彌栄会オフィシャルブログ

【彌栄会オフィシャルブログ】では、彌栄会の行事やお知らせ、役立つ情報などを随時更新します。

タイヤ交換講習会

2017-04-29 07:00:00 | 医療法人彌栄会
平成29年4月27日(木)17時30分より法人屋外駐車場において、車両安全管理委員会主催のタイヤ交換講習会を開催しました。


当日は、クリニック・やよい苑合わせて10名のスタッフが参加しました。


車両は送迎車で使用しているリフト車と軽自動車を使用し、パンクした場合を想定してタイヤ交換を行いました。


タイヤ交換の際に重要となるポイントとしては、ジャッキポイント(車両を持ち上げる際の場所)やスペアタイヤ・道具がどこに設置されているかを把握しておく必要があります。






また、タイヤを止めているボルトを外す際の手順も重要となりますので、車両安全管理委員よりその説明がなされ、それぞれのスタッフにも交換体験をしていただきました。




今後も定期的にこういった講習会を開催していきたいと思います。


最後になりますが車両安全管理委員会の皆様、参加されたスタッフの皆様お疲れ様でした。

医療法人彌栄会HP

投稿者:企画広報・土井
コメント

第3回 地域ふれあい教室が盛大に開催されました

2017-04-22 07:00:00 | 介護老人保健施設やよい苑
平成29年4月15日(土)やよい苑・地域在宅総合ケアセンターに於いて【第3回 地域ふれあい教室】を開催いたしました。


当日は100名以上の参加者にお集まりいただき、大変賑やかな催しとなりました。


開会には当法人の本部長でもある和田施設長が挨拶を行い、サプライズ演出として和田施設長によるアーチェリーの実演で的の風船を割ることで開会の宣言とし、見事1発で命中させ会場からは大きな拍手が起こりました。





開会の挨拶後は、公私ともにお忙しい中、和歌山県議会議員 山下直也県議、地元岩出市選出の川畑哲哉県議にもご臨席賜りましたので、代表して山下直也県議よりご挨拶を頂戴いたしました。





その後、祝電の披露を行い、岩崎先生の講演が始まりました。


今回は【ちょっと思い出してみませんか?忙しさの中で忘れているものを】を講演のテーマとし、認知症になった義理のお父様のお話、がんで亡くなられた旦那様のお話、戦争についてのお話などをしていただき、岩崎先生の飾らない言葉や表現はとても心地好く、これまで経験されてきたことがこうして誰かの心に響き、その優しさに触れることで自分自身も優しくなれる、そんな講演でした。



講演の最後にはCDで「ふるさと」を流す予定が、講演を聴きに来られていたシンガー・TONPEIさんがギターとハーモニカでサプライズ演奏をしてくださいました。
また、講演に沿ってご自身の祖母のことにも触れ「おばあちゃんの唄」も披露していただき、温かい雰囲気のまま【第3回地域ふれあい教室】が閉会となりました。



後日、講演に参加された方とお話しをする機会があり、ご自身も身内に認知症の方がおり講演の話と重なる部分があったけども、自分だけが辛いのではなく皆も同じように辛い気持ちを持っていることがわかり、気持ちが楽になったと嬉しそうに話されていました。


講演の中で岩崎先生が話されていましたが、「人間は完ぺきではなく、揺れ動くもの。優しくできる時もあれば、できない時もある。自分の芯がぶれていなければ、それでいいんだよ。」はとても考えさせられる大きな意味を持った言葉ではないかと感じました。


次回の開催は、来年の4月中旬の予定で岩崎先生とTONPEIさんのコラボ講演の予定となっております。


詳細が決まり次第、皆様へご案内いたしますのでお待ちください。


次回も皆様に楽しんでいただけるように取り組んで参りますので、今後も医療法人彌栄会を宜しくお願いいたします。

介護老人保健施設やよい苑HP

投稿者:地域ふれあい教室参加者
コメント

クリニック便り~DMcafe(糖尿病教室)のご案内~

2017-04-16 07:00:00 | やよいメディカルクリニック
草木の緑が萌えだして、春の気配もようやくととのってまいりました。


以下、4月のDMcafe(糖尿病教室)4/17(月)~4/28(金)のスケジュールをお知らせします。


場所・やよいメディカルクリニック 1F 栄養指導室

時間・15:00~15:30

参加費・無料

※日程は2週間単位で行っており、どの週のどの曜日からでも参加できます。


第1週目

4/17(月):糖尿病ってどんな病気なの?

