ゆーぱの部屋 〜幸福の科学の教えから〜
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



幻冬舎って、なんだかすごい出版社だよね。社長って、どんな人なの? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、最新刊『幻冬舎社長 見城徹 天才の嗅覚』(幸福の科学出版)のまえがきで、次のように説いておられます。

 炭火を熾(おこ)して金網を乗せたところ、いきなり焼鳥になることを志願して、見城徹社長が飛び込んで来た感じである。出版界も十一年連続の売上げ減少で、書籍・雑誌あわせて、マックス時の一九九六年に比較すると、六割弱の販売額しかない(二〇一五年)ことが、昨日の夕刊に出ていた。
 私たちから見れば、驚異のミリオンセラーを連発している幻冬舎だが、先方から見れば、人の知らない裏道を通って、しぶとく出版不況を生きのびている幸福の科学出版に異次元的なうらやましさを感じるのだろう。今回は、不況の出版界にあって、共食い的光景に見えるかもしれないが、幻冬舎社長の「天才の嗅覚」を紹介したい。
 「本物の」衝撃の公開守護霊「霊言」を読めば、出版不況からのリバウンドも近かろう。全マスコミ人必読の見城徹流「成功しなきゃ、仕事じゃない! !」講義録である。
(3〜4ページ)

炭火を熾して金網を乗せたところ、いきなり焼鳥になることを志願して、見城徹社長が飛び込んで来た。

不況の出版界にあって、共食い的光景に見えるかもしれないが、幻冬舎社長の「天才の嗅覚」を紹介したい。

全マスコミ人必読の見城徹流「成功しなきゃ、仕事じゃない! !」講義録である──。

元東京都知事だった石原慎太郎が、先月、田中角栄元首相を描いた小説『天才』(幻冬舎)を出版したんですが、その書籍帯と、先月1月23日付日経新聞の広告には、「衝撃の霊言!」というキャッチコピーが付けられていました。

どうも、田中角栄自身がその人生を回想する形式の小説だったことで、これを「霊言」と称したということのようです。

大川隆法先生は、その広告の翌日24日には、その出版社である幻冬舎の有名な社長・見城徹氏の守護霊の公開霊言を行ない、26日には都内の大型書店に、本書『幻冬舎社長 見城徹 天才の嗅覚』となって並んでいました。

そのスピードの凄さは、毎度のことではあるわけですが、本書はひと味もふた味も違っています。

その装丁はというと、表紙のイメージといい、帯の色やタイトルといい、明らかに石原慎太郎の『天才』を意識して、こちらが本物の「霊言」だ!と主張するように、「衝撃の公開守護霊霊言!」と大書されています。

明らかに、見城社長による「霊言」へのちょっかいに対して、大川隆法先生がパトリオットミサイルで迎撃されたのではないでしょうか。

それにしても、この見城社長の守護霊が語った言葉の数々は、まさに掛け値なしに、「全マスコミ人必読」ではないでしょうか。

こんなレベルの仕事師の講義録が、こんなに安価な書物として誰もが読めるだなんて、もう驚き以外の何ものでもないと深く私は思うのです。
 

『幻冬舎社長 見城徹 天才の嗅覚』大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!)
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 未来を拓く勇気っ... 受験戦争って? »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。