NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「人類資金」

2013年10月21日 | 邦画

~10兆円で世界のルールは変えられるか?~

2013年   日本映画     (2013.10.19公開)
配給:松竹      上映時間:140分
監督:阪本順治
原作:福井晴敏  『人類資金』(講談社刊)
脚本:阪本順治/福井晴敏
美術:原田満生
音楽:安川午朗
出演:佐藤浩市/森山未来/香取慎吾/観月ありさ/石橋蓮司/豊川悦司/寺島進
    三浦誠己/岸部一徳/オダギリジョー/ユ・ジテ/ヴィンセント・ギャロ/仲代達矢

<見どころ>
『亡国のイージス』『大鹿村騒動記』などの阪本順治が監督を務め、原作の福井晴敏と共に
脚本も担当したサスペンス。いまだ、その存在が議論されている旧日本軍の秘密資金、
M資金をめぐる陰謀と戦いに巻き込まれていく男の姿を活写する。佐藤浩市、香取慎吾、
森山未來をはじめユ・ジテやヴィンセント・ギャロら、海外からのキャスト陣を含む豪華な
顔ぶれが結集。彼らが見せる演技合戦はもちろん、壮大で緻密な展開のストーリーも見もの。

<ストーリー>
終戦後、ひそかに回収されたというM資金と呼ばれる旧日本軍の秘密資金。
それをネタにした詐欺を行い続けてきた真舟(佐藤浩市)は、石(森山未來)という青年から
彼が所属する日本国際文化振興会なる財団の人間に会うよう迫られる。
だが、財団のビルに足を踏み入れた瞬間、高遠(観月ありさ)が率いる防衛省秘密組織の
一団に襲撃される。石の助けを借りて逃げ出した真舟は、そのまま本庄(岸部一徳)という男
に引き合わされ、50億円の報酬と引き換えに某投資ファンドが管理する10兆円もの
M資金の奪取を持ち掛けられる。

<感想>
原作=未読。

『亡国のイージス』の阪本順治が監督を務め、原作者の福井晴敏が共同脚本を務める
「M資金」を題材にしたサスペンス大作。

 
「M資金」とは、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)が、占領下の日本で接収した
財産などを基に、現在も極秘に運用されていると噂される秘密資金のこと。
M資金は実在する、という過程でのお話なんだが、スケールがでかい割にはしょぼい。

 
戦後史をはじめ、世界の貧困のことや震災のことにも触れています。
「全人類のうち7割の人間は電話をかけた経験さえない」というのは、ちょっとビックリ。
そうなんだ。。。。。全然知らなかったよ・・・・。
でも、だからといって、1人1台ずつPDAを持たせたら、ハッピーになるのか?


良かったのは、森山未來さんの国連本部での演説シーン。
台詞、全部英語だし、実際の国連本部で撮影されたから、かなりの迫力。
ここのシーンが、ほんとに見応えありました。

言いたいことはわかるんだけど、あれもこれもという感じで、焦点がぼやけてしまい残念。

ぶっちゃけ、予告編で騙されたな・・・(笑)

点数:5点  (10点中)


コメント (4)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 「陽だまりの彼女」 | トップ | やっぱり(--;) »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中味の充実~ (cyaz)
2013-10-24 08:18:53
NAOさん、おはようございます^^

最近、浩市さんは出っ放しですね(笑)
事の大きさがハンパでないので、
そうワールドワイドな展開ではなく、
もっとこじんまりとしてでもいいので、
中味の充実が欲しかったところです。
仲代さんの渋い演技が印象に残りましたが^^
cyazさんへ (NAO)
2013-10-25 22:38:23
こんばんは~cyazさん。

今年は、佐藤浩市さん、映画に出まくりですね^^;
俳優さんは良い方固めているのに、中身がなんか
いまいちでしたよねぇ~--;

仲代さんは、渋い電技でしたね♪
出演思ったほどなかったですが、存在感ありました☆
こんばんはー^^ (みすず)
2013-11-07 18:54:12
イマイチだったねー^^;
そうそう、予告編でだまされた・・・
スケールがでかく、海外ロケもばんばんしてるけど、しょぼい^^;
残念な感じの映画だよね・・・

佐藤&森山はとても良かっただけにもったいないなぁって思う。
みすずさんへ (NAO)
2013-11-09 00:35:50
スケールでかそうに見えたが、しょぼかったですよねぇ~。
だいたい10兆円で今時、世界が変わるか?^^;

俳優さん良いのそろえても脚本が悪いとだめよね~っていう映画でしたわーー;

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

「人類資金」 未来の可能性 (はらやんの映画徒然草)
福井晴敏さんが原作で、阪本順治監督というのは「亡国のイージス」以来でしょうか。
映画 人類資金 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    序盤に派手なアクションシーンがあり、銃の打ち合いが一杯あるかと思ったら、格闘シーンが多くありました。中でも観月ありさのハイキックは、見ものでした。   あそこまで足が上がるとは、...
人類資金 (2013) 140分 (極私的映画論+α)
なんとも大雑把な映画(笑)
人類資金 (勝手に映画評)
『M資金』。第二次大戦終戦時の混乱期に隠匿された大量の貴金属類と噂されるもの。その実在は不明。 平成の今、M資金と言って、一般に通用するんですかね?もはや、陰謀論、都市伝説の類になっていると思いますが・・・。しかし、リーマン・ショックで拝金至上主義の世...
人類資金 (映画と本の『たんぽぽ館』)
本を読んだほうがいい(多分) * * * * * * * * * * 敗戦直前に旧日本軍が隠匿したとされる財宝“M資金”をめぐる人々の葛藤を描きます。 金融ブローカーを名乗る詐欺師・真舟(佐藤浩市)。 彼の詐欺の手口にはよく“M資金”が出てくるのです。...
人類資金 (花ごよみ)
監督は阪本順治 原作 脚本 福井晴敏。 佐藤浩市、森山未來、香取慎吾、 岸部一徳、観月ありさ等が出演 M資金をネタに詐欺を 行っていた真舟には佐藤浩市。 第二次世界大戦直後、 旧日本軍からアメリカ軍が 接収したといわれている莫大な資産。 今でも何年かに....
人類資金 (みすずりんりん放送局)
 『人類資金』を観た。  【あらすじ】  終戦後、ひそかに回収されたというM資金と呼ばれる旧日本軍の秘密資金。それをネタにした詐欺を行い続けてきた真舟(佐藤浩市)は、石(森山未來)という青年から彼が所属する日本国際文化振興会なる財団の人間に会うよう迫られ...
人類資金 (映画的・絵画的・音楽的)
 『人類資金』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)『許されざる者』で活躍したばかりの佐藤浩市が主演だというので、映画館に行ってみました(注1)。  本作の冒頭では、1945年のこととして、映画『日輪の遺産』で描かれたのとほぼ類似する財宝(注2)が、東京湾に沈....