nobutaと南の島生活in沖縄本島リターンズ

ブログ「のぶたと南の島生活」の写真容量がオーバーしそうなので、食べ歩き用に開設した新ブログになりますよ!!!

一杯浮気しましたがやっぱりここのバケットが最強です❕❕・・・ブーランジェリーナカニシ(真玉橋)

2021-12-31 00:06:00 | 豊見城食べ歩き
令和3年も大晦日を迎えました。当ブログは先日告知したとおり、後レビューを11残すのみとなりました。
コロナも再燃の兆しが見え始めており、来年もコロナと戦いながら公私共に充実させねばなりません。
食べ歩きも自制して、ダイエットに励まなくては・・・・
立ち寄って頂いている皆様におかれましても、新年が希望高き年になりますよう祈念して、当ブログ今年最後のレビューと参りましょう!
閑話休題


nobutaはいろんなパン屋に行きます。
時には素敵なパン屋に巡り合ってハマってしまうことがあります。
それでも、やっぱり真玉橋にある「ブーランジェリーナカニシ」さんの
 バケット
が最強です(笑)

「長時間発酵+天然酵母を使用」「改良しました!!水分80%です。もちろんパリパリ」と書かれているメニュー札には、
 150円
という強烈な価格が表示されています。
そう、このサイズ感でこの廉価。しかも、強烈に美味いのです。
なんでこんなに美味しんでしょうか(笑)
一口噛むごとに旨味がほとばしり、そのハードな硬さの濃密な生地に痺れまくりです。
他にも美味しいバケットのお店はありますが、やっぱり、このバケットを食べちゃうと・・・・
浮気を一杯してきましたが、やっぱりバケットはこちらのバケットに限りますね。
美味すぎです❕
これからも色んなお店のバケットを食べますけど許してください。それはこちらのバケットの美味さを再確認するためなんですよ(笑)
ご馳走様でした❕

そうそう、バケットを買う時に必ず一緒に購入するベーコンエピも際限なく美味いですよ(笑)

豊見城市真玉橋553
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

強烈な飲み放題がスタートするのでビールフリークは試すべし❗・・・クラフトビアハウス麦BAKU(久茂地)

2021-12-30 06:49:00 | 那覇食べ歩き
沖縄銀行本店の裏手界隈。ランチが美味しい居酒屋「スミドコロ」さんがある雑居ビルの2階に角打ちスタイルとクラフトビアバーが一体となったような不思議な雰囲気のお店「クラフトビアハウス麦BAKU」さんがあります。

こちらのお店は、Instagramで常に追いかけていたお店で、コロナ過が過ぎ去れば角打ち感覚で訪問して、クラフトビールを2杯くらい飲んで帰宅するという普段通りの生活に戻れるようになればいいな~と思っていたんです。
やっと11月から県内飲食店も午後8時以降もアルコールの提供が可能となり、nobutaのように仕事帰りが午後7時くらいのリーマンにとってもアルコール提供時間の〆が午後7時半というようなお店で30分一本勝負という離れ業をしなくても良くなりました(笑)
ということで、とある11月の夜。仕事帰りに一杯ひっかけるために初訪問しました。

先客はおらず、結構広々とした店内は、ちょっと寒さを感じるくらい。
店主とホールの女性の2名で切り盛りされており、キャパ的には40名くらいは楽勝に入りそう。
店内入ったところに、保冷棚があり、沖縄のクラフトビールから世界のクラフトビールの缶やボトルが並んでいます。



お値段は、安いやつで700円くらいから1,300円くらいまで・・たぶん1列に8種類あり、10列あったので、80種類はありそうです。これはビール好きにはたまらない光景ですね(笑)

nobutaはSTOUT好きなので、3種類あったSTOUTから、
 ミルクSTOUT 1,080円
を選びました。

そうそう、その前に駆け付け一杯目は、
 オリオンドラフト樽生
が390円で飲めるというサービスをやっているので、先にオリオンドラフトでのどを潤しましたよ(笑)
これは、Instagramに告知されていたので知っているサービスでした。



ちなみに、この日のタップは、宮古島マイクロブルワリーや首里のウルフブロイ、サンゴビールや和泉ブルワリー、いわて蔵ビールなどオリオンドラフトを含めて10種類ありました。









おつまみとして注文したのは、
 よくばりバスケット 890円
で、フィッシュ&チップス+やんばる若鶏のから揚げが付いており、ボリュームがあるので短時間滞在にはベストなチョイスだと言えます。

で、ま~美味しくクラフトビールを楽しんで、何気に壁の張り紙をみたところ・・・
 麦BAKUの飲み放題
 いろいろ満喫コース 2時間 5,000円
 ライトおつまみコ―ス 2時間 3,900円
と書いてあり、中身が衝撃の
 タップ10種類のクラフトビール飲み放題❕❕
なんです(笑)
これ、凄すぎますね。あまりにも凄い内容なので、思わず店主に
 Instagramには告知されてないよね~
と聞いてみると、「昨日思いついたんですよ」とのこと。
これ、告知すると人で溢れかえるよ(笑)
だって、クラフトビール大好きな人なら絶対に訪問しちゃうじゃん(笑)
ちなみに、
 税込み
 3名以上から予約可能(前日まで)
と小さく書いてありました。

さて、分かりましたよ。
3名以上のクラフトビール大好き人間を集めて訪問すれば良いんですね。楽勝でセットできそうです。
近いうちに挑戦します。もちろん、3,900円でどれだけクラフトビールを楽しめるかやってみましょう。
う~ん。今からワクワクしてきたよ(笑)

那覇市久茂地3-9-21
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

イベントで初めて入店!が広々とした素敵なお店でした!・・・RESTAURANT&BAR VERY(壺屋)

2021-12-29 06:42:00 | 那覇食べ歩き
首里当蔵町にある焼菓子と自然派ワインのお店「パポテぺパン」さんの恒例イベントがパラダイス通りにある「VERY」さんで開催されました。



「VERY」さんは以前からInstagramでチェックしていたお店(ランチ営業をしている)なので、この機会に外から見る広そうな店内の確認も含めて訪問してみることにしまいたよ。

この日のイベントは通常の自然派ワインの試飲会とは異なり、イタリアワインに特化し、イタリアで修行された料理人の方によるセッションでしたので、ワインだけじゃなく料理も楽しみにしていたんです。
その料理の数々がこちらになります。

★蛸とじゃが芋のジェノヴェーゼ風サラダ
★トスカーナ産ラルドコロンナータと洋梨
(ラルドとは豚の背脂をハーブ、塩と一緒にマリネし、大理石の桶で熟成させた貴重なサラミ)
★チコリと幻の柑橘「柚香」のマリネ
★ムール貝とアサリのズッペッタ(酒蒸し)
★イタリア産ポルチーニ茸のクロスティーニ(カナッペ)
★伊江牛のグリル〜トリュフソース
★フランス産シャラン鴨のタルタル仕立て
★イタリア産サラミの盛り合わせ
(トリュフ風味とフンネル風味のサラミ)
★オッチェリ・アル・バローロ
王様のワイン“バローロ”で熟成させたチーズ
★もとぶ牛の赤ワイン煮込み

全部で10種類。当然のように全部食べちゃいましたよ!
そして当然のように凄く美味しかった!
どれもこれもひと手間掛けた料理で、ワインとのマリアージュ!!!!見事でしたね(笑)



















ワインの方は、こちらの写真のとおり



泡、白、ロゼ、オレンジ、赤とこれまた10種類。
nobutaは赤をあまり飲まないように心掛けていますが、最初の写真としてアップしている「タウラージ・レゼルヴァ・ヴァーニャ・チンクェ・クエルチェ」の2007年ものは特別に美味しかったな~。あれくらい美味しいと赤も良いですね。



















結局、立食のイベントだったんですが座って飲食することができ、お店の広さや綺麗さも分かりました。「VERY」のオーナーさんも居らっしゃいましたよ。素敵なイベント開催ありがとうございました!
次回は、土日に昼飲みで訪問しようと思います。
ご馳走様でした!!!

那覇市壺屋1-7-5
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

那覇南部に復活したイタリアごはん❗復活を待ってました❗・・・ワイン食堂トランクイタリアゴハン小禄店

2021-12-28 04:41:00 | 那覇食べ歩き

「トランク」が那覇南部に帰って来たのは、こちらのお店と併設されているベーカリーのレビューで書きましたので割愛(笑)
約1か月遅れて、緊急事態宣言の完全解除となった11月1日に「ワイン食堂トランクイタリアゴハン」がオープンしました。
オープン最初の時期はお客さんでごった返すだろうと予想し、nobutaが予約したのは2週目の金曜日です。
この日は仕事がお休みだったので、妻と一緒に午後5時のオープン時間に間に合わせるように出かけました。
ベーカリーの方は、一時期、外に人が並ぶくらいの盛況ぶりでしたが、だいぶん落ち着いてきた感じですね。
午後5時前でしたが、まだ若干パンが残っていましたのでバケットだけ購入しましたよ。ここのハード系は美味しいですからね(笑)

さて、奥の方が半個室になっている飲食スペースは、カウンターバースタイルが5席、テーブル席が2人掛け3卓、4人掛け2卓となっており、空間を広く取っていてコロナ渦でも安心です。半個室は4人掛けが2卓くらいありましたので10人くらいのグループでの利用が可能みたいです。
少人数なら久茂地店の個室がお薦めですよ(あそこはソファーテーブルで内観がお洒落ですからね。しかもチャージ料も取らないし・・・)。

この日、nobutaは飲み放題コース3,500円(税抜)を予約していました。
夫婦での利用だったのでアラカルトでも良かったのですが、nobutaは大酒飲みなので、コースの方が安くなるんですよね。
コース料理は、
 グリーンサラダ
 アンティパストミスト
 ムール貝のワイン蒸し
 ホルモンのトマト煮込み?
 パスタ
になります。









パスタのクリームが濃厚で大量だったので、購入していたバケットを焼いてもらって一緒に食べちゃいました(汗)

美味しい料理を食べながら、ま~飲んだ飲んだ・・・







妻はカクテルは3杯程度しか飲みませんでしたが、nobutaは
 樽生 3、4杯
 白ワイン 大量
 トランク檸檬サワー
など・・白ワインはがぶ飲み状態でしたね(異様に飲みやすかった)。

トランク系のお店で食べたり飲んだりすると常に思うんですが、とにかく「接客がしっかりしている」です。
お陰で、飲んでいても居心地がとても良いですからね。
結果、ついつい呑み過ぎちゃんですよね~(笑)
きっかり2時間、とても楽しく美味しく飲めましたよ。
ご馳走様でした!!!!

那覇市赤嶺1-1-3
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

県内では老舗のワインバーで泡、オレンジ、白を楽しむ❗・・・ライオンミドリ(牧志)

2021-12-27 00:56:00 | 那覇食べ歩き
今のようにナチュラルワインがブームでワインバーやワインビストロが各地で楽しめるようになる以前、沖縄県内でワインをメインに飲食店をやっているお店は非常に少なかったんです(とても希少で貴重だったんです)。そもそも、日本酒を取り扱うお店も同じように少なく、「オリオンビール」で口を潤わした後は、直ぐに「泡盛」って文化でしたからね(笑)
そんな時代にオープンした先駆的なワインバー(ワインビストロ)のお店である「ライオンミドリ」さんは、10年くらい前から牧志駅のモノレール沿いに居を構えておられます(その前は、沖縄市久保田にあり、それより前は、沖縄市中央にありました)。
nobutaと同じgooblogに日々のお店情報をアップされているのでチェックだけはしているところ、コロナ過が落ち着けば訪問したいと思っていたので、緊急事態宣言が完全解除となった11月に訪問してみました。





店内は、4人掛け1卓、2人掛け1卓、カウンタ―数席のみというこじんまりとした店内に所狭しと並ぶワインの数々。そして、メニューにある多数のワインリスト。
驚いたのは、「ビール」などの一般的なアルコールメニューが存在しないことで、ワインをこよなく愛していることが分かります(笑)
緊急事態宣言解除祝いのサービスナチュラルワインボトルが看板に掲げられていましたが、これだけ多数のワインメニューがあるのですから、ここはグラスワインで色んな種類を飲みたいと思い、サービスワインボトルは注文せず、本日のグラスワインリストの看板から選ぶことにしました。
nobutaは、東京本社勤務の時代に「赤ワイン」で悪酔いすることが幾度となくあり、今では「赤ワイン」を外で飲むことはありません(自宅でしか飲みません)。今回も、看板に書かれていた
 赤 5種類
 ロゼ 2種類
 白 3種類
 オレンジ 1種類
 泡 2種類
を下から順に飲んでいくことにしました。そうすれば、赤には辿り着きませんからね(そんなに爆飲みするつもりもありません)。







「カヴァ」からスタートして、「コエノビウム・ルスタム」「ティエリー・ピュズラ・ソーヴィニヨン」「ピエール・ルッス・エルサ」「カステルモール・グルナッシュ・ブラン」と飲み進めました。









アテのメニューはこちらの写真。
付け出しの1品を含めて5種類ほど食べましたが、どれもなかなか美味しいアテでしたね!










ワインに合うチーズを売りにしているので、チーズと絡めた料理がほとんどでしたよ。

入口の表札には
 しあわせなチーズ
 ピオワイン
 フランスごはん
 気の利いたつまみ
 ちょっと珍しいお酒
と書いてありましたが、まさに「その通り」のお店でした。
落ち着いた良いお店です。
ご馳走様でした!!!

那覇市牧志3-18-23
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

蛸のサイズは可愛らしいけどアツアツホクホクトロトロで美味しいたこ焼き・・・たこマックス(宇栄原)

2021-12-26 16:53:00 | 那覇食べ歩き

赤嶺駅から県道の那覇空港線を高良小向けに歩くとバス停『第2ゲート前』の手前にテイクアウトのたこ焼屋『たこマックス』さんがある。今はデカデカとオープンから20周年と分かる弾幕が貼ってある。
因みに、昔から何故このバス停を『第2ゲート前』と言うのか不思議だったが、たまたま街の風景を撮った昔の写真を見る機会があり、那覇空港が昔は米軍の基地だったことが分かった。30年くらいしか沖縄に住んでいないので、まだまだ知らないことがあると思ったよ(汗)
さて、『たこマックス』さんのお話。通勤バスの車窓から、夕方頃は人が何人も並んで待っている光景を度々見ていた。しょっちゅうなので、よほど美味いんだろうと思ってました。

この日は、週末の夕方。那覇で昼飲みした帰り道。赤嶺駅で下車して歩いて帰ることに・・・テクテク『たこマックス』前に辿り着くとお客が並んでいない。
これはチャンスかも・・千載一遇ってやつだ(笑)
お店のお兄さんに8個入りがあるか聞くと『ちょうど6個なら焼いてる。8個だと15分はかかる』とのこと。ならば6個入りでお願いする。

金額を見ると
 6個 360円
8個 480円
10個 590円
となっていた。

お兄さんから『ソースはどうする?』と 聞かれる。見るとソースは、
 スタンダード
 辛口
 キムチ
 かつおしょうゆ
 にんにくしょうゆ
 マヨネーズ
 マイルド
 カレー
 からし
 わさび
 ゆずこしょう
と沢山ある。決めきれないので「辛口」をお願いした。

落ち着いてメニューも確認したら、たこ焼きも種類が豊富で
 ねぎたこ
 おんたまたこ
 おんたまねぎ
 まよたこ
 ねぎまよたこ
 おんたままよたこ
 おんたまねぎまよ
と8種類あったよ(汗)
さて、出てきたたこ焼きが最初の写真。歩きながら食べてみる。
とにかく熱々ホクホクなのだ。
それに蛸のサイズ感がどえらい小さいというのも分かるのだが、小麦粉がトロっトロなのだ。これが美味い❕
蛸じゃなくて他の具材を入れても、このとろっとろ感ならば何でも美味いだろうと思えるよ(笑)
確かに、この美味しさなら人が並ぶのも分かる気がするね。
美味しいたこ焼きだった。ご馳走様でした❕

那覇市宇栄原1-28-7
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

糸満漁民食堂の姉妹店で楽しむお魚ランチ・・・今いゆ玉しろ(具志)

2021-12-26 06:40:00 | 那覇食べ歩き

令和2年春に埼玉から豊見城に帰任すると具志スターレーンにどでかい「暖簾」を掲げる「今いゆ玉しろ」というお店ができてました。nobutaが転勤するまでは「和や」という居酒屋があったはず・・・ただ、具志スターレーン周囲は豊見城バイパスに沿って高速道路の順延工事がスタートしており、どれかい「暖簾」がトヨペットなどの建物に隠れてバイパスからは見えにくかったんです。それが、今年に入って工事の進捗からバイパスから直接どでかい「暖簾」が見えるようになりました。

今の風景だと、レンタカーを借りる観光客に一目瞭然となりますね(笑)
ただ、残念なことにコロナが猛威を振るっていたため、テイクアウト営業だけやっていた時期が長く続き、やっと通常営業に戻ったのは緊急事態宣言が解除となってからでした。
勿論、nobutaもお店の存在を知っているものの未訪問のままで帰任後1年7か月が経過してしまったのです。

こちらのお店は、県民にも広く知られた糸満の「糸満海民食堂」さんの姉妹店です。そう、観光客がこぞって目指す有名な「糸満漁民食堂」さんの系列なのです。
店内は「糸満漁民食堂」と同じようにスタイリッシュな感じでお洒落です。





メニューはこちらの写真になります。
「糸満漁民食堂」と比べるとお手頃なメニューが多いのですが、お手頃以外の海鮮丼や今いゆのバター焼きなどは同じ価格帯ですね。沖縄の雰囲気感を楽しむのであれば並んででも「糸満海民食堂」でしょうけど、並ばなくても同じ質のお魚料理を食べたいのであれば「今いゆ玉しろ」ですね。nobutaは、内地からお客さんが来れば「糸満海民食堂」を選択し、普通に魚料理を食べるのであれば「今いゆ玉しろ」を選択するという感じになりそうです(笑)
よくブログに書きますけど、沖縄のランチタイムに魚料理を食べたいと思っても、専門に取り扱っているお店はかなり少ないのでとても貴重な存在です。



nobutaは、いまいゆのバター焼き定食にしました。
店内の保冷庫からお魚を選ぶのですが、一番大きかったのが
 マーマチ 1,350円
だったので、それを選択しました。これに定食(調理費込み)代が550円かかり、1,900円です。内税ではないので、結局、2,040円というのが「バター焼き定食」の金額になりました。
昨年レビューした「糸満漁民食堂」の内容からすると、あちらは
 マーマチ 大1,890円、中1,780円(税抜)
でしたから同じような金額であることが分かりますよね!
バター焼きは文句なしの美味しさなのでお薦めですよ!!!
さて、では「今いゆ玉しろ」で食べるべきなのはと言いますと、妻が注文した
 鮪ずけ丼ぶり 950円
でしょう。それがこちらの写真になります。

ビジュアルで良いでしょ!卵黄が付いてるのも嬉しいですもん。
これが1,000円以下で食べる事ができるんですから、これまた文句なしですよ(笑)
他にも1,000円以下のメニューが多数あるので、お魚定食を食べたいと思った日のランチタイムはお薦めですね~
美味しかったです。
ご馳走様でした!!!

那覇市具志875
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

沖縄の絶景を楽しむ星野リゾートのハンバーガーランチ!・・・オールーグリル(読谷)

2021-12-25 08:42:00 | 読谷食べ歩き

秋晴れの某日。読谷で毎年恒例の「やちむんと工芸市」が開催されたので実家のある義母を連れてドライブがてら向かいました。











折角、読谷に行ったので、知り合いに会う約束をして、nobutaは昨年オープンした星野リゾートの「オール―グリル」へ。妻と義母は親戚と会うために日航アリビラのビュッフェレストランへ。
星野リゾートのランチは、いつでも利用できるパーラーみたいな「バンタカフェ」とハンバーガーランチというカジュアルスタイルのレストラン「オールーグリル」があります。
てっきり予約しなければ利用できないと思っていた「オール―グリル」を事前に予約して知り合いと待ち合わせて「ハンバーガー」で2時間近く会食することになりました。













星野リゾート・・綺麗ですよね。ちょっとした城(グスク)みたいなスタイルで城壁の中にコテージが並ぶという感じが凄いです。しかも、絶景の海。
軽石問題が深刻化している時期でしたが、どうやら読谷辺りは問題ない様で、凄く綺麗な景色を楽しみながら、広々した空間とスタイリッシュなオブジェの店内で、有意義な時間を過ごすことができました。



ちなみにメニューは、
 1,800円~2,500円
のハンバーガー6種類がメインで、入口に設置されていた
 ファイブオール―バーガーズ 9,000円
がInstagramに掲載するにはナイスなビジュアルだと思います。
ま~値段が値段なのでコスパも併せ持つとは思っていません。
とにかく、静かにゆっくりじっくり邪魔など一切入らない場所で時間をたっぷり使って会食したかったのです。
その目的のために1人2,300円という金額はリーズナブルだったと思います。



もちろん、写真の「オールーバーガー」、食後の「珈琲」は何れも美味しかった!
料理はバーガーショップですが、素敵なお店でした。
ご馳走様でした!!!



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

沖縄そば麺で肉玉ぶっかけ(冷)とは面白い!