わったと思っていたら、11月になろうかという・・・
あっ!L.E.M.S.Sまで1ヶ月しかないぞ!
という事で、12月2日(土)に開催されるL.E.M.S.Sブレードカンファレンスに参加します。
さて、今回のCo-DEBAはオーダー品。
やはり、お待たせしております。
おまけに、L.E.M.S.Sにて納品となっていますが、その時まで展示させて頂きます。
あいかわらずネタが少ないんで・・・


〈ブレード〉
●4.5mm厚、115mm長、SKD-11/ミクロデント処理
●ホローグラインド
今までのDEBAシリーズとしては鎚目模様を施してあります(正確には全モデルではありません)が、この個体は実用本意仕様で施してありません。
裏側はフラットで、裏スキはありません。




〈ハンドル〉
●105mm長/ブラックリネンマイカルタ
オーダーで大きく変わったのがハンドル形状。
ほぼ指定された形により、ナイフっぽくなりました。




〈シース〉
●カイデックス/テックロック仕様
全長が短いナイフなので縦装着にしようとも考えましたが、抜き差し動作が大きくなるので、いつものタイプに落ち着きました。


〈あとがき〉
自主製作としては、なかなか出来ませんが、オーダーで地味に形になっておりますDEBAシリーズ。
今回のオーナーは釣りに使われるという事で。
私の知り合い(の友達)で渓流釣りに出かけ、いつもの沢で遭難した人がおりました。
薄いブレードのフィッシングナイフよりサバイバルに向いていると自負しています。
片刃というのもあり、私が使ってるヤツより食い込むので魚バラすのにもよいかと。
いろいろバリエーションも考えてはいますが・・・おいおいヨロシクお願いします。




コメント

Combat.Survival-Mid(L.E.M.S.S ver)

2017-10-22 20:56:16 | タクティカル


Combat.Survival系の1本が完成しました。
少し前に“C.S-M PROTO“というのを紹介しましたが、実はL.E.M.S.S用としてコレとペアで紹介するつもりでした。
話の流れでC.S-M PROTOを先に完成させる事になってしまいましたが・・・
基本同じ用途で、多少の使い勝手、デザインバランスを見ようとディティールを変えてあります。



〈ブレード〉
●5.5mm厚、160mm長、SKD-11/ミクロデント処理
●フラットグラインド
M PROTOと比べ“くの字”なスタイルにしました。。
ポイント辺りも丸みを強くしてあります。
M PROTOはファイティング的な印象を強く、コレはサバイバル的な(作業的な)印象を強くした感じです。
大きな違いはチョイルで、どっちにしようか悩み、どっちも作ってみたというのが正直なところです。



〈ハンドル〉
●25mm長/ダークグリーンリネンマイカルタ
ハンドルに関しては同じ(つもり)です。
クラッシャー部も基本的に同じです。
スタイルが違うので、全く同じである必要はないという判断レベルで違ってはいます。




〈シース〉
●カイデックス/テックロック仕様
クロスドローは私的な基本レイアウト。
3mm厚のタフなシースになってます。


〈あとがき〉
設計当初はL、M、Sサイズでシリーズにしようかと思っていました。
●Sサイズ(5インチくらい)は他モデルとダブってしまう・・・シリーズとしての独自性が薄くなる
と思いましてブレード長をカットするのを中止しました。
問い合わせに対して“C.S-S”と返答したモデルがコレになります。
いつかはSPモデルとして作る時もあると思いますが、今回はコレで悪しからずという事でお願いします。




コメント

関アウトドアズナイフショー2017

2017-10-15 21:00:23 | ナイフショウ


先週催された関アウトドアズナイフショー。
ここ数年、人が減って来たなとか思っていたら、予想外に人が多かったです。
それも2日間とも。
刃物祭りが50周年だそうで、スタンプラリーの1ヶ所にもなっていたので多かっただけというメーカーもいますが、ガラガラよりよいかと思いますが・・・
さて、今年はケンゾーテーブルのフチッコだけの予定だったのでTOOL系のみ。

こんな感じです。
もともとケンゾー氏の不足分を補うのが出展目的ではありました。
もちろん伏線もありますが!
そんなわけで、偵察、盗撮等の情報収集が任務となります。




〈間狩純平〉
コードネームでマッカリーと呼ばれる氏で、J.K.Gのホープ。
氏の代表作?である“ヤマメオヤジ”とそのフォルダー(メタルハンドル)。
フォルダーはライナーロック。
さすがによい仕上げです。



〈キャプテン小山〉
オリジナルのロック機構と、カーボンやチタンといった素材を多用したジェントルマンナイフを製作。
毎年、違うテーマでデザインを変更していくので多彩です。
漢字の“鯨”は外人狙いか?



〈渡邉隆之〉
地元、美濃市在住のメーカー。
オーソドックスなラブレススタイルですが、このモデルはハーフタング。
かつてナイフマガジンでの写真を見て、気になっていたモデルで、見慣れたスタイル(大まかに)ですが、ヒルトレスだったり、持った時のバランスとかも少し違うように感じました。






コメント

関刃物祭り用の・・・

2017-10-01 20:57:32 | ツール/アクセサリー/???
10月7、8日に開催されるアウトドアズナイフショー2017にウラベケンゾーが出展します。
と、伝えて2週間ほどが経ちますが・・・来週ではないか!
ここ数年、時間を把握するのが難しく感じます。
私の本格的なナイフの展示はありませんが、ツール系は出す事になっていますので、ご来場お待ちしております。



〈E.D.C-SPANNER〉
M36、M58という2種類を用意しました。
4月のサクラブレードショウで展示したモノの2ndロッドで、鋼材VG-10で製作しています。
スパナサイズに合わせて外形も少し変えてあります。
●M36・・・スパナサイズ小/ストンウォッシュ/ミクロデント処理
●M58・・・スパナサイズ大/ストンウォッシュ/ミクロデント処理
●付属品・・・トルクスビット(セット)/ベロクロカバー


〈W.T-SHOW SP〉
●3mm厚、VG-10/ストンウォッシュ
●ショウSPギザギザ
ショウSP、定番としてのブロックパターンのギザギザモデル。





〈W.T-SHOW SP2〉
この個体は
●4.5mm厚、75mm長、SKD-11/ミクロデント処理
●外形をシャープなラインに変更
●ショウ用のギザギザ 別バージョン
で、ほぼサイズを変えずに厚くして打撃力を増したモノにしています。
重くし過ぎると、オノ化した時に縛りが緩いと飛んでき易くなるので、注意が必要です。
サイフに入れるにも厚さが・・・





〈ケンゾーナイブズ〉
●3mm厚、90mm長、VG-10/火炎焼き入れによる酸化被膜
●石器調加工
●デザートアイアンウッド/染め加工
●カイデックスシース
マツボックリハンドルシリーズのユーティリティナイフ。
以前、紹介した軽作業用プッコナイフ改のバリエーションで、基本的に同じモノですが、ブレードの幅とポイントにかけてのラインが変えてあります。

こんな感じですが、よろしくお願いします。





コメント