nobutaと南の島生活in沖縄本島リターンズ

ブログ「のぶたと南の島生活」の写真容量がオーバーしそうなので、食べ歩き用に開設した新ブログになりますよ!!!

令和2年最後を飾るお店に相応しいランチ!・・・KYOKAWA(久米)

2020-12-31 00:12:00 | 那覇食べ歩き

国道58号線にある沖縄ナハナホテルの裏手の久米はお洒落な飲食店が立ち並びます。
今回訪問したお店は、ステーキO'sHOUSEの通り沿い、豚々ジャッキーの近く、島豚しゃぶしゃぶのみなみさんのある建物の隣にある「KYOKAWA(きょうかわ)」さんになります。
こちらのお店はできて3年とのことで、その前も、その前も、その前もフレンチのお店があった場所だと思います。
気さくな店主と話したところ、このお店はフレンチというよりも洋食屋的な感覚で経営されているそうで、値段も概ね洋食屋的な価格帯になっています(料理からするとかなりリーズナブルです)。

ランチタイムは完全予約制となっており、夜は17時から23時まで(今はコロナなので22時)。お休みは日曜日と毎月第4月曜日だそうです。
この辺りは、ランチタイムに結構歩き回っているので、お店があるのは把握しており、ランチの2,200円(税込み)のコースを食べてみたいと思っていたのですが、コロナ渦ということもあってなかなか行かなかったんです。
でも、GOtoEATの「食べログ」や「ぐるなび」などが一斉に終わると通告された夜に、一気に予約した一つで、予約してから2か月くらいたった年末29日のランチで訪問することになりました。
一気に色々なお店を予約しまくったため、1週間に1回くらいのペースで当時予約したお店を食べ歩いていたって感じです。そして、こちらのお店が最後になるんです(笑)
今では、GOtoEAT沖縄版で電子クーポン(25パーセントオフ)が使えますので、今回はそれを併用するという2倍おいしいパターンでの利用となりました(笑)

さて、こちらのランチコースの内容は、
 前菜 原木切り落としスペイン産ハモンセラーノと柿のサラダ仕立て
 パスタ バジルとヨモギのジェノベーゼ
肉料理 鴨胸肉のロースト バルサミコソース ラタトゥイユ添え
 デザート KABARA―YAのチーズケーキ
 食後のお飲み物
となっています。普通にフレンチと言ってもよさそうですが、値段は2,200円ですし、あくまでも洋食屋なんだそうです(笑)
ちなみにデザートは、店主の父親が識名でやっていたケーキ屋さんの名前だそうです。





お店には駐車場がありませんが、道向かいに1時間200円、1時間以降は100円の駐車場がありますので、そこに車を停めてお店に向かいます。
ドアをあけると綺麗な待合ソファーがあり、そこから店内へ。
6人掛け、4人掛けなどのテーブルが並び、奥はカウンターですが、面白い種類のお酒がたくさん並んでました。店主の趣味らしく金額はバラバラって話です。

さすがに年末だし、コロナ蔓延中だし、お客さんはnobutaたち夫婦しかいません。
こんなおいしいお店なのに勿体ないと思いますけど、コロナ渦を考えると密感がなくてありがたいではあります。
先ほどのコースの説明を受け、おしぼりは冷たいのと温かいのがあるがどっちらが良いかと聞かれるという展開。
接客対応もとても気さくでカジュアルフレンチというのが正しいと思います。
食後のお飲み物については、コーヒー、紅茶以外にメニューになるソフトドリンクならどれでも良いということで、妻はブラッドオレンジジュース、nobutaはジンジャエールをお願いしました。
まず、前菜が登場します。
それがこちらの写真になります。

どうですか?とてもおいしそうだし、量があるでしょ。ハモンセラーノに柿が隠れているんですが、ハモンセラーノがたくさんなんです。これでもかってくらい(笑)


続いて、ジェノベーゼとバケットが出てきます。バケットは固めなのでnobutaの好きなタイプになります。
ジェノベーゼは、ヨモギの風味とナッツが美味くてね。とてもおいしいパスタですし、量も多くなく適量でメインに影響はありません。
そのメインの鴨胸肉が素晴らしいのですよ。
それが最初の写真になります。アップがこちら。

どうですか。美しいビジュアルでしょ(笑)
めちゃんこ美味しいですよ。このメイン。
で、最後におやじのレシピを受け継いだというチーズケーキが登場しました。



この1週間で3回目の食後のデザートがチーズケーキというパターン。でも、これが一番おいしいし、でっかいし・・・タルトみたいですね。
チーズケーキは全国発送もしているそうです。

夜の宴会プランを見ると4,000円から6,000円まであり、6,000円の飲み放題はスパークリングワインも飲み放題なんだそうです。これ素晴らしいはず!!
nobutaが行きたくなる匂いがしますね。絶対に美味しいし、お得に決まってますもん(笑)

で、いろいろと店主と話していると、オードブルの話になり、正月用に作ることもできるんですかと確認すると、31日13時の受け取りでよければ、4人前6,000円分が作れるとのこと。
それは、せっかくだから注文しましょうっていう展開になり、このネタをレビューした後、午後に受け取る予定です。
そのオードブルをアップするのか、それとも夜の宴会プランをアップするのかは近い将来のお楽しみということで(笑)

とにかく、こちらのランチはお薦めです。
値段2,200円はかなり安いと思います。
素晴らしいランチ御馳走さまでした!!!
nobutaと南の島生活ブログ17年目ですが、今年の締めになる洋食屋(カジュアルフレンチ)でした。

那覇市久米2-11-3
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

見事なコスパ感のイタリアンバルの食べ飲み放題!・・・Kitchen084(牧志)

2020-12-30 06:05:00 | 那覇食べ歩き

凄い展開で巡りあったイタリアンバルは素晴らしいコスパ‼️で超感激だったので、今回も35店舗くらいのレビューネタをすっ飛ばしてアップしたいと思います(笑)
それくらい感動したんだということです。

では、前語りから。
数ヵ月前ですが、久々に公設市場周辺のゴミゴミした千ベロ圏内を散歩しているときに、なかなかお洒落なイタリアンバルに出会ったんです。その時は、なかなかここはいいんじゃないか!機会があれば週末の昼飲みに使いたいと思ったんですよね。
で、そのお店のホームページをインプット!
実はこれが間違い。ホームページは別のイタリアンバルだったんです(^_^;)
そのまま、御用納の年末。コロナ渦なので、職員ほぼ休み状態の会社内。残留組で小宴を計画。さて、当日に予約できるお店はどれくらいある(^_^;)
これだけ食べ歩いているnobutaでも難解な、なかなか高めの要望が舞い降ります(笑)
そこで記憶の検索。当日でも飲み放題コースがあるお店は何処?鏡よ鏡よ鏡さん?
思い当たったのが、公設市場近くのイタリアンバル。
ホームページはBMしているので、直ぐに検索し、『19時までに入店すると食べ飲み放題』3,300円コースを注文しました。
そして、タクシーをぶっ飛ばして目的のお店へ。
目的と思った足立屋近くのイタリアンバルに入店するとお店のお姉さんが、『084(おはし)はここじゃないです』と店が違うという現実を教えてくれました(^_^;)
では、nobutaが予約したお店は何処?
するとそのお姉さんが『084は、元々働いていたから案内しますよ』を快諾(実際、このお姉さんが案内してくれなかったら見つけるのに苦労してたな)。
で、到着したのが、この辺りでは超有名な『冷麺』のお店の向かい側でした。
お店は小さな飲食店が並ぶ袋小路の奥にありました。
もう一度繰り返しますが、これは優しいお姉さんの道案内がなければ見つけるのが大変だったな(笑)
もう、この前段だけで幸運を掴んでいるnobuta。正直、このお店が良いお店だと暗示しているみたいですよ(笑)





で、この飲み食べ放題!がスゴかったんですよ‼️
まず入店してみると小さなお店で調理場向きのカウンターは4席中、3席が埋まっており、小さな4人掛けのテーブル席が3卓。その中の1つは角席でL字に座れるので、詰めれば6人座れます。そこが予約席となっていたので、4人で丁度良い間合いの座りかたができました。
他にも店の外向けにスツールが3席、お店の外に出て、行き止まりの共通トイレに向かう方向に4人掛け個室がありました。
去年くらいにオープンしたようで内観はとても綺麗です。ちょっとしたカフェ感がありますね。
まず、コースについて接客上手なお姉さんが説明してくれました。











食べ放題は、パスタ、ピザ、ドリアなど一通りの料理がお店の感覚で出てくるそうで、繰り返し食べたいとか、リクエストがあれば、出す順番を変えながらやってくれるんだそう。後で料理について書きますが、結果的にはどの料理も素晴らしく、とても3,300円の飲み放題コースとして出てくるレベルを凌駕!
2回転目に入ることなど到底できずにギブアップ(笑)
次に、飲み放題ですが、まず、メニューを見てください。特徴は、まず生ビールがクラフトビールなんですよ‼️しかも、2種類‼️
それがスプリングバレーブルワリーの『オンザクラウド』とよなよなエールの『インドの青鬼』なんですよ(笑)
マジですか?まさか3,300円の食べ飲み放題でそんなことが世の中に存在するんですか(笑)
衝撃的‼️衝撃的すぎるのです‼️
しかも、『オンザクラウド』は定番、もう1つは樽が無くなれば新しいクラフトビールに変わるんだそう(笑)
で、運なのか途中で『インドの青鬼』がなくなり、新たに出てきたのが『チエゴビール』なんですよ‼️もう、涙がでてきそうなくらい最高です‼️


ビール好きには衝撃的以外の言葉が出てきません。
で、生ビール以外にもうひとつ。なんと飲み放題の泡盛が『北谷長老』なんですよ(^_^;)
価格破壊なんですかね。この食べ飲み放題‼️
こんなお店が存在するなんて、レビューすべきなのかなぁ(^_^;)
衝撃的で思い出すだけで涎が・・・・

そうそう、食べ放題の品々についても少し書かなければなりますまい。写真を見てもらうのが一番なんですが、
マルゲリータ
明太チーズリゾット
生ハムとアーサのジェノベーゼ
燻製オイル漬け、生ハムとサラミ、真鯛の昆布詰めカルパッチョなどの盛合せ
トレビスのサラダ
グリル野菜盛合せ
シュリンプ&ポテト
ハンバーグステーキ
海老のアヒージョ
がタイミングよく配膳されました。
シュリンプ&ポテトは3,300円らしい料理なんですが、他は真面目に本格的で、チャランポランなお店とは全く異なります。
こんなにしっかりした料理を提供し、飲み放題も次元が高くて、お店が成り立つのか不安になってしまうくらいです。









本当に見事なコスパで、素晴らしいの一言につきますね!
とても満足しましたよ。
ご馳走さまでした!

那覇市牧志3-5-19
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

移転して人気に拍車がかかるパン屋・・・ほっぺパン(伊佐)

2020-12-29 05:30:00 | 宜野湾食べ歩き

大謝名の坂道の下り側にあった『ほっぺパン』が58号線沿いに移転しているのを知ったのは沖縄に戻った直ぐの頃。コロナの第一波が到来する前、読谷向けに北上していた時、お店の前に人が数珠繋ぎ(アメリカ人家族も)に並んでいるのを見て、凄いパン屋があるなぁと思ったんです。
昔の場所は車が停めにくい事がネックだったので、場所が変われば人気に拍車がかかるなぁと思ったまま、長らく訪問しませんでした。
理由は、店前を通る度に数珠繋ぎを見るんでね。少ない時にでも立ち寄ればいいと遠慮(コロナ渦なので敬遠)していたんです。
結局、何時まで経ってもコロナの猛威が吹き荒れているんで、『天候が悪くて人が並ぶのを控えるだろう』と思える日に行ってみることにしました。
朝早くから営業しているのはリサーチしていたので、11月の三連休最終日、朝、激しいスコールに襲われていた最中にお店に向かいましたよ。着く頃には雨も小康状態になると踏んでました。
案の定、お店に到着すると並んでいたのは2組のみ。雨も小降り、駐車場も空いてました。想定どおりです(笑)

お店の前の看板を確認すると駐車スペースは、6台分あります(他はアパート居住者用)。車止めにペンキでほっぺパンと書いてあるので分かりやすいですね。
昔の場所にある時から『ほっぺパン』と言えば、購入したパンで、直ぐ食べるやつはその場で温めてくれるサービスが売り!だったんですが、今も健在でしたよ。













さて、相変わらず次々とパンが焼き上がり、ところ狭しと並びます。
外見お洒落な焼き上がりなのが特徴なのですが、どれもこれも美味しいんです。
4年以上ぶりにお店に行きましたので、色々と購入しました。
辛口フランクとポテトカレー 260円
は、直ぐに食べるパンとして選びます。こちらのソーセージを使った惣菜パンは、ソーセージがめちゃ美味いので昔から好きだったんですよね。
昔から好んで食べていたハーブソーセージドックもあったんですが、前日に美味いハーブソーセージを食べていたので被らせないように購入しませんでした(^_^;)
次回の楽しみに取っておきましょう。
自宅用に購入したのは、
ダブルチーズベーコン230円
4種のチーズとベーコンのキッシュ270円
みつクロ(ワッサン)35円×3個
フレンチトースト150円
ほっぺパン110円×2個
クリームパン150円
メロンパン140円
チョココルネ170円
になります。



この時間帯には、食パンやバケットなどがありませんでしたので、そういうのは、また、天候不良な日に訪問しようと思います。
ちなみに、お店から出ると雨が止んでおり、7組くらいが並び、更に駐車待ちの車が駐車場内で立ち往生してました(^_^;)
うーん、凄い人気ですねぇ。
辛口フランクとポテトカレーを食べ終えるまで、駐車場内に居たので申し訳ない気持ちになりました(^_^;)
しかし、相変わらず美味いソーセージなんですが、カレーの旨味が凄いですねぇ!
パンもバケットで熱々ホクホク。申し分ありませんでした。
ご馳走さまでした!

宜野湾市伊佐3-8-25
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

滑らかなクリームの入ったシューです・・・デザートラボショコラ(首里金城町)

2020-12-28 21:26:00 | 那覇食べ歩き

妻がJA糸満の18周年祭会場で『首里金城にある何とかかんとかラボのシュークリーム』を家族4人分買ってきました。
あぁ、金城ダムの傍にあるケーキ屋さん『デザートラボショコラ』の事ですねぇ。
直ぐに思い浮かびますが、あのお店は長らく行ってませんね。早速、昔のブログをググると7年近く前の訪問が最後のようです。
一度、クリスマスケーキか誕生日ケーキを購入して美味しかったような記憶があるお店です。
当時、シュークリームは130円で、今回150円ですから営業努力されているのが分かります。

さて、こちらのクリームは滑らかな以上に液体に近い食感ですねぇ。反面、シューがこんがりと硬いというのが特徴。
昔のレビューに焦げの香りと表現してますが、『こんがり』の方が正しいですね(^_^;)
今年も年の瀬が近づいてきたので、何処でクリスマスケーキを買うか悩むところ、久々に金城ダム方面に出向いてもいいかも知れませんね。
ご馳走さまでした!

那覇市首里金城町4-70-4
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

メインの選び方が大切です!・・・椰子並木(佐敷)

2020-12-28 06:52:00 | 南城食べ歩き

南部をドライブしていると佐敷にお洒落な外観のカフェがあります。結構、目立つので昔からお店の存在は知っていました。
ただ、場所的になかなか行かないところなので、未訪問だったのですが、11月の三連休中日、琉球ガラス村のイベント会場から与那原向けに知念村の海岸沿いをドライブしてみようと計画。午後1時半くらいならばランチタイムからずれているので入店可能だろうと思い、電話したところ、リザーブした方が安心と言われて席を押さえ、お店に向かいました。



道路から植栽木に覆われて中が確認できていなかったのですが、車一台通れるくらいの入口、今までそこがお店の入口だと思っていたところが駐車場で、一台分の空きスペース以外は埋まっている景況ぶり。
こんな時間でも車が一杯なんだなぁと思いながら入店しました。



外観もお洒落ですが、店内もお洒落です。ただ、広々とはいていない意外と小さなお店です。
年配のおば様方がグループで席に座って食後に長時間お喋りしている憩いの場と化しており、午後の時間帯は、カップルや子供連れ、ようするに観光客というよりも地元のお店ってのが正しいですね。
料理もカフェ的ではありますが、より家庭的な内容だと言えます。
その料理は、サラダ、スープ、メイン、デザートという流れで、6種類のコースがありました。メインによって値段が異なります。











ささみ梅じそ 1,400円
豚肉 1,500円
チキンモモ肉のソテー 1,500円
真鯛のムニエル 1,700円
牛肉 1,800円
牛肉と真鯛のコンビネーション 2,500円

まず、結論からいいますと、メインの選び方によって、食べ終えた後の感想が思いっきり異なるだろうという事です。正解を引けばコスパも満足域に到達するんじゃないかと言えます。
そこで、nobutaが何を食べたかは別として、お薦めするのは、『真鯛のムニエル』『チキンモモ肉のソテー』の2択になるのではないかと言うことです。
それらをメインにすれば、満足度が高いんじゃないかな。
三点もののサラダ、具だくさんスープ、量的に充実したデザートケーキ、フリードリンクの飲み物とお洒落なグラス(陶器)は申し分ありません。











料理の出てくるスピードはコースとは思えないくらい早いんですが、洋食屋とかビストロでランチを食べている感覚なんで問題ありませんし、食べ終えて長時間お喋りしている方々がいるので、コロナ渦の期間中は長居するわけには行きませんので、そそくさと退散するに越したことはありません。



綺麗な素敵な店内なので、いつかゆっくりと静かにランチを食べたいものですね。その時は、『鮮魚』か『鶏肉』をチョイスすることも忘れないよう致します。
ご馳走さまでした!

南城市佐敷佐敷477-2
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

必ず夜のコースを食べに行きますね!・・・ごはんやうらら(牧志)

2020-12-27 07:07:00 | 那覇食べ歩き

こちらも『琉球ガラス村』のイベント会場で出会ったお店になります。ひときわ、丁寧な包装の弁当を並べていた『ごはんやうらら』さん。
初見のお店ですね。店名を聞いても脳内に閃かないので、nobutaが全く知らないお店(笑)
県内でそういうお店って滅多にないので、直ぐに販売されていたお姉さんに話しかけました。
なんとなんと牧志交番の裏路地の雑居ビル三階にお店があるそうです。
営業は夜だけですが、予約が入ればお昼も開けるんだそう。休みも同じで予約があれば開けるんだそうです(笑)
お姉さんお一人のワンオペで、夜はコースが2パターン。2,300円と3,700円で、ドリンクは別料金。
写真のとおり、お弁当のビジュアルや、『ごはんや』という店名からも、美味い家庭料理を提供してくれそうな気がします(笑)
nobutaの食べ歩きの臭覚から、このお店は必ず食べに行くべし!と語っていますね。





これは折角だから展示販売している『おにぎりボックス500円』か『くがにたまごサンド450円』を買いましょう。
ただ、この後、ランチを予約しているので、昼食っぽいやつはダメだなぁと思い、サンドを選択。
それが最初の写真になります。
このね。くがにたまご自体が美味いんだと思いますね。相当、美味しいサンドウィッチですよ。具材もたっぷりで申し分なし。
内地ではたまごサンドが数年前にブームを巻き起こしていたので、牧志交番の裏手なら
国際通り=観光客
相手にたまごサンドのお店をランチ営業されたらうけそうですけどね(笑)
いずれにせよ、年内に夜のコースを食べに行こうと心に決めた次第です。
ご馳走さまでした!

那覇市牧志3-10-3
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

イベント会場で念願のアリスサロンに出会うの巻・・・アリスサロン(具志頭)

2020-12-26 15:11:00 | 八重瀬食べ歩き

具志頭の田舎道を更に路地に入ったところに『アリスサロン』をいうピザとパスタをお店がありました。
目的がなければ通ることのない場所で、過去に二回程、このお店を目指してドライブしたことがありました。もう、結構昔の話です。
しかし、一度は臨時休業で、次は予約じゃなければ入れないと断られたんです(^_^;)
巡り合わせが悪いので、このお店とは縁がないのだろうと諦めたきり、この日を迎えたのです。
この日は『琉球ガラス村』でイベントがあり、ガラスや雑貨、飲食店が参加されていたので楽しみに訪問。







キッチンカーでピザとソーセージを販売しているお店があり、なかなか美味そうなピザとソーセージだったので吸いよされるまま近づきました(笑)
すると、店名が『アリスサロン』となっています。しかも『ピザ』販売。
これはもしかしてあの行かずじまいで記憶の奥底に封印していた具志の『アリスサロン』ー!
まさか、こんなところで邂逅するとは(^_^;)
この後、ランチを予約していたので、ピザは無理。でも、なまら美味そうなハーブソーセージ350円なら食べることができます。
特に焦げ目が付いているハーブソーセージは、焦げ目が美味そうな感じですね。
焦げが付いたのは売らないつもりだった(売り物にならない)とお店のお姉さんは話していましたが、nobutaは焦げ目がある方が好きなのです(笑)

早速購入!
炎天下の沖縄。本当に冬間近なのか不思議(半袖半ズボンですよ)ですが、熱々のハーブソーセージをがぶりー
いや!これは美味いなぁ~
ぶっといし、濃厚な味わいでBBQしてるみたいですよ(笑)
ピザは、今度お店に訪問して食べようと思います。諦めていたお店ですが、これは神様がお店で食べなさいといっているんでしょう。
楽しみです。
ご馳走さまでした!

八重瀬町具志頭1380-3
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ベルギーワッフルでマイトパルタの姉妹店だと分かった・・・アグロローストコーヒー(東風平)

2020-12-26 06:40:00 | 八重瀬食べ歩き

11月の3日連休中日は糸満の琉球ガラス村に数十年ぶりに行ってみました。イベントをやっていたからなんですが、驚くほど綺麗な店舗に仰天!近くにこんな観光地があるとは知りませんでしたね(^_^;)
で、そのイベントは、勿論、食に関するものなので、出店しているお店を巡り歩いていると、津嘉山バイパスは東風平中を越えたところにある綺麗な建物のコーヒー屋さんが、コーヒーとベルギーワッフルとプリンを販売していました。
こちらのお店は以前から訪問してみたいと思っていたので、チャンスですねぇ。

ベルギーワッフルは1個260円ですが、5個1,200円とちょっとお得なセットを販売していたので、買わない理由は見当たりません。


で、商品を選んでいくんですが・・・

『あれ???』
『自宅の側にあるカフェ[マイトパルタ]のベルギーワッフルと一緒っぽい』

なんとなんと系列店なんですねぇ。全く知りませんでした(^_^;)
これは美味いに決まってますね!
ということで、チョコチップ、ベルギーチョコ、チョコプレッソをチョイス。マイトパルタでも食べたことのない『ベルギーチョコ』を食べてみたいですねぇ。
自宅に持帰り、子供たちにあげると、たちまち残り一個になってしまいました(^_^;)
運良く残っていたのは『ベルギーチョコ』
これを妻と半分こ、勿論、オーブンで1分間温めてから頂きましたよ。
美味しいですねえ!
満足ですねぇ
ご馳走さまでした!

八重瀬町東風平837-1
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジェラートを可愛らしく盛ってくれてありがとう・・・ゆくる(瀬長島)

2020-12-25 05:16:00 | 豊見城食べ歩き

沖縄に戻ってジェラート店の乱雑な盛り方に辟易していたnobutaにとって、普通にちゃんと盛り付けてくれるジェラート店に出会えるだけでテンションが上がります(笑)
この日は、ウミカジテラスでランチを食べたので、その帰りにジェラート店『ゆくる』さんに立ち寄ってみました。

店内に芸能人の色紙が飾ってあるお店ですが、まぉ、ウミカジテラスって内地のTVに結構出てましたからねぇ。
それと味は別物なので、実食して確認してみましょう。

保冷ショーケース内を見ますと、ちんすこう、ピスタチオ、マンゴーミルク、プレミアムチョコレート、沖縄ベリー、オランジェット、紅芋ミルク、ドラゴンフルーツパッション、沖縄産パイナップル、プレミアムミルクの10種類。沖縄ベリーとピスタチオは100円+となっています。

シングル500円、ダブル600円なので高めな値段。これは観光地の宿命ですね。
nobutaは、パイナップルとマンゴーで迷いましたが、結局マンゴーミルクを選択。長女はピスタチオ。
出てきたのがこちらの写真。



おぉーちゃんとした盛り付けで写真に映えますね(笑)
沖縄のジェラート店は、アルバイトに対する教養不足で酷いお店が多いので、ちゃんとしているだけで嬉しくなりますよ(笑)
nobutaの頂いたマンゴーミルクは、名前どおり、ミルキーな味わい。マンゴーの果実感はありません。マンゴー風味くらいに捉えた方が良いですね。それでも、十二分美味しいですよ!

こちらのテラスもお洒落な席とテーブルなのでお薦めできます。
時期が夏だと人で溢れかえってそうですね。
ご馳走さまでした!



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

沖縄そばというよりも『いなにわ手綯うどん』に近い・・・カプリシャス食堂(瀬長島)

2020-12-24 06:43:00 | 豊見城食べ歩き

曇り空の三連休初日。市のクーポンを使いきるために長女と瀬長島ウミカジテラスに向かいます。毎朝のジョギングコースも昼前になると観光客のレンタカーで一杯ですね(笑)
とは言え、外国人観光客が皆無なのでごった返す賑わいではなく閑散としています。
さて、ウミカジテラスはオープン当初、真っ白で綺麗な建物が並んでいた時代に数店舗食べ歩きましたが、それ以外は、イタリアンのオープン、焼肉屋のオープン以外は飲食で利用しておらず、久々にテラス内を歩きました。
もう、真っ白だった面影はありませんねぇ。仕方がないことですけど・・・(^_^;)







で、長女に食べるお店を選ばせたところ、インディゴブルーのカウンターのあるテラスが雰囲気が良いということで『カプリシャス食堂』さんを選びました。
店名の冠に『海とギョウザと沖縄そば』となっています。

メニューをみると『沖縄そば』では珍しい『冷製』ですね。それよりも驚いたのは金額で、ほぼ1,000円オーバー(^_^;)
冗談みたいな金額ですが、まぁ県民相手の商売じゃないですからね。
でも、更に驚いたのは、これが税抜き価格だったことなんですけどね(笑)
市のクーポンがないと食べられませんね(^_^;)
さて、nobutaは、メニューの沖縄そばでは一番高い『島野菜の天ぷらおろし沖縄そば』1,320円、長女は『蒸し鶏と島野菜の沖縄そば』1,100円。サイドで『ギョウザ』550円、『鶏の唐揚げ』550円を注文しました。

箸やスプーン、餃子タレ等はセルフサービスでやるようになっています。
それらをもって那覇空港第2滑走路が眺められるテラス席に向かいます。

風通しが良く、誰もいませんのでコロナ渦も関係ありません。
インディゴブルーのタイルがお洒落なカウンターに座り、料理が出てくるのを待ちました。
過ごしやすい日で、風も心地よく、ウミカジテラスらしい環境だと思います。

料理は、サイドメニューから登場。
餃子は6個、味はコメントなしということで(^_^;)

唐揚げは見た目辛そうな感じですが、全く辛くなく、でかいのに中までしっかりと火が通り、なかなか美味しいと言えます。




で、メイン。
冷製な沖縄そばとはなんぞやと思いながら、麺から啜ります。
うーん、沖縄そばではないですね。これを分かりやすく説明すれば秋田の『寛文五年堂』さんの乾麺ですね。そう『いなにわ饂飩』ですよ(笑)
それならば、冷製が美味いのは当然(笑)
そう、この冷製はなかなか美味しいですよ。島野菜の天ぷらも揚げたてなので冷製にシックリと合います。
ただ、これが1,320円となるとなぁ(^_^;)
まぁウミカジテラスだからなぁ(^_^;)
こんなもんかも・・・と思いながら、珍しい冷製沖縄そばを堪能したのでした!



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする