小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

キャベツの植え付け

2019年08月23日 06時59分26秒 | 家庭菜園

 

雨が降り苗も本葉5枚程度になりました。そろそろ植え付けて虫除けネットを掛けないとアブラナ科の植物が無かったのでモンシロチョウに見つかりだしてます。

畝は雨が降る前に草防止マルチをはがしていたのでしっとり、肥料を撒き整備して有ります。

台風の影響のフェーン現象で最後のスイカは廃棄処分となりました。あと残るのはアーチの二個だけ、7月に入って実ると収穫時期の高温で収穫が見極めにくい初心者にはまだまだハードルが高いです。それから見たらカボチャ一族は少々日焼けしようが若かろうが味付けで何とかなるのが良い所です。

丁寧にスイカ栽培もしてみたくなりました。

畑で過ごす栽培時間の長い途中で収穫もしにくいキャベツ何ですが「美味しくないよね。」と呟かれほぼトンカツにも敷かれないままレタスやタマネギでしのいできました。

「買えばーーー。」美味しい野菜は元の暮らし方に戻れ無いようです。

鮮度と切り方で別物、ソーなんです。

包丁も数年ぶりにネギとキャベセンの為に新しくしました。

 

今がピークのオクラだって

2品種を茹で麺つゆを掛け冷たくして頂きます。

少し大きく育ったのはフードプロセッサー

品種を選べば産毛も痛くないし味もスーパーに並んでいる意外と高価なネットにキチンと並べられたオクラとは別物。

一月遅らせ2品種植え付け予定です。

まずアーリーボール12株

畝整備後防草シートを掛けて置いたサツマイモ脇の畝が使えます。

キャベツの苗はかなり劣化していても植え付ければそれなりに育つのが分かりました。毎回畝が空かないまま種まきして放置して分かった事です。

今回は適期種蒔ベストタイミングで植え付けです。品種本来の栽培日数でサイズを目指します。

収獲が楽しみです。

トンカツにたっぷりの千切りキャベツ食べたーいーーー。

 

本日も最後までお付き合い頂き有難うございます。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 涼しくなりました | トップ | イングリッシュローズ夏剪定... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家庭菜園」カテゴリの最新記事