名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

11月の予定

2021-09-11 | 名南将棋大会
11月の予定が決まりました。
 
 
第221回は
壱9月23日(木)R1800点以上     定員上限34   
弐9月11日(土)R1800点以下     定員上限46 ;開催済み
 
第222回は
壱10月31日(日)R1800点以上     定員上限29   
弐10月30日(土)R1800点以下     定員上限46 
 
第223回は
壱11月21日(日)R1800点以上     定員上限29   
弐11月13日(土)R1800点以下     定員上限46 
 
 
プラスマイナス100点までは参加してよいです。つまり壱は1700点以上、弐は1900点以下です。
100点は超えないように、R区分は守ってください。
 
しばらくはコロナウイルス蔓延予防のために部屋の定員の半分しか入れません。よって参加費を100円値上げさせていただいています。2部屋借りても定員上限がありますが、当面は間に合いそうです。
 
また、要請によりマスクの着用が必須です。コロナウィルスの感染予防を考えれば、対局終了ごとの休憩でしっかり手洗いができるように、ハンカチ・タオルなどを用意してください。飲食する際が一番危ないですから、他人との距離を取り、黙って食べることです。
高齢の方や持病のある方(特に呼吸器系統)は参加を控えたほうが賢明です。このコロナウィルスは、日本人の重症化率は低いですが、重症になると生命の危険があります。また、喫煙者はリスクが高くなりますから、この際に禁煙はいかがでしょうか。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第221回名南将棋大会(弐)結果速報

2021-09-11 | 名南将棋大会

本日は第221回名南将棋大会(弐)を開催しました。結果速報です。

E級優勝

安本興生さん

北爪邦治さん

F級優勝

竹下航平さん

G級優勝

髙木弘志さん

加藤了さん

H級優勝

石田浩史さん

松井祐三さん

I級優勝

廣瀬孝さん

市川淳さん

 

優勝された方々おめでとうございます。

参加された皆様ありがとうございました。

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋問題集20210911

2021-09-11 | 大山将棋研究

後手番大山先生の手を考えます。

第1問

 

位取りに反応します。

A 64歩  B 62飛  C 42馬

 

第2問

 

攻め続けます。

A 56銀  B 36歩  C 39銀

 

第3問

 

わかりやすい手筋です。

A 78銀  B 58銀  C 48桂成

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋研究(2103);力戦

2021-09-11 | 大山将棋研究

今日の棋譜20210911

昭和35年8月、灘蓮照先生と第8回王座戦準決勝です。

灘先生は76歩34歩に56歩の趣向です。

88角成に同銀、大野流向い飛車ではありません。馬作りが防げないわけですが、

居飛車です。後手に馬を作られたので駒損になり、手持ちの角がどれだけ使えるかという勝負です。

後手は振り飛車模様です。普通に玉を囲っておいて、それからだと思うのですが、6筋に位を取ってしまいました。これは疑問手です。

62飛に86角、この自陣角では効果が薄いでしょう。6筋も守り切れていませんし。

52金46銀、これは6筋を守れないので何か手を作ろうという感じです。64歩同歩同銀とされても何ができるかわかりませんが、

44歩に55歩同歩66銀、まあ何か暴れるしかないです。中飛車の含みがあるので、

43金55銀左54歩66銀。大山先生はすぐに64歩同歩同銀だと65歩同銀同飛31角成があったので、先手の角を追います。84歩57銀右85歩、

77角64歩56銀、先手は一応均衡を保ったわけですが、馬と角の違いがあって後手有利です。

灘先生はやっと飛先の歩を突きますが

後手に馬を使われて、それに対応しながらの駒組です。

攻めるところもないので玉を囲うのが普通ですが、さほど堅くはなりません。

ということで居玉のまま6筋の位を取り、中央に厚みを作ってみました。

64歩同歩同銀65歩

55歩同銀左65銀同銀同飛で銀交換。

主張は厚みだけですから、56銀61飛54歩。

金銀交換して72金ですか。筋は悪いけれど、いまさら55歩を打っても銀を引いてもらえないから仕方ないところか。

桂を取れば46桂があると。一応は駒得を主張します。

45銀65歩、これで収まれば良いのですが、

39銀38飛48銀打。57金を剥がされるわけにはいかないので

飛と銀2枚の交換ですが、飛を打たれて両取りです。駒得なので

銀を打って粘ってみます。

89飛成22銀36桂、36同歩は26馬から寄せられそうです。

58玉56銀同金直。大山先生はどう寄せるでしょうか。

66歩同角57歩と打診します。取れば45桂と使えるので、

68玉に78銀で詰めろ、これは受けづらそうですね。

75角51玉57金と受けられましたが、

45桂同金65飛、これは角を手に入れて79角からの詰み筋、あるいは金を手に入れて67金からの詰み筋があります。ここまで。

 

灘先生はかなりの力戦派ですが、こんな指し方もあるのですね。6筋の位を欲張ったのが敗因です。現代ならば玉を囲っておいて、穴熊への組み換えも考えるのでしょうか。そんなに悪くもなさそうです。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1960/08/17
手合割:平手  
先手:灘蓮照8段
後手:大山名人
先手省略名:灘
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 3四歩(33)  
   3 5六歩(57)  
   4 8八角成(22)
   5 同 銀(79)  
   6 5七角打    
   7 7七銀(88)  
   8 2四角成(57)
   9 6八金(69)  
  10 3二金(41)  
  11 4八銀(39)  
  12 4二銀(31)  
  13 5七銀(48)  
  14 5四歩(53)  
  15 6六歩(67)  
  16 5三銀(42)  
  17 6五歩(66)  
  18 6二飛(82)  
  19 8六角打    
  20 5二金(61)  
  21 4六銀(57)  
  22 4四歩(43)  
  23 5五歩(56)  
  24 同 歩(54)  
  25 6六銀(77)  
  26 4三金(32)  
  27 5五銀(66)  
  28 5四歩打    
  29 6六銀(55)  
  30 8四歩(83)  
  31 5七銀(46)  
  32 8五歩(84)  
  33 7七角(86)  
  34 6四歩(63)  
  35 5六銀(57)  
  36 6五歩(64)  
  37 同 銀(56)  
  38 7二銀(71)  
  39 2六歩(27)  
  40 3五歩(34)  
  41 5八金(49)  
  42 3四馬(24)  
  43 6七金(58)  
  44 6三銀(72)  
  45 5六銀(65)  
  46 4二玉(51)  
  47 2五歩(26)  
  48 3三桂(21)  
  49 6五歩打    
  50 6一飛(62)  
  51 5七金(68)  
  52 6四歩打    
  53 同 歩(65)  
  54 同 銀(63)  
  55 6五歩打    
  56 5五歩(54)  
  57 同 銀(66)  
  58 6五銀(64)  
  59 同 銀(56)  
  60 同 飛(61)  
  61 5六銀打    
  62 6一飛(65)  
  63 5四歩打    
  64 同 金(43)  
  65 同 銀(55)  
  66 同 銀(53)  
  67 7二金打    
  68 6三飛(61)  
  69 8一金(72)  
  70 4五銀(54)  
  71 6五歩打    
  72 3九銀打    
  73 3八飛(28)  
  74 4八銀打    
  75 同 飛(38)  
  76 同 銀(39)  
  77 同 玉(59)  
  78 6九飛打    
  79 2六桂打    
  80 2五馬(34)  
  81 5九銀打    
  82 8九飛成(69)
  83 2二銀打    
  84 3六桂打    
  85 5八玉(48)  
  86 5六銀(45)  
  87 同 金(57)  
  88 6六歩打    
  89 同 角(77)  
  90 5七歩打    
  91 6八玉(58)  
  92 7八銀打    
  93 7五角(66)  
  94 5一玉(42)  
  95 5七金(67)  
  96 4五桂(33)  
  97 同 金(56)  
  98 6五飛(63)  
  99 投了        
まで98手で後手の勝ち

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする