伝えたんく

日々の何気ないできごとに感じた幸せ

秋川高校同窓会東支部

2019-01-12 23:23:14 | 東京都立秋川高等学校

いやぁ,秋川高等学校24期の店が家から車で20分ほどのところにあることを知った。

じゃ,やるべ。

さっそく同窓会である。

11期の先輩,同期(12期)のブラザードスと3人で集合だ。

八潮の町の中央より,少し西側にある。

料理が旨い。

何を食べても旨い。

話に花が咲いたことは,当たり前だが料理の花も満開となった。

全部の料理は載せない。

直接店に行っていただきたいと思っている。

いや―前菜からデザートまで隙がない。


 
楽しいメニュー

ピッツァ三種


デザートその① ケーキ。旨かったぁ。


デザートその②カルボナーラ 


 デザートその②というのは冗談だが,デザート後パスタもあることに気付き,食べてみたくなったのである。

はっきり言う。

どれも旨い。



マスターの写真である。


 ところで11期の先輩にご馳走になってしまった。

先輩,どうもありがとうございました。

「シタッ」

コメント

友人からのお誘い。

2019-01-11 23:57:17 | 戦争遺跡

今が旬。

食べ物ではない。

戦争遺跡である。

夏は草ぼうぼうで,何がどこにあるか分からないことが多い。

よって,雑草などの邪魔ものが少ない冬は戦争遺跡にとっては旬なのである。

しかし,足のことであまり遠出をしないゆきたんくの代わりに車を出していただけるというのは有難い。

銚子の戦争遺跡を見たいとおっしやる。

よって,ゆきたんくは計画に取り掛かった。

愛用しているマインドマップは(・∀・)イイネ!!。

自分の思った通りにどんどん書き込んでいける。

まだ完成形ではないが,見ていただこう。



2006年に戦争遺跡探訪をしている記憶を頼りに打ち込んだ。


 さて,友人のY氏にこれを送った。

どんな反応がくるか楽しみである。

コメント

6時49分。

2019-01-10 23:45:34 | 言いたんく

今日はこれ。

だんだん飽きてきた。



雲があるけれど,明るくなってきているのは分かる。


 昨日より3分遅いのだけれどね。雲が多い分暗くは感じる。

家と空の境界くらいの部分はこちらの方が明るいかな。

で,寒い・・・

コメント

また朝。

2019-01-09 23:28:12 | 言いたんく

最初に時刻を書いておく。

本日は昨日よりさらに5分遅い,6時52分である。

そして撮影した場所は同じ場所。



日の出前ではあるが,光が見え始めている。


 相変わらず寒い。

まあ,1月初旬なので当たり前のことである。

まだ晴れていることが有難い。

これで雪だったらどんなに寒いことか。

まぁ,体が少しでも元気なことも喜ばしい。

頑張って働くか。

コメント

朝。

2019-01-08 23:23:08 | 言いたんく

さあ,昨日に続き朝シリーズ。

最初は忙しいからね。

写真をとる時間帯が限られている。

朝の出勤時か,退勤時だ。

退勤時は,暗くてもうダメなので朝の写真をね。



昨日比べて,幾分日が昇りかけているかな。


昨日のね。


 昨日は6時42分。

この写真は6時47分。

たったの5分違いで明るさが随分と違うこと。

同じなのは寒さかな。

うん,冷えたね。

コメント

年の始めの・・・

2019-01-07 23:19:05 | 言いたんく


さぶっ


 本当は「さむっ(寒い)」なんだろうけれどね。

うん寒い。

ゆきたんく出勤時の朝である。

もう1/4に出勤しちゃってるんだけれど,職場のみんなが顔をそろえるのは今日なのだ。

そして嬉しいお昼。

毎年のことだけれどね。



寿司でござい。


 まぁ,ささやかな楽しみの一つかな。

うん,旨かった。

さて,頑張るか。

コメント

こりゃあ,いい。

2019-01-06 23:19:43 | 音楽

今まで様々なマルチトラッカーを使ってきたが,こりゃあいい。

1 ティァックのポータ1(カセットテープ使用)

2 ギタートラックス2

3 ギタートラックス3

4 スタインバーグ

5 スタジオONE

で,今回登場となったのがこちらである。


 


iZotope Spire Studio


まず楽。

接続が楽である。

PCを使わない。

iosと本体はwifi接続だ。

フリーアプリで,8トラックの録音ができる。

ミキシングも楽楽。

エフェクターもたくさんついている。

もっとも,PCを用いて最終調整もできるという。

ゆきたんくの苦手なCubase以外で可能ならば試してみたい。

今のところスタジオONEかな。

まぁ,とにかく便利である。

隙間時間があればすぐに録音できる。

公開可能な作品が仕上がったら,ここで発表したい。

コメント

坂本龍馬特番

2019-01-05 23:47:00 | 言いたんく

昨日テレビで古舘伊知郎氏が実況を務めた「坂本龍馬」特番を見た。

あの偉大な一人の人間について,立場を変えて見ることでヒーローだったり,犯罪者だったりするのが新鮮だった。

一言で言ってしまえば功罪なのだろうが,その存在があったかなかったかで現在の日本の姿も違っていたという。

その暗殺には諸説あり,その中で有力な説に基づいて特番は組まれていた。

100%の説はあるのか。

もう,歴史学者に任せるしかない状況ではある。


 


霊山護国寺(京都)にある坂本龍馬と中岡慎太郎の墓 → Map  2006.12.31


 ただ,この男一人が果たした役割を考えた時にヒーローだなぁと思うのである。

さて,明治維新後の日本を変えた人物を教育した人物に教育者・吉田松陰先生がいらっしゃる。

そして,志士・坂本龍馬もその一人だろう。

この両者の共通の師として師事した時間は短かったが,佐久間象山先生がおられる。

象山先生は吉田松陰を「狂人」と称した。

後のことを考えて,結果がどうなるか分かっているのに踏み出してしまう。

その行動力を評価したのだという。

密航などは,その一つだ。


 


松陰先生が密航の罪で投獄された「野山獄跡」 → Map  2016.08.11


 また,坂本龍馬は象山先生の影響をかなり受けている事実がある。

嘉永6年(1853)6月に黒船で浦賀に来航したペリーに驚く。
黒船や西洋列強の軍事力知りたいと思ったところで,江戸の佐久間象山先生の「五月塾」で西洋軍学を学ぶ。
象山の教えを受けてから数ヵ月後に土佐へ帰国。
すぐに、ジョン万次郎から米国の詳細な事情を聞き、絵図いりの書物にした河田小龍の元に出向いた。
そして河田小龍は外国の大船を買い同志を乗せ人・荷物を積み海洋に乗り出し、『貿易』によって異国に追いつく事」が日本のとるべき道だと龍馬に説いた。


 まあ,西洋かぶれとして暗殺された佐久間象山先生よろしく,坂本龍馬も西洋かぶれでブーツを履いていた。

それも日本で初めてブーツを履いた人物と言われている。

長崎の亀山社中(龍馬が起こした貿易結社)近くには「龍馬のブーツ像」というブーツだけの銅像がある。



履くことができる。 → Map 2016.12.27 


 坂本龍馬の特番を見ながらも,最近旅をした松代に思いが行き,佐久間象山と重ねてしまうゆきたんくであった。

コメント

仕事はじめ。

2019-01-04 23:25:23 | 言いたんく

あぁ,我が母校秋川高等学校の同窓生は宴会の最中だなぁ。

なんて思いながらお仕事である。

1/7から本格的営業なのだが,1/5(土),1/6(日)と連休であるから,今日準備しないといけない。

そんな訳で真面目なゆきたんく。

いや,気の小さいゆきたんくは仕事を休みにできなかったのである。

その宴会はご馳走が並ぶんだよなぁ。

そう,午前中涎を垂らしながらお仕事である。

文書の上には垂らさないように気を付けながら・・・

昼飯は我慢した自分へのご褒美だ。

友人も昼飯時だというので一緒した。



カツ太郎でロースかつ定食の大。 


 正月だもの(三が日は過ぎたって・・・)これくらいのご褒美は・・・

しかしね,一切れだけ揚げ具合を見せるのも演出の1つかね。

たしかに視覚でも胃袋が刺激されたものね。

で,美味しくいただき,後半戦に突入したのである。

コメント

うん,初使用かな。

2019-01-03 23:57:54 | 言いたんく

年末に印鑑を作ったのね。

株でも始めようか。

そう,株用の口座がいるな。

なんて乗りでね。

まあ,そのうちに。

 

どこで作ったか。

「てづか図鑑」のイラストハンコにしてみた。

銀行印にも使えるというので,それじゃあと。


 


こんな箱に入っているんだ。


 箱の中にシャチハタと黒水牛タイプの2本が入っている。

さて,黒水牛タイプは本当に使えるのだろうか。

公的な文書に使う条件としては・・・

シャチハタ印ではございません、スタンプ印でもございません、ゴム印等でもございません。

また、一部が欠けてございません。

まあ,ダメな時はだめなんだろうね。



まあ,こんなのが欲しかったんだよな。ヒョウタンツギ


あははぁ,ヒョウタンツギ大好きなんだよな。

コメント

おろっ

2019-01-02 23:47:23 | 言いたんく

今日は義父の墓参りだ。

都内のお寺で義母と義姉と待ち合わせ。



都内とはいえ,静かなお寺である。


賓頭盧様もいらっしゃる。


 一昨年の3月に義父は亡くなった。

明るく賑やかな方だっただけに,寂しい。

その前にも来たことのあるお寺だった。

そう,何回も来ているのだ。

ただ,今日初めて気づいたことがあった。

な,なんと。

と言って気を持たせはしているが,あくまでも自分が驚いただけのことである。

ゆきたんくの母校伊藤中学校(現伊藤学園)の校章は,伊藤博文公家紋の上り藤である。


 
義父の家紋も上り藤だった。


 こんな大事なことに気付いてない自分に気付いたゆきたんくだった。

というお話。

コメント

新年あけましておめでとうございます。

2019-01-01 23:28:47 | 言いたんく

あけましておめでとうございます。

今年も「伝えたんく」をよろしくお願いもうしあげます。

また,親サイトの「幸たんく」も覗いていただけるとありがたいです。



干支は亥でございますね。
女性向けライフスタイルメディアのfellyさんより拝借。 


 今年の抱負は,「健康な一年」です。

昨年は病気が,どれだけ自分の動きを制限してしまうか,身を持って知りました。

今年は亥年です。

十二支の中でも最後の年です。

十二支を植物の一生と考えると、戌年でたわわに実った果実が種子となり、エネルギーを蓄えて次の世代へと向かう準備をする時期に当たります。
 
動物の猪のイメージからは、万病を予防するという意味もあるそうです。

猪の肉には万病予防の効能があると信じられていて,ここから無病息災の意味が生じたそうです。

また、猪の猪突猛進な性質から、勇気と冒険の象徴でもあります。

まあ,年恰好からいくと勇気と冒険という訳にはいきませんが,挑戦は続けたいですね。

病気のために,宿題となった旅もやらないといけません。

楽しい宿題にするためには,健康が一番。

楽しく働くのも,健康が一番。

カステラ一番,電話は二番ではありません。

健康が一番ですね。

という訳で,今年もよろしくお願い申し上げます。

コメント

水入らず。

2018-12-31 23:12:05 | 言いたんく

今日で2018年も終わり。

個人的には,体のことがね。

蜂窩織炎,リンパ浮腫と・・・

どうやらリンパ浮腫が先に発症していたようだ。

これだけで,免疫不全の状態でもあるって主治医は言っていたな。

そして,右下肢の蜂窩織炎。

2週間の入院,点滴,CTスキャンと初めてのことばかり。

7月には右下肢のリンパ管が破裂して,左下肢の倍の太さに浮腫んだ。

今は,医療用ストッキングで締め付け,毎日リンパ浮腫ドレナージという特殊マッサージを続けている。

痛みはないけれど,自分の職業はほとんど立ち仕事でリンパ管に圧がかかるから,その分治癒が遅くなるのは仕方がない。

リンパ管に圧をかけないように,そして筋肉トレーニングもするようにとのご指示をいただいている。

これで,破けた所が塞がらなければ,手術が待っているのだ。

来年こそは健康な1年にしたいと思う。

 

さて,今年最後の日。

一家が久しぶりに揃った。

ゆきたんく,のりたん,おーちゃん(長男),つっくん(次男)で墓参りだ。

自宅から車で5分のメモリアル。

掃除をして,花,飲み物,線香をあげる。



ゆきたんくの自撮りの腕は上がっていない。まあ,4人とお墓を収めることはできたかな。


 

コメント

まったり(*´ω`)

2018-12-30 23:02:55 | 言いたんく

今日はゆっくりと・・・

のりたんとお買い物。

そして水入らずのランチ。

場所は千菓進。



ホッとする店構え。


 千菓進はいい。

わがままを聞いてくれるマスターとママがいるからね。

そして何といってものりたんが,外食をOKする少ないお店の1つなのだ。

食事が美味しいからね。


 
メニューにないわがまま注文。唐揚げ大盛り(通常は5個),目ん玉焼き付き。


のりたん注文,コロッケ定食。


そして食後のホットコーヒー,いつもしるこサンドが付いてくる。 


 ゆっくりと食事をし,リラックスすることが命の洗濯になる。

千菓進はそんな場所なのだ。

さて,帰って一息ついたら,掃除でもするかな。

コメント

ドジ。

2018-12-29 23:56:29 | 言いたんく

いつもより早く帰れた昨日。

一つ忘れ物をしてしまった。

車の中に。

買物に出かけようとして,車のドア(スライドドア)を開けた。

ゆきたんくの家は狭い駐車スペースに2台の車がとめてある。



左がゆきたんく号。


 このような停め方なので,ゆきたんくは,左側のスライドドアから出入りをしている。

現在はのりたんの車が写真右にとまっているが,この時は長男おーちゃんの車である。

スライドを使えば,息子(現在はのりたん号)の車に傷をつけなくて良いからだ。

その時に目に飛び込んできたものは・・・

123これだ。


 


ははっ,書いた年賀状を投函するのを忘れていた。


昨日買い物のついでに出す予定だった年賀状を出し忘れたのだ。 

実はこれは,乗ってから運転席から撮った写真だ。

慌てて出しに行く時に,撮った。

一応失敗記念に・・・

最高に枚数を書いた時の1/2に減っているが,まだまだ減量しないとなぁ。

という訳でドジを踏んだゆきたんくである。 

コメント

ブログ村Ping

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/okr7t7fen957