nobutaと南の島生活in沖縄本島リターンズ

ブログ「のぶたと南の島生活」の写真容量がオーバーしそうなので、食べ歩き用に開設した新ブログになりますよ!!!

ジャンキーな冷やし中華に笑ってしまった!・・・さしだ商店(嘉手納)

2021-08-09 20:03:27 | 嘉手納食べ歩き

今年2月、嘉手納にできた新しいラーメン屋「さしだ商店」さん。
Instagramを定期的に更新するので、いずれの日にか訪問してみたいと思っていたお店になります。
夏の間に訪問したいと思っていたところ、8月上旬、Instagramで「8月10日から31日まで休業する」とのこと(緊急事態宣言の影響ですね)。これは、悠長に嘉手納方面に出向いた時にでもという考えはやめて、休業する前に訪問すべしと向かったのです。
天気の良い日曜日、午前11時のオープン時間に到着するように1時間前に自宅を出発し、妻と一緒にドライブがてら嘉手納に向かいました。
お店の駐車場は、隣に2台分あります。お店はニライ消防(嘉手納消防本部)の道向かいにありました。



店内はかなりお洒落でしっかりと空間があり密感は全くありません。
オープン後に作った入口外側のテラス席も綺麗にできていますね。

壁に「餃子テイクアウト6個300円」とあり、焼き、冷凍でもOKだったので、冷凍で18個購入しちゃいました。餃子は大葉とニンニクの二種類あったので、ニンニクでお願いしましたよ。これは、プレミアリーグ開幕節の際に夜食でビールと共に食べることにしましょう(笑)

さて、券売機とにらめっこです。なぜなら、メニューが多数あったから・・ちょっと数が多いので、いつものように活字にしませんよ。写真で確認してくださいね(笑)
さて、このところ、つけ麺にハマっている妻は、
 濃厚味噌つけめん 900円
を注文。大盛無料なので大盛にしました。
nobutaは、夏季限定と書かれた
 俺の冷やし中華 880円
 にんにく効いています
に目が釘付け(笑)
初訪問のお店なので、普通にメインっぽい塩ラーメンを選択すべきなんだろうと思いはしましたが、指は勝手に「俺の冷やし中華」のボタンを押していました(笑)
この冷やし中華も大盛無料だったので大盛でお願いしましたよ!
でもね。これが大きな間違いでした・・なぜなら、埼玉の「ジャンクカレッジ」ばりの「冷やし中華」が出てきたからです(汗)
上から見たのが最初の写真。角度を変えたのがこちらになります。



想定外です・・普通盛りでもたぶんインスパイア系並みと思われる「冷やし中華」
大盛にしたので、麺の量が半端ありません。
50代のnobutaの胃袋にはちょっと重すぎる感じがしますね。
でも、頑張りましょう。
まずは、マヨネーズをしっかりと絡むように思いっきりまぜまぜ…まぜ麺でもないのにまぜまぜ・・・







妻のつけ麺も登場しました。それがこちらの写真。
このつけ麺の麺は、冷やし中華と同じですが、ちょっと変わった練り込み麺で中麺ですが非常に噛み応えがあります。つけ麺や冷やし中華にはあまり合わないような気がしましたが、食べ進めると結構良い感じになってきました。慣れですね(笑)
つけ麺の味噌スープは濃厚で美味しいですよ!

さて、戦い続ける『俺の冷やし中華』
難敵ですよ。半熟で美味しい玉子、何枚もある鶏チャーシュー、そして大量の麺。
途中、妻と料理をチェンジしながら、何とか完食しました( ̄▽ ̄;)

かなりジャンキーな冷やし中華でしたが、負けなくて良かったです(笑)
嘉手納方面で食べる事はあまり有りませんが、また、訪問したいですね。
ご馳走様でした!

嘉手納町屋良969
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

美味しいというレベルじゃないね!美味すぎるんだよ(笑)・・・日本そば工房せい家(嘉手納)

2021-08-01 19:10:00 | 嘉手納食べ歩き

沖縄はお水に問題があるので内地のように美味しいお蕎麦には巡り逢えないとある程度覚悟して生活しているnobuta。
それでも、ここ10年くらいは美味しいお蕎麦を提供してくれるお店がポツポツと生まれていて嬉しい限り。ただ、日本蕎麦のお店は非常に少ないという現実は未だにあります。
さて、今回訪問したのは嘉手納ロータリー近くにある日本そば工房「せい家」さん。nobutaが信頼しているレビュアーの方々が定期的に高評価レビューを書き込むので、相当昔からBMしていたお店ですが、場所が「嘉手納」だけあって用事すらないので一度も訪問していませんでした。
GW明けの「まん防」「緊急事態宣言」と続く飲食業界に大打撃を与えていた時期、行きつけの飲み屋さんの大将(山形出身)が「nobutaさん嘉手納の日本蕎麦屋さんって行ったことありますか~」「山形の十割そばを食べさせてくれるお店があるらしいんです」とお店のデータを見せてくれたんです。それが「せい家」さん。もちろん、未訪問なので、大将に「行きたいなら連れて行くよ。俺も食べたいし・・」という話の流れになり、6月某日、オープン時間の11時ジャストに嘉手納ロータリーに到着するロジで訪問することになったのです。

さて、11時にロータリーの民営駐車場(琉銀側)に駐車(2時間無料)してお店に向かいます。




お店は間口が小さなお店で入ると左手が厨房、右手前に蕎麦打ち場、その奥にテーブル席が3卓、一番奥に個室部屋があり、小上がりで2卓の座卓があります。キャパは20席。とても綺麗で清潔な店内です。個室の1卓に座りましたが、感じの良いお店ですね。
連れ(大将)から奥さん一人で経営して、蕎麦打ちから全てワンオペでやっていると聞いていたので、このキャパはちょっと大変だろうと思いました。ただ、マイレビュあば様の過去記事を読んでいたので、お店の状況は把握できてました。
そこで、メニューの内容はリサーチ済みなので、すぐに注文し、セルフのお冷を取るなど説明いらずの動きでゆっくりと蕎麦の出来上がありを待ちました。
ちなみに注文したのは、
 二種もりそば 1,000円
です。連れは
 十割田舎もりそば 900円+大盛300円
を注文していました。

まず、料理が出てくる前にお冷が「蕎麦茶(冷)」だったんですが、こいつから美味かった(笑)
だから、もりそばも相当期待を膨らませて待ちました。
出てきたのが写真の十割そばと十割田舎そばになります。
最後の山形出張が令和2年3月で、その時に東根の「伊勢そば」で強烈な田舎そばを食べたんですよね。もちろん、それ以前にも山形出張があれば日本蕎麦は鉄板だったので、水がきれいな場所の日本蕎麦は格別に美味いな~って記憶に残っているんですが、「せい家」さんの日本蕎麦も負けず劣らず美味かった!



と言うより、こんな沖縄で、これだけのクオリティの日本蕎麦を食べられるとは驚きと思うくらい美味かった!
歯ごたえ良し、喉越し良し、そば汁良し・・・文句なしに良いですね。
量的には寂しいものがありますが、日本蕎麦は美味しければ高いのは当たり前と受け止めてますからね。
これだけ美味しい日本蕎麦があるのに、一度も訪問しなかったとは情けない(汗)
今回、連れ(大将)の誘いに乗らなければ未訪問のままだったと思うので、やはり嘉手納町の飲食店も積極的にターゲットにしなければならないと感じた次第です(家から1時間は係るんだけどね)。
非常に美味しい日本蕎麦でした。
長女が日本蕎麦フリークなので、彼女を連れて再訪してみたいですね。
ご馳走様でした!!!

嘉手納町嘉手納296-4
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする