ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

YARN 人生を彩る糸

2017-12-02 23:13:58 | や行

「糸」という
題材もおもしろいよね。


*******************************


「YARN 人生を彩る糸」70点★★★★


*******************************


カナダ・モントリオール出身の
女性監督ウナ・ローレンツェンが

糸にまつわる
4人のアーティストを紡いだドキュメンタリー。


糸を編むことは、人生を編むことに似ている。

さらっとしているけど、そんな深読みもできる、
なかなかおもしろい作品でした。


デジタル時代だからこそ
いま
手仕事=“クラフト”がすごく注目されていて
そんな現状の的を射ている。


なかでも
アイスランドのニット・グラフィティ・アーティスト、
ティナがよかった。

ティナは街の街灯や壁を
ゲリラ的にニットで包む活動をしていて
彼女のカラフルで有機的なニットに包まれると
無機質な街が
本当にやわらかく感じてくる。

さらに
通りがかりの街の人が
彼女を手伝ったりしてくれる場面もあって

その様子が、とてもあったかいんです。


そのほか
子どもたちが登って遊べる
巨大なハンモック状のアートを作っている
堀内紀子さんという日本人女性も登場します。

「糸が揺れると、遠くにいる子の存在を感じられて、
知らない子同士でもつながれるんだ」という言葉、
なるほど~と感じました。

堀内さんの作品は
建築家の手塚貴晴さん、由比さん夫妻とコラボして
いまも楽しめるそうです。


★12/2(土)から渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。

「YARN 人生を彩る糸」公式サイト

コメント   この記事についてブログを書く
« 探偵はBARにいる 3 | トップ | 否定と肯定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

や行」カテゴリの最新記事