彌栄会オフィシャルブログ

【彌栄会オフィシャルブログ】では、彌栄会の行事やお知らせ、役立つ情報などを随時更新します。

クリニック便り~院内風景~

2017-05-30 07:00:00 | やよいメディカルクリニック
アロマオイルの薫りが変わりました。


・ユーカリグロブルス

・ブラッドオレンジ

・イランイラン

・リツエアクベバ

・ペパーミント

・ゼラニウム

・ローズマリー


そして先日、木目調のデザインのアロマポットが、クリニックの整形診察前のアロマとしてデビューしました。


今回の薫りは、これからの季節にあわせて不快な湿気を取り、空気もクリアにしてくれて、爽やかな風を送り込んでくれるスッキリとした薫りとなっております。


抗菌作用も期待でき、皆さまに心地よくお過ごし頂けるようにブレンドしてくれました。


ユーカリやローズマリー、ゼラニウムなどの深緑のイメージをお楽しみいただけると嬉しく思います。


最後になりましたが、いつも素敵な薫りをブレンドしてくださる、ラ・ベルビーさんに感謝申し上げます。

やよいメディカルクリニックHP

投稿者:クリニック広報
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クリニック便り~(一社)那賀医師会 医療従事者永年勤続表彰~

2017-05-24 07:00:00 | やよいメディカルクリニック
平成29年5月13日(土)那賀医師会館にて、平成29年度の医療従事者永年勤続表彰が行われ、黒山理事長の推薦により私、奥田が表彰をして頂きました。


表彰の際に推薦状を読んで頂くのですが、凄く立派なことを言っていただき、本当に感動致しました。


私は今回勤続12年で表彰して頂きましたが、以前にも勤務していたのを加えると、ほぼ20年の間、彌栄会でお世話になっています。
看護師歴のほとんどを、この医療法人彌栄会で積んでいます。


このように長年に渡り勤務をしてこれたのは、黒山理事長をはじめ、まわりのスタッフの方々に支えて頂いてるお陰であると、感謝の気持ちでいっぱいです。


皆様ありがとうございます。
本当に働きやすい職場です。


今後も生命尊厳のナースとして皆様のお役に立てるよう頑張って参ります。


こんな私ですがこれからもどうぞ宜しくお願いいたします。

やよいメディカルクリニックHP

投稿者:やよいメディカルクリニック看護主任・奥田 秀美
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クリニック便り~DMcafe(糖尿病教室)のご案内~

2017-05-21 07:00:00 | やよいメディカルクリニック
昼間はじっとしていても、知らないうちに汗ばんでいるほどの季節となりました。


以下、5月のDMcafe(糖尿病教室)5/22(月)~6/2(金)のスケジュールをお知らせします。


場所・やよいメディカルクリニック 1F 栄養指導室

時間・15:00~15:30

参加費・無料
※日程は2週間単位で行っており、どの週のどの曜日からでも参加できます。


第1週目

5/22(月):糖尿病ってどんな病気なの?

5/23(火):食事ってやっぱり大事?

5/24(水):あなたの足は大丈夫?

5/25(木):からだを動かすっていいこと

5/26(金):ビデオで学習(目の病気について)


第2週目

5/29(月):どんな検査や薬があるのかな?

5/30(火):上手な外食の取り方教えます

5/31(水):低血糖になったらどうするの?こんな時はシックディ?

6/1(木):お休み

6/2(金): ビデオで学習(メタボについて)


午後のひと時、お茶でも飲みながら糖尿病について役立つお話を聞いてみませんか?


糖尿病と上手に付き合い、健康的な生活を送るためのお手伝いをさせていただきますので、ぜひご参加ください。

やよいメディカルクリニックHP

投稿者:クリニック広報
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017わかやま

2017-05-19 07:00:00 | 医療法人彌栄会
平成29年5月13日(土)から14日(日)にかけて、和歌山城砂の丸広場にてリレー・フォー・ライフ・ジャパン2017わかやま(以下、RFLと略称)が開催されました。


現在、生涯で何らかの「がん」を患う可能性は、2人に1人という現実があり、私達の家族や親戚、友人、職場を思い返してみても「がんとは全く関係ない」とは言えなくなっています。


RFLとは、「がんは24時間眠らない」「がん患者は24時間闘っている」という考えから、24時間夜通しで開催されるチャリティーイベントで、がん患者やその家族、支援者等が、がんと向き合い、勇気と希望を分かち合う場となっています。
世界中で行われ、日本では約50ヶ所の地域で年間を通して行われています。


和歌山では今年で4回目の開催となり今回も大勢の方々が参加されていました。
13日(土)12:00より開会セレモニーが始まり、その後、12:30より子供ボランティアによる元気な掛け声と共に、リレーウォーク&ランがスタートしました。
私達も、がん患者様、家族様、その他支援者の皆様と共にリレーウォークに参加させて頂きました。



リレ-ウォークでは、開会セレモニーで自身の9年前に経験された肺癌のお話をして下さいました、尾花和歌山市長も歩かれていました。
また、山下直也和歌山県議会議員も一緒参加されておられ皆様と交流されていました。



グラウンドにはたくさんの燈篭があり、その全てにメッセージが書かれています。
闘病中の方への励ましや、がん患者様自身の目標や夢等、読み入ってしまう内容のメッセージがたくさんありました。
また亡くなられた方への思いが書かれた燈篭もあり、故人への感謝の気持ちを表したメッセージは、悲しみを乗り越えていく人々の、心の強さが伝わってきます。


辺りが薄暗くなると、全ての燈篭に火が灯され、幻想的な風景となり、人々の思いをより一層深めるひとときとなりました。


その他24時間の中で、たくさんのチャリティーイベントが開催されていました。


RFLに短時間ではありますが参加したことで、がんを知り、自分にとっても身近なことであるということを改めて考えさせられました。
がんをはじめ、病や障害に向き合う人々の全ての思いが、叶うことを祈り、また今回感じたことを心に留め、一日一日を大切に過して行きたいと思います。

医療法人彌栄会HP

投稿者:やよい苑居宅介護支援事業所・田中
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

身体拘束廃止委員会~施設内勉強会~

2017-05-16 07:00:00 | 介護老人保健施設やよい苑
平成29年5月11日(木)・12日(金)18時よりやよい苑1階大食堂において身体拘束廃止委員会主催の施設内勉強会を行いました。


今回の勉強会は、人権と高齢者虐待について考えることを目的に動画鑑賞を行い、2日間で30名のスタッフが参加しました。


内容は、高齢者の虐待についての動画で2つの事例が紹介されていました。


1つ目は母親と息子の事例で、息子が母親の介護に対して一生懸命になりすぎるあまり気持ちにゆとりが無くなり、結果として暴言や暴力に繋がったもので、事前に地域住民の方がそういった声をキャッチしているにも関わらず、どこまで踏み込めば良いか判断に迷い、そうこうしている内に母親が救急車で病院に運ばれそのまま入院になってしまうという内容でした。


この事例においては、事前に声をキャッチした時点で息子と話ができるような関係の構築をしておく必要があることや適切な相談窓口に相談へ行くなどの対処をすることが必要だったのかもしれません。
最終的には、地域住民の方が電話相談窓口へ連絡を行い適切な機関が自宅を訪問し、息子と話し合いを行い問題の解決に結び付きました。


2つ目は夫婦の事例で妻が病院から退院後、医師からリハビリをしっかりとするように言われた夫が妻の気持ちよりも医師の言葉を尊重してしまい妻にリハビリを強要し、不安定な歩行で何度か転倒された後に骨折し再入院してしまったという内容でした。
妻の入院中に夫は地域包括支援センターの勧めで、介護者の講習会に参加するようになり、次第に自分が妻に対してしたことが虐待に繋がっていたということに気付き、妻が退院してからは妻に謝罪の気持ちを伝え、妻がリハビリを行いやすいように適切なサービスを利用し問題の解決に結びつきました。


どちらの事例に対しても、誰にも相談できる状況でなかったことが大きな原因としてあるように感じました。
高齢者の虐待は命に関わることも多いにも関わらず、身内のことでなかなか他人に相談しづらいという気持ちがあるように思います。
そういった問題を地域社会で共有できるような環境を作りあげることが大切であると動画の中でも言われていましたが、本当にその通りで相談できる存在が非常に大きいのではないでしょうか。


そのためにも、私達のような福祉従事者の存在は大きな意味を持ち、地域で抱えている問題を少しでも解決できるように携わっていく必要があります。
地域の医療・福祉の発展に寄与する意味においても、引き続き地域住民の方と交流を深め、地域にとって必要とされる施設となれるように務めて参りたいと思います。

介護老人保健施設やよい苑HP

投稿者:企画広報・土井
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする