nobutaと南の島生活in沖縄本島リターンズ

ブログ「のぶたと南の島生活」の写真容量がオーバーしそうなので、食べ歩き用に開設した新ブログになりますよ!!!

3年8ヶ月ぶりに訪問してみるとプリンが無くなってる(涙)でもハード系は健在!・・・まつどべーかりぃ(東浜)

2020-08-31 01:06:00 | 与那原食べ歩き

オープン当初から大好きだった与那原町東浜にある『まつどべーかりぃ』に3年8ヶ月ぶりに訪問しました。春にRYUBOのパンイベントにお店が出店されていたので、未だに健在なのは知っていたのですが、訪問した結果、衝撃の事実に直面して動揺してしまいました。なんと、なんと、なんと・・・あの安くて美味かったプリンの販売を辞めたんだそうです(涙)
ここのプリンを買うために予約してまで与那原町に通っていたので、ショックを隠しきれません(^_^;)
しかし、気丈に振る舞いハード系で、心を癒してもらうしかありませんね。
なんと言ってもパン屋さんです。しかも、ハード系専門のパン屋という貴重な位置付けにあります。那覇の某有名店の経営者が『ハード系は作りたくても売れないのでソフト系を作っている』というくらいハード系で戦うパン屋はハードルが高いはずなので、こちらのお店はハード系好きにとっては頗る貴重な存在なのです(笑)















気を取り直して、昔から好きなバケット、ベーコンエピなど数種類をチョイス。
こちらのお店に到着する前にもパン屋でパンを購入しているのでほどほどに留めました(^_^;)
支払いにPayPayが利用できたのは有りがたかったですね。
次回は、こちらのお店だけでパンを大量購入したいと思いますので、詳細なレポートは次回にとって置こうと思います。
しかし、かえすがえすプリンは残念です。本当に好きだったんですよ(^_^;)
ご馳走さまでした!

与那原町東浜92-4
コメント

惣菜パンは大当たり!ケーキも安くて美味いやん(笑)・・・みなもとや(新開)

2020-08-30 01:18:00 | 南城食べ歩き

旧佐敷町でランチをしたついでに、前々から訪問してみたかったパン屋『みなもとや』に向かいました。馬天の新開側の住宅街にあるお店です。ここの惣菜パンが美味いや!と昔お世話になった上司から言われていたんですよね。
お店に到着したところ、パン屋とケーキ屋の合体版のお店であることが分かりました。店内はかなり広めで、入って右側がケーキ、左側がパンという並びです。惣菜パンは、なんと入口の対面に鎮座してあり、やはり、こちらのイチオシなんだと思います(笑)



当然、惣菜パンから眺めました。
ガーリックチキンサンド160円、パストラミサンド180円、イベリコ豚コロッケサンド180円、アグー豚メンチカツサンド200円等が並びます。中でも一際目立ったのが、イベリコ豚厚焼き玉子サンド200円です。何ですかね。このボリューム感(笑)
バンズから具材が溢れてますけど(笑)
当然、そいつをチョイスしました。3時のおやつ用ですね。









次にパンを眺めます。基本、ソフト系、昔ながらの菓子パン系が並びます。義母と子供のために数品目購入。ハード系も若干ありましたが、ある理由により購入しませんでした。
ケーキを吟味していた妻が『かなり安くて美味そうだ』と言うのでケーキ類を確認。





チョコロールの半分サイズ(半分でもデカイ)が900円という値段です。これは子供用にお土産です。


妻とnobutaは、お摘みとしてクッキーシュー200円、シュークリーム120円を購入し、帰り道で食べました。nobutaは、固い皮よりも柔い皮が好きなので、こちらのシューはベスト。クリームも美味しくて満足でしたね。
家に持ち帰ったイベリコ豚厚焼き玉子サンドは、早速食べましたよ。このボリュームと惣菜パンらしさ丸出しの味わい。今時のサンドも大好きですが、こういう昔ながらのサンドも大好きでさね(笑)
特に美味いやん!上司の言う通りでしたね。
ご馳走さまでした!

南城市佐敷字新開1-328
コメント

隠れ家カフェはしっかりとしたイタリアンだった!・・・ビーナチュラル(佐敷)

2020-08-29 06:29:00 | 南城食べ歩き

佐敷小グスクの高台にある隠れ家イタリアン『ビーナチュラル』に行ってきました。以前、一度飛込みで向かった時は臨時休業だったので、今回は事前にオープンの午前11時30分に予約を入れて万全をきしましたよ(笑)
さて、この日は夕方にはコロナ対策の第3フェーズ入りを県が表明すると言われていました。実際、県内はGOTOキャンペーンを相俟って観光客が増えており、県内紙などは観光客がコロナを持ち込んだ様な記載ぶりでしたが、既にそれはあるとしても、市中感染が広がっていて観光客すら沖縄観光でコロナに罹患する恐れが高く、中部では米軍絡みで感染が広がっていて、nobutaは、ランチ食べ歩きをする上で、今後は、『米軍関係者や観光客が来ない』『県民もあまり来ない』『店が広々としており対策がしっかりとやられている』飲食店だけを食べ歩く方針を立てていました。いわゆる3密を避けるを徹底するのです。
そういう意味で、『ビーナチュラル』はベストだと思えたのです。
また、これまで飲食店を食べ歩いていて感じるのは、お客さんが帰ったあとに直ぐに座った椅子やテーブルを消毒するお店が少ないということ。それならば、事前に消毒を徹底しているであろう『一番客』(オープン時間)として食べ歩くしかないと考えました。

閑話休題



前回お店まで行ったとき、高台に入るルートは2箇所あるのですが、旧知念村方面から入ってしまい、難易度が高い狭い道だったので、今回は佐敷方面は、佐敷小グスク入口の鳥居のあるルートを選びました。
そこからは道端に『ビーナチュラル』の看板が丁寧に要所要所に設置されているので迷うことはありません。何せ、本当にお店があるのか不安になる山道ですからね(笑)
お店は予約者専用の駐車場と普通の駐車場を完備しており、かなりの台数が停められます。店舗横の予約者駐車場から佐敷の海を眺めることができます。
お店の外観は森の中のお洒落なカフェ。店内は素晴らしい空間と飾り付けで、まさにデートのためにあるような室内(店内の撮影は禁止のようです)、落ち着いて食事ができますよ!
コロナ第一波後の営業はランチとディナーに分かれており通し営業とは違いますので、基本は事前予約(当日可)で訪問するのが良さそうです。
勿論、一番客のnobuta。店員から席を案内してもらい、4人掛け席に座ります。コロナ対策の換気のため窓を開けていると説明を受けましたが、クーラーがガンガン効いており涼しいですよ。
メニューはランチコース1,848円のみ。この日は、

前菜:島南瓜の冷製スープ~地元産のムカゴとピパーツを添えて~
パスタ:地元産セルバチカルコラとドライトマトのパスタ~イタリア直送のオリーブオイル仕上げ~
メイン:知念漁港直送の鮮魚メカジキのソテー地元産野菜添え
デザートとドリンク

という内容でした。デザートはマンゴーをメインにした食材でしたが名称を忘れちゃいました(^_^;)
ドリンクは黒糖カプチーノ、妻がオレンジのフレッシュジュースを選びました。
パスタのタイミングで自家製パンが出てきますが、これはお代わり自由です。また、パン好きnobutaを唸らせるほど美味しいパンだったことを申し添えておきます(笑)
出てきたのは順序良く写真として添付しますが、兎に角、一品一品手が込んでいました。













冷製スープは、スープだけじゃなく、内部に浮遊する固形食材にも気を配り、食間でも楽しめるようになっています。パスタもメインもソースを二重三重に重ねて、添えている野菜と麺やソテーにも味が反映されるようになっており、デザートもコンセプト的には同じ感じに組み立ててありました。
この内容で、このお店の雰囲気で、2,000円以下に値段を押さえてあるのは、県民的には有難いですね。懐寂しいですから(笑)
県外から旅行でやって来る方々は、沖縄でイタリアンなんて考えて観光している訳ではないのでなかなか訪問する候補として上がりにくいんでしょうけど、何度も沖縄にやって来ているとか、3泊の1日くらいは沖縄的じゃないランチを食べたいとか、そういう方には是非食べてほしいものです。そうなると隠れ家じゃなくなるのかも知れませんけどね(^_^;)
ご馳走さまでした!

南城市佐敷字佐敷138-1
コメント

スープカレー屋さんの担々麺を食べたくて(笑)・・・かぢかぢ(大里)

2020-08-28 05:55:00 | 南城食べ歩き

南城市は旧大里村稲嶺交差点そばに目指すお店はあります。沖縄に戻って来てから数ヶ月、隔週末は南部の飲食店を食べ歩いていて、その度に通る交差点なんです。南部では交通量の多い交差点で、週末の昼間に人が並ぶお店があるのを見かけてスープカレー屋『かぢかぢ』さんの存在を認知したのです。
nobutaが前回住んでいた当時の沖縄では、スープカレー専門店はかなり珍しい存在だってのですが、今では普通に見掛けるようになっていますので、スープカレーにときめきを感じたわけではありません。
ただ、こちらのお店のメニューをネットで確認した際、『担々麺』の存在に気づいたんです。nobutaは、担々麺大好きなんですよねぇ。しかも、スープカレー=北海道=担々麺=170℃って頭の中で想像してしまったんですよ(^_^;)
勝手に物凄く美味い担々麺に出会えるかもしれないという想像だけが先行していき、平日、会社が休みの際には『一番に訪問しよう❗️』と心に決めていたわけです。

さて、7月最後の月曜日は、子供の三者面談+担々麺挑戦のため『夏休み』を確保。早速、お店に向かいます。
駐車場は建物裏手に4台分確保されています。
店入口に待合スペースがあり、そこから歩道に溢れて人が待っているのを良く見掛けていたわけです。



店内は、とてもシックで今時のカフェ(ケーキ等を食べるお店みたい)、広々としており、席も少なく、ゆったりと過ごせる感じですね。




スープカレーは日替りもあるみたいですが、担々麺一択だったので、大盛で注文しました。大盛は無料、超大盛が100円プラスとなっています。
出てきたのが最初の写真。角度を変えたのがこちらになります。

さて、実食。出汁は美味い、かなり美味しいと思います。出汁の量を少な目にしてドロドロ感を出して、ミンチが麺に絡みやすくすれば、もっと味わい深くなるような感じですが、そうでなくても出汁に追い飯ができれば申し分ないと思いました。
正直、麺が弱いからそんな感じに思ったんですよね。
蓮華が、ミンチを掬いあげることができる穴空きもあれば良いんですが、よくよく考えればスープカレー専門店ですもんね(^_^;)高望みは禁物です(^_^;)
食べ終えて、もしかしたかメニューに『追い飯』があったのかもしれないと再チェックしましたが、残念ながらありませんでした。

ちなみにデザートもあるみたいでしたが、のんびりする時間がなく早々に離脱しました。
再訪する際は、妻を連れてスープカレーを食べてみようと思います。勿論、行くなら平日ですけどね。
ご馳走さまでした!

南城市大里稲嶺2023-1
コメント

久々のかめしまパンで惣菜パン!・・・かめしまパン二中前店(泉崎)

2020-08-27 19:29:00 | 那覇食べ歩き

那覇高校前に昔からある学生のためのパン屋さん。以前は、二中前バス停を利用していたので、お腹を空かせた朝は学生と一緒にかめしまパンの惣菜パンを買ってたんですよね。
沖縄復帰後は、バス停が変わったので利用する機会が全く有りませんでした。
この日は、朝から台風直撃だったのですが、運良く午前6時過ぎから1時間ばかり雨がやむ雲の流れになったので、急いでバスに乗って会社に向かいました。乗ったバスが普段と違う路線だった関係で久々に二中前バス停で下車。こんな機会を利用しなければ勿体ないとかめしまパンに流れ込みました。
台風+コロナ緊急事態宣言だったので学生は人っ子一人も居ません。
店内のパンは、昔と変わらない配列で陳列していました。

目的の惣菜パンをみると、昔大好きだったフレッシュサンドは無く、チキンカツのタルタルバーガー180円(内税)、メンチカツバーガー150円があったので、それらを購入。
この値段の安さが高校生の味方ですねぇ(笑)
早速、会社で朝食として頂きました。

昔と変わらない優しい味わい。
『かめしまパン』を食べてるって実感しました。たぶん、色んなパン屋の惣菜パンが並んでいても、かめしまパンの味は分かるような気がしますね。
ご馳走さまでした!

那覇市泉崎2-1-1
コメント

スモークベーコンタルタルソースサンドの新たなる一撃に沈む(笑)・・・ブーランジェリーナカニシ(真玉橋)

2020-08-27 12:09:00 | 豊見城食べ歩き

与儀のBZから梯子して真玉橋のナカニシへ。
朝なので普通のパン屋はハード系が焼き上がっていないのですが、ナカニシは違います❗️
そこがハード系フリークにとっては神のような存在のパン屋さん(笑)

いつものようにブールをカットしてもらい、ベーコンエピを購入して満足満足なんですが、久々にショーケース内に『スモークベーコンタルタルソースサンド』200円があるじゃないですか❗️これは嬉しい誤算。BZのガパオを朝食で食べたばかりなのに、大好きなサンド。しかも、最近は全く陳列されなかったやつですよ。これは『買い』以外にどんな選択ができる??
と言うことで、真玉橋の川沿いでスモークベーコンタルタルソースサンドと御対面。

前回と違い野菜が一切入っていません(^_^;)
その代わり、スモークベーコンがあるれんばかり詰め込まれています(笑)
これだけ挟まっていて200円って罪ですよね(笑)
いただきます‼️
モグモグ・・・この噛み応えといい、タルタルソースの美味しさといい、文句無しの最高サンドっすねぇ。

これだけ頻繁に利用していて2度目の邂逅って、確率の低さに痺れますけど、もう作らなくなったとばかり思っていたのでラッキーですよ‼️
ご馳走さまでした!



コメント

サヨナラかつ吉!9/4(金)閉店まで残りわずか(涙)

2020-08-27 07:19:00 | 那覇食べ歩き

那覇高校前の通り、昔のレインボーホテルの裏手、ガソリンスタンドの隣にある『かつ吉』さん。当ブログでも何度か取り上げたことのある昔ながらの美味しいトンカツ屋さんです。ランチタイムは空前の安さで定食や丼を提供してくれていた良店ですが、立ち退きにより間もなく15年の歴史を終えようとしています。



同店でトンカツを食べた記憶が残っている方々には『9/4まで営業』ですので、思い出の味を確かめるために最後の訪問をしてもらいたいですねぇ。
名残惜しですが、この時勢、この金額でトンカツ屋を維持するのは至難の技だったのではないでしょうか。
nobutaは、この日が最後の訪問となりましたが、長年にわたり、美味しくて安いランチを提供して頂きありがとうございました!

最後のヒレカツ定食750円を噛み締めながら食べましたよ(笑)
ご馳走さまでした‼️



コメント

こんな良心的な寿司屋が近くにあれば誰も回転寿司なんて選択しないだろう(笑)・・・栄寿し(赤嶺)

2020-08-26 06:23:00 | 那覇食べ歩き

間も無く沖縄も第2波襲来(^_^;)
連休明けからは家族で外食は控えた方が良いだろうと、7月24日の夕飯に最後の外食に出掛けました。勿論、人が集まるような飲食店に行くつもりはなく、目立たない場所にあり、ネットにも殆ど記事のアップがない、つまり観光客などやって来るはずもない(失礼)、しかし、地元に定着して長年お店をやっている寿司屋『栄寿し』さんを選んだのです。
こちらのお店もnobutaのバス通勤路線にあり、車窓から眺めていたんですよね。近々、一人で飛び込もうと思っていたんですが、家族で飛び込んでみました(笑)

で、大、大、大正解‼️と言うことでレビューに移ります。

午後6時オープンのお店なので、5分前に到着。既にオープンしています。店内は、テイクアウト待ちのお客さんがコンスタントに出入りしていますが、店内で食べているお客さんは居ません。

カウンター席と座卓(畳間)で構成された店内。昔ながらの畳間に衝立で間切して、4人掛け座卓が3つ並びます。
昔ながらの町の寿司屋さんですねぇ。
60歳代のご夫婦で切り盛りされており、マイペースな感じがします。騒がしくないし、落ち着いており、ゆっくりと食事が楽しめます。



メニューをみると、
にぎり上 1,000円
ちらし 800円
刺身盛合せ 800円
鉄火巻き 500円
鰻の蒲焼き 1,000円
天丼 600円
鍋焼うどん 600円
瓶ビール 500円
等と、相当リーズナブルな値段設定‼️
まず、長男、nobutaは蒲焼き、妻は上にぎり、長女が鉄火巻きを選択し、刺身盛合せ2人前を注文しました。
出てきたのがこちらの写真になります。







鰻の蒲焼き(ご飯、味噌汁付)の1,000円は、素晴らしい安さですよ‼️
長男が直ぐに完食したので、nobutaのを半分あげたのですが、美味すぎる、安すぎるでもっと食べたいと欲します。しかし、追加すれば、待ち時間が出来てしまうので、鰻の握り4貫、玉子3貫追加して長男の胃袋を満たさせました(笑)
nobutaは、瓶ビール2本と刺身で満足できますしね。
鉄火巻き、上にぎりもかなりのボリュームがありましたので、大満足。
これだけ充実していると、家族で回転寿司なんてアホらしくなります(笑)
今後は、家族で寿司が食べたくなったら、こちらのお店に直行ですなぁ。
それと、nobuta達が居た1時間、本当にテイクアウト客ばかりでしたね。
それだけ、人気があるんでしょう。わかる気がしますよ。安いですもん(笑)
ご馳走さまでした!

那覇市宇栄原1-28-10
コメント

『こてもやラーメン』食べてみました・・・悠心(東風平)

2020-08-25 06:38:00 | 八重瀬食べ歩き

新規オープンした5年前に訪問して以来の再訪となった東風平にあるラーメン専門店『悠心』さん。当時のレビューにも書いた通り、東風平界隈では唯一無二のラーメン屋とあって、逞しく健在してますね❗️






時代の流れに乗って券売機が導入されてあり、メインメニューもラーメンの種類が追加され『数量限定こてもやラーメン』『味噌ラーメン』『辛味噌ラーメン』が5年間のうちに増えてます。
勿論、この3種から選ぶべしなので、『こってりした出汁にもやしをたっぷり載せている』という意味らしい『こてもやラーメン』をチョイスしました。
豚骨が好きな長男は、豚骨ラーメン700円をチョイス。更に味玉好きなので、トッピングで味玉110円×2個も追加してましたね(笑)

さて、まずは長男の豚骨がこちらの写真になります。一口すすった長男が珍しく『美味い!』と声を出してました。帰り道、『味玉もトロトロして美味しくて良いラーメンだった』そうです。

さて、nobutaの注文した『こてもやラーメン』のビジュアルが最初の写真。角度を変えたのがこちらになります。なかなかのてんこ盛り(笑)
トッピングにもやし110円があるんですが、どう違うのか気になるところです。
こちらのラーメンには、中細のストレート麺が使われています。ですから某インスパイアとは異なりますが、たっぷりニンニクが投入され、ぶあつい、かつ味濃いチャーシュー2枚が投下されています。思った以上に麺が多いんですけど、食べ終えると大盛りにしても良かったかもしれないなぁと感じたんですよ。太麺じゃないからね。
個人的にはチャーシューを刻んで投下している方が、もやしと麺にしっかりと絡まって美味しさが増すんじゃないかと思いましたね。
何れにしても、東風平にしっかりと根付いたところが嬉しいです。

それと、沖縄では珍しくコロナ対策が徹底された店内だったのは、この時勢からするとストライクポイントでした。お店の努力が感じられて好感持てましたよ。
ご馳走さまでした!

八重瀬町東風平476
コメント

ワンオペは大変そうだ・・・日本蕎麦弁慶(小禄)

2020-08-24 04:14:00 | 那覇食べ歩き

小禄病院の坂道を豊見城市役所向け(かねひで方向)に坂道を登っていく途中に居酒屋弁慶さんがあります。ランチタイムだけ、そこは日本蕎麦弁慶になります。オープンしたのが去年の6月、nobutaの生活圏にある飲食店なので存在は頭のなかにインプットしていたんです。沖縄に戻ってコロナ渦となる過程でも4月終盤まで営業されていたし、一波が去ってからお店を再開させていたので、週末は、お店の前を車で通れば、駐車場が空いているか確認しながら通っていたのです。
しかし、4台ある駐車場はいつも満車(^_^;)
なかなか訪問できずにいたところ、7月24日のお昼に運良く1台分のスペースが空いているチャンスが到来したのでした。
長男と帰宅途中だったのですが、このチャンスは逃せないと車を滑り込ませましたよ(^_^;)
長男はテニス帰りで汗だくでしたが、こればかりは我慢して付き合ってもらいます(笑)



店内は、先に会計を済ませる流れ。PayPayが使えます。
しかし、店主がワンオペで、調理に大変そうなので、支払いのお客が滞留する始末(^_^;)
気長に待ちましょう。蕎麦は時間がかかるものです(^_^;)



長男はせいろ600円の大盛200円。nobutaは、柚子きりと二八そばのあいもり900円を注文しました。
お店は広々としています。夜は居酒屋さんらしく、夜メニューは蕎麦とは全く関係ない内容ですね。
沖縄で日本蕎麦は非常に珍しく、そもそも、お水が美味しくない土地柄なので、美味しい蕎麦にも巡り合える頻度が少ない。そんな環境で一年もお店が続いているのはスゴいことだと感じます。
他のお客さんに配膳される蕎麦から甘だれの香りが漂います。
注文する際、店主から30分掛かると言われましたが、それよりも早く配膳されました。



出てきたのが写真です。柚子きりの食感がnobutaに合いましたね。
良い感じで冷たく絞めあがった蕎麦を頂きながら、本格的な日本蕎麦を豊見城から発信し続けて欲しいと思ったのでした。
蕎麦が食べられるのは貴重ですからね。
ご馳走さまでした!

那覇市小禄1-39-8
コメント