活眼明察日記

物事の道理や本質を見分け、真相を明らかにする眼力を養いたい

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自民党の生活保護費削減政策を批判する

2012-07-27 20:58:14 | Weblog
生活保護者の増加が止まらない。自民党が「給付額10%引き下げ」を求め、小宮山厚労相が「検討する」と、応じていたのは先日のことである。そんな単純なことで決めていいのか。

タレントの親が受給していたことが発端となり、受給者をさかんに責め立てる、落ち目の自民党。「馬鹿の一つ覚え」とはこのことか。

いまや受給者は210万人を超えたといわれるが、このような事態を招いたのは、自民党政治によるものである。受給者増加の背景には高齢者の増加もあるが、なんといっても雇用が流動化したことが最大の原因である。

小泉-竹中の構造改革による労働の規制緩和は、大量の非正規雇用を生み出した。誰もが一様に低賃金である。簡単にリストラできる法整備も経団連に言われるまま進めてきた。

この規制緩和は貧困世帯の増加に結び付くこと、当初から議論の的になっていた。どのようなセフティネットを構築するかについても、自民党は耳を貸さなかった。製造業への派遣など禁止すべきだったが、これさえも自由化してしまった。

不安定雇用が増えるのを承知して、経団連・大企業に尻尾を振りまくった。生活保護者増加の源流が以上の自民党政治にあることが分かるはずである。

申請者は生活に困っているから、保護を求めるのである。それを拒否したり、バッシングすることは誤りである。平たく言えば憲法に保障された生存権の行使である。

自民党議員たちよ!みみっちいことを言うな。それよりも消費増税をあて込んで、公共事業に200兆円規模をばらまくと発表したが、これこそ罪深いものと思わないか。相変わらずの無責任政治、いつまで続けるつもりだ。
『政治』 ジャンルのランキング
Comments (5)   この記事についてブログを書く
« 電気代値上げで茶番劇演じた... | TOP | 民主党増税反対派に求められ... »

5 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2012-07-27 20:24:52
真に困っている人救うのはやぶさかでない。
しかし、それを悪用する輩がいるから困る。
実際問題、真に困っている人は受給出来ず、自殺や餓死しているのが多いのでないかな。
その他は不正受給か。
訪問ありがとうございます (dohmodohmo)
2012-07-27 23:29:20
コメントありがとうございます。不正受給が目立っていますが、全体の0.4%との統計もあります。それだけが目立っていますが、それをバッシングする自民党やマスコミに正義はありません。
今後ともよろしくお願いします。
Unknown (不動産屋)
2012-08-10 05:25:37
神奈川県藤沢市で不動産やってたんですが
生活保護を受けている客の9割以上は不正と思える人達や明らかに働く意欲が全く感じられない人達でした。
キャバクラで働いていたり、偽装離婚してたり20代の若い女の人も多かった(彼氏がチンピラ風)ですね。
親も受給者って人がやたら多かったんで生活保護って連鎖するんですね。
夫婦ともに21歳で揃って鬱病で生活保護需給してるとか
もう意味不明な人もいました。
本当に0.4%しかいないとは思えませんが・・・

訪問ありがとうございます (dohmodohmo)
2012-08-10 21:07:24
コメントありがとうございます。よく観察されていることご立派なことです。生活保護の連鎖や労働意欲云々はわかりません。いまの不安定な時代、誰もが受給者になる可能性は大でしょう。だから偏見があってはいけないと考えます。0.4%については調べてみてください。
Unknown (不労働不飲食)
2016-08-17 14:32:17
2014年に、最高裁判所の判決で外国人に生活保護を支給する事は憲法違反であると決定しているのだから、全国の市区町村は、直ちに、外国人生活保護の支給をゼロにするための削減プランを作り実施するべきである。 それに向けて、厚生労働省と総務省は、全国ガイドラインを示すべきである。 

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | Weblog