nobutaと南の島生活in沖縄本島リターンズ

ブログ「のぶたと南の島生活」の写真容量がオーバーしそうなので、食べ歩き用に開設した新ブログになりますよ!!!

とてもリーズナブルな沖縄そば屋さん!・・・こま家(読谷大木)

2021-10-29 05:47:00 | 読谷食べ歩き

敬老の日ということで、義母を実家のある読谷村へ連れていくことに・・・そのついでに、義母が好んで食べる沖縄そば屋さんで未訪問店を検討することにしました。
BMしていて、未訪問は1店舗のみ(汗・・さすがに厳しいですね)。
それが、今回訪問することになった「こま家」さんになります。場所は、読谷高校の通り沿いの「オカゲサマ製麺食堂」のお隣の建物になります。
お店の方のお話だと昨年11月にオープンしたそうです。
店内に入ると靴入れがあり、靴を脱いで店内に入ります。



店内は居酒屋風ですが、とても綺麗で4人掛4卓とカウンター席という構造になっています。







まず、メニューを確認します。
日替わり定食900円というのもあるんですが、nobuta達は沖縄そばを食べるために訪問したので、定食系はスルー(すいません)。沖縄そばは、軟骨ソーキと三枚肉が入った
 こま家そば(小) 600円
 こま家そば(大) 700円
で、普通の三枚肉そばが
 沖縄そば(小)500円
 沖縄そば(大)600円
となっています。
その他が
 野菜そば 800円
 骨汁 600円
 ポークたまご 600円
 カツカレー 650円
 カツカレーセット 850円
 ちゃんぽん 650円
となっており、見ての通り、とてもリーズナブルな価格帯です!!!!
そばセットは、2種類あり
 A 900円
が、沖縄そば(小)、ポーク卵、ライスという組合せ
 B 800円
が、沖縄そば(小)、味くーたー丼orカレーライス(小)となっています。
お店の方に「味くーたー丼」とは如何??と聞いたところ、
 軟骨ソーキを沖縄そば以上に甘く濃厚に煮込んだもの
が掛かった丼ということでした。
そこで、nobutaは、
 沖縄そばセットBの大盛(+100円)
を選択、妻と義母は、沖縄そばの大小をそれぞれ注文していました。
登場したセットが最初の写真になります。



まず、沖縄そば(大)のアップがこちらになります。
小は、三枚肉は1枚バージョンでしたよ。
大は、三枚肉2枚、昆布、たっぷり玉子焼き、蒲鉾が具として載っています。
正直、これが沖縄そば(大)であれば、相当リーズナブルな600円だと言えます。
ちなみに麺は細麺の若干ちぢれ麺なんですが、これは沖縄市園田の知念製麺所の麺ですね!
最近新店舗巡りで食べたお店で、知念製麺所の麺は3度目となるので、結構、人気の製麺所だと思います。
次に、「味くーたー丼」のビジュアルがこちらになります。

nobutaは軟骨ソーキの脂身部分(コラーゲン)があまり得意種目ではないので、妻にお裾分けして食べましたが、品名のとおり味くーたーなどんぶりでしたよ(笑)
食べ終えた後で、妻と話したのですが、やはり
 たっぷりな具材
はストロングポイントだと言えますね。
出汁は、鰹出汁で、ビジュアル的には薄そうなんですが、香りは強く、実際に飲んでみるとかなり濃厚な鰹出汁でした。
店内は、落ち着いて飲食できるので、家族向けにはとっても良さそうな沖縄そば屋さんだと思います。安いですしね❗️
ご馳走様でした!!!

読谷村大木326-2
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

焼肉屋と精肉店が同じ建物に入る「にくや精肉店」さんのテイクアウト営業・・・にくや精肉店(都屋)

2021-10-28 20:39:00 | 読谷食べ歩き

読谷村のメイン道路沿いはパン屋「日常」のお隣にある焼肉屋「勝」の1階は、同じ企業の精肉店「にくや」が同居しています。
かなり綺麗な建物なので以前から目に入っていたのですが、今回、久々に読谷村を走っているとテイクアウト営業を1階の下駄ばき駐車場でやっていました。
通り沿いにドライバーの目線に入るように
 和牛サイコロステーキ半額
 1000円→500円
と張り出しているので、思わず車を停めちゃいました(苦笑)

なんとなく、糸満の伊江牛新社屋と同じようなテイクアウトの匂いがしたのですが・・・もう、看板の文字に影響されちゃって千円札を準備しちゃいましたよ(paypayが利用できたのでpaypayを使用しましたけど・・・)。
販売していたのは、ステーキ以外に
 伊江牛コロッケ 100円
 伊江牛メンチカツ 200円
 和牛ハラミ 1000円
 和牛ツラミ 500円
 ガーリックチキン 500円
でした。
自宅に持ち帰った食べたのが最初の写真になります。
結構、硬いのがあったのですが、ま~テイクアウトのステーキってこんな感じだよな~って変に納得するテイクアウトだったと言っておきましょう。
ご馳走様でした!

読谷村都屋257
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

こんな場所にこんなパーラーが!!コーヒーフラぺ350円‼️素晴らしい‼️・・・パーラーTANPOPO(読谷古堅)

2021-09-22 05:48:00 | 読谷食べ歩き

まずはお店のHPから引用(簡記)します・・・
「コンテナハウスを自ら作成し、こんな飲食店をやってみたいと始めました。沖縄には子供が駄菓子を買ったり、かき氷を買ったりするところがある。だが、今の時代、お弁当屋総菜屋ばかり・・・TANPOPOは、『フラペチーノを販売してみたかった!!!』」
これを読んだときに、このパーラーには訪問してみなければと思ったんです(笑)
しかも、続きがあって(簡記)・・・・
「フラペチーノを発明したのはスタバじゃなく、ボストンのとあるカフェ。ミキサーに珈琲、砂糖、牛乳、氷をブレンドしてみたところ、クリーミーで美味しい珈琲アイスシェイクが出来上がりました。なので、私はスタバのパクリでないことが判明しました!!!」
これも読んで、絶対に訪問しようと心に決めたのです(笑)

さて、こちらのパーラーは、読谷イオンの「スタバ」から200mくらい離れた部落内にあります。
この日もスタバは盛況でしたよ(たぶん、週末は常に盛況)。でも、そこから40秒くらい車を走らせると古堅の部落に「黄色いプレハブ小屋」があるのです。
観光客に人気のメキシカン「OBBLIGATO」から少し入ったところにお店が存在します。メキシカンも人気店ですけど、なんで、みんなもう一歩奥に踏み込まないのか不思議ですよ(笑)
で、TANPOPOのお話です。
義母の実家がある読谷を訪問した9月某日。義母を実家で下ろしてから妻と村内の飲食店と雑貨屋を巡り歩きました。
のんびり村内を廻るのは久々だったので、そんな中で、3時のおやつにフラペチーノを食べに訪問しようと思ったんです。





一応、Instagram(&グーグルマップ)でチェックしているので、お店は営業していることは知っていたのですが、お店に着くと、「OPEN」と掲げられているものの人の気配はありません。
ただ、プレハブ小屋の中は電気が点いているみたいだったので、車を降りてプレハブ小屋に近づいてみました。
すると、押しボタンのベルがあるのに気が付きました。
これを押せば良いということですね。
押すと母屋の方からお店の方がプレハブ小屋に入っていきました・・・・
さて、これでお店をやっていることは分かりました。
では、メニューを確認します(最初っからフラペチーノを注文するのは決まっていたのですが確認は必要です)。
フラペチーノは、
 胡麻ラテ
 珈琲
 抹茶
 黒糖キャラメル
 スカイブルー
の5種類でそれぞれ350円!!!!
そう、安いのですよ!
近くのスタバだったらもっと高いですもんね(笑)
他にはドリンク150円で
 タンティー
 ハイビスカス
 モカハーブ
 アイスコーヒー
であったり、かき氷が200円で
 苺
 レモン
 スカイブルー
とか、
 ぜんざい 250円
 苺ミルク、抹茶ミルク 400円
とか、
 カレーうどんセット 500円
 味噌ラーメンセット 500円
などがあります。
正直、カレーうどんセットなどは謎ですが、いつか冒険してみようという気持ちもあります(苦笑)
で、注文したコーヒーフラペチーノが最初の写真。
アップがこちらになります。

どうですか、このたっぷり感!!!
詰めに詰めたりって感じが良いでしょ(笑)
しかも、普通に美味いんです!!
スタバには申し訳ありませんが、明らかにこちらのコーヒーフラペチーノの方がお得です。だって、味は変わらないからね!
いやはや、なかなか凄いお店です。
そして、何が凄いかと言うと、普通の営業時間が
 月金は午前零時まで営業
 他の日は午後9時半まで営業
という点です。さすがにコロナ過なので時間は変則的なんだろうと思いますが、中部の西海岸を走らせることがあれば、350円で炎天下の中、喉を潤すには最良だと思いますよ!!!
お薦めです(笑)
ご馳走様でした!!!!!

読谷村古堅269





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アーサそばだと出汁の美味しさがひと際引き立つね!・・・まいにち食堂(喜名)

2021-08-26 05:33:00 | 読谷食べ歩き

読谷喜名の実家近くにある「まいにち食堂」さん。沖縄そばCafeというスタイルを確立した若いご夫婦が経営している素敵なお店になります。非常にあっさりとした味わいの優しい出汁が特徴の沖縄そばなので好みは分かれますが、とてつもなく人気のあるお店です。




前回初訪問した際は、昨年11月頃で、その時は年末の挨拶がコロナ渦でできない状況下だったので、時期外れ(早め)に86歳の義母を連れての喜名詣でだったのですが、今回は、コロナ過が前回以上に深刻となり、8月の盆時期に実家(親戚)巡りができないため、同じように義母を連れて喜名詣での最中に立ち寄ることになりました。
半年前は、来年の盆には親戚全員が集まることができるよって話してたんですけどね。もっと酷い状況になるとは夢にも思いませんでした(汗)

閑話休題
さて、久々の喜名。実家近くの「金月そば」はコロナ渦で持ち帰り専門となっていましたので、11時30分にオープンする「まいにち食堂」に向かいました。
半年ぶりにやって来たところ、駐車場がお店のあるアパート居住者と混在していた状況から、お店専用の駐車場が右奥に新しく整地されていました。そこに16台くらいは駐車可能となっています。それだけでも頗る人気店であることが窺えますね(笑)
さて、オープン前に到着したのは大正解。
なぜなら、入店後、4組入店できただけで、後のお客さんは外で待つ状態になったんです。nobuta達が食べ終えで外に出ると相当な人数が待っていましたもん。

綺麗な店内は、ホントCafeっぽくて沖縄そば屋という雰囲気は全くありません。テーブル、椅子、器などの食器類に至るまで、雑誌の絵になるくらいお洒落です(笑)


前回は、三枚肉や軟骨ソーキなど、オーソドックスな沖縄そばを注文したのですが、今回は、最初から
 アーサそば
 ゆし豆腐そば
を注文することに決めていました。理由は、出汁が凄くあっさりした柔しい味わいなので、肉肉しい沖縄そばよりも、出汁の美味しさがより分かるんじゃないかと思ったからです。





そして、それはその通りでしたよ!
nobutaはアーサそばを食べたんですが、これだと出汁が三枚肉を食べた時よりも美味しいです。



こちらのお店独特の薬味である
  フーチバー七味
の威力もしっかりと発揮!でします(笑)
「まいにち食堂」さんで食べる場合は、じゅーしーが付くセットにするのがベストチョイス。なぜなら、じゅーしーがとっても美味しいからです!
そのじゅーしーにも、今回、フーチバー七味をぶっかけたんですが、これまた、美味しさを引き立ててくれましたよ!
義母も、こちらの優しい味わいの沖縄そばは好きみたいなので、年末に再訪してみたいですね。
その際は、乾燥アーサではなく、生アーサが楽しめる唯一の「まいにち食堂セット」を注文したいと思います。
ご馳走様でした!!!

読谷村喜名390
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ソフト系もハード系もハイレベルで申し分ない❗・・・パン屋日常(都屋)

2021-08-12 05:44:00 | 読谷食べ歩き

読谷村のメイン通りから都屋漁港に入っていく信号交差点手前にあるパン屋『日常』さん。読谷に行く度に気になっていたお店ですが、遂に訪問しちゃいました。
行く度に店頭の駐車場が一杯で諦めていたんですよね(裏手にも2台分あり)
※店頭が空いていても、前の通りが渋滞するので頭から車を突っ込みたくなかったのも理由の1つ(^_^;)

さて、この日は渋滞もなく、駐車場も空いていたのでチャンスとばかりに滑り込み、店内に突入しました。
店内は、たくさんのパンがnobutaを待ち構えてくれていましたぞ❗

















ハード系、ソフト系、サンド系満遍なく揃い踏み。パンフリークのnobutaにとっては、このパンの並び、種類、そして何よりも見た目が気持ちを高揚させてくれました。明らかに旨そうです‼️
特に、
ベーコンエピ 200円(税抜、以下同)
クリームパン 130円
は、期待値が高いのがわかりました‼️
何故って、それだけパンを食べ歩いてるからです(笑)
そして、その通り旨かった‼️

もちろん、残念賞もありました。それは、ハード系の
チョリソーエピ 240円
です。こいつを見た時、nobutaにとって日本一美味いエピであるザ・ズーの『カンパーニュ・エピ』の再来かもしれないと思わせたんですよねぇ。でも、流石に違いましたね(^_^;)
コンセプトは同じですけど、やはりチョリソーの違いですね。
それ以外は、どれも美味いパンでしたので、もちろんですが、今後も再訪を繰り返して、美味しいパンが何か食べ分けようと思います。それくらい期待値が高いパン達でしたね。

今回は、紹介した3品以外に
レモンスコーン 110円
チョコチップスコーン 110円
チョコデニッシュ 110円
パン・オ・ショコラ 170円
フレンチトースト 100円
ガーリックフランス 160円
を購入しました。
値段も結構安くてリーズナブルで良いですよ❗

接客も良いし、カードなどの利用できるのでキャッシュレス。ありがたいことです。
美味しかったです。ご馳走さまでした❗

読谷村都屋261-2
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

非常に美味しい「豚骨辛つけめん」だった!マジ美味かった~・・・麺屋シロサキ(長浜)

2021-08-11 05:50:00 | 読谷食べ歩き

この日はランチ予約を入れていた喜名のお店に「ぶっち」されるという愕然とするような展開で読谷村内にいたnobuta夫婦。
BMしているお店が悉く満席という悪循環の中、妻から「沖縄そばやラーメンでも良い。お腹がすいた~」という嘆きの呻き声が助手席から聞こえる中、nobutaの頭の箱から思い出したのが、夜は居酒屋、お昼はラーメン屋の「麺屋シロサキ」さんだった。
こちらは、5年以上昔に長男と訪問したところ、満席で入れなかったお店である。お店は長浜部落内の高台の方(ファミマ長浜店の向かいの方の路地から入る)の入り組んだ場所にあるお店だ。
久々に向かうとお店の前の駐車場は3台分空いている。これはラッキーだ。
店内に入ると緊急事態宣言下ということもあり、席を少なくする措置などが取られており、使用可能なのは座卓2卓、テーブル3卓、カウンター4席という状態だった。座卓1卓、カウンター全部、テーブル2卓が空いているというベストタイミングでの入店となったが、その後、nobutaたちが帰るころには、店外で待つお客さんが数組というほどの活況ぶりだった。
要するに人気店なんだろう。
さて、メニューを見る。





ラーメンは、
 ストレート麺
 醤油ラーメン芳醇 1,000円
 ワンタン麺 1,200円
という度肝を抜く金額がトップにあり、その後、手もみちぢれ麺の
 中華そば 850円
 塩ラーメン 850円
 柚子塩ラーメン 900円
 大盛り+100円
と続いている。
つけめんは、
 豚骨魚介つけめん 900円
 豚骨柚子つけめん 900円
 豚骨辛つけめん 930円
で、大盛+100円。多加水ストレート麺であつもりは不可となっている。
数量限定で
 豚骨魚介ラーメン 900円
というのもある。

さて、何にしよう。無計画でお店にやってきたので若干迷うところがある。お店の入口に「豚骨柚子つけ麺」のポスターが貼ってあったので、売りは「つけめん」なんだろうと推察。
お腹が空きすぎて涙目の妻は、豚骨魚介つけめんの大盛を注文していたので、nobutaは辛つけめんを注文することにした。
妻がつけ麺の大盛なんて食べられるはずがないもんな~(必ず麺を残しそうなので辛つけめんは並盛なのだ)。
まず、最初につまの魚介つけめん大盛が登場した。
それがこちらの写真。アップも載せよう。



最初の写真がnobutaの辛つけめん並盛。比較すると一目瞭然。麺の量が半端なく違う。妻は目をあんぐりさせている(笑)
最初から麺は食べきれないと弱音を吐いている。とりあえず、お腹が空いているんだから食べられるだけ食べて頂戴と頑張るように促すが・・・ま~無理そうだ。
nobutaの辛つけめんのつけ汁がこちらの写真。

麺と叉焼のアップがこちらになる。

まず、叉焼は3種類。サイズも鶏以外はどでかい。そして、何よりも3種共に美味いのだ❕それも感心するくらい美味しいじゃないか。
さらに、麺が良い。辛つけ汁と良く合う。と言うか、この辛豚骨・・美味いじゃないか❕そう、相当nobuta好みの辛豚骨だよ❕
バクバクと胃を通る。美味いな~。こいつは大当たりだ❕
想定していなかった。こんな場所で美味しい辛つけ麺に出会うとは・・・特に「辛い」わけじゃない。美味いのだ。
相当満足度が高い。妻が残した麺も頂きながらしっかりと堪能した。
最後は割スープを投入し、一気に飲み干す。

あ~美味しかったな~。
なるほど、こんな場所にお客さんが沢山やってくるわけだ。
この辛つけめんの美味しさのお陰で、他店での不快なもやもやが全て消えたね(笑)
ご馳走様でした!!!!

読谷村長浜1720-1
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ホテルのランチコースとしては見事なコスパ!!・・・ブエナビスタ(都屋)

2021-07-23 07:06:00 | 読谷食べ歩き

2020年11月、コロナ渦真っただ中にオープンした読谷村は都屋漁港近くのホテル「海のテラスよみたん都屋」。ホームページが素晴らしく、相当な高級ホテル感を醸し出していますが、実際にはカジュアルのホテル(敷居は高くない)であることが訪問して分かりました。
nobuta夫婦は、当初、今年1月下旬に宿泊するつもりだったのですが、GOTOTRAVELが全国一斉に停止となった煽りを受けて宿泊断念したんですが、GOTOが再開されれば予約したいものだと思っていたんです。
ところが、ご承知の通りコロナ渦は深刻なまま半年が経過し、ホテル宿泊もままならない状況。
そんな6月上旬頃の食べ歩きネタになります。
県内も緊急事態宣言下となり、コロナ感染者数も増加の一途をたどり、学校は休校、大型店舗の週末営業自粛など、いろいろな対策が遅ればせながら実行に移さていました。
この数週間前に、「ちゅらとく」でホテルランチを検索していたnobuta。その時点で、「密にならない小ぢんまりしたホテルで美味しいランチ」はないものかとググっていると・・以前、宿泊を断念した「よみたん都屋」のランチコースが、驚愕の
 1,500円
で頂けるという内容が掲載されていたのです。
それを読むと、「週末限定」「6月いっぱいまでのお得ランチプラン」とあり、
 1日15食限定の早い者勝ち
と書いてあります。
ランチの内容は、
 前菜
 スープ
 メイン(肉&魚)
 ライス
 デザート
というもの。そう、メインが「or」ではなく「&」なんです。
こいつは凄いことになっています。
こんなサービスランチを予約しない理由が何処にありますか?
理由はどこにもありませんよね(笑)
という訳で、予約のボタンをポチっと押しました。で、予約当日の6月上旬の日曜日を迎えました。
ホテルは、緊急事態宣言下ということもあり、11時半からのお客さんと13時からのお客さんに分けています。
この日は、朝から大雨予報だったのですが、沖縄らしく予報は見事に外れて快晴です(笑)
自宅から一般道で1時間。都屋漁港近くにある「海のテラスよみたん都屋」に到着しました。
ホテルの外観を見て、もともとあった古いホテルを改修して小綺麗にしたような感じで、驚いたというのが本音です。なぜならホームページからは想像できないからです。

しかし、店内は、さすがに綺麗ですし、テラスからは海が一望できます。
快晴ですが、海は波が高く大荒れっぽいんですが、普通に泳いでいるカップルが数名いましたね(汗)

ホテルに車を停めると、従業員の方が案内のためにわざわざ外で迎えてくれ、ホテル内の1階フロアと連結したレストラン「ブエナビスタ」に案内してくれました。
これまた、ホームページでてっきりシックな雰囲気なのかと思っていた「ブエナビスタ」さんは、真反対の白基調のカジュアルなレストランでしたね。
店内はテーブル間隔を広くとっており、ホールの方々は、良い意味で接客上手、お喋り上手な感じです。とても沖縄的な地元のホテルという・・沖縄的なノリで好きですね(笑)
半面、高級ホテルをイメージすると拍子抜けするかもしれませんので、「カジュアルなホテル」なんだということを前面に押し出した方が、観光客には良いかもしれませんね。
さて、そんな「ブエナビスタ」の期間限定のフルコースランチが、こちらの写真の流れになります。











どうですか?
これで1,500円って冗談でしょって思うでしょ(笑)
ホテルが運営する地元農園の食材をふんだんに使っているとの事。
全般的にハーブ系を推し!通しており、それがそれぞれの料理のアクセントになって美味しいのです。
そして、提供される「お水」も、とても美味いというのも申し添えておきます。
メインの2皿、お魚は「まんびかー」・・お隣が都屋漁港なので、そこで仕入れてるんでしょうね。
そういえば、スープももずくとハーブでしたよ。
メイン(魚)とメイン(肉)の間にサラダまで出てくるというオマケつき。
最後のデザートは、沖縄に住んでいても滅多に食べる事がないドラゴンフルーツのアイスジェラートと申し分なし!

繰り返し言いますけど、これで1,500円です。あり得ませんね(あり得てますけど・・笑)。
ご馳走様でした!!

読谷村都屋20
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

沖縄の味全開のジェラート屋さんで普通のジェラートを食べてみたけどやっぱ美味い(笑)・・・イゾラ(トリイステーション)

2021-07-08 21:01:00 | 読谷食べ歩き

読谷村のトリイステーション近くにある島ジェラート&カフェ「イゾラ」さん。イタリアンとジェラートのお店ですが、未だランチタイムに店内で食べたことがないのでイタリアンの出来栄えは分かりません。
前回は、沖縄らしいジェラートを食べたいと「カーブチ」と「ラズベリー&グァバ」のダブルをチョイスしたnobuta。
今回は、妻を連れて訪問しました。

並んでいたのは「カーブチ」「ココナッツブルー」「まーすミルク」「シークワーサー」「ピスタチオ」「ラズベリー&グァバ」「珈琲&焦がしキャラメル」「読谷苺ミルク」「南の島バナナ」「「チョコミントホワイト」の10種類です。
前回から無くなったのは、「ドラゴンフルーツ」「紅芋ミルク」「ノッチョーラ」「ちんすこうラムレーズン」「多良間島の黒糖ときなこ」の5種類ですね。
ちゃんと書き残して、次回の参考にしなければなりませんからね(笑)
さて、今回選んだのは、「読谷苺みるく」「南の島バナナ」のダブルになります。名前は沖縄っぽい感じですが、ま~普通のジェラートと同じだと言えるかな。



妻は、「珈琲&焦がしキャラメル」「まーすミルク」のダブルを選択していました。
まず、沖縄のバナナってあっさりしているので、「南の島バナナ」は超あっさりしています。そのため、苺に負けてバナナの味を感じることができませんでした(笑)
「珈琲&焦がしキャラメル」は珈琲が強いので普通の珈琲ジェラートが好きな人は選んだ方が良いです。
「まーすミルク」については、某店で塩ソフトみたいなのを食べた方は、まったく違う味わいなので、是非、こちらの「まーすミルク」を食べてほしいですね。これなら美味しいと感じるはずです(笑)
いずれにしても、やはり面白いジェラートを並べている沖縄の味全開のジェラート屋さんであるのは間違いありませんね。
美味しく頂きました!ご馳走様でした!!!

読谷村楚辺1133
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「美味いハード系がある」ことは分かっているのに巡り合わせが悪いんだよな~・・・ぱん工房おとなりや(瀬名波)

2021-07-08 05:22:00 | 読谷食べ歩き

読谷村にある超人気のハード系パンのお店「ぱん工房おとなりや」さん。長年訪問することができずにいたパン屋さんになります。昔からタイミングが合わず、パンを購入できたのは2015年に開かれた第1回おきなわ小麦ヌーヴォーの際だけ。
その後もお店に向かうも定休日、臨時休業日、はたまたソールドアウトというパターンが繰り返されてきました(汗)
nobutaとは巡り合わせが悪いんですよね(涙)
そんな「おとなりや」さん。明日は「第5回おきなわ小麦ヌーヴォー」が開催され出店されることを知っていた5月半ばの土曜日のお話になります。その会場が「うるマルシェ」と決まったことから、恐ろしい人出になると思い、時期的な問題(コロナ真っただ中、県内り患者急増中)から訪問しないと決めていたので、直接お店に行って買おうと恩納村山田のカフェから南下しながらお店の前の駐車場に滑り込みました。
午後1時30分の事です。でもね・・・今回も「ソールドアウト」の札が出てました・・・残念無念
でも、とりあえず妻と車を降りてみると、お店の女性の方が立っていて、「残り少ないけど見て行かれますか?買わなくても構いませんよ」とお声かけしてくれたのです。
初めて店内に入ります。昔からお店を知っているのに入ったことがないパン屋なんてここだけだと思います。

店内はとても綺麗ですし、木のぬくもりを感じさせるような雰囲気です。
勿論、パンは限りなく少なくて、購入したのは
 バケット
の「おとなりやフランス」237円とラスク216円です。



朝の8時オープンなので、ちゃんとしっかり購入するためには午前中の早い時間じゃないと無理ですね(苦笑)
とりあえず、遂に店内に足を踏み入れたこと、6年ぶりにおとなりやのパンを食べる事ができたこと、今回はそれだけに感謝してお店を後にしたのでした。
そうそう、最後のお客さんということで、焼き菓子を1個プレゼントしてくれました。妻が食べちゃいましたけどね・・美味しかったそうです。ありがとうございました。

読谷村瀬名波633-2
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

店名どおりの『ジャンキー』なアイスクリーム‼️めちゃ安いねぇ❗・・・JUNKYICE(波平)

2021-07-05 05:21:00 | 読谷食べ歩き

読谷村波平は『花織そば』の斜め向かい60mくらいの場所にできたド派手なピンクの外観のお店『JUNKYICE』さん。余りに小さくド派手な外観からアイスクリーム屋というよりもタトゥー屋みないな感じです(苦笑)
春先にオープンしたのをInstagramで把握していたので、機会があれば訪問しようと思っていたのですが、梅雨明け二日目にやっと訪問できました(^_^;)
お店は駐車場がありません。



店内にはいると外観同様にピンク盛り。観光客の4人家族が先客でいました。
メニューを確認すると、タコス型のワッフルコーンにアイスクリームが3個付いたジャンキーアイスプレーンというのがあり、それが380円です。そのジャンキーアイスは2個だとトッピング全部のせができて、値段も一緒のままです。






フレーバーは10種類あり、
チョコレート
バニラ
チョコミント
紅芋
塩バニラちんすこう
黒糖バニラ
ストロベリー
シークワーサー
パイン
マンゴー
となっています。
ジャンキーアイスは、かなりのジャンキーな絵柄なので、nobutaのようなジジィには無理ですね(笑)
妻が果敢に挑戦してましたが、何故かアイスクリーム3種類(シークワーサー、パイン、バニラ)を選んでホイップクリームとココアビスケットをトッピングして追加料金を払っていました(^_^;)
タコス型のワッフルコーンは分厚くドデカイのですが、後半はフニャフニャになっていくので早めに食べきるのが良さそうです(笑)

が、妻はあまりの量の多さに驚愕(笑)
トッピングがたっぷりと降り注がれてアイスクリームまでたどり着きませんよ。
これは凄いことになってますねぇ(笑)
nobutaは、普通にカップアイス280円を選択。フレーバーを2種類選べるので、こやつもかなり安いっす!
nobutaは、マンゴーとチョコレートを選びましたが、写真の通りで、たっぷり2種類が乗っかります。



食べ終えたnobuta夫婦の感想としては、『シャーベット』のフレーバーがお薦めだと言うことですね❗
この日で言えば、マンゴーシャーベット、パインシャーベット、シークワーサーシャーベットです。
沖縄的だし、量もあるし、美味しいし、安いし、なんか凄いですよ(笑)
最近は、ジェラートのお店が多い県内ですが、このお店は推し❗ますね(笑)
ご馳走さまでした❗

読谷村波平1720-1
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする