活眼明察日記

物事の道理や本質を見分け、真相を明らかにする眼力を養いたい

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

安倍晋三一家「喜び組」高市、丸川の靖国参拝は歴史改ざん

2016-08-16 18:18:40 | Weblog
安倍晋三一家の「喜び組」高市早苗総務相と丸川珠代五輪担当相の二人が「終戦の日」の15日、A級戦犯が合祀されている靖国神社を参拝した。

参拝の目的は所属する日本会議、神道政治連盟、その他右翼政治団体への顔向けのほか、喜び組の務めとして、できるだけテレビ等の媒体を通じ、顔を露出させ、広く売名することにあった。

その二人が日本による植民地支配下に置かれた中国、韓国が参拝することに反対しているにも関わらず、歴史の真実を否定し、A級戦犯の犯罪行為を正当化してまで参拝した。これでは両国との友好関係は当分築けないことを示唆していた。また喜び組二人が、堂々と歴史の改ざんに励んでいたことは、実に見苦しいものだった。
『政治』 ジャンルのランキング
Comment (1)   この記事についてブログを書く
« 戦没者式典で加害責任謝罪し... | TOP | 安倍の政権基盤が崩壊するこ... »

1 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-08-17 14:21:40
中国と朝鮮半島が反対だと言っているだけなら、日本人として、A級先般も含めた英霊に参拝するのは自然な事だと思うのだが、反対する日本人と言うのは、何を達成したいのだろうか??? 

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | Weblog