nobutaと南の島生活in沖縄本島リターンズ

ブログ「のぶたと南の島生活」の写真容量がオーバーしそうなので、食べ歩き用に開設した新ブログになりますよ!!!

糸満中古車街道にお洒落なカフェが登場‼️・・・PLUSMINUS(座安)

2021-09-05 07:12:00 | 豊見城食べ歩き

糸満中古車街道は豊見城座安に遠い昔からあった居酒屋さんがコロナ渦でなくなり、新しいお店を造ってるなぁと思ったのは昨年夏頃の事。あれから11ヵ月近く経過した9月3日、遂についに開店しました!
何屋さんなんだろうと気になっていたのですが、Cafeのようです。これはさっそく訪問しなくちゃなりません。だって、店主と思われる男性が、一人でコツコツと長い時間かけてお店を作っているのをジョギングしながら眺めていたので、気になっていたんですよ(笑)
ということで、50店舗近い食べ歩きレビューのストックをジャンプアップして紹介したいと思います!つまり、「お薦め」できるお店だということです。

さて、快晴の土曜日午後。糸満営業所に出向いた帰り道にお店の前を通り、オープンの立て看板を確認して駐車スペースに滑り込みました(と言っても居酒屋の時代から店舗の周りは空き地でどこでも停められるん状態)。お隣にはココスがあります。
さて、外観はアメリカ中西部(映画で出てくるような)お洒落な雰囲気で白色がベース。



店内に入ると、カウンターが横に広く、奥に手作りのテーブル席が4席くらい並んでいます。スペースが広々としており、コロナ過でも密感なしです・・っていうか、店主一人で、これだけのキャパを切り盛りするのは大変そうです(人気が出たら一人では回せませんね)。
当然、店内もお洒落です。と言うか、よく一人でここまで造りましたね~というくらいの力作になっています(笑)
店主と話したところ、「10か月くらい一人でコツコツと・・・思った以上に時間が掛かりました(笑)」と仰っていました。

まず、入口でメニューから選んで清算してテイクアウト、イートインを選択する形になっています。
支払いはpaypayが利用できるので、今後はジョギングがてら訪問できると思い嬉しくなりました!!!
メニューは、ホットドッグとかき氷がベースになっています。
ホットドッグは、スタンダードドッグ、ハンバーガードッグ、デザートドッグという3種類に分かれ、それぞれ3品~5品くらいありましたので、これは次回訪問して食べた時に説明したいと思います。
今回は、かき氷を選びましたので、それについて説明します。
かき氷は、
 スペシャルかき氷
 沖縄ぜんざい
 子供のかき氷
があり、スペシャルかき氷は、
 猿田彦コーリー 950円
 ベリーベリーヨーグルト 900円
 沖縄シークワーサーチーズクリーム 900円
 ゆずハニー 850円
 禁断のONLYMILK 800円
の5種類。沖縄ぜんざいは、
 プレーン 550円
 ミルク 650円
 黒蜜きなこ 650円
の3種類。子供のかき氷は15種類あり400円。ハーフ&ハーフが+50円となっていました。
スペシャルかき氷の
 猿田彦コーリー
は、恵比寿の「猿田彦珈琲」に引っ掛けてるんでしょう(笑)
ドリンクメニューを見ると珈琲は、猿田彦珈琲を使っており、
 ドリップ 380円
 アイス 400円
 カフェ・オ・レ 450円
 カフェ・オ・ソイ 450円
 フロート 520円
となっていますので、珈琲を飲むために訪問するという手もありそうです。
nobutaは、当然のように「猿田彦コーリー」を注文。
それが最初の写真。角度を変えたのがこちらになります。





お水のグラスと比較したので、サイズ感が分かってもらえますよね(笑)
相当美味しいですよ!
これで1,000円を切るんですから、nobuta的には大ストライクです。
沖縄は、夏もまだまだ当分続きますし、年から年中、かき氷を食べることができる陽気の日がありますからね。
お店がSNSやTV、観光雑誌に取り上げられるのは、お店の雰囲気から間違いないと思われるので、認知度の低い今が訪問するチャンスかもしれませんね。
ご馳走様でした!!!!!

豊見城市座安288-3
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする