彌栄会オフィシャルブログ

【彌栄会オフィシャルブログ】では、彌栄会の行事やお知らせ、役立つ情報などを随時更新します。

クリニック便り~薫りプロデュース~

2011-08-31 07:00:00 | やよいメディカルクリニック
クリニックには日々、苦痛を抱えた患者様が来院されます。



そんな方々の痛みや悩みを少しでも和らげ、リラックスして院内で過ごしていただけるようにするために、当クリニックでは昨年10月のリニューアルにともない院内でアロマに取り組んでおります。



そこで、同じく和歌山で「自然・健康・楽しさをテーマに、生活科学(生活をよりよく識る)と生活哲学(生活をよりよく考える)を通して、モノ・コト・そしてココロの豊かさある生活を追求・提案・販売する」コンセプトとして活動するアロマの専門店である「ラ・ベルビー様」のご協力を得て、http://www.la-bellevie.net/
9月からはラ・ベルビー様プロデュースの薫りをお届けさせていただく予定です。



どんな空間になるか、スタッフも楽しみにしてますので乞うご期待を☆



投稿者:クリニック広報
コメント

クリニック便り~有床診療所協議会・総会に参加しました~

2011-08-28 07:00:00 | やよいメディカルクリニック
平成23年8月20日(土)、15時よりホテルグランヴィアにて第17回和歌山県有床診療所協議会総会が開催されました。



ところで皆さんは有床診療所という言葉をご存じでしょうか?



有床診療所とは19床以下のベッドを備え、外来及び必要があれば入院して治療を行うことができる医療施設のことです(ちなみに19床以上が病院となります)



施設名には「○○医院」や「○○クリニック」などという名称が使われています。



当法人の医療施設の「やよいメディカルクリニック」も19床のベッドを備えた入院・外来共に対応可能な有床診療所の体制をとっております。



当協議会名誉会長の青木敏先生の報告の中で、日本医師会長の原中勝征先生のコメントにも医療の原点は有床診療所にあるというお言葉があったそうで、その存在意義を評価していただいていると同時に、地域医療を支える一員として非常に勇気づけられました。



現在、有床診療所を取り巻く環境はとても厳しいものがあり、全国的にもこの20年間でその数も半減しております。



その中で医療の質や内容を高め、かつ健全な経営を続けていくには目指すべき方向性を明確にもって高い専門性、また医療・介護との連携を発揮できる組織作りが必要になってきます。



来年には診療報酬・介護報酬の同時改定が控えておりますが、その中で地域に本当に必要とされていること、役割を見極めながら法人運営を進めていかなければと考えております。



投稿者:やよいメディカルクリニック
事務長・黒山達也
コメント

大人の遠足~京都編1日目 その2~

2011-08-27 07:00:00 | 医療法人彌栄会
前回に続いて京都です



建仁寺



風神雷神図で有名なお寺です



通常公開しているのは複製ですが、迫力のある今にも動きだしそうな両神様



(風邪薬のCMでは動いていましたが)



書道家金澤翔子氏による



風神雷神も・・・




テレビで見たことはありましたが、改めてその迫力と存在感に驚きました



このお寺にはその他雲竜の襖絵




と双龍の天井画もあり




庭も綺麗で芸術色満載なお寺で、文化財には珍しく全てカメラOKでした
見所いっぱいです



続いてずっと行きたかった三十三間堂



三十三間堂の名前の由来は本陣内陣の柱が33ある事だそうです



この建物の中に1001体の観音様がずら~っと並んで安置されています



端から端までなんと120mもあり、圧倒的な迫力とピンッと張り詰めた空気に背筋が伸びました



帰りの車中も『三十三間堂凄すぎる!』と大盛り上がりで



また、心配されている外国人観光客の減少が嘘の様に、外国人の方々が多数拝観されていた三十三間堂



パワーをたっぷり頂き、一日目の終わりです



次回へつづく



投稿者:匿名希望のM
コメント

大人の遠足~京都編 1日目 その1~

2011-08-26 07:00:00 | 医療法人彌栄会
今回は京都の北東~南東を一日で巡る強行スケジュールで社寺を回りました



まず知恩院



ここもラストサムライのロケ地だったとか



スケールの大きな三門が印象的でした



続いて平安神宮を経て



南禅寺へ



三門特別解放との事で急な木製のはしごの様な階段を上がると



歌舞伎の演目『石川五衛門』の台詞で有名な



『絶景かな絶景かな』



な景色が待ってくれていました




紅葉の時はもっと綺麗だろうな・・・



でも歩き回った後に清々しい風がとても気持ちが良かったです



実際は石川五衛門



没後30年の年にこの三門が建立されたそうですが



きっと同じ言葉を発していたと思える絶景でした



八坂の塔、清水寺を経て



六波羅蜜寺へ



お目当ては空也上人



(食事提供メニュー『空也蒸し』に関係あり)



空也上人像とは本で出会い、ずっと気になっていた仏像・・・




口から出ているのは阿弥陀様で、念仏を唱えている姿をモチーフにしているそうです



気になっていた理由がわかって頂けますか?



『ピロピロピロー♪』という感じ



見た瞬間『何だ!これ!こんな細い物が折れずに繋がってる!』が第一印象でした



実際近所の小学校の工事の振動で危うかったそうです



工事の方法を変更してもらうとかでニュースになっていて



『折れちゃう前に行かないと!』と慌てて見に行ってきました



長くなってきたので次回に続きます・・・



*写真ピンボケ気味をお許し下さい



投稿者:匿名希望のM
コメント

おいでませ!山口国体

2011-08-25 07:00:00 | スポーツ振興
平成23年10月1日(土)から11日(火)まで山口県にて第66回国民体育大会が開催されます。



10月1日から11日の日程の中で各競技が行われ、アーチェリー競技は10月7日(金)から9日(日)までの日程で、山口県の周防大島町陸上競技場開催予定です。



和歌山県の選手団は成年男子、少年男子の2種別が山口国体に出場します。



今後の日程等につきましては、分かり次第ブログにてご紹介していきますのでよろしくお願いいたします。



投稿者:広報委員長・イニシャルD
コメント