隊長のブログ

元商社マン。趣味:ヒップホップダンス、ジャズダンス、日舞(新舞踊)、旅行、映画、スポーツ観戦。阪神タイガースのファン。

「岐阜の酒」 銘柄一覧

2022年08月17日 | グルメ

本州の中部地方に位置する岐阜県は、北アルプス・白山・伊吹山・恵那山等山々に囲まれ、その雪解け水が長良川・飛騨川・木曽川・揖斐川等豊かな水量の河川を生み出し、この清流からの伏流水が、お酒造りには最適な県内各蔵元の井戸水となって、おいしい岐阜県のお酒を生み出しています。

 

 


岐阜県を代表する酒造好適米といえば、「ひだほまれ」です。冬、北アルプスの山々に降り積もった雪が伏流水となって田を潤し、そこで育成された米は大自然の恵みをたっぷりと吸収したお米。大粒で、タンパク質が少なく心白の発現率が高いため、高級酒造りには最適の条件を兼ね備えています。

 

この「ひだほまれ」を使った酒は甘・辛・酸・渋・苦の五味のバランスが良いのが特徴です。現在、年間約一万四千俵が栽培されており、県内四十社あまりの蔵元へ出荷され、毎年桜の咲く頃には、素晴らしい「岐阜県の地酒」に仕上がっています。


岐阜県酒造組合連合会に加盟している酒造業者は、令和4年8月1日現在、45蔵です。


「隊長のブログ」では、そんな岐阜県産の日本酒を、これまでに四銘柄を紹介しています。


詳細は、下記の銘柄一覧をご参照下さい。

 

==「岐阜の酒」 銘柄一覧==

1.  高山市  「株式会社老田酒造店」『純米原酒 怒髪衝天 鬼ころし』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ecca2bde4325787c3f882f2ef8bb20ca

2.  多治見市「株式会社三千盛」『三千盛 彩醸 (みちさかり さいじょう)』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee3c8249db141b26172f3ca8d7e5247f 

3.  各務原市「株式会社林商店」『百十郎 純米吟醸 とろとろ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/49a885394daaa7811c4badc271cbc715

4.  美濃加茂市「御代桜醸造株式会社」『御代櫻 純米吟醸 あさひの夢』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b6fcca48fb8db7e14ac95ef780782105

 


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 旅行記 第38回 『出雲大社・... | トップ | 旅行記 第38回 『出雲大社・... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事