高木晴光の 『田舎と都市との ・ 日々こうかい記』

「新田舎づくり」を個人ミッションとし、田舎と都市とを行き来する人生・仕事のこうかい(公開・後悔・航海)日記

折れないように・・、徐々に前進

2018-09-18 15:04:54 | 日記

 先日の地震前の台風で裏のトドマツが途中から折れた。キツツキが啄いた穴が無数に空いていたので、倒さんといかんなあと思っていたところだった。しかし、そうであっても風の強さは凄いもんだ。このために断線停電し仮設で通電はしたのですが、体育館の配電板なのか、通電時に大きな電流(電圧?)が流れ込んで機器が壊れて、照明がつかないままです・・・。

 やらねばというか、考え結論を出さねばならぬことが山積している・・・。 直近から整理して書くと・・・

中国の自然学校関係者の北海道ツアーの受け入れ・コーディネイトをここ数年していたのですが、今回は集まらないので、団体受け入れはキャンセル。それでも参加したい人が若干いるので、催行するか否か・・・

日本環境教育フォーラムの清里ミーティングで災害対応のワークショップをファシリテートできないかの依頼というか、そういう枠を作ってくれないかとの依頼あり・・・。清里ミーティングの参加はしないつもりだったがどうしよう。 今、現場に入っているUさんにふってみたが、当然にそんな時間と暇はない・・・。 今、タイムリーだし、すべきことなのだが・・、一応、前向きに検討・・で明日までに結論。

10月中旬から中国へ。中国の環境・自然教育のフォーラムで講演予定・・、これまで何度か話してきた内容に準拠してもいいが、プレゼンの作り直しの依頼あり・・・。 ま、これは1ヶ月余裕があるが、その後に一日ワークショップを依頼されている。富士山のぼーぼーの同行することの了解をもらっているので、その進行内容を提示せねばならぬ。お題は リスクマネージメント・・・。 このたたき台を作って ぼーぼーと調整せねばならぬ・・

同じくその後、上海近くのガーデン(どんな場所なのかいまひとつ不明)が自然学校・自然教育的なプログラムを開始したいので、職員研修をして欲しいとの依頼あり・・・、オッファーの与件がいまいち不明・・・。この確認のやりとりをせんとなあ・・・。

12月にぶなの森自然学校20周年のフォーラム開催予定・・、この内容がまったく決まっておらぬ・・・。

あっ、

来年2月のCONE・自然体験活動推進協議会の北海道大会の実施内容の整理・・、これは先日実行委員会で決めたことを整理してCONE本部に伝えないといかんかった・・、そのためには分科会をお願いする方々に確認をとらねばならぬ。これが次の喫緊のミッションだな。

俺も折れてしまわないように徐々に前に進めないとなあ・・・。

今日やるべきことはアシタにしよう・・・。

 

コメント (1)

やるべきこと

2018-09-16 20:30:20 | 公開業務連絡。忘備録

数日前に書いた「やるべきことが溜まっているのですが、どうもエンジンがかからない。夏休み明けの9月と正月明けの1月は、いつも同じ感じだな。」 そのまんまの感じだ。 札幌丸山自然学校と合同のイエティくらぶ活動が今日から始まり、10数名が参加し、今晩は自然学校泊りで明日はニセコに登山にゆきます。 

昨年の事故から一年。ちょうど一時帰宅が許されたのは去年の今頃、後遺障害はほぼないのですが、背中はサポータが装着されているように突っ張っていますし、ときには痛みます。 最終的な経過検診を来週受ける予定です。カラダに埋め込まれた金属やビスが悪さをしていなければ、それらの摘出手術はなく、焼き場まで装着してゆくことになります。 トレーニングやちゃんとリハビリしていないせいは多大ですが、歩くのが遅くなり、斜面の上り下りもギクシャクなので、足でまといになるだけなので、明日の登山は留守番です。 で、事務仕事をすすめよう。

・日中市民ネットワーク主催の自然学校視察ツアーの最終仕込みとバス手配  バス会社に日程は出したはずだが・・、宿の手配ができてない・・・。

・ハルピンのようちえん設立の職員研修の組み立て

・杭州フォーラムでのワークショップの組み立て with ぼーぼー

・りーはんの台湾からのツアー受け入れ → これはくまちゃんが担当になったようね・・・私も承知しておかないと、りーはんと会っても打ち合わせられないな。

・ぶな森 20周年フォーラムの企画  → 日程確定をみんなに通知せねばね。  組み立てるためには、あたし自身のぶな森をいかにするか、アタシはいかに生きるか、中期的考えをまとめんとなあ・・・

・北海道CONEフォーラムの内容の整理 そして、CONE本部への提出

コメント

とっておきのイメージ

2018-09-15 17:29:38 | 日記

娘が孫が書いたという絵の写真を送って来ました。 敬老の日なので、MRKさんと私の絵のようですが、MRKさんには名前が入っており、大きくてTシャツにドクロが描かれたロックな大女。 その隣がアタシなんでしょうか・・・? 小さいしヒゲが生えていないので孫本人か? しかし、彼はメガネをかけていない・・・、 敬老の日にということなので、やはりアタシか・・??

「とっておきのイメージ」と添え書きがある・・・。

まっ、しかたがないか・・・。 

絵の下のインクレディブルファミリーのチラシも気に障るなあ・・・・。。

コメント

小さな感動

2018-09-13 12:42:15 | 日記

朝、事務所に行くと、チコが「たかぎさん、観てください」と白い花が咲いた蕾を持って来ました。

うん・・・?何、これ・・。 じっと見ると・・・、

あっミョウガだ!!  驚きました。いつも食べていたのは蕾だったのだ!!

なんか、ずいぶんとひさしぶりに小さな感動し心を小さく揺さぶられました。  こういう小さな感動をここ最近ちゃんとココロのヒダに刻んでいないなあ・・・。  こういう自然体験活動を仕事をしている者としては、自然事象に自らが感動していることが、とても大事なことなのですが、自分の感性が鈍っていた、感性を育むことを自らが怠っているぞと自省しました。

自然に対する畏敬、感動は、ガイドするとき、子どもたちに対峙するときの言葉や態度に滲みでます。三木師匠風に言わせれば、自然体験活動のガイド、インタープリター、案内人は いろいろな自然事象に「おもしろがれる」ことが必須です。 そして、それは訓練も必要なのです。

コメント

平和

2018-09-12 11:28:33 | 日記

もう秋晴れと言っていいくらいの良いお天気です。 北海道東胆振震災の被災地支援に パドミュゼの宮本さんやいぶり自然学校の上田さんを筆頭に、厚真町、安平町に旧ねおすスタッフが入っています。 この地域にはねおす分派前後に移住した複数の仲間もおり、現地でのボランティア活動の受け入れ態勢も地域社協・行政と迅速に連携が取れたようです。

黒松内ぶなの森自然学校からも若手二名が1週間ほどを予定して現地入りしました。 支援体制を整えてゆく段階の経験ができました。 今回は種々事情(?)があり、私は動いていません。 東日本震災支援以来、広島、熊本、北海道十勝での震災や水害などの支援にも直接現場支援には動けなかったことは気がかりのままでした。 今回は、自身の身体的・体力的な心配もあり動いていません。 しかし、仲間たちが迅速に動いていることは嬉しく、誇りにも思っています。

東日本の支援では、直接ボラ活動に参加しなくてもボラセンに慰問・視察だけに来てくださる方々にお会いできるだけでも嬉しかったので、ホントは行きたいのですが・・、多少の足かせありであります・・・。

自然学校は台風で多少の被害があり、まだ復旧していない箇所もありますが、この風景を見ていると、大事無かったことに感謝であります。

コメント