彌栄会オフィシャルブログ

【彌栄会オフィシャルブログ】では、彌栄会の行事やお知らせ、役立つ情報などを随時更新します。

やよい苑~クリスマス会~

2013-12-28 07:00:00 | 介護老人保健施設やよい苑
※プライバシー保護の為、写真の一部を加工しております。

平成25年12月25日(水)やよい苑1階大食堂において、毎年恒例のクリスマス会を開催させて頂きました。


当日は朝から会場の設営を行いましたが、職員皆様の協力のおかげで予想よりも早く設営の準備が終わり、終了後はそれぞれの担当部所でリハーサルを行いました。


それと同時進行で、1階職員がサンタクロースの衣装に着替えやよい苑の入所者様とデイケア利用者様へシャンメリーを振舞うシャンメリーサービスを行い、利用者様からは美味しいと好評で何度もおかわりされる方もおられました。


クリスマス会の時刻を迎え、利用者様の誘導が完了しクリスマス会がスタート!!


今年のクリスマス会の司会は、2階介護職員の川嶋が担当しました。


開会の挨拶は、やよい 苑施設長の和田施設長にして頂き、各部所の趣向を凝らした演目が始まりました。



まず初めは、恒例となりました託児所の子供達による歌と踊りの披露で、可愛らしい衣装と愛嬌のある仕草で自然と利用者様が満面の笑みになられていました。



託児所の演目終了と共にサンタクロースとトナカイが登場し、演目を終えた子供達にクリスマスプレゼントを渡し子供達も大喜びでした。



次の演目は、2階職員による歌謡ショー!!


ピンキー&キラーズに扮した職員の歌唱力に利用者様も感心されていました。



その次の演目は、センターの職員によるラインダンス!!


黒色の服装で統一された職員の息の合ったダンスに利用者様も目が釘付けでした。



次の演目には 、3階職員による歌謡ショー!!


チェリッシュ「てんとう虫のサンバ」やジュディ・オング「魅せられて」、ザ・ピーナッツ「恋のバカンス」を職員それぞれが演じ、利用者様も楽しそうに声援を送られていました。







演目のトリは、1階職員による新喜劇!!


よしもと新喜劇をモチーフに、趣向を凝らした演出で利用者様だけでなく職員までもが笑いの絶えない楽しい劇でした。



各部所の演目終了後、職員と入所者様・利用者様で赤鼻のトナカイ・きよしこの夜を合唱し、司会者からの閉会のあいさつを持ちましてクリスマス会を無事に終えさせて頂きました。



利用者様からは、楽しかったという言葉をたくさん頂き、各部所ともに業務終了後の時間や業務の合間を縫って練習してきた甲斐があったのではないでしょうか。


最後になりましたが、クリスマス会開催にあたりご協力いただきました職員の皆様、ありがとうございました。


今年も残すところ、あとわずかとなりましたが頑張っていきましょう。


投稿者:2階介護士・川嶋
コメント

平成25年度 那賀圏域医療と介護の連携推進協議会

2013-12-26 07:00:00 | 介護老人保健施設やよい苑
平成25年12月21日(土)13時30分より、那賀総合庁舎3階大会議室にて、平成25年度 那賀圏域医療と介護の連携推進協議会 病院部会・介護保険部会の意見交換会が開催され、やよい苑より黒田看護師長と長谷川が出席しました。


今回の意見交換会は、医療と介護の連携という視点で、高齢者の看取りを実施する為に、病院と介護保健施設がどのように連携すれば良いのか、というテーマで行われた。


まず、病院部会・介護保険施設部会(特養・老健)双方が連携を図る上で困っている事を報告し、その後グループに分かれての意見交換が行われた。


グループワークでは、施設側からの要望等が伝えられる中、病院側の意見を聴く事で、また施設側の受け入れ態勢等を伝える事で、施設や病院の違いはあれど、まずは本人または家族の意向を十分にくみ取ることや、施設から病院または病院から施設を紹介する際、十分な説明を行い、本人や家族にきちんと理解して頂く事が重要である事が再認識できました。


今回の意見交換会を通じて、まずは関係者同士がしっかり信頼関係を深めていく事が大切であり、その第一歩として、大変有意義な場となりました。


投稿者:支援相談員・長谷川
コメント

平成25年度和歌山県日韓アーチェリー交流事業~交流練習会~

2013-12-25 07:00:00 | スポーツ振興
平成25年12月20日(金)~24日(火)まで和歌山県日韓アーチェリー交流事業が行われました。


22日(日)・23日(月・祝)は、県立和歌山高校において交流練習会が行われ、光州女子大学の監督・コーチ・選手が和歌山県選手団の指導をして頂いたり、チームを組んでのチーム戦を行ったり、とても良い刺激を受けました。


コミュニケーションが一番の壁ではありましたが、英語を交えたり、スマートフォンを使って交流を図ったりする等、お互いに歩み寄って交流が出来ていたように思います。


光州女子大学選手のレベルは非常に高く、選手から少しでも吸収する為にフォームを見たり、実際にフォームの指導をされている時の和歌山県選手団の眼が輝いていた事が印象的でした。


学ぶ事が多かった分、それだけに今後の努力が必要不可欠になります。


今回の日韓アーチェリー交流事業を通じて、昨年以上に和歌山県と光州女子大学との関わりが深まり国際交流が出来た事、また、和歌山県全体のアーチェリー競技力の向上に繋がり本当に良かったと思います。


2015年の紀の国わかやま国体においては、今回得たものに更に磨きをかけ男女総合優勝できるように取り組んで参ります。


最後になりましたが、和歌山県選手団と交流して頂きました光州女子大学の皆様、また、今回の日韓アーチェリー交流事業を行うにあたりご協力頂きました関係者の皆様に深く感謝致します。
本当にありがとうございました。


投稿者:彌栄会アーチェリー部・主将
コメント

クリニック便り~受け付け前より~

2013-12-23 07:00:00 | やよいメディカルクリニック
クリスマスが近づいてきました。


当院でも、待合室にクリスマスツリーを飾っています。


毎年患者さまからも好評で、今年もスタッフでツリーの他に、受け付け前のケア食周りにもクリスマスの飾り付けをしました。


待ち時間の間や当院へ来られた際には、受け付け前や待合室の飾りでクリスマスムードを感じていただけたら嬉しく思います。


毎年このクリスマスツリーを飾ると、華やかな雰囲気になると同時に、1年の終わりが近づいているのを実感します。


今年も残り10日を切りました。


年末に向けて色々忙しい時期ですが、風邪などひかないようにしてください。


投稿者:クリニック広報
コメント

平成25年度和歌山県日韓アーチェリー交流事業~交流試合~

2013-12-22 07:00:00 | スポーツ振興
平成25年12月20日(金)~24日(火)まで和歌山県日韓アーチェリー交流事業が行われています。


21日(土)は、岩出市総合体育館において交流試合が行われ、和歌山県だけでなく大阪府・奈良県の選手も参加し盛大に開催されました。


開会の挨拶では、和歌山県アーチェリー協会理事長でもある彌栄会アーチェリー部監督の和田本部長が韓国語を交えた挨拶を行い、会場からは韓国選手団を歓迎する拍手が起こりました。


その後、韓国選手団の紹介が行われ全員で集合写真を撮り交流試合が始まりました。


日本選手は韓国選手から何か吸収しようと、動画を撮ったり観察したりととても有意義な時間を過ごす事が出来ました。


スポーツを通じて国際交流が出来る事はスポーツの持つ素晴らしい一面だと思います。


昨日の交流試合に引き続き、本日から県立和歌山高校で行われる交流練習会も実りあるものとなるように親睦を図って参りたいと思います。


投稿者:彌栄会アーチェリー部・主将
コメント