カメラといっしょ★

地元福岡~イタリア留学からワーキングビザ取得しての海外生活を写真で綴るつれづれ日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バースデー旅行 in パリ(4)

2014-08-02 23:55:47 |  └・フランス
ボンジュール、パリ!

あんまり朝は得意な方じゃないけど
おいしいクロワッサンがあると思うとがんばって起きれる不思議。

どうやら牛乳アレルギーらしいので普段は飲まないカフェオレも
パリっぽいというだけで飲めてしまう単純さがわりと心地いい私だ。

朝食を済ませて、そのままフラフラ散歩。

フラフラ。
目的のないそれすら楽しいパリ。

朝の散歩を終え、友達と合流。
仕事でパリのオペラ座に行くというのでくっついて行った。

パリのオペラ座、何度も前を通ってるけど、
一度も入ったことがなかったから興味津々。

豪奢で華やかでロマンティックな内装もさることながら
私を驚かせたもの、それはシャガールの天井画。

それは今までみたどんな素晴らしい天井画よりあつく熱を持って
ジリジリと胸を締め付けてくる。
ああ、これがパリなんだ。
おしゃれで、すました街じゃない、
熱く、華やかに、生きることを謳歌した街だったんだ。
その熱を今ひしひしと感じつつ、
この旅の帰路についたのでした。
Comment

ブリオッシュ倶楽部 in パリ

2014-08-02 20:45:12 |  └・ブリオッシュ倶楽部
ブリオッシュ倶楽部、今朝はエッフェル塔下の公園から。
 

Le Champ des Délices
サクサク:☆☆☆☆
しっとり:☆☆☆☆☆
ふんわり:☆☆☆☆
甘さ:☆
バター:☆☆☆☆☆
♡♡♡
しっとりバターの味わいいっぱい、でも重すぎず、これは旨し!
Comment

バースデー旅行 in パリ(3)

2014-08-01 23:47:03 |  └・フランス
ジヴェルニー村から戻って、泊まらせていただいている友達と合流
夜のパリに連れて行ってもらった。

エッフェル塔、夜も美しい!

ひとりでどこでも行くくせに、わりと用心深い私は
知らない街で夜一人歩きをしない。
でもこの街に住む友達と一緒なら安心ね。

何度も訪れているパリだけど、今まで見たことのない夜の景色に
見とれている今宵なのでした。
Comment

バースデー旅行 in パリ(2)

2014-08-01 20:04:39 |  └・フランス
ボンジュール、パリ!

朝はビックリするほど薄いサクサク層のクロワッサンでお目覚め。

リッチなバターと小麦の香りが否応なく幸せにしてくれる。

早起きして、旅にでる。
するりと動き出す電車とともに41歳のスタートは好調。
 
やって来たのは「モネの庭」があるジヴェルニー村。
ずっと、ずっと来てみたかったモネの世界。
そうして以前来たときはまだ春も訪れる前で、
庭も閉まり、ただ光と影だけがある物悲しい景色だった。

花が咲いたらまた来よう、そう思って、今日やって来た。
 
村について、花のあふれる公園でまずは腹ごしらえ。
本当にいつも思うけど、何でパリのバゲットってこんなにおいしいのか!
香ばしい麦の香りにつられて、つい1本平らげるところだった。

さて、エネルギーチャージしたところで、
念願の「モネの庭」へ。
 
 
花があふれる、まさに溢れる庭を抜けて、睡蓮の池へ。

私がこの世の絵の中で一番、一番好きなモネの睡蓮の絵が描かれたところ。

私が見た絵の中にはいつも風がそよそよと吹いていた。
風に吹かれて水面を踊る光、
音楽にも似た穏やかな静寂、
そんなものをイメージしていた。

でも実景は違った。
全てを無様なまでに照らしだす夏の強烈な太陽の中で、
水は沸き立ち、木は騒ぎ、花はありったけの色をまき散らす。
生きている、
無様なまでに生きることを欲している。
生を望むその姿は狂おしいほどに美しい。

鮮烈な夏の景色に、今はっきりと目が覚めた気がしたのでした。


Comment

押し掛けバースデー旅行 in パリ

2014-07-31 18:46:51 |  └・フランス
誕生日、特にいいこともなさそうなので、
いい一日にするべく旅に出た。
いい日、旅立ち、ちょっと意味違う?
でも、なんかいいことないかなぁ、って腐ってるのは性に合わない。
というわけで、大好きなパリへ!
 
パリ在住のお友達の家に泊めてもらえることに。
自ら、ロゼワイン持参で参上。
宿泊のお礼の夕飯も作ったところで、
私の誕生日に強制的に乾杯してもらった。
もう、こうやって一緒に乾杯できただけで十分すぎるぐらい嬉しいのに、
「もー!なんで先に言わないの?ケーキぐらい用意しといたのにっ!」って
急いでアイスケーキを買ってきてくれた。

こんな破天荒な私につきあってくれて、
本当にほんとうにありがとね!

こんなに情けない私でも、
思いやってくれる人がいることが世は情け。
どうか、与えてもらった幸せを
倍に返せる強くて大きな私になれますように。
Comment

そして朝が来た

2014-07-18 20:37:59 | └☆イタリアぶらり旅
アマルフィに朝が来た。

早朝で誰もいない。

静かに祈るような神聖な空気に
心が同調していく。

こんな早朝に起きだしたのは
ロケハンをするため。

それは美しい朝。

あれやこらやとアングルを見ながら、
撮影の流れを頭の中で組み立てていく。

青い海に差すまぶしい朝の光は希望の色に似てい気がした。

よし、これから撮影。
行こう。
Comment

アマルフィの夕暮れ

2014-07-17 22:42:44 | └☆イタリアぶらり旅
というわけで、仕事でアマルフィへやってきた。
明日からの仕事に向けて前乗り。
到着して、荷物を下ろして、
早速カメラとともに海辺へ。

穏やかな海風が暑かった空気をすうっと吹き去る。
今日の終わりのとほうもなく穏やかな色に包まれて
なんだかふぅぅ。。と解き放たれたような心地になった。
私を捕らえていたものはなんだったんだろう。。

明日に備えて、しっかり夕飯を取ったあとは、
前に食べておいしかったアマルフィ名物のレモンケーキ

カロリー高いって分かってたって、
このおいしさの前ではためらってなどいられない。
たっぷり甘い、ほんのり酸っぱいケーキを
ひとりほおばっていたらこの子が同伴してくれた。

お店の人の飼い犬らしいのだけど、
じっと私の隣に座って一緒にいてくれる。
か、かわいい。。

なんだか色々すっかり癒されて、
よし、明日からの仕事がんばろっと
新鮮な気持ちで思うアマルフィの夜なのでした。
Comment

夕暮れ

2014-07-16 00:21:15 | ★イタリア留学日記


そして今日は終わり、
明日は旅立ち
Comment

フィッシュパーティー

2014-07-15 23:50:45 |  └・Ristorante/Trattoria
友人がちょっと早めの誕生日パーティーをすると言ってくれた。
海鮮好きの私たちが選んだのは”Hiron”というお店。
スリランカ人のシェフが経営する海鮮をメインとする創作料理のお店だ。
トスカーナの郷土料理を愛してやまないフィレンツェにはちょっと珍しい。

こちらは手長海老をたっぷり使った海鮮サラダ。
サラダ好き、手長海老好きの私にはそりゃもうごちそう!

こちらは”Tempra”という名前だけど、
この豪快な盛り付けにもはや和を感じられないけど笑
でもサックサクに揚がっててとってもおいしい!

もう食べれないって言っているのに、
なぜか私にご飯をたくさん食べさせたがる友人の勧めでもう一皿。
こちらは海鮮のファゴッティニ、イタリアンです。
海老のうまみたっぷりでこちらも美味。

お誕生日だからと、作ってくれたバナナと苺のクレープ。
ちゃんとロウソクも付けて持って来てくれて、
友人独唱の”ハッピーバースデー”
年をとることはもう嬉しくないけど、
でもおめでとうって言ってもらえるとうれしいかも。
どうもありがとね。

そして、私たちはお祝いをいいことに、
なんと2人で3本のプロセッコを空け、
豪快によっぱらいましたとさ。
ああ、こんなんでいいのかな、41さい。。
Comment

ひまわりの季節です

2014-07-14 20:23:28 | ★編集後記


今日は撮影でトスカーナの田舎へ。
ひまわり満開です。
Comment