小さな森のバラ

新潟の園芸店の日常、ついに耕作放棄地を卒業しイングリッシュローズのサンプルガーデンと装飾的野菜畑を作って行きます。

スイスチャード撤収かしら

2018年05月16日 12時11分12秒 | 家庭菜園

暑くなりそうなので一時間早めに畑に来ました。

 カラフルでお洒落な感じだけど味は淡泊、前年秋に植え付け物にトウが立ってきています。

南の畑を耕していますが枝豆の植え付け場所に利用するために片付け始めます。

何時ものプロ用スーパーの野菜売り場に茎付きの葉が並ぶようになりました。赤や黄色はパプリカが幅を利かしていますがお皿の飾りに「何でしょ。」と話題になるのかも知れません。

味に個性が無いのも良しです。脇役の味なのに綺麗な色。

これは二年物

 

 

ホウレンソウと思えばキッシュやソテーで食べれます。

癖が無いので見た目を裏切ります。

何でも食べてるかも、店から持ち込んだ年代物株畑のアスパラです。

一気に食べるためにオリーブオイルを掛け加熱してカサを減らします。サラダではこんなに食べれません。

 

 ガーデン飾りも気温が上がり花が咲きそうです。

家族で食べ切るのに何日掛かるかしら。

 

お客様に喜んでもらえるよう少しづつバラの庭に育てている途中の土づくりのための家庭菜園です。

本日も最後までお付き合いいただき有難うございます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南の畑2018.5.16 | トップ | ルバーブの苗植え付け »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家庭菜園」カテゴリの最新記事