噛みつき評論 ブログ版

マスメディア批評を中心にしたページです。  姉妹ページ 『噛みつき評論』 もどうぞ(左下のBOOKMARKから)。

立花孝志N国民党首の驚くべき本心

2019-09-29 23:24:56 | マスメディア
 以下は9月27日付の共同通信の記事である。そのまま引用する。

 NHKから国民を守る党の立花孝志党首が、増加する世界人口への対応に関し「ものすごくおおざっぱに言えば『あほみたいに子供を産む民族はとりあえず虐殺しよう』みたいな」と発言していたことが27日、分かった。動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開された対談で語った。直後に「やる気はないけど」とも付け加えた。
 ジェノサイド(民族大虐殺)を想起させる内容で、与野党から批判が出る可能性がある。
 日本から貧困国住民への教育支援に疑問を呈し「犬に教えるのは無理。犬に近い。世界中の人間には、それに近い人が圧倒的に多い」などと強調した。
(引用終わり)

 本当なら、公党の党首の発言としてとても看過できないものである。民族を虐殺、犬に教えるのは無理、など一発で政治家としての立場を失うこと確実の発言である(二重括弧内は立花氏の発言で、その前後の括弧内は共同通信記者の作文のように見えるがはっきりしない)。いくら何でもと思い、ユーチューブで検索するとすぐに見つかった。「神谷VS立花-戦争は必然?なくすべき?(第三夜)」
「神谷VS立花-ヒートアップする討論!人間は醜いと教育すべきだ!(第四夜)」である。

 神谷宗幣氏との対談であるが、立花氏の話を一言で言えば支離滅裂である。貧しい国の人たちに対して概略次のように述べる。「彼らには下等な教育をしたらいい。人間とは言えない、猫と変わらない。ご飯をあげたら繁殖するだけ。その人たちを減らそう。言ってきたのは、下等な人間に関してはもう潰してしまうという滅茶苦茶なことよ、やれっていうわけやないけど、ある程度の知識のある人でないとこの地球には残さない。やれと思えへんし、やるべきではないと思うし…自然にまかしたらいいのとちゃう。

 この後、自然にまかせるという意味を神という言葉を使って説明する。疫病や戦争で人間が大量に死滅することを自然の摂理だと言う。戦争が起きるのも神が人間をそのように作ったからだという意味である。ヒトラーもここまでは言わないだろうと思う。

 ばかばかしくて最後まで見る気がしないが、これが選ばれた公党の党首の言葉である事実に驚く。またそれぞれ約500件、700件を超すコメントが寄せられているが、立花氏を批判するものがほとんど見られないのも意外である。少数ならいいが、これが大きな政治勢力になれば恐ろしい。

 この人物を参院選挙で選んだのは我々である。N国の地方区での得票率は約3%であり、泡沫政党とは言えない。その党首の本心が以上のようなものだとすれば、驚くほかない。戦争で領土を取り返すという発言で有名になった同党の穂高議員や同じ会派に属する渡辺喜美議員、28人の地方議会の議員らは党首の考えをはたしてご存知なのかと、気になる次第である。

コメント   この記事についてブログを書く
« 東電元幹部に無罪判決、東電... | トップ | 関電はそれほど悪者か »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マスメディア」カテゴリの最新記事