nobutaと南の島生活in沖縄本島リターンズ

ブログ「のぶたと南の島生活」の写真容量がオーバーしそうなので、食べ歩き用に開設した新ブログになりますよ!!!

長崎でどデカイ居酒屋に巡り会いました・・・宴家そく彩(五島町)

2018-09-29 09:26:02 | 九州食べ歩き

長崎の夜。飲み会がセッティングされていたので、宴会場となった「宴家そく彩」さんに向かいました。長崎駅方面から歩いても、直ぐにビルの上の大きな看板でお店の場所が分かります。
お店は5~6階くらい高さがある雑居ビルにあり、入口は通り沿いから2階に上がります。で、まず、驚いたのは、その雑居ビルそのものがお店なのです(汗)
長崎で、ビル毎1つの居酒屋って凄いことだと思います。だって、首都圏でもこのサイズの居酒屋はお見かけできません。それくらいのデカイお店です。だって300人は入るそうです。
大きすぎないですか?
ここ長崎ですよね(汗)
会議を主催していた長崎の方に聞くと、長崎は中国人などの観光客で賑わっているそうです。
さて、とにかく驚かされるがまま、エレベーターで上階に案内されました。
50人くらいが入る宴会場(座卓)がその全体を覆っています。
宴会の値段は4,000円の飲み放題コース。

飲み放題メニューはこちらですが、生ビールもOKです。しかも、ピッチャーで出てくるのではなく、一人一人にジョッキで登場してました(汗)
nobutaは、久々の九州上陸なので、芋焼酎でまったりです。
宴会なので、相変わらず食べ物を撮影するチャンスがありませんでしたが、何とか2品だけ収めることに成功。

取りあえず、コース的には
  カルパッチョ
  茄子の出汁サラダ
  海鮮オープンオムレツ
  魚のピリ辛炒め
  鶏天
  焚き肉
  ちゃんぽん麺
だったみたいです。
でも、ホントに飲んで喋って盛り上がっていたので、あまり食べなかったかな~(汗)
とにかく、デカイ居酒屋でした。
その印象が強すぎますね。
ご馳走様でした!

長崎市五島町1-5
095-895-8600

宴家 そく彩居酒屋 / 五島町駅長崎駅前駅長崎駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


コメント

朝とれ海鮮丼のタレは美味しいけどね・・・魚たつ(長崎)

2018-09-29 09:20:05 | 九州食べ歩き

7年ぶりの長崎市内。JR長崎駅も新幹線工事が着々と進んでいる感じです。県庁などが駅前に移転したという事で、五島町で会議となりました。長崎空港から11時20分くらいに五島町着。この周辺で食べようとBMしていたお店に訪問したところ、すでにランチ営業はやっていないとの事で、別のお店に向かいます。そのお店が「魚たつ」さんだったのですが、すでに20人くらいが並んでいました・・・開店前なのに凄いですね(汗)
で、こちらのお店、なぜ、こんなに人が並んでいたかというと、10人限定で強烈なコスパ感の寿司ランチがあるのです。当然、nobuta達は到着遅れ(苦笑)それにはありつけませんが、他に歩いて廻る気持ちもなかったので、そのまま列に残りました。
で、入店。奥に細長い店内。中2階もあるみたいですが、1階の座卓席に案内して頂き、変則な場所から中上がりの座敷に入りました。
注文は入店順に廻ってきましたが、オープンと同時に30席近くは埋まった感じでしたね。さて、メニューは写真のとおりです。

10人限定は、にぎり15貫にアラ汁が付いて700円というセットですね。確かに凄い内容です。普通のにぎりランチは、
  日替わり1品付きにぎり10貫セット850円
  日替わり1品付きにぎり6貫セット730円
などがありますね。
nobutaは、朝とれ海鮮丼アラ汁付き760円を選択しました。税抜き価格です。
特選大食い海鮮丼なるものもありましたが、1,500円と値段が倍増ですので、結構、凄い具材なのかも知れません。
他にもランチメニューは豊富にあり、結構、大人数で訪問するには良いかも知れませんね。
ちなみに、にぎり3貫をランチにプラス200円で食べることが出来るみたいですね。

さて、nobutaの注文した海鮮丼の安い方ですが、それが最初の写真になります。それぞれ接写したのがこちらになります。
アラ汁は結構美味しいし、しっかりと身が付いたお魚が入っています。
海鮮丼は、具材が少ない・・寂しいくらい少ないと思います(苦笑)

ただ、専用のタレが美味しいのです。
更に、山葵醤油をたっぷりと注ぎます。
そして一番上に乗っている温泉卵を割って、酢飯にしっかりと混ぜくります。
すると、美味しいのです(笑)
具材が少ないので、海鮮丼感は最初の少しだけですが、タレと山葵と温泉卵と酢飯で結構美味しい丼になりますね。これで刺身のネタがもう少し多ければ、完璧だと思うのですが、ま~こればっかりは致し方がないかな。
ご馳走様でした!!

長崎市五島町3-22
050-5872-5815

魚たつ寿司 / 五島町駅桜町駅大波止駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


コメント

値段が手頃で店内の綺麗さは見事なので歓送迎会などでの利用価値は大・・・がんこ新宿西口店

2018-09-28 22:34:51 | 東京食べ歩き

新宿駅西口にある飲食店ビル10階にある居酒屋「がんこ」さん。店内はちょっとした料亭風ですし、個室もしっかりとしており煌びやかなので、外国からのお客さんを相手にするにはもってこいのお店ですね!
今宵は、1年前までの上司が東京に復帰した祝いで利用しました。「無事ご帰還しましたね」祝いという奴です。上司でも酒の肴にして飲むというパターンですね(笑)

さて、そんながんこさんの飲み放題メニュー(基本コース)がこちらになります。瓶ビールしかないのは残念ですが、お店の規模からすると、生ビールがあったらピッチャーということになりそうなので、ま~致し方がありません。最初は瓶ビールで、途中から梅酒、ハイボール、グラスワイン、芋焼酎という流れで飲みました。
コースは終盤にしゃぶしゃぶ鍋が出てきて、野菜を無料でお代わりできるという内容でした。で、〆は鍋に蕎麦という感じでしたね。
最初の小鉢3種から刺身、揚げ・・・という流れも良かったですね。

今回も会話に夢中になって、撮影漏れの料理も多々ありますが、全体的に満足でした。

っていうか、お店が本当に綺麗で、接客も良くて、値段も安いとあって、この席の幹事には感謝しかないですね~
良い宴会になりましたよ!
ご馳走様でした!

新宿区西新宿1-10-2
050-5872-8478

がんこ 新宿西口店寿司 / 新宿駅新宿西口駅都庁前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2


コメント

具材がたっぷりでこのお値段は見事過ぎる!人気なのがよく分かるね・・・製麺練場風布うどん(吉川)

2018-09-28 06:56:15 | 埼玉食べ歩き

埼玉の東の端っこにある吉川市。隣は川を挟んで千葉県です。これまで訪問した事がありませんでしたが、越谷のレイクタウンに出かけるついでに、この街にある人気の武蔵野うどんのお店「風布」を目指すことにしました。
「埼玉でうどん」の37店舗目になります。
お店の営業時間は土日祝祭日が11時~20時。平日は15時までとなっており、丁度11時に到着する計画の下、北浦和の自宅を1時間10分ほど前に出発しました。
お店は、県道378号線沿いの川藤交差点から200mくらい北側の場所にあります。レイクタウンからは10分程度の距離かな(当然、車でです)。
お店には、10分ほど前に到着。かなり広々とした駐車場に一番乗りです。

お店の外観はとても綺麗で広そうな建物です。入口に小庭があり、そこでのんびりとお店が開くのを待ちます。
暖簾が掛かると同時に入店。その時点でnobuta夫婦と別の夫婦の2組。

店内は広々としていますが、ゆとりある空間を演出しているため、テーブル1つ1つが大きめです。カウンター席を含めて30席くらいはありそうです。
しかし、nobutaが一番注文をやって、料理が出てくるまでの間に満席となり、nobutaが食べ終えて変えることには、外に数組滞留していました。
恐ろしく人気のあるお店ですが、食べた感想を言えば、「当然だと言えますね!」

では、饂飩のお話に・・・
店内に入ると券売機が待ちかまえています。ランプが無造作に点滅を繰り返し、かなり目障りですが(苦笑)、ボタンのメニューと睨めっこ。

  肉汁うどん 並650円、中750円、大850円
  キノコ汁うどん (値段は上記と同じ)
  ざるうどん 並500円、中600円、大700円
  かけ汁うどん 並450円、大550円
  山かけぶっかけ 並600円、大700円
となっており、単品で
  天麩羅盛り 250円
  あげ餅 150円
  なすごぼう天 150円
  ちくわごぼう天 150円
となっています。単品も安いのですが、食べログのサービスでちくわ天が貰えるというのもポイントですね(笑)

それでも天麩羅盛りで250円って安すぎですよね。
また、うどん自体もリーズナブルな値段設定です。
nobutaは山かけぶっかけ大に揚げ餅、妻は肉汁うどん並を注文しました。
席には、薬味が色々と置いてあります。

さて、「埼玉でうどん」も回を重ねて、武蔵野うどんの麺も、お店によって当然違いますし、汁の具材もお店によって全く違うというのもよく理解しています。
だいたい、650円くらいの値段の肉汁うどんの肉汁も具材の量的な点はよく理解しています。
その上で、妻が注文した肉汁うどんがこちらです。

肉汁のアップを見て頂ければ分かると思うのですが、凄い大量に具材が入っているのです。これ、浮いているのが沢山に見えるというだけではなく、奥底を含めて大量に、そう、本当に大量に具材が入っているのです。
これで650円は凄い!
恐ろしく凄いのです。これに揚げ餅3個を叩き込みますので、更にボリュームがえげつない事になりました(笑)
更に、nobutaの山かけぶっかけが最初の写真なのですが、うどんが見えません。具材があまりにもたっぷりと掛かっているのです。これまた凄いことになっています。
食べログサービスのちくわ天も見事ですよね~。

nobutaはうどんは麺!と常日頃から言っています。こちらの麺はこの写真のとおり、武蔵野うどん麺のツルッとしてコシがあるタイプの方です。食べた感じはまずまずです。嫌いではありません。
そんなうどん麺と大量の具材が絡み合い満足度は相当高いと言えます。
ま~本当にホントですが、この具材でこの値段は相当安いと言えますね。
夫婦で1,500円で収まる武蔵野うどんとしては、群を抜くかも知れないですね。
それは開店から20分ほどで満席になるのもよく分かりますよ!
久々に参りましたね。
ご馳走様でした!!!

吉川市川藤1805
048-983-2745

製麺練場 風布うどんうどん / 吉川駅梅郷駅

昼総合点★★★★ 4.1



コメント

初めてホワイト餃子を食べました・・・ホワイト餃子はながさ本川越店

2018-09-27 22:19:27 | 埼玉食べ歩き

さいたま市に引っ越した昨年の春、越谷方面に行った際に「ホワイト餃子」と邂逅。これが「有名なホワイト餃子か」と思ったのですが、お店で食べたことも、餃子を買って帰った事も一度もないまま、在住1年半が経過。川越で街バルを楽しんだ帰り道。本川越駅に向かっているとホワイト餃子の看板を発見。
これは、お土産に餃子を買って帰るチャンス到来と思い、初訪問となりました。
本社は千葉と聞いてますし、鹿児島にも支店があると聞いたことがありますが、本当に食べたことが無かったんですよね。
窓口で冷凍してある餃子を購入。家に持ち帰って、概ね説明書にあるとおりに焼いてみました。
それが最初の写真になります。
なかなか上手に焼けました!!
食べてみると、ネタも大きいですが、味もまずまずで申し分なし。
なかなか、買う機会もないし、これが最初で最後となる可能性もありますけど・・・美味しかったという思い出にはなりました。
しかし、調理するときに大量の油を使うので、次は焼き上がったのを持ち帰りしたいと思いますよ(汗)
ご馳走様でした!

川越市新富町1-1-7
049-225-2203

ホワイト餃子 はながさ 本川越店餃子 / 本川越駅川越市駅川越駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2


コメント

川越蔵まちバルの6軒目は「ビストロ岡田」の巻

2018-09-27 07:01:24 | 埼玉食べ歩き

街バルの最後のお店は、前回の覇者「ビストロ岡田」さんと決め打ち。訪問してみたところ、遂に満員のお店に巡り会いました(笑)
と言っても、回転率が早く直ぐに店内へ。

この日のビストロ岡田さんは、完全に街バルモードで、他の料理は提供してないそうです。チケット1枚で頼めるのはフードが
  冷製スープ パリの夕暮れ
  エスカルゴとクリームコロッケの盛り合わせ
  特製ロールキャベツ
  モツ煮込みビストロ風夏野菜添え
の4種類から1つ、飲み物は
  グラスビール
  グラスワイン
  ウーロン茶
から1つとなっていました。
  
最後のお店なので、知人と一緒にワインを選びました。
知人は、モツ煮込み。nobutaはロールキャベツです。
で・・・ですよ。まず、モツ煮込みの写真をご覧あれ

かなり凄いことになってます。具だくさんも具だくさん(汗)
知人曰く、凄く美味しいそうです。
nobutaのロールキャベツが遅れて登場。それが最初の写真なのですが、恐ろしく手が込んでいます。
これが700円で楽しめるなんて凄すぎです。
お隣で食べていた女性グループがエスカルゴとクリームコロッケを注文していたのですが、それがまた凄い事になっていました(笑)
それは、確かに前回の覇者だけあります。
食べ物のレベルが違いますね~。女性は大喜びですよ(笑)
こちらのお店。おまかせランチという料理があるんですが、絶対に美味いに違いないですね~。
ランチタイムに妻と行ってみたいな~(笑)
ご馳走様でした!

川越市仲町7-13
049-225-4608

ビストロ岡田フレンチ / 本川越駅川越市駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


コメント

川越蔵まちバルの5軒目は「勢〆酒店」の巻

2018-09-26 20:08:36 | 埼玉食べ歩き

いわゆる「角打ち」のお店「勢〆商店」さんを街バルの5軒目として訪問しました。
こちらはチケット1枚(700円)で
地ビール+おつまみ
地酒+おつまみ
の何れかを選べるというメニューで、4軒目と同じく地酒が飲めるという点が狙い目だったんですよね~。しかも、地ビールはコエドビールに決まっているしね(nobutaは地ビール狙い)。
と言うことで、お店に到着。ちょっとした席もあったので、そこに座って連れは地酒、nobutaは地ビールを注文。

地ビールは、もちろんコエドですが、何と生ビールなんですよ!これは嬉しい悲鳴(笑)
地酒も升に並々と注がれます(笑)

更に、おつまみは、何とお店のお母さんの手料理が出てきました!
これがまたまた美味しいんです。
ちょっとストライクも良いところですね~。
で、保冷庫のコエドの瓶ビールを眺めていると、そう、眺めてみると、見たこともない大瓶があるんです。値段は897円だったかな。

見たことがないんで、店主と話したところ、川越限定で発売されている瓶ビールで、川越市内でしか購入できないレアものなんだそうです。
なんと、そんなコエドビールがあるんですか!!!!
これは購入すべしですね。丁度、出張直前だったので、地方の知人にお土産にするにはうってつけです(笑)
品名は、「甘夏」と言うらしく、コエド×恋あかりと書いてありました。
甘夏と書いてあるとおり、味わいはフルーティーです(自分用にも購入し自宅で飲みましたからね)。
これは良いお店に辿り着いたな~。
そもそも、コエドの生が飲めるだけっでもかなりストライク。知人は地酒がこれでもかと注がれたので、それだけで満足。

お店の店主と、他のお客さんとちょっと盛り上がって話をした後、お店を後にしたのでした!
美味しかったな~!
おつまみも最高でしたよ(笑)

川越市元町1-10-5
049-222-0957

勢メ酒店その他 / 本川越駅川越市駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

コメント

川越蔵まちバルの4軒目は「大黒屋食堂」の巻

2018-09-26 05:59:45 | 埼玉食べ歩き

今回の街バルで食べ歩いたお店の中で思わず唸ったのがこちらの「大黒屋食堂」さん。蓮馨寺の側にあるお店でメイン通り沿いに面しています。nobutaは、こちらのお店の名前が「食堂」となっていたので、場末感のある昔ながらの食堂だと思っていたのですが、行ってみてびっくり。なかなか綺麗なお店なんです。こちらを訪問した時間は午後4時50分くらい。これまた中途半端な時間帯だったので、お客さんは最初nobuta達だけでした。

こちらの1チケット(700円)のメニューは、
  ビールor焼酎or日本酒+小鉢寿司
となっており、知人は4軒目ともなると生ビールではなく焼酎という派閥なので、こちらのお店を選んだんですが、nobuta的には、小鉢寿司というのが気になったんですよね~。
だって、場末の食堂だと思っているのに「寿司」ですからね~。
でも、期待を良い意味で裏切られ、お店は綺麗だし、出てきた小鉢寿司は見事だったんです。
それが最初の写真。小鉢寿司のアップがこちらになります。

見た感じからして、美味しそうでしょう(笑)
ちょっと盛り方も女性を意識していますしね(アボガドもそうですけど)。
食べてみると、これまた美味しいんですよ!
量も食べ歩きのメニューとしては最適。
机に、「運ばれてきた御飯が多いようでしたらお声かけ下さい。減らさせて頂きます。米屋の娘として育った者として食べ残された御飯を見るとつらいのです。どうぞご協力下しい」と書かれた紙が置いてありました。これまた、nobuta的にはストライク。

普通に食べに入っても美味しい御飯の定食を食べることが出来そうな雰囲気がプンプンとしましね(笑)
かなり美味しかったです。
ご馳走様でした!

川越市仲町5-2
049-227-3290

大黒屋食堂定食・食堂 / 本川越駅川越市駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6


コメント

川越蔵まちバルの3軒目は「まことや」の巻

2018-09-25 05:57:42 | 埼玉食べ歩き

せっかく、川越の街バルなので、地元のソールフードといわれているらしい「川越太麺焼そば」を食べたいと考えていました。40店舗近く参戦している中で、2店舗が太麺焼そばのお店です。
そこで、選んだのが「まことや」さんになります。

店内は昔ながらの食堂っぽい感じです。お婆ちゃんが一人で切り盛りしていました。
お客さんはnobuta達を含めて4人。席数からすると、お店がお客さんで埋まれば、お婆ちゃん一人では廻すことは不可能だと思えます。少なくて良かった(訪問したのは午後4時20分頃という中途半端な時間帯だったのが救いだったかもしれません)。

通常のメニューを見ると
  ソース焼そば 並400円、大600円、特大700円
  塩焼そば   並500円、大700円、特大800円
となっており、何故か塩がソースよりも100円高いという不思議な金額設定(笑)
更に、「ごちゃき800円」というメニューがあり、それは「焼そばに玉子焼きとカレーが乗せてある」という不思議なメニューっぽいですね~。そもそも、「ミートソースやきそば700円」なるものも存在しました(汗)
ちなみに、ソース焼そばに目玉焼きを乗せると+100円のようです。
さて、こちらで1チケット(700円)で食べられるのは
  生ビール+ソース焼そば並+目玉焼き
となっています。こちらも破格のサービスですね(笑)

出てきたのがこちらの川越太麺やきそばと呼ばれるソース焼そばです。
nobutaの連れは、これを焼きうどんと思って食べていましたので、かなりの太麺のそば麺ですよね(笑)
並はかなり軽めの量なので、通常は大若しくは特大が男性にはマッチしそうですね。
しかし、なかなか昔の町の食堂でありそうなシンプルな焼そばでしたよ!
川越観光で小腹が空いたら太麺焼そばは有りですね(笑)
ご馳走様でした!

川越市連雀町8-4
049-224-2915

まことや 本店焼きそば / 本川越駅川越市駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


コメント

川越蔵まちバルの2軒目は「六軒町一丁目商店」の巻

2018-09-25 05:51:41 | 埼玉食べ歩き

最初のお店で系列店として紹介して貰った立ち飲み屋さんっぽいお店「六軒町一丁目酒店」に突入しました。立ち飲み屋さんですが、スツールもあり、座って飲食も可能です。
こちらが1チケット(700円)で提供していたのは、
枝豆、モツ煮、串揚げ3本+1ドリンク
でしたが、モツ煮はネタ切れという事で、牛スジとなりました。でも、これがまた正解でしたよ!
まず、生ビールと枝豆が登場し、そこから順序よく牛スジ、串揚げ3本がやってきました。
串カツ、玉葱、ウズラ卵というラインナップ。
これで700円って凄いですよね~(笑)

味は、一杯飲み屋的な感じですが、牛スジ美味しかったな~。
最初のお店といい、こちらのお店といい、しっかりと楽しめるフードのラインナップ。
街バルのスタートとしてはナイスな2店舗でした。
ご馳走様でした!

川越市六軒町1-2-3
049-226-0506

六軒町一丁目商店立ち飲み居酒屋・バー / 川越市駅本川越駅川越駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


コメント