吉田昌郎さんは健在です

2012年03月18日 | Weblog
「注目度の高い有名サイトをはじめ、ネットで『福島第1原発の吉田昌郎・前所長が亡くなったのに報道管制で隠されている』という情報がアップされている。事実かどうか答えて欲しい」というEメールや、この地味ブログへの書き込みが、相次いでいます。

 ふだんは、申し訳ないけど、このような問い合わせには原則として、お答えしません。
 ネットには膨大な情報が溢れ、そのなかにはとても有益な情報もあるし、一方でデマや嘘も山盛りにあることは、どなたでもご存知の社会常識だし、たとえ有名なサイトであっても名誉毀損に当たる嘘、あるいは単なる思い込みが書き込まれることがあるのも、知っている人は知っています。

 そうした書き込みが真実かどうかは、当然ながら、それを書き込んだ人に立証責任があり、ぼくがいちいち関与したり答えたりする理由が乏しいのです。
 その書き込みをしたご本人に、話の出所、証拠などについて、お聞きになるのが基本です。

 しかし、今回は例外として、ひと言だけ記しておきます。

 この件のEメールや書き込みには、興味本位ではなく、こころから吉田昌郎さんのことを心配されているものも沢山ありました。
 そこで念のため、吉田昌郎さんご本人に直接、確認しました。
 返ってきた吉田さんの言葉のうち、以下の部分だけを公開します。
 なお、この言葉は、2012年3月18日・日曜午後4時12分に、吉田さんから発せられました。


「吉田は何の問題もなく生きておりますのでご安心ください。
 一昨日から同様の問い合わせが何件かありまして気づきましたが、何の目的でデマを流すのか全くわかりません。」
ジャンル:
ウェブログ
Comments (20)   この記事についてブログを書く
« その細き一筋の道が消える危機 | TOP | 速報 »
最近の画像もっと見る

20 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
金曜、高島屋でお会いしました。 (鉄也)
2012-03-18 22:26:53
「がんばれてっちゃん!」は忘れられない言葉です。僕はいつでも死にたい人間ですが、強く生きたいと思います。

さて、吉田所長死亡の噂を2ちゃんねるの国会中継板で知りました。2ちゃんの板はソースを貼りつけただけで悪意はありません。

そこで観たのは探偵ファイル。吉田所長の死亡の予測の記事をのせてました。

高島屋の講演から、誤りだという確信はありましたが、このような噂が出た背景に、腹立たしく思います。青山さんの情報により確認し、安堵し、SNSで拡散しているところです。

青山さん、吉田所長。良心は神さまがなくしません。僕は皆様の力をみて、益々生きたいと思います。
吉田前所長さま (KURIKUYO)
2012-03-18 22:28:25
青山さんから、吉田さんの近況をいろんな場面でお聞きし、原発対応→病気治療に、引き続き頑張っていらっしゃることを知り、本当に祈る思いです。一日も早い回復を願ってやみません。
Unknown (平凡な主婦)
2012-03-19 08:34:08
青山さん、おはようございます。
今回の、吉田さんの噂は全く知りませんでした。
そして、ご健在でおられるとのこと、安心しました。
昨年の福島原発での事故、偶然か偶然でないか、
いずれにせよ、吉田昌郎さんが、所長でいて下さったことが、どれ程危機を救ってくださったか、
それを考えると、本当に吉田さんには頭が下がる思いですし、
同時に、私などには想像すら出来ない、肉体的、心的ご負担ご苦労があった事と思います。

大袈裟ではなく、最後の最後で踏ん張って下さったおかげで、踏みとどまる事が出来たのだと思っています。

この偶然(吉田さんが所長であったという)は、
ある意味希望の光であり、我々国民が今一度立ち止まり、振り返り「考え直す」機会を与えられたのだとも感じています。

一日も早いご回復をお祈りいたします。
頑張れ!!吉田さん!
ある政治塾参加希望に (さらり)
2012-03-19 13:38:46
十四歳で、日本の為にと考える人が出てくる時代ですから、如何に既成政党に不満が老若男女問わずにあるという現状で、いい大人になって欲しいと思います。
ありがとう (kyooko)
2012-03-19 14:24:35
私も2・3日前にそのようなデマを見て、最初はショックでしたが、デマと解りました。本当に許せないですね。
 嘘のメッキはすぐはがれるというけど、今の民主党もどんどんウソがばれてしまい、解散総選挙まで発展することでしょう。
 吉田所長、これからも応援していきます。
ありがとうございます( ´Д⊂ヽ (ねこパンチ55)
2012-03-19 16:32:34
吉田所長のことは、噂を流すサイト主に聞くより青山さんに聞いたほうが絶対に確実だ!との確信とすがるような思いで、コメント欄にではありますがお伝えいたしました。

そして、ずっと心配しておりましたが、早速青山さんから真実を知ることができて、本当に安堵いたしました。

ありがとうございました。

青山さんや吉田所長のように、自らを顧みず、日本のため、皆のために生きることができる人を、私は一番、心から信用しております。

今後とも、動画もブログも全部拝見させていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。

独研のスタッフの皆様も、どうか頑張ってくださいね!!
いつも応援しておりますよ♪
今後ともお力添えくださいませ (吉田裕一)
2012-03-19 18:27:16
拝啓 青山様 
事故取材番組などの貴重な報道ありがようございます。私、昌郎の従兄弟です。ネット上で死亡のウワサが流れ、心配になって本人と連絡をとりました。手術もおわり今はメールもできる程度に回復してきているようです。
ネットのウワサはたちまち広がりますので、死亡の憶測記事が増えるのは、大変不快に思っております。
青山様の発信力は影響が大きいと思いますので、今後ともお力添えくださいませ。
吉田裕一 拝
よかった!!!!! (お大事に!!!)
2012-03-19 21:25:30
吉田所長を、真なる武士、日本男児たる姿と思っております。
ご健在とのこと。本当にホッといたしました。
あの混乱の時にでも吉田所長がなされた冷静な英断、
そしてご活躍に本当に、心の底から感謝しております。
今はまず、ご自分の健康のことをお考えください。
お元気で!!
どんな形であれ武士の勇姿をいつか拝見したいと祈願しております。

日本はまだまだ吉田所長を必要としています!!

ごめんなさい。 (Bです。)
2012-03-19 23:25:14
青山さん、ごめんなさい。
3月20日紀伊國屋ホールの講演会、家庭の事情で行けなくなってしまいました。
八重洲ブックセンターでのサイン会が、私の初生青山さんでした。

明日の講演会で、初生講演会だったのに(涙)本当に、本当に残念です。

青山さんが命を削りながら激務をこなし、創ってくださった一時間半の講演時間。祖国を憂う方達と共有したかったです。

千葉県から青山さんと吉田前所長のご健康を祈っています。
仰せの通りに (西北 優一郎)
2012-03-20 00:52:39
 青山繁晴 先生

 アンカーでおっしゃっておられた「政府・東電統合対策室(会議全体)」の3月と4月分、眼を通しました。
 自分で視ると、はっきりと「おかしい」と実感しますね。
 
 先程、第5回・独立講演会に申し込みしました。

 いまから、TCR第543号を考えます。

 西北優一郎 拝

Similar Entries