伝えたんく

日々の何気ないできごとに感じた幸せ

そうかぁ

2021-04-15 23:20:50 | 家族

ひとつこの歳になって自覚したことがある。

ゆきたんくはメンタルが弱いのである。

自分が思っているほど強くはないのだと・・・

今日はのりたんの人間ドック。

ゆきたんくが送迎のアッシー君である。

春休みの時間をこういうふうに使わないといけないと思っているのである。

 

そもそも人間ドックは、自分の体にエラーがないかどうかを調べるためにするものである。

ゆきたんくは、「出たらどうよう、いやだなぁ。」

と考えてしまう。

「出たら対処する。」

これを仕事の場では普通に言えたのであるが、こと自分のことや家族のことになると不安が大きくなる。

うん、メンタルが弱い。

なのに、調べて何事もないと「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ですぐ忘れてしまうのである。



病院の駐車場にて 


 

何事もないように、あっても冷静に対処できる自分でありたいな・・・

コメント

へぇ

2021-04-14 23:01:23 | 言いたんく

いろいろなゆるキャラがいる。

ゆきたんくの住んでいる松戸市にも「松戸さん」がいらっしゃる。

やさしそうなおじさんキャラ。

今日はクレヨンしんちゃんの地元春日部のお話である。

うん、職場の同僚だった友人の地元でもある春日部市。

そこのゆるキャラは「とろ☆りん」だという。



とろ☆りん。


正確に言うと、春日部市ではなく、春日部焼きそばのイメージキャラクターだそうだ。

最初画像を送ってもらった時に、正体がよく分からず調べてしまったのだ。

ゆるキャラグランプリ公式サイトによると、

所属:特定非営利活動法人春日部藤源郷

春日部やきそばのイメ-ジキャラクタ-、キモカワ系ゆるキャラ「とろ★りん」です。好物は春日部やきそばと、とろ★りん焼き!
特技はB級グルメの大食いです(笑)

だということだ。

では肝心の春日部焼きそばとは。

ゆきたんくは食したことがない。



これが春日部焼きそば。 
写真は食べログさんからいただいた。


あんかけ焼きそばにふりかけがかかっているB級グルメ。

食べに行こうかな・・・

コメント

う~ん。

2021-04-13 23:51:16 | 言いたんく

自分はちょっとしたことで、動じるのか・・・

うん、動じるんだな。

忙しい時には、大丈夫なのに時間ができると気にしてしまう。

ところが、昨年気持ちが落ち込んだ時期を経験することができたので対処できている。

うん、60近くなってそんな経験をするとは思わなかった。

いったん軌道を元に戻してくれたかつての上司に感謝するばかりである。



雲、雲、雲。


先日、晴れた日のインターバル速歩の投稿をした。

「気持ち良い。」と。

本日は、これこの通りの天候である。

それだけで気持ちが落ちる。

うん、動じているのだ。

ねらいはなんだ?

青空を見て気持ち良くなることか・・・

いや、体力の増強なのだから天候は関係ない。

もっとも零下20℃なら分かる。

ほんのちょっとのことで、気分を左右させられるゆきたんくである。

気を取り直して歩く。

ペースが乗ってくると先ほどまでの不安は飛んでいく。

「案ずるより産むがやすし」とはいうが、別に歩くことを案じているのではない。

自分が何をやるべきかが景色一つで変わってしまうことが問題なのである。

とりあえず、目的に向かって素直に向かえば良いのだ。

仕事でもそうしてきたではないか。

インターバル速歩が終わった時には、空模様のことはどこかに行っていた。

コメント

久しぶりに・・・

2021-04-12 23:44:05 | 言いたんく

かつての同僚で旅の仲間、そして素晴らしい先輩のお父さんがいる。

時間が合わずなかなか会えないのであった。

もともと3人組である。

ゆきたんくと、お父さん、じまさんだ。

じまさんは、年金をもらう年齢になったが、お仕事を頼まれ元気に働いている。

昨年までハーフだったのが、今年度はフルだという。

お父さんは毎日お勉強である。

読書と体を鍛える毎日だが、武道家でもあるのだ。

一番若いゆきたんくが一番優柔不断である。

まして、現在春休み(無職)である。

久しぶりにお父さんと会うことになった。

会場は、一次会ラーメン、二次会喫茶店である。



かっこをつけてキリマンジャロ。


いつもはクリームあんみつをいだたくのだが、今回はしぶくね。

政治の話、コロナの話、昔同じ職場にいた時の話。

時間が経つのは早い。

あっという間の5時間だった。

そう、のりたんのお迎えの時刻になったのである。

近いうちの再開とお互いの健康を祈って別れた。

コメント

気持ち良い。

2021-04-11 23:38:13 | 言いたんく

うん、これ大好き。

組み合わせなんだな。



この雲の形がなんとも・・・


今日もインターバル速歩である。

うん、体力増強のためね。

現在春休み中のゆきたんくである。

いずれ始まる仕事に向けて、体をなまらせてはいけないと自覚しているのである。

毎日景色は違うのだが、この風景が目に入った途端生きていてよかったと思えるのである。

文句なしに気持ちが良い。



快晴でないのが、また良いのだ。


うん、雲がいると寂しくないんだよね。

快晴だと友達がいない雰囲気になる。

そんな環境が自宅の近くにあるって素敵なことなんだな。

それに気づけただけでも良しとするか。

コメント

お勉強が好き?

2021-04-10 23:24:42 | 戦争遺跡

ん?

そんなものは嫌いである。

小学校入学前夜のことを覚えている。

葛藤しているのだ。

ランドセルを背負って歩きたい。

でも、学校には行きたくない。

お勉強があるから。

勉強がどんなものかもわからないのに、なんで嫌いだったんだろう。

自分のやりたいことが、そのまま勉強になればいいのに・・・

昨年4月にその環境になったが、コロナに邪魔をされたしまった。

正確に言うと、自分が負けてしまったのだ。

まあ、本日は近隣(とは言っても少し離れているけれど・・・)の飛ノ台遺跡に行くことにした。

友達がヒントをくれた、ありがたい。

縄文時代の遺跡である。

が、

すぐ隣に戦争遺跡があったのだ。

軍用機「雷電」を製造していた日本建鐵の跡地があるのだ。

1941年(昭和16年)には日本建鉄が行田の海軍無線電信所の南東敷地で、軍需製品を生産した。

現在は、その時の建物はない。

のこぎり型の屋根(採光のため)の建物もない。



敷地西側 三菱マテリアルの土地となっている。


周囲は塀で囲まれている。


広い広い土地である。


 

結局取材時間の半分は戦争遺跡になってしまった。

まあ興味のあることはいくら時間があっても足りない。

うん、飛ノ台遺跡もしっかりと取材した。

そうだ、ゆきたんくの好きなさだまさし氏の69才の誕生日であった。

「さださん、おめでとうございます。」

コメント

黄昏・・・

2021-04-09 23:16:33 | 言いたんく

少し長めの休養を満喫しているゆきたんく。

今日もインターバル速歩はやったし、次の仕事のための靴も買った。

そう、下水道切り替えのための手続きもやった。

そして今日午前中に見積もりのための測量にも立ち会った。

のりたんの車の車検手続きもやった。

そしてたまりにたまっていたブログの更新もしている。

そのうちに黄昏てきちゃった。



松戸市七右衛門新田付近でみた黄昏。


 

コメント

ミニ同窓会。

2021-04-08 23:31:33 | 東京都立秋川高等学校

うん、高校の同期がね。

同い年なのは当たり前。

そう、定年退職してるやつが増えた。

するとね、平日に会える。

久しぶりに秋川高校12期生のブラザーと会食。



ジンジャエール。ドクペがない時はこれ。


前菜。たっぷりだったね、こりゃあ。


ポルチーニ茸の入ったピッツァ。これが主役だな。


そしてデザート。


さすがに腹いっぱいになった。

お店はねnonoって言うんだ。    → Map

コメント

うん、青空は

2021-04-07 23:26:49 | 言いたんく

いやぁ、青空は気持ちが良い。

今日のインターバル速歩は気持ちよくできた。

青空が見えて、それが川面に映って。

これだけでもう最高。



流山方面を臨む。いやぁ、そよ風もいい。


もう一つ分かったことがある。

こんな日は目にも優しいのだ。

まぁ、直接太陽を見るようなことはしない。

普段目に入らないものに気づくことができるのだ。



スマホで撮った飛行機。なかなかだろう。


自分は、雲があると同系色の飛行機はもう見えないな。

こんな出来事だけで嬉しいものなのだ。

コメント

三日坊主から

2021-04-06 23:17:54 | 言いたんく

さて、4月に入り始めたばかりのインターバル速歩。

3か坊主だった。

もっとも4日、5日は静岡の伊豆へ旅行していた。

さて、今日はできた。



なぜか雲が多い。


苦しい場面が少ないからだ。

3分速く歩く、3分ゆっくりと歩く。

これで1セット。

4セット目ぐらいから体がポカポカしてくる。

だんだんとペースをつかみつつある。

と言いたいが、2日サボっているからな。

コメント

19年目のリベンジ

2021-04-05 23:27:01 | 

旅でこだわりたいことがある。

計画で行ってみたい所に必ず行けること。

2002年12月29日。

西伊豆のホテルから沼津の神池(大瀬崎)に向かう途中に安楽寺がある。

土肥のお寺さんだ。

ここに鉱湯(まぶゆ)があると聞いて、ぜひ見たくなった。

それが現地では見れなかった。

入口が崩落していたからだ。

大雨か地震かどちらだったかと思う。

 

