噛みつき評論 ブログ版

マスメディア批評を中心にしたページです。  姉妹ページ 『噛みつき評論』 もどうぞ(左下のBOOKMARKから)。

バカのひとつ覚えは遺伝するか

2019-05-12 22:57:35 | マスメディア
バカのひとつ覚えも遺伝するか

 NHKスペシャル「人体」は去年くらいから放送しているが、内容はかなり目新しいものであるにもかかわらず「こんなに凄いのだ、どうだ驚いた」かといった前のめりの姿勢が気になって興味を削がれていた。番組の宣伝をしつこく聞かされているような感じである。しかしこの5月5日に放送されたNHKスペシャル「人体Ⅱ 遺伝子(1)」意外にも面白い番組であった。その面白さのほとんどは内容の斬新さによるものだが。

 簡単に言うと我々のもつDNAの内、2%は機能や役割がまあ判明していたが、残りの98%は機能や役割が不明でありジャンク(ゴミ)と呼ばれていたのが、最近になってその機能や役割がわかってきたと言うのである。驚いたのは、犯人が残した皮膚や体液などの残留物のDNAから犯人の顔が推定でき、すでに捜査に使われているという話である。顔の形に関係する遺伝子は1万以上あり、それらを調べることにより犯人の顔を描き出せるらしい。しかしなんでこんな面白い話がいままで報道されなかったのか、と気になる。犯人捜査に実用化されるまでには何年もかかったと思う。私だけが知らないのかもしれないが、こんな画期的な話なら繰り返し報道してもよい筈である。数多いテレビ局が毎日24時間も放送しているわけだが、あまり役に立たない。

 リンカーンは「40歳を過ぎたら男は自分の顔に責任を持たなくてもならない」と言い、大宅壮一は「男の顔は履歴書」と言った。顔の形が遺伝的に決まるということになれば、これらの言葉は間違いということになる。しかし若い顔は遺伝的に決定される度合いが大きいと思うが、歳を経ると環境要因の比重が高くなると考えられるので、間違いと決めるのは早計であろう。このあたりのことは一卵性双生児の研究で既に分かっていることと思う。

 ジャンクDNAの解読が進むにつれ、姿形だけでなく才能や性格までを決定づける遺伝子が見つかりつつあるという。ガン、アレルギー、アルツハイマーなど病気に対する抵抗性にも関係する遺伝子があるそうだ。今まで環境などにより後天的に決定されると考えられてきたさまざまのものが遺伝子で決定されているということになりそうである。

 従来は食生活や気候、家族などの人間関係など環境要因によって決まると考えられてきた身体や性格など人間の諸々の特性のうち、個々の遺伝子の機能と役割がこのように示されるようになれば、遺伝の重要性は大きくなると思われる。その分、環境要因の重要性が減ることになる。遺伝的に決まるものが多いほど、努力や学習などの意味が低下すると考えられることから、それを避けるため、この種の話は抑制的に伝えられることが多い。逆に努力すれば変えられるという話は誇張気味にされることが多い。運命論に陥らないための親切なのだろうけど。それにしても人間のさまざまな特性のうち、どれが遺伝の影響を受けるのか、どれが環境の影響を受けるのかということの解明はとても興味深いものになりそうである。

 詐欺グループが騙しやすい人を繰り返し標的にするのは、学習によっても変化しない性格があることを示唆する。激しやすい性格や楽天的な性格など、安定していて変わりにくいものは遺伝的の影響が支配的であるものかもしれない。前回「バカのひとつ覚え」で取り上げた、一旦思い込んだら信じ通す人、他人に耳を貸さない頑固な人の存在は社会の無用な分裂を招くこともある重要な要素である。この性格は遺伝的に決まるものか、大いに興味があるところであるが、私は遺伝が関与する部分が大きいように思う。もし遺伝的に決まるのなら解決はかなり困難となりそうである。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« バカのひとつ覚え | トップ | 独禁法の精神は忘れ去られた... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (山の猫)
2019-05-13 18:04:06
岡田さんこんにちは^^
私も同じ番組を視聴しておりました。
遺伝によって変えたくても変えられないものがあるとすればほんとに厄介ですよね。めちゃウケました^^
左派の人の顔はひと目で分かるのは(独特な同じような顔)どこかで遺伝子が繋がっているのでしょうか?^^;
昔から気になっている謎でございます。

隔世遺伝や先祖返りについては植物を育てていて「はっ」とすることがあります。ピーマンの種を発芽させて育てましたましたが、獅子唐辛子が生りました。

人間の病気については私自身が遺伝的なもの感じます。お医者さまには、どんなにバランスの良い食事をして体を動かし努力をしていても家族性のようなものを感じるということを伝えています。問診票に、家族の病気履歴を書く欄がありますしね。それを書きながら自分も納得しちゃう始末です(笑)
遺伝子のon offスイッチの研究が進んでくれれば、世の中はもうちょっと良くなるような気がします。
今の世で自分に起こるさまざまなことは、生まれてきた時からの自分の「運」なのかと個人的に思いました^^/運もどうしようもないです(T_T)
😁
Unknown (okada)
2019-05-14 17:37:17
こんにちは。
どれが変えられるもので、どれが変えられないものか、という問題は興味ありますね。関係があるとは断言できないのですが、鳩山元首相、元首相の肩書を使って韓国や中国で困った発言を続けている人物のことです。この人、東大に合格されているのである程度の合理的な思考はできるはずですが、何年たっても「宇宙人」のままですね。あれだけ批判を浴びても彼の頭の根幹は変わっていないように思います。そうするともう「打つ手なし」です。首相としては最悪の評価を得ている人物であるのに、元首相という肩書は外したくても外せない特殊な肩書なので困ったことになっているそうです。でも変われない人の典型例としては価値があるかもしれません。
NHKの続編は遺伝子のon offスイッチで変えられる可能性に言及していましたが、よく聞いてみると、大袈裟に言う割にはまだはっきりしないし、かなり限定的なようでした。運命論、宿命論になると努力しない人間が多くなるので、その配慮なのでしょうけど、事実を曲げるのはよくないですね。
「運」は思われているより大きいものだと思います。「運」という考えも役に立つときがあります。大失敗をしたときとかは「運」のせいにするのです。幸せをつかんだときは努力のおかげにします。まあうまく利用しましょう。
Unknown (山の猫)
2019-05-19 01:57:06
岡田さん、こんばんは。
努力と運と縁という言葉には昔から興味があります。摩訶不思議なことが身近に多く起こると(占いは信じません)、何か引力のようなものを感じることがあります。運と縁はできることなら自分にとって良いものだけにしたいものです^^

鳩山さんは日本の恥そのものであります(-_-;)隔世遺伝は無かったみたいですね。
特に大きな問題になっている基地移転、辺野古についてですが「最低でも県外」という彼の無責任発言によって沖縄は県民分裂状態にあります。仲井真知事時代に辺野古移転が決まったと記憶しております。何処のメディアもそのことについて言及しませんね。
運を利用といえば、ポッポさんは東大にはどこから入られたのか気になります。本当に東大出身なのですか?と疑いたくなります。運の裏があるならばですが、裏の裏くらいまで知りたくなる主婦でございます 笑)

鳩山さんの行動や言動については、宇宙人ポッポさんですからと笑って済ませられる問題ではないと個人的に思います。
宇宙人には言葉が通じないようです。最近の彼のツイッターを少し拝見しましたが、彼の思考は歪み脳は壊れているとしか思えませんでした。
また長々と書いてしまいました。m__m
おやすみなさい^^
Unknown (okada)
2019-05-20 11:31:40
山の猫さんは夜更かしがお好きのようですね。することがなくて早々と寝てしまう人と違って、やりたいことがいっぱいあるのでしょう。頭が活発に動いているわけです。

 昔から運命論は一定の支持者を集めてきました。すべては自然法則に従って進んでいて、自由意志は幻想だという考えかたです。論理的に考えると正しいようにも思えますが、本当のところはわかりません。しかし人間は自由意志があると感じるようにプログラムされているらしく、運命論が正しいと思っても、すべての努力を放棄したりはできません。

鳩山元首相が東大に合格したのはたぶん事実でしょう。ある程度の合理的な思考ができることは間違いないと思います。しかし、その思考を台無しにするくらい強力な「何か」が彼の頭にあることも推定できます。興味ある問題だと思います。もう一つの問題はそのような鳩山氏を党首に選んだ方々の見識です。あれだけ正常から離れている鳩山氏をまともと判断した民主党の人たちも問われなければなりません。

読売に「編集手帳」というコラムがあります。筆者の竹内正明氏はコラムニストとして評価の高い人物ですが、こんな意味のことを書いています。
「首相をうまく勤められなかった人は少なくないが、鳩山氏は元首相までうまく勤められなかった」
記憶による作文です。原文はもっとよかったと思います。

コメントを投稿

マスメディア」カテゴリの最新記事