ぶちぶちワンコの日記

ダルメシアンと暮らすOLの徒然なる日記

【ストラスブール旅行記 24】 完結

2018-09-30 19:39:41 | 旅行(ストラスブール2018)
無事フランスを脱出し、アムステルダムへ。
後は日本行きの便に乗るだけ。
日本人旅行者も日本人クルーもいるってだけで心強い。

遅れたので、アムステルダムに着いたら朝ごはんだね、と言っていたのが昼ごはんになってしまいましたが、元の乗り継ぎ時間が6時間有ったので、余裕の乗り継ぎ。
前回のパリでの出国審査の混雑の事も有ったので、とりあえずとっとと出国をと思って行ったら、アムステルダムの出国は最新の顔認証でした!
しかもゲートも複数有り、旅行者の少ない時期というのも有って、一瞬で通過。
入る時は念入りだけれど、出て行く時はとっとと出てお行き!みたいですね。

ということで、無い時は無いのに、有る時は有る時間。
前回買い損ねたオランダ土産のストロープワッフルを買いました。

が、思った以上に重い・・・
缶は諦めました。
ハチミツ味とリンゴ味。
温かい飲み物のカップに載せて中のシロップをトロ~とさせて頂きます。
そのまま食べるのなら、小さいサイズも有ります。

そして前回見れなかった空港内に有る国立美術館を見に行こうと思ったのですが、どうやら改装中の様でした・・・
なので、出発までボーッと。


足を延ばせるイスもいっぱい有るので、待つのも苦では有りません。
今回はゆっくりしたので、高評価の空港施設を体感できました。


14:40 関空に向け出発。
長い緊張感の後、当然爆睡。
ゴハンの時以外、爆睡。

8:35 あっという間に関空着。

最後にお土産です。
今回は少ないです。
(の割にはスーツケースはギッチリだったけれど)

でも1コあたりの重量は重かった。
そして一番空間を占拠していたのがパン・・・

クグロフ


ワイン

部屋飲み用に買った小さいペットボトルワインが意外と美味しかった。

以下、全くアルザスに関係ないモノ達。

食べてビックリのドライアップル。
よくよく表示を見たら、”ピメント(トウガラシ)”の文字。
味覚の文化的相違は、時々有る・・・

お約束のお茶達

ロシアンアールグレイ(青い箱)
何がロシアン?と思って何気に買ってみたのですが、後で調べたら日本未入荷の人気フレーバーでした。
外箱に粉が漏れていたので、開けてみたらこれまたお初の形状。

木綿の巾着ポンポン型。

アールグレイにベルガモット等柑橘系がブレンドされていて、爽やかで確かに病みつきになる味。
知っていたら、2~3個買ってきたのになぁ。

形が可愛いかったので買ったお砂糖


こっちは石鹸

本当支離滅裂なお土産達。

ズルズルと半年も長引いてしまいましたが、やっとストラスブール旅行記完結です。
お付き合いくださいました方々、ありがとうございます。




にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 【ストラスブール旅行記 23】... | トップ | ロッキー君の旅立ち »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様でした〜 (アビーとkenのママ)
2018-09-30 22:05:56
今回はお土産シリーズで現在の時間帯のせいか
よだれでそうです。けっこう甘いもの好きです。
ドライアップル美味しそう,ワッフルも。。。
さっき夕飯済ませたのにね。。。

飛行機の中で爆睡出来るって羨ましいです。

関西 台風どお?大丈夫?
ここはあんまりなにもない。。。
これからなのかな。。。

とにかく気をつけてね。。。。
ワン君は死ぬ時の事考えるとね。。。アダプトできない。。。。かも
しかし里親誰も慣れないんじゃないかな
直ぐ唸るし。。。
エレクトリックショック首輪とレザーで犬歯まるめる?保健所行きは避けたい。。。
頭痛いです。。
アビーとkenのママ様へ (りか)
2018-10-01 21:18:54
昨日のは前回と比べるとかわいいものでした。
でもこう度々だと疲れます。
リカさんの木も、引っこ抜かれないように積んだレンガをどけてはまた載せの繰り返し。

手のかかるコ・・・
そうなんですよね、他に受け入れてくれそうな人がいないコは、最悪のパターンの可能性がチラつくので心配ですね。

犬歯丸めるのは、ウチの獣医さんはダメだと言ってました。下手にやると歯そのものがボロボロになるとか。
攻撃性が病気によるもので有れば、やむを得ないかもしれまませんが。

口輪を付けれそうならば、外に出る時とかは付けたほうがトラブルにならなくていいとは思いますが、失敗すると信頼関係も壊れちゃいますしねぇ。

触って怒る様なタイプなら、必要なお世話以外は無関心&放置プレーで気長に待つという手も有りますが。

コメントを投稿

旅行(ストラスブール2018)」カテゴリの最新記事