今回の旅行は義兄の提案。

義兄は温泉が好きである。

行き先は土肥。

となれば「まぶ湯」は見ておきたい。

さて、鉱湯だがこれは当て字だ。

 土肥金山開発中の1611年、当地にある安楽寺境内の坑口から温泉が湧出したのが土肥温泉の始まりで、この源泉は発見者の間部(まぶ)彦平に因みまぶ湯と名づけられた。引用 Wikipedia

さて、初めて訪れた時はどうだったのか。



まぶ湯の入口は崩落していた。拝観中止になっていた。


せっかく土肥温泉に来た。

そしてその発祥の地がここ安楽寺のまぶ湯である。

19年ぶりである。

この機会に見ておきたい。



安楽寺境内にある「まぶ湯」と彫られた御影石。


今回は中に入れる。


これがまぶ湯、湯かけ地蔵もそばにある。 → Map
19年前にゆきたんくが伊豆観光の本で見たままの風景。


やり残していたことを一つクリアーしたぞ。

コメント

土肥。

2021-04-04 23:35:48 | 

土肥に来ている。

昨年4月に義兄が定年退職した。

ゆきたんくも3月で退職していたので、記念旅行をしようという話があった。

それがゆきたんくの体調不良で無くなった。

何回か誘われたが、体調が今一つだったり仕事が入ったりで実現しなかった。

今回の誘いで実現した。

ありがたい。

行き先は伊豆の土肥。

そう金山があったところだ。

伊豆は良い所だね。

1577年に発見された金山で当時の姿を残している龕付天正金山にいった。



金銀を取った後の溝である。


龕(がん)が見える。ここから先には行けない。 → Map


当時の金の製錬炉跡(日本大学の発掘調査による)


 最奥に龕(がん)が祀られている。これは、坑夫が最奥に金銀が多量に埋蔵する鉱脈を発見し、これ以上掘り進むと祟りがあると恐れ、龕を彫り山の神として祀ったところであり、全国的にここだけである。引用 Wikipedia

だそうだ。

当時の姿をそのまま見ることができる場所が残っていることは大変嬉しいものである。

また、ここが宿泊する「明治館」の真ん前だった。

徒歩1分。

マシンガントークの杖をついたおじいさんが解説をしてくださった。

とても楽しい有益な時間であった。

コメント

うーん。

2021-04-03 23:06:51 | 言いたんく

親父との思い出である。

「昔、雷電という相撲取りがいて張り手をするとやられた部分が腐ってしまう。」

という話。

これは記憶に残るね。

どんな相撲取りだったのだろう・・・

という訳でお勉強で行った佐倉市に雷電ゆかりの地があったので訪ねた。



雷電のお墓横にある碑。隣に一般のお墓があったので、これを載せる。→ Map


これを見るためには、児童クラブの敷地に入らねばならなのだが、所員の方が気持ちよく入れてくださり、案内までしていただいた。

感謝である。

「雷電為衛門」が本名だったのだな。

近くに顕彰碑があるというので訪ねてみた。



天下無双のお相撲さんだ。 → Map


ゆきたんくも手はでかい方なのだが・・・


197cm、168.7㎏だと。

勝率96.2%を誇る。

そしてその中には無勝負もあったという。

ようするに対戦を避けたのね。

分かる気がする。

親父の言ったことも、実際にあったのだろう。

コメント

楽しいね。

2021-04-02 23:59:12 | 健康

楽しい。

インターバル速歩のことだ。

走るのと違って苦痛がないからね。

ゆきたんくにはぴったりの体力増強法だね。

飽きなければいいなぁ。



今日の景色。自宅方面から流山方面を臨む。


まぁ、同じ景色を見ているようだが季節ごとに変化があるだろう。

思い起こしてみると、昨年の今頃はしっかりとは歩けなかった。

80代のおじいさんの速さについていけなかった。

腹壁ヘルニアもあって、腹筋に力が入らなかったのだ。

昨年7月7日に手術をしてからは快調であるが、時々痛みは走る。

このインターバル速歩には何の影響もないからありがたいね。

コメント

今日から

2021-04-01 23:52:39 | 言いたんく

三日坊主のゆきたんくだ。

さて、今日から「インターバル速歩」を始め。

3分速く歩く、3分だらだらと歩くを繰り返せばよいのだ。



これこれ。


現在休みをいただいているゆきたんく。

のんびりと過ごそうと思っているが、体力もつけないといけない。

仕事に行けば、1万歩は必ず歩くのだが自宅で過ごしているとねぇ・・・



幸い、江戸川土手が近くにあるので場所には困らない。安全だしね。


まぁ、しばらく休みで仕事が始まるまでは続けられるといいなぁ。

コメント

ブログ村Ping

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/okr7t7fen957