名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋問題集20210902

2021-09-02 | 大山将棋研究

先手番大山先生の手を考えます。

第1問

 

棒銀で攻める手順です。(互いの陣形によって変わります。)

A 15同銀  B 15同香  C 24歩

 

第2問

 

どうやっても勝てそうですが、まだ冒険しません。

A 24同飛  B 43銀  C 46飛

 

第3問

 

使いたい駒があります。

A 62馬  B 46歩  C 37歩

 

第4問

 

気持ちよい手があります。

A 44同馬  B 35金  C 55歩

 

第5問

 

即詰みです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋研究(2093);相矢倉(加藤一二三)

2021-09-02 | 大山将棋研究

今日の棋譜 その2

昭和35年6月、加藤一二三先生と第19期名人戦第5局、千日手指し直し局です。わずか1日置いての対局ですから、同じ旅館だったのでしょう。

大山先生の先手で矢倉です。

64歩と56歩の対抗で

37銀から3筋の歩の交換、この戦型は何局か並べました。

先手に36銀型を作らせないように後手は45銀と出るまでは定番です。

加藤先生の63金は玉が薄くなるので、現代将棋では好まれません。

この形は24歩同歩同角と攻める筋がある、というのは覚えているでしょうか。先手有利になります。ここでは63金型が82飛の横利きを受けに使えるので難しいのかも。24歩同歩同角同銀同飛22角23銀33金28飛の時に27歩同飛38角~47角成(王手)がありますね。先手に67金右を指させているという効果のほうが大きいのですか。なるほど。

大山先生は矢倉に入ります。加藤先生は銀を引いて

玉を入りますが、先手に36銀型を許してしまいました。右銀を引く前に51角~73角~65歩の筋をみせておきたかったのですが、すると24歩同歩同角があるということでやむを得なかったのかもしれません。でも後手の作戦負けです。

銀矢倉なので先手の35歩を打たれてもまだつぶされはしないのですが、大山先生の18飛は端攻めですか。15歩同歩13歩同香同角成同桂15飛と攻めるかもしれません。桂馬を使う方が自然なのですが。

43銀に15歩ではなくて35銀でした。

45歩28飛34歩、これは好位置の36銀を自ら放棄したことになります。

銀を追い返されて変調、ではないです。棒銀の端攻めも強力です。15には後手の角の利きがありますが、

15同歩同香同香24歩、香を取り返せば先手有利でしょう。

19香成23歩成同金24歩。24同金は15銀あるいは24同角同角15銀で攻めが続きます。

33金25銀11香。大山先生は香損でも攻めが続くかどうか。

37桂32玉36銀、銀を引いて25桂や45桂と跳ねたいのです。

加藤先生は18成香26飛35歩で抵抗します。銀交換は少しまぎれが出てくるのでしょう。

25銀22歩、とりあえずは2筋を守ったのですが。

46歩34金45歩33銀、また拠点を作られて、悪くなるばかりです。

12歩同香13歩同桂、端攻めがあって

34銀同銀右24歩、桂を取られます。

金桂と銀香歩3の交換で成香がありますから、まだ後手の駒得ではあります。

44歩に54金と使うと、46桂も見えていますし、

36桂も取れません。15銀打で先手を取り

24桂同角46飛

45歩48飛44金、拠点の44歩も払ったのですが、18成香を取られて駒損です。先手は歩切れとはいえ攻め駒は5枚。矢倉は手付かずですし、後手劣勢です。

26銀28飛に27桂しかないとはひどいです。

あとは入玉できるかどうか。

23玉と上がってまだまだと思ったら33銀、これは取るしかなく

25金を打たれては上に行けません。

15銀打も悲しいですが、この84香も取れば王手飛車です。

81桂を拾われて駒損です。それでも銀を打って上部を開拓します。

15金同銀41角

31飛52角成81飛53馬。成香を払って駒損を少し回復したのですが、歩を補充して馬を使われては差が縮まりません。

歩を合わされて

飛を切られました。

36同歩で68角の利きが通ります。12歩同飛25桂から

成桂でゆっくり攻められます。

飛を追われて62馬の位置を作られてから35銀、これは寄り筋です。

25玉44銀同金55歩、優勢な方は気持ちの良い手が出てきます。この歩はどちらでも取れません。

52飛打をひねり出しましたが、取ってもらえず71馬。

53飛引と逃げられても54金

同金同歩51飛。これはもちろん53馬でだめなのですが、

53歩成71飛35金、読みにくい形ですが

26玉に36金から飛を打たれて

詰まされました。

 

加藤先生の序盤が失敗で、銀矢倉では44歩を早く突いてはいけないのでしょう。大山先生は最速の順を選んでいるという感じもしないのですが、その差は開くばかり、圧勝でした。

神武以来の天才加藤先生の挫折が始まります。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1960/06/12
手合割:平手  
先手:大山名人
後手:加藤一二三8段
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 8四歩(83)  
   3 6八銀(79)  
   4 3四歩(33)  
   5 7七銀(68)  
   6 6二銀(71)  
   7 4八銀(39)  
   8 4二銀(31)  
   9 2六歩(27)  
  10 6四歩(63)  
  11 2五歩(26)  
  12 3三銀(42)  
  13 3六歩(37)  
  14 6三銀(62)  
  15 7八金(69)  
  16 3二金(41)  
  17 6九玉(59)  
  18 5二金(61)  
  19 5八金(49)  
  20 4一玉(51)  
  21 5六歩(57)  
  22 5四銀(63)  
  23 7九角(88)  
  24 4四歩(43)  
  25 3七銀(48)  
  26 7四歩(73)  
  27 9六歩(97)  
  28 8五歩(84)  
  29 3五歩(36)  
  30 同 歩(34)  
  31 同 角(79)  
  32 4五銀(54)  
  33 6六歩(67)  
  34 6三金(52)  
  35 6七金(58)  
  36 3一角(22)  
  37 7九玉(69)  
  38 4二角(31)  
  39 8八玉(79)  
  40 3四銀(45)  
  41 6八角(35)  
  42 3一玉(41)  
  43 3六銀(37)  
  44 2二玉(31)  
  45 1六歩(17)  
  46 1四歩(13)  
  47 1八飛(28)  
  48 4三銀(34)  
  49 3五銀(36)  
  50 4五歩(44)  
  51 2八飛(18)  
  52 3四歩打    
  53 2六銀(35)  
  54 4四銀(33)  
  55 1五歩(16)  
  56 同 歩(14)  
  57 同 香(19)  
  58 同 香(11)  
  59 2四歩(25)  
  60 1九香成(15)
  61 2三歩成(24)
  62 同 金(32)  
  63 2四歩打    
  64 3三金(23)  
  65 2五銀(26)  
  66 1一香打    
  67 3七桂(29)  
  68 3二玉(22)  
  69 3六銀(25)  
  70 1八成香(19)
  71 2六飛(28)  
  72 3五歩(34)  
  73 2五銀(36)  
  74 2二歩打    
  75 4六歩(47)  
  76 3四金(33)  
  77 4五歩(46)  
  78 3三銀(44)  
  79 1二歩打    
  80 同 香(11)  
  81 1三歩打    
  82 同 桂(21)  
  83 3四銀(25)  
  84 同 銀(43)  
  85 1四歩打    
  86 2四銀(33)  
  87 1三歩成(14)
  88 同 香(12)  
  89 4四歩(45)  
  90 5四金(63)  
  91 3六桂打    
  92 1五銀打    
  93 2四桂(36)  
  94 同 角(42)  
  95 4六飛(26)  
  96 4五歩打    
  97 4八飛(46)  
  98 4四金(54)  
  99 1八飛(48)  
 100 2六銀(15)  
 101 2八飛(18)  
 102 2七桂打    
 103 2五銀打    
 104 同 銀(34)  
 105 同 桂(37)  
 106 1七香成(13)
 107 4八飛(28)  
 108 2三玉(32)  
 109 3三銀打    
 110 同 角(24)  
 111 同 桂成(25)
 112 同 玉(23)  
 113 2五金打    
 114 1五銀打    
 115 8四香打    
 116 3二飛(82)  
 117 8一香成(84)
 118 3六銀打    
 119 1五金(25)  
 120 同 銀(26)  
 121 4一角打    
 122 3一飛(32)  
 123 5二角成(41)
 124 8一飛(31)  
 125 5三馬(52)  
 126 4三金打    
 127 6三馬(53)  
 128 1一飛(81)  
 129 4六歩打    
 130 同 歩(45)  
 131 同 飛(48)  
 132 4五歩打    
 133 3六飛(46)  
 134 同 歩(35)  
 135 1二歩打    
 136 同 飛(11)  
 137 2五桂打    
 138 3四玉(33)  
 139 1三桂成(25)
 140 1一飛(12)  
 141 2二成桂(13)
 142 5一飛(11)  
 143 6二馬(63)  
 144 5四飛(51)  
 145 3五銀打    
 146 2五玉(34)  
 147 4四銀(35)  
 148 同 金(43)  
 149 5五歩(56)  
 150 5二飛打    
 151 7一馬(62)  
 152 5三飛(54)  
 153 5四金打    
 154 同 金(44)  
 155 同 歩(55)  
 156 5一飛(52)  
 157 5三歩成(54)
 158 7一飛(51)  
 159 3五金打    
 160 2六玉(25)  
 161 3六金(35)  
 162 同 玉(26)  
 163 3二飛打    
 164 4七玉(36)  
 165 3八銀打    
 166 5八玉(47)  
 167 5九歩打    
 168 4八玉(58)  
 169 3七飛成(32)
 170 投了        
まで169手で先手の勝ち

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋研究(2092);陽動四間飛車(加藤一二三)

2021-09-02 | 大山将棋研究

今日の棋譜20210802

昭和35年6月、加藤一二三先生と第19期名人戦第5局です。

加藤先生の先手で矢倉です。

46歩と54歩の対抗で

加藤先生が25歩を突いたら、大山先生は33角、矢倉ではありません。

玉を右に移動します。現代なら右玉あるいは居飛車風車になるでしょう。

73玉~42飛、陽動四間飛車でした。

加藤先生はそのまま矢倉に入り、大山先生は木村美濃+52銀です。現代ならば先手は穴熊あるいは銀冠への組み換えを考えることろですが、

加藤先生は86歩~87玉。後手の角筋を避けていますが、堅くはなっていません。88玉~87玉を少し繰り返した後は

27飛~28飛を繰り返し

千日手でした。自然な手は37桂なのですが、45歩同歩35歩と仕掛けるのは(先手玉が堅くないから)少し無理でしょうし、38飛と寄ると、45歩を突かれて嫌な展開です。ここまでくると、当時の常識では仕方ないのでしょうね。2日制のタイトル戦ですからずいぶん時間をかけて悩んだのでしょう。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1960/06/09
手合割:平手  
先手:加藤一二三8段
後手:大山名人
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 8四歩(83)  
   3 7八銀(79)  
   4 3四歩(33)  
   5 7七銀(78)  
   6 4二銀(31)  
   7 2六歩(27)  
   8 6二銀(71)  
   9 4八銀(39)  
  10 7四歩(73)  
  11 7八金(69)  
  12 3二金(41)  
  13 4六歩(47)  
  14 5四歩(53)  
  15 4七銀(48)  
  16 4四歩(43)  
  17 6九玉(59)  
  18 6四歩(63)  
  19 2五歩(26)  
  20 3三角(22)  
  21 5八金(49)  
  22 6三銀(62)  
  23 5六歩(57)  
  24 4三銀(42)  
  25 6六歩(67)  
  26 6二玉(51)  
  27 6七金(58)  
  28 7三玉(62)  
  29 7九角(88)  
  30 4二飛(82)  
  31 6八角(79)  
  32 5二銀(43)  
  33 3六歩(37)  
  34 8二玉(73)  
  35 7九玉(69)  
  36 7三桂(81)  
  37 1六歩(17)  
  38 1四歩(13)  
  39 8八玉(79)  
  40 9四歩(93)  
  41 9六歩(97)  
  42 7二金(61)  
  43 8六歩(87)  
  44 4一飛(42)  
  45 8七玉(88)  
  46 5三銀(52)  
  47 8八玉(87)  
  48 6二銀(53)  
  49 8七玉(88)  
  50 4二飛(41)  
  51 8八玉(87)  
  52 4一飛(42)  
  53 8七玉(88)  
  54 4二飛(41)  
  55 2七飛(28)  
  56 4一飛(42)  
  57 2八飛(27)  
  58 4二飛(41)  
  59 2七飛(28)  
  60 4一飛(42)  
  61 2八飛(27)  
  62 千日手      
まで61手で千日手

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする