高木晴光の 『田舎と都市との ・ 日々こうかい記』

「新田舎づくり」を個人ミッションとし、田舎と都市とを行き来する人生・仕事のこうかい(公開・後悔・航海)日記

ガルちゃん滞在

2018-09-22 10:23:56 | 来訪者

 イスラエルの学生 ガルちゃんが1週間のボラ滞在(とは言え、本人の希望もあり2日間は函館未来大学へぺんちゃんと行きましたが)を終え、今日午後、さきほど去りました。 道の駅からヒッチハイクをして千歳を目指し、明日は東京へ。東京では大学の交換留学で来ていましたが、今月末には帰国するそうです。

思えば、4年前ほど、私が出張帰りにドイツ人ふたりをヒッチハイクで拾い、その紹介でアルジェリア系ドイツ人のアブちゃんが自然学校に来るようになり、そのアブちゃんの友達としてガルちゃんが来たのでありました。 彼はまた友人を紹介してもいいかと言い残したので、またまだ、この友達連鎖は続くでしょう・・・。 類は類を呼ぶで気のいい奴らだから、まっ、いいか・・・。

コメント

千年病院森林療法

2018-09-21 10:22:47 | プログラム 自然療育

今年は3回だけの千歳病院での森林療法時間です。

精神科の病院で認知症ケアの施設も経営しています。入院患者さん、外来患者さん、認知症ケアの参加者等 15人ほどが参加されました。 療法に位置づけられた行為でもありますが、担当医からのmustの治療ではなくて、療法士さんがついて、患者さん利用者さんに選んでもらう療法というカタチをとっています。

森林療法といっても特別なことをするわけではありません。 病院の裏手にある林をちょっとだけお散歩して、身体をリラックするために気功(まがいな?)をしたり、新呼吸、大きな声を出してみたり、敷物を敷いて地面に寝てみたりといつもとちょっと違う自然ふれあいをして、青空広場・OCHANOVAで ハーブティや足湯手浴をし、焚き火の薪をノコギリで切り、ジャガイモを焼いて食すると、人と人とのふれあいを大切にした場づくりをしてみなさんに過ごして頂いています。

みどりの中で新鮮な空気を味わうこと、いつも違う人と関わりを持つことが、精神的、肉体的機能にも良い影響があろうと思います。 もちろん、病院、医師の積極的な関わりも必要だと思います。 今回、拒食症の女性がいたそうなのですが、医療者でない私たちにはプライバシーの問題もありますので、具体的な個々人の情報が伝わっていません。そんなところはちょっと歯がゆくもあるのですが、担当療法士さんや病棟の看護師さんも付き添うので、そのあたりはおまかせして、私たちは場と雰囲気づくりに徹しています。

もっと頻繁にやったほうが効果も高いとも思われますが、ボランティアではないので予算の問題もあります。ただ、処方される医療行為でもあるので、病院経営側からみれば、参加者が増えれば回数も増やしてゆけるということにもなります。 本年度はこれで終了ですが、来年度も2~4回の実施を続けてゆく方向ではあります。

                   

 

 

 

 

コメント

折れないように・・、徐々に前進

2018-09-18 15:04:54 | 日記

 先日の地震前の台風で裏のトドマツが途中から折れた。キツツキが啄いた穴が無数に空いていたので、倒さんといかんなあと思っていたところだった。しかし、そうであっても風の強さは凄いもんだ。このために断線停電し仮設で通電はしたのですが、体育館の配電板なのか、通電時に大きな電流(電圧?)が流れ込んで機器が壊れて、照明がつかないままです・・・。

 やらねばというか、考え結論を出さねばならぬことが山積している・・・。 直近から整理して書くと・・・

中国の自然学校関係者の北海道ツアーの受け入れ・コーディネイトをここ数年していたのですが、今回は集まらないので、団体受け入れはキャンセル。それでも参加したい人が若干いるので、催行するか否か・・・

日本環境教育フォーラムの清里ミーティングで災害対応のワークショップをファシリテートできないかの依頼というか、そういう枠を作ってくれないかとの依頼あり・・・。清里ミーティングの参加はしないつもりだったがどうしよう。 今、現場に入っているUさんにふってみたが、当然にそんな時間と暇はない・・・。 今、タイムリーだし、すべきことなのだが・・、一応、前向きに検討・・で明日までに結論。

10月中旬から中国へ。中国の環境・自然教育のフォーラムで講演予定・・、これまで何度か話してきた内容に準拠してもいいが、プレゼンの作り直しの依頼あり・・・。 ま、これは1ヶ月余裕があるが、その後に一日ワークショップを依頼されている。富士山のぼーぼーの同行することの了解をもらっているので、その進行内容を提示せねばならぬ。お題は リスクマネージメント・・・。 このたたき台を作って ぼーぼーと調整せねばならぬ・・

同じくその後、上海近くのガーデン(どんな場所なのかいまひとつ不明)が自然学校・自然教育的なプログラムを開始したいので、職員研修をして欲しいとの依頼あり・・・、オッファーの与件がいまいち不明・・・。この確認のやりとりをせんとなあ・・・。

12月にぶなの森自然学校20周年のフォーラム開催予定・・、この内容がまったく決まっておらぬ・・・。

あっ、

来年2月のCONE・自然体験活動推進協議会の北海道大会の実施内容の整理・・、これは先日実行委員会で決めたことを整理してCONE本部に伝えないといかんかった・・、そのためには分科会をお願いする方々に確認をとらねばならぬ。これが次の喫緊のミッションだな。

俺も折れてしまわないように徐々に前に進めないとなあ・・・。

今日やるべきことはアシタにしよう・・・。

 

コメント (1)

やるべきこと

2018-09-16 20:30:20 | 公開業務連絡。忘備録

数日前に書いた「やるべきことが溜まっているのですが、どうもエンジンがかからない。夏休み明けの9月と正月明けの1月は、いつも同じ感じだな。」 そのまんまの感じだ。 札幌丸山自然学校と合同のイエティくらぶ活動が今日から始まり、10数名が参加し、今晩は自然学校泊りで明日はニセコに登山にゆきます。 

昨年の事故から一年。ちょうど一時帰宅が許されたのは去年の今頃、後遺障害はほぼないのですが、背中はサポータが装着されているように突っ張っていますし、ときには痛みます。 最終的な経過検診を来週受ける予定です。カラダに埋め込まれた金属やビスが悪さをしていなければ、それらの摘出手術はなく、焼き場まで装着してゆくことになります。 トレーニングやちゃんとリハビリしていないせいは多大ですが、歩くのが遅くなり、斜面の上り下りもギクシャクなので、足でまといになるだけなので、明日の登山は留守番です。 で、事務仕事をすすめよう。

・日中市民ネットワーク主催の自然学校視察ツアーの最終仕込みとバス手配  バス会社に日程は出したはずだが・・、宿の手配ができてない・・・。

・ハルピンのようちえん設立の職員研修の組み立て

・杭州フォーラムでのワークショップの組み立て with ぼーぼー

・りーはんの台湾からのツアー受け入れ → これはくまちゃんが担当になったようね・・・私も承知しておかないと、りーはんと会っても打ち合わせられないな。

・ぶな森 20周年フォーラムの企画  → 日程確定をみんなに通知せねばね。  組み立てるためには、あたし自身のぶな森をいかにするか、アタシはいかに生きるか、中期的考えをまとめんとなあ・・・

・北海道CONEフォーラムの内容の整理 そして、CONE本部への提出

コメント

とっておきのイメージ

2018-09-15 17:29:38 | 日記

娘が孫が書いたという絵の写真を送って来ました。 敬老の日なので、MRKさんと私の絵のようですが、MRKさんには名前が入っており、大きくてTシャツにドクロが描かれたロックな大女。 その隣がアタシなんでしょうか・・・? 小さいしヒゲが生えていないので孫本人か? しかし、彼はメガネをかけていない・・・、 敬老の日にということなので、やはりアタシか・・??

「とっておきのイメージ」と添え書きがある・・・。

まっ、しかたがないか・・・。 

絵の下のインクレディブルファミリーのチラシも気に障るなあ・・・・。。

コメント