伝えたんく

日々の何気ないできごとに感じた幸せ

走りたい。

2018-08-13 23:32:51 | 言いたんく

8月13日,夏休み4日目。

お出かけの予定はない。

自室の整理整頓(まだ整理の段階)をしたり,ホームページを作ったりする。

 

さて,アラカンになり,走ったことなどほとんどない。

心室細動でも起こしたら大迷惑をかける。

でも今の気分は「走りたい。」だ。

もともとゆきたんくは陸上をやっていた。

まあ投擲だったが,走れないと投擲物の飛距離がでないのが分かっていたから走るようになった。

 

6月7日に熱を出し,6月9日に入院し,退院はしたけれど足の腫れは治まらない。

走るのはだめか,じゃあ大好きなドライブは,長時間車に乗れない・・・

大好き(になった)旅行にもいけない。

 

先日の自室整理の時に「修学旅行」や「八丈島」の写真が出て来て記事にした。

実はこんなのも出てきたのだ。



高校2年の冬,青梅マラソンの10キロコースに参加したのだ。→が ゆきたんく。


 学校に写真が送られてきて,陸上部のみんなで自分を探したような記憶がある。

仲間は大きく写された写真もあったが,ゆきたんくはこれだけ。

でも宝物だよなぁ。

へへっ,40年ぶりに見た。

走っていたんだよなぁ。

走れたんだよなぁ。

早く足を治して,走るまでも普通に歩けるようになりたい。

そんな意欲をくれた写真だった。

ありがとうね。



拡大した。周囲には陸上部の仲間がいた。 ゆきたんく17歳。


 

コメント

今日はディナー

2018-08-12 23:02:44 | 言いたんく

先日ランチをしたRyo氏と今日はディナーをした。

午前中は,自宅で仕事と趣味のギター練習,そして新しい仲間のウクレレ練習。

指を動かしていると頭がすっきりとするのはなぜだろう。

簡単に昼食を済ませ,仕事を少しして歯医者さんだ。

6月中旬に予約を入れていたのだが,入院していたのでキャンセル。

そして今日を迎えたのである。

歯肉を切ったので縫ってあったのだが,6/12抜糸する予定が2か月も後になった。

ぐっと歯肉に食い込んですぐに抜けないのではないか,出欠してディナーができないのではないか。

そんな杞憂はすぐに飛んだ。

何時取れるのかなと思って構えていたら,いつの間にか抜いていただいていたのだ。

かくしてディナーだ。

何にしようかと考えていた。

そして夕方になぜか2月の旅行のことを思い出していた。

そう,あの方とのツーショットだ。

思わず笑ってしまった。

オーッホッホッホッホッ

この方だ。「ドーン!」


 


2月に富山県氷見市でツーショット写真を撮った,喪黒福蔵氏。


 そうだ。

彼がいつもいるのは「魔乃巣(藤子不二雄Ⓐ氏の作品では魔の巣)」である。

寡黙なマスターがいつもグラスを磨いているのだ。

ゆきたんくの心は隙間だらけだが,お願いはしないでおくのが良いだろう。

 

ゆきたんくの住んでいる千葉県松戸市に「魔乃巣」があったんだ。

そこにしよう。

お酒は出さない,ラーメン屋さんである。

カレーラーメンの専門店の趣。

このところ少し糖質も取るようにしているゆきたんくである。

「少し?」・・・



魔乃巣入り口。


 悪魔の辛さで人間を翻弄するお店なのか・・・

営業中の札も傾いていて良い。

鎖がかかっているのも良い。

ちょいとした演出がにくいね。

寡黙なおじさまでなく,お兄様が1人が頑張っている。



ゆきたんくの注文。カレーつけ麺と賄い飯(チャーシューゴロゴロ)。Ryo氏は麺大盛り。


一口スープを飲んだら,目の前が覚醒した。

うん,爽やかな辛さである。 

汗をかきながら麺をすする。

 満足のディナーだった。

コメント

夏休み2日目

2018-08-11 23:22:34 | 言いたんく

今朝はゆっくりと起きた。

うん,どうしても5時台に目が覚めてしまうのでわざと2度寝した。

それでも7時に目が覚めたので起きた。

右足に弾性包帯を巻き,お出かけに備える。

朝食をすまし,花屋さんへ。

花屋さんはお気に入りの,新松戸にある「フラワーデポさん」。

このお店はご夫婦で経営されている。

そして本当にお花を可愛がってらっしゃるのだ。

もう,15年前からお世話になっている。

ゆきたんく家のお墓の花は「フラワーデポさん」と決めている。

開店は10時なのだが,少し前に行って待っていた。

ゆきたんくがいるのを知って,快く店入れてくれた。

御花が手に入ったので次はコンビニだ。

親父の好きだったエビスビールとお袋の好きだったコーヒーを買う。

いつもは酒類は買わないので,たまに押す「年齢確認」が嬉しい。

墓掃除をし,お供えをし,線香をあげて手を合わす。

しばらくお話をする。

お昼の時刻になってしまった。

この後は昼食後,予約を入れてあった整体に行く。



ゆきたんく家のお墓。


 また来るね。

コメント

今日から夏休み・・・

2018-08-10 23:02:55 | 言いたんく

さっそくお友達とランチ。

もちろん男性ね。

ファミレスでざっかけない話をしながら,食事をする。

ゆきたんくが足が悪いので,いや元気な時も気を遣って飲み物を取りに行ってくれる。

そこで,技を使う。

ドリンクバーでブレンドをするのである。

これがまた旨いのでおかしい。



黒ビール。


 のように見えるブレンドドリンク。

「ベースはコーヒーなんですよ。」とにやにや。

柔らかい泡が,ただの炭酸ジュースではなくなっている。

程よい苦さと甘みと,酸味と・・・・ん?

1杯ごとにブレンドの様子が変化する。

この友人は夕方から仕事に行く。

ということで,夕方からは別の友人と用事が済ます。

のりたん(奥方)が出かけていて独身なので千菓進で夕食をいただく。

これがゆきたんくの夏休みの1日目,充実していたなぁ。

コメント

今日も夏当番

2018-08-09 23:34:25 | 言いたんく

今日は休日のはずだったのだが,なぜか夏当番。

というより,当番の方が具合が悪くなったのでピンチヒッターである。

二人一組での当番だが,仲の良い奴(男性ね)が相棒であった。

うん,気が楽だね。

仕事をしたり,おしゃべりをしたり(若い女子か)

こんな時の楽しみは一つしかない。

昼飯である。

二人であーじゃない,こーじゃない,そーじゃない,とんでもないと話をしながら店を決める。

そう,外に出れないので出前の相談だ。

決まったぁ,頼んだのはこれ。



キーマカレーにナン。


 実は,このナン。

メニューに載っていたので冒険をしてみたのだ。

商品名は「あんこナン」である。

ナンの中にあんこを入れて焼き上げてある。

これだけでも十分美味しかったしおやつ感覚でもあった。

カレーにも合う。

辛さは普通にしてみたが,辛口でもいけたな。

うん,こんな楽しみ方もいい。

コメント

行っていたんだ。

2018-08-08 23:06:47 | 言いたんく

もう,40年以上前のお話。

最近,自分の部屋を片付けたり,写真の整理をしていたりして「あっ」と・・・

 

拙ホームページで自己満足を書いているゆきたんくである。

旅の項の滋賀県で2011年に「初めての滋賀」とか称して滋賀の初訪問を書いている。

実際には1998年に初めて福井(義妹の嫁ぎ先)に行った帰りに,滋賀県に寄っていたことを思い出した。

写真データがなかったので,記事を書かなかった。

確か,琵琶湖畔のホテルに行きその宿泊した部屋の窓から琵琶湖を見ているはずなのである。

その時は特に意識などはしなかった。

旅自体にそんなの興味を持っていない出不精だったのである。

 

そう,写真整理の話だった。

実はもっと前に滋賀県に行っていたことが分かった。

それは15歳の時,修学旅行だ。

今の今まで気が付かなかった。

今更当時の同級生の皆様に掲載するお許しもいただくことは不可能なので,ぼかしを強めにかけた。

立て札の中に比叡山延暦寺の文字が見える。



比叡山延暦寺の根本中堂前で記念撮影だ。


 ゆきたんくは前列中央担任の隣にいる。

何かやっていたかなぁ・・・

良い子の席でないことは確かである。

まあ,と言う訳で滋賀県初訪問は1975年のことになるのであった。

コメント

あまりの暑さに・・・

2018-08-07 23:53:07 | 言いたんく

昨日のことだ。

前にスズメバチ40匹あまりがたむろっていたゆきたんくの自宅駐車場。

その時には巣はなかったが,スズメバチがいた場所に巣を作り始めたようだ。

駆除しなくては思っているが,ちょっと怖い。

 

大学の時に,陸上の練習を終え,フィールドにゴロッと横になった途端に背中に激痛が走った。

自分が寝っ転がった後を見ると大きな蜂がつぶれていたんだ。

何蜂か分からなかったが黄色と黒の縞は見えた。

保健室に行って手当をしてもらった。

それから数日,激しい頭痛があった。

今にしてみれば蜂のせいだったかもしれない。

そう,アナフィラキシーが怖いのだ。

一回医者に行って見てもらおう。

 

で,自宅のスズメバチの話。

昨日は午前中出張で,午後は休み。

自宅に戻り,車を降りた時に熱気が下からムウンときた。

思わず下を見たら,足元で動くものが・・・

朝,ベランダ下にたむろっていた蜂だ。

あまりの暑さに蜂が落ちたのである。



うーん


 

コメント

飲んだ。

2018-08-06 23:20:22 | 言いたんく

巷では様々な感想を聞く,このお飲み物。

飲んだ。

友人の話では,ロシアではコーヒーにレモンはデフォルトだという話。

でのりたんに話す。


 


ブラックリモーネ・・・


「こんなコーヒーを買ったよ。

    おもしろそうだね。

       先に飲んでいいよ。」

のりたんに飲ませた。

「悪くはない。でもこれだったら普通のコーヒーの方がいいな。」

とのこと。

でもさ,半分なくなっていたんだよ(笑)

残りはゆきたんくがいただきました。

うん,よく味わうと悪くはないな。

 まあコーラだってさ,日本に来た頃は酷評だったよな。

コメント

いったん止まった。

2018-08-05 23:13:14 | 言いたんく

前に記事にした,松戸市と流山市の境辺りにあった旧清掃工場。

その煙突の取り壊し工事が始まっていたことに触れた。

現在はこんな風。



2本ある煙突の片方は足場がはずされている。


 ゆきたんくとしては,この煙突達が姿を隠してから投稿しようと思った。

ここしばらくの間はこの姿である。

短くはなったが,煙突は残っている。

足場もはずされたのでここでいったん工事は終了だろう。

何か,中途半端な感じがしないでもない。

コメント

忘れてた・・・

2018-08-04 23:08:51 | 言いたんく

なんだこれ。

きょうも自宅で掃除したり,自分の部屋を整理整頓したり・・・

そうしたら出てきたのだ。

「なんだこれ。」はその時のつぶやきである。

すっかり忘れていたゆきたんくである。

 ホームページ作りに興味を持ち,一番充実しているのが「旅たんく」そう,旅の項だ。自分の感じた幸せをコンセプトに「幸たんく」というページを作り,自分を幸せにした旅をまとめたのが「旅たんく」だ。

こんなネタがあったじゃないか。

そしてその場所には1回しか行ったことがない。

そう,東京都立秋川高等学校の同級生の家(大賀郷)に遊びに行ったのだ。

そういう思い出は,必ず自分の中の何かとリンクして残っているのだが・・・

2015年夏にデュッセルドルフに旅をした。

友人が病気に罹り,そのお見舞いに行ったのだ。

FBで,秋川高校の先輩がデュッセルドルフにいらっしゃることを知り,その時に会っていただいた。八丈島のご出身ということも存じ上げていた。

なのに,自分が八丈島に行ったことを思い出さなかったのは不思議だ。



八丈島の海をバックに記念写真を撮ってもらった。(ヤケンヶ浜海水浴場?)
さすが若い,高校生のゆきたんく。
しかしグーグルさんは凄いね。この辺りかな → Map


 しかし,40年前の自分に40年ぶりに会ったのである。

コメント

今日はお休み。

2018-08-03 23:29:01 | 言いたんく

今日は1日お休みをいただいた。

足を休めたいこともあった。

外に出れば歩いてしまうからね。

一日家にいて,立たなくて良いような作業をしていた。

自分の部屋を片付けることができた。

ただ整理・整頓の整理の方ね。

そしてホームページの更新か。

富山2018のページ作成が滞っている。

めちゃくちゃ忙しかったからね。

こういう時に普段できないことをやるか。



スクリーンの左半分がビルダー,右半分がサイトで調べ物だ。
ちなみに「丸山監的壕」のMap


 この画面は,富山市立野原東にある「丸山監的壕」作成場面だ。

 一面雪の世界だが2月中旬だからこうなることも考えていた。

 昨年冬に立野原監的壕を見に行ったが,もう一つ近くにあるということで行ったのである。もっとも,この戦争遺跡のためにリベンジした訳ではない。

 

 話がそれてしまうので元に戻す。

 ページ作成の場面ね。

 

 丸山監的壕は雪に包まれて,中に入ったり横で記念写真を撮ったりすることは不可能だった。とにかく寒いなか震えながら撮った写真にコメントをつける。

 間違いがあってはいけないので,自分の感想が中心になる。

 解説は,その地方の自治体が作っているものがあればそちらを見ていただいた方がいい。うん,自分は学者ではないからね。

 また,晴れた時に行く機会があればね。

 富山を旅する機会が必要になり,通り道にあればね。

そうそう,今回は合掌造りの「五箇山」に行ったが,雪の中の取材であった。

そのうち十分な取材をしたくなるだろう。

岐阜の白川郷もセットでね。



五箇山の菅沼合掌造り集落をあるくゆきたんく(撮影Y氏) 2018.02.17
ちなみに,ゆきたんくが歩いている辺りのMap


記念すべきココフカの旅第1回,合掌造りの宿「伊三郎」の前で。 → Map
ココフカ三人組と伊三郎のおかみさんである。 


 

コメント

ココフカ2018

2018-08-02 23:18:37 | 言いたんく

今年もココフカの時期がやってきた。

お父さん,じまさん,ゆきたんくの3人組である。

昨年でめだたく,ココフカの旅10回目を向かえた。

毎年,行先をどうするかということが楽しみでもある。

お父さん,じまさんの意見を取り入れた内容を考えていた。

山陰には行ったことがないなぁ。

ということで,ゆきたんくの頭の中に・・・

鳥取は砂丘,そして境港の水木しげる関係。

島根は,出雲大社,宍道湖,玉造温泉・・・

さて,もう一つは京都にするか山口にするか。

山口は2016にココフカ3人組で行った。

じゃぁ,京都で舞鶴の赤レンガ,天橋立・・・

そんな夢を膨らませていたが,今年はゆきたんくの足がだめで断念。

ココフカ2018の代わりに3人で食事会。

流山ラーメン屋さんで昼食。

ここの東京ラーメンがたまらない。

そして二次会は喫茶店でお話を。

 



喫茶店のクリームあんみつ。これがいいんだ。


 久しぶりに会った3人,旅行のリベンジも含めて,ゆきたんくの快気祝いにもなったのであった。

じまさん,お父さんありがとう。

コメント

休みは取れる時に。

2018-08-01 23:02:43 | 言いたんく

この時期になると半ドンでよい時がある。

本当に有難いよなぁ。

今日は職場の若い衆とデート。

あっ,相手は男性だよ。

長時間運転は×なので,ゆきたんくの家の近くのファミレスでお食事。

ドリンクバーは,この若者が気を遣って持ってきてくれる。

食べ,話をし,楽しい時間を過ごす。

相手はどうだろうか。

おじさん相手に緊張してないだろうかね。



冷やしタンタン麺だったかね。 


 少ししょっぱめ。

塩分補給には良かったかな。

コメント

半ドン後は涼しさを求めて・・・

2018-07-31 23:24:06 | 言いたんく

今日も半ドンで終りの日。

あまりの暑さに,本土寺の参道を通ることにした。

友人と待ち合わせてランチの予定である。

その通り道だ。

足の腫れがあるので長時間の運転が難しい。

公共交通機関を使うのであれば,駅までとか歩くことで腫れが増す。

車を使って優しく走るのが,一番ダメージがないのだ。



本土寺の参道は涼しい(車の中はクーラーが利いているけれどね。)見た目涼しいね。


 ゆきたんくは安くておいしいレストランを少しは知っているのだ。

友人とそこにいく。

ハンバーグと唐揚げの盛り合わせだな。

サラダ,デザート,カレーライスの食べ放題がつくのだ。

一通りいただいて満腹。

話にも花をたくさん咲かせた。

足が治ったら,広島のリベンジをしなくてはね。(前に書いた「今月(先月)の悔いシリーズ」)



良い音を立てておりました。お味も良い。


 またねと別れて自宅に戻る。

車から降り,松葉づえを取り歩こうとすると足元で「ジジジ・・・」

元気なく鳴いているやつがいた。

蝉さんだ。

土から出て来て,1週間。

一生懸命鳴いたかい?



なかなかハンサムである。


 暑いのに本当にお疲れ様。

コメント

納得が・・・

2018-07-30 23:31:41 | 言いたんく

いかないのだろうなぁ,自分なりに。

足がなかなか治らない。

自分の非があったのだろうか。

いや。

まぁ,今の状態に至るまでことを整理しておこう。

納得がいかないのだ。

よって眠りが浅くなる。

その時と同じように目が覚めた。

iPhoneで時刻を見る。

うん,あの時と同じ3時過ぎ・・・

蜂窩織炎で熱を出す前の4か月がそうだった。

自分の割り切りが悪いこともある。

反省だ。

それによしても散々だよなぁ。



目が覚めて時刻確認したiPhone。3時33分→散々(笑)


 

コメント

ブログ村Ping

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/okr7t7fen957