4/18(火):食事ってやっぱり大事?

4/19(水):あなたの足は大丈夫?

4/20(木):からだを動かすっていいこと

4/21(金):ビデオで学習(目の病気について)


第2週目

4/24(月):どんな検査や薬があるのかな?

4/25(火):上手な外食の取り方教えます

4/26(水):低血糖になったらどうするの?こんな時はシックディ?

4/27(木):お休み

4/28(金): ビデオで学習(メタボについて)


午後のひと時、お茶でも飲みながら糖尿病について役立つお話を聞いてみませんか?


糖尿病と上手に付き合い、健康的な生活を送るためのお手伝いをさせていただきますので、ぜひご参加ください。

やよいメディカルクリニックHP

投稿者:クリニック広報
コメント

第3回 地域ふれあい教室の再度ご案内

2017-04-14 07:00:00 | 介護老人保健施設やよい苑
先日もお伝えさせていただきましたが明日、平成29年4月15日(土)やよい苑・地域在宅総合ケアセンターに於いて【第3回 地域ふれあい教室】が開催となります。


第3回目の地域ふれあい教室には、前回に引き続き岩崎順子先生を講師にお招きしご講演いただきますので、皆さまお誘い合わせの上、是非お越しください。
なお定員になり次第締め切りとさせていただきますが、まだお席にゆとりもございますので、お申し込みがお済みでない方はこの機会にご連絡ください。


詳細については下記の通りです。


日時:平成29年4月15日(土)
※今回の開催は土曜日の開催となりますのでご注意ください。


受付:13時30分~(14時00分開会)


講演:14時15分~15時45分


講師:岩崎 順子先生(いのちの講演家)


講演タイトル:「ちょっと思い出してみませんか?忙しさの中で忘れているものを」


場所:地域在宅総合ケアセンター(岩出市中迫381 やよい苑隣接)


参加:無料(定員に達し次第締め切りとさせていただきますので、お早めにお申込み下さい)


申込み先:0736-61-1551(介護老人保健施設やよい苑)


それでは明日、皆様のご来苑心よりお待ちしております。

地域在宅総合ケアセンターHP

投稿者:企画広報・土井
コメント

クリニック便り~第10回 1型糖尿病の集い in Wakayama~

2017-04-13 07:00:00 | やよいメディカルクリニック
平成29年3月5日(日)、和歌山県立医科大学で行われた第10回 1型糖尿病の集い in Wakayamaに参加いたしました。


この集いには、1型糖尿病患者様、患者様ご家族、医療スタッフが参加し開催されました。


当クリニック坂頭院長が総合司会としてこの集いが進められました。


まず、神戸大学医学部附属病院看護部 副看護師長 大江裕子さんによる特別講演「私の1型糖尿病ライフ―医療従事者兼患者として―」が行なわれ、1型糖尿病患者としての経験をわかり易く楽しく話されました。


現在、ご使用になられているインスリンポンプのことについては、詳しく知ることができました。


1型糖尿病患者様は、1日4回程度インスリンを注射しなければ血糖のコントロールは困難ではありますが、一度インスリンポンプを装着すると、2週間程度注射することなく過ごせるメリットや費用のこと、インスリンポンプの装着していることのデメリット等を教えていただき、会場からもたくさん質問が寄せられました。


その後「1型患者様が手術を受けることになったら」というテーマで、パネルディスカッションが行なわれました。



まず、和歌山県立医科大学第一内科 助教授 河井伸太郎先生のお話の後、手術を実際に経験された患者様お二人のお話があり、会場の皆さんは一生懸命聞かれていました。


午後は、グループ別ディスカッションとして、テーマ別に少人数で集まり意見交換の時間でした。


私は、「テーマを絞らず、普段思っていることを自由に話したい方」というところのグループに入りました。


その中で、20歳代の男性患者さんは、運転免許を取得していないことで就職先が見つからないことに将来の不安を抱えていることを話されました。


これは、1年間意識障害のある低血糖発作を起こしていないことが、免許取得時に医師の診断書が必要な為です。


また、80歳台の患者様は、糖尿病は友達と思い仲良く付き合っていかなければならないと、明るく話されました。


私も、CDEJ(日本糖尿病療養指導士)取得後、色々な研修会に参加するようにしていますが、この様に患者さんの生の声が聞けるものは余り無いので、これからも参加していきたいと思います。

やよいメディカルクリニックHP

投稿者:やよいメディカルクリニック リハビリテーション科 科長・龍田義人
コメント