名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

第221回名南将棋大会(壱)結果速報

2021-09-23 | 名南将棋大会

本日は第221回名南将棋大会(壱)を行いました。結果速報です。

今回は各クラス4連勝なしなのに4連敗ありで、不幸な方が少し。

賞金をいっぱい払ったし、9回連続で偶数ゆえ参加できない私が一番不幸でしょうが、楽しく過ごしました。

 

A級優勝

白井亮太郎さん

黒瀧大地さん

伊藤誇吾さん

B級優勝

丹羽拓郎さん

森七郎さん

C級優勝

荒島栄一さん

斉田賢治さん

竹下航平さん

D級優勝

本郷聰弘さん

坪田和政さん

天野一雄さん

優勝された方々おめでとうございます。

参加された皆様ありがとうございました。

 

過去12回分の優勝記録です。

半分にして拡大

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋問題集20210923

2021-09-23 | 大山将棋研究

後手番大山先生の手を考えます。

第1問

 

攻めているのですが、単純な攻め方では切れてしまいます。

A 66歩  B 88角成  C 46歩

 

第2問

 

これで後手が指しやすいです。

A 55歩  B 46と  C 67歩

 

第3問

 

軽い手がありました。

A 47角  B 39角  C 67と

 

第4問

 

駒得ですが後手玉は安泰ではありません。

A 57角  B 72歩  C 92玉

 

第5問

 

後手勝ちまでもう少し。

A 88銀  B 76銀  C 51同金

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋研究(2115);四間飛車に玉頭位取り(松田茂行)

2021-09-23 | 大山将棋研究

今日の棋譜20210923

昭和35年12月、松田茂行先生と第11期九段戦第4局です。

大山先生の四間飛車です。

端を受けずに中央位取りを拒否しますが

74歩を先にはできませんでしたか、玉頭位取りを許します。

45歩を突いて

44銀型に。松田先生は48飛が無難ですが、当時はこの形自体が珍しいので経験はなかったかも。

66歩に55歩、これは取ると棒銀の要領でさばかれます。(だから48飛と受けておくのですが。)

強く65歩と返して52飛。5筋と6筋とどちらが大きいかですが、

64歩56歩66銀55銀、これで銀交換になり

55同飛は振り飛車の手筋ですね。先手だけ66銀と打つのでつまらない感じですが、位取りの厚みを生かすには盤上に駒があるほうが良いということもあります。

51飛に67金が薄かったのでしょうか(68金上か)銀を打ち込まれるといやな感じです。

65銀直46歩、これは46同歩同銀成58歩57歩成同歩同銀成56歩というくらいの攻防が普通ですが、

松田先生は角を換えて74歩同歩54歩、44角のねらいがありますが、

44角77角66歩はピンチか。

56金47歩成、と金を作られて駒損です。

45歩に67歩成で

角を交換されて55歩、これは取れませんから銀のほうを取って

73歩で反撃です。

73同桂74銀62歩、後手玉にも嫌味が出てきました。47角を打たれると両取りなので、

75銀を打てば67と。67同銀は39角、67同玉は56角、軽い好手です。

88玉に47角も攻防です。後手有利になったでしょうか。79金は78歩があるので

68金同と同飛。金金と銀の交換では駒損がひどいようですが、63歩成を見て攻め味があります。

52金左に73銀成同銀65角。角を消して頑張ろうというわけで、悪い手ではなさそうですが後手を引きます。65角ではなくて74歩は同銀同銀同角成でだめですね。だけど65桂はあったのか。

65同角成同銀92玉、先に玉を逃げると(81はおかしいですが71はありそう)駒得の後手が良さそうなのです。72歩の先受けよりも良い受けです。

74銀右同銀同銀84金、攻め駒は多いので何かありそうなところなのですが、81銀同玉73桂も足りなさそうです。

85銀打同金同銀では銀が離れてしまうのでだめか。角を打たれて

78飛66角成97玉75金、86金の受けには77歩でしょうか、まだ何かあるかもしれませんが。

63歩成同金42角は形つくりです。

85金51角成76銀まで、詰めろで終わりでした。

 

ちょっと足りないようでも勝負形にできるのが玉頭位取りの長所で、金を取られてもまだ難しかったのですが(後手の飛が遊んでいるということがある)、もう少しが足りませんでした。松田先生はストレート負けでしたが、内容はそれほど悪くもないです。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1960/12/06
手合割:平手  
先手:松田茂行8段
後手:大山九段
手数----指手--
   1 2六歩(27)  
   2 3四歩(33)  
   3 7六歩(77)  
   4 4四歩(43)  
   5 2五歩(26)  
   6 3三角(22)  
   7 4八銀(39)  
   8 3二銀(31)  
   9 5六歩(57)  
  10 4二飛(82)  
  11 6八玉(59)  
  12 6二玉(51)  
  13 7八玉(68)  
  14 7二玉(62)  
  15 5八金(49)  
  16 8二玉(72)  
  17 9六歩(97)  
  18 7二銀(71)  
  19 6八銀(79)  
  20 5四歩(53)  
  21 5七銀(48)  
  22 6四歩(63)  
  23 7五歩(76)  
  24 4三銀(32)  
  25 7七銀(68)  
  26 4五歩(44)  
  27 7六銀(77)  
  28 4四銀(43)  
  29 6六歩(67)  
  30 5五歩(54)  
  31 6五歩(66)  
  32 5二飛(42)  
  33 6四歩(65)  
  34 5六歩(55)  
  35 6六銀(57)  
  36 5五銀(44)  
  37 同 銀(66)  
  38 同 飛(52)  
  39 6六銀打    
  40 5一飛(55)  
  41 6七金(58)  
  42 5七銀打    
  43 6五銀(66)  
  44 4六歩(45)  
  45 3三角成(88)
  46 同 桂(21)  
  47 7四歩(75)  
  48 同 歩(73)  
  49 5四歩打    
  50 4四角打    
  51 7七角打    
  52 6六歩打    
  53 5六金(67)  
  54 4七歩成(46)
  55 4五歩打    
  56 6七歩成(66)
  57 同 玉(78)  
  58 7七角成(44)
  59 同 玉(67)  
  60 5五歩打    
  61 5七金(56)  
  62 同 と(47)  
  63 7三歩打    
  64 同 桂(81)  
  65 7四銀(65)  
  66 6二歩打    
  67 7五銀打    
  68 6七と(57)  
  69 8八玉(77)  
  70 4七角打    
  71 6八金(69)  
  72 同 と(67)  
  73 同 飛(28)  
  74 5二金(41)  
  75 7三銀成(74)
  76 同 銀(72)  
  77 6五角打    
  78 同 角成(47)
  79 同 銀(76)  
  80 9二玉(82)  
  81 7四銀(65)  
  82 同 銀(73)  
  83 同 銀(75)  
  84 8四金打    
  85 8五銀打    
  86 同 金(84)  
  87 同 銀(74)  
  88 5七角打    
  89 7八飛(68)  
  90 6六角成(57)
  91 9七玉(88)  
  92 7五金打    
  93 6三歩成(64)
  94 同 金(52)  
  95 4二角打    
  96 8五金(75)  
  97 5一角成(42)
  98 7六銀打    
  99 投了        
まで98手で後手の勝ち

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする