HELLHOUND-FILES 3

さすらいのブログ「HELLHOUND-FILES」からの続きもシーズン3になっちゃいました!

続・Co- DEBA

2016-08-28 21:10:27 | 製作
スマホを修理に出す予定で、盆休みの終わりに店に行きました。
店頭でチェックしたところ、水没だそうで、身に覚えはないか?と問われ「防水と書いてあったので持ったまま川にドボン」と答えたら「あー・・・」と言われました。
修理出来ないので新品と交換。
予定より早く復活です。
保険入ってて良かった!てゆーかブログの継続出来て良かった!
セッティング、パスワード等初めての成功です。



さて、作業の続きから。
焼き入れをする前にマーキングとかボツボツを入れていきます。
小型タイプですが、幅広く手間が掛かります。
でも楽しかったりする、叩くの・・・




叩くのは丸く削った軽いハンマーでコツコツ叩きます。
赤いマジックがハンドルのラインなので越した辺りまでやっておくべきかと。
コレは削り出しから表面を鍛造に似せて仕上げます。


本物の鍛造と違うところは側面もボツボツなところ。
私の知る限り、鍛造は叩いてから削るので側面は平面のはず。
側面までボツボツなのは、どちらかというと鋳造的な感じになるかと思いますが、ボツボツを入れる理由として
●入れないとなんとなく中途半端
●多少なりスベリ止めとなるか
といったところです。
ボツボツ作業後にグラインド、スエッヂを仕上げ直します。
先に仕上げると手元が狂って凹んでも取れなくなります。


ボツボツ、ハンドルボルトの段付け、ハンドル表面仕上をして焼き入れ前の段階は終了。
焼き入れ後は手直しくらいなので、ほぼ完成です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Co-DEBA

2016-08-14 20:53:22 | 製作
〈ところで〉
スマホがイカれまして、一応使えてますが、修理に出します。
3週間程かかるらしいので、その間はブログ更新は出来ませんので、あしからず。



さて、ご無沙汰ぶりのDEBA系を作り始めています。
何回かDEBAを作るのか問われた事がありました。
作るつもりはありましたが、オーダーではなかった事、自主製作としても新型の開発の優先等などでDEBAの製作は後回しになっていました。
今回作り始めたのはコンパクト。
フルサイズでないのは主に鋼材の確保が出来なかったのが理由です。
コンパクトDEBAとなると“KODEBA”となるかと思いますが、コレはConcealed-DEBAのCoとかけて“Co-DEBA”としました。



〈ブレード〉
●4.5mm厚、115mm長
フルサイズより1.0mm薄い鋼材を使っています。
コレ用の鋼材があったというのもありますが、タイミング的に今回ようやくといった感じです。




〈ハンドル〉
●115mm長/ブラックリネンマイカルタ
“KODEBA”として計画していた頃は123mm長のハンドルでした。
115mmとしたのは
●コンシールメント優先デザイン
という事であります。

〈現状〉
全体像として、フルサイズDEBAに近いイメージで製作しているのは、コンボで使う事も想定しての事でもありますが、そろえなければなりませんね。
現状として、焼き入れ前。
ネーム刻印入れと鍛造風ボツボツ表面加工もこれからで、まだ中盤あたりですが、年内に完成予定でいます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Echo-1 STRIKE

2016-08-07 21:08:11 | タクティカル


本名 Echo-1 STRIKE
別名 V-44 STRIKE BOWIE
Charlieから始まったシリーズですが、イメージが浮かんだのはコレが最初です。
後発のCharlie、Deltaの方が先にバランスが取れて製作、シリーズ化に繋がっていきます。
さて、随分と時間がかかりましたが、(約)3作目にして完成となりましたV-44。
別名のV-44 STRIKE BOWIEは当初に考えていた名前でありました。


〈ブレード〉
●6.5mm厚、205mm長、SKD-11/レイデント処理
デザイン的にまとまりだしたのがバックカントリーボウイが出来上がってから。
バックカントリーボウイのミリタリー化というイメージからV-44に近づけました。
ミリタリー化としてオリジナルV-44が元々ミリタリーナイフですが
●ダブルヒルト化
という事にしました。
ダブルヒルトというのはファイティングナイフの特長であるからです。




〈ハンドル〉
●130mm長/ブラックリネンマイカルタ
ダブルヒルト(的)デザインからマイカルタをどう合わせるかが問題にしていましが・・・こうなりました。
スケッチの段階では複雑な構成でまとまりが悪かったですが、意外に普通にまとまりました。
ハンドルエンド部はオリジナルV-44のイメージを残しつつモダン化図っています。




〈シース〉
●カイデックス/テックロック仕様
8インチになるとナイフの重量が当然重くなるので、カイデックスの厚さも3mmとなります。
ダブルヒルト(的)なのもあり、上部が分かれているタイプになっています。
シースもこのサイズになると結構重くなりますが、ナイフとの重量バランスを考えると程よいところかと思います。


〈あとがき〉
時間がかかってますが(いつもか?)いい感じに仕上がったかと思います。
個人的作っちゃおリストに入れようかと。
いつものオマジナイ
“売れ残ったらオレのモノ”
ちなみにコレはすでに手元にはありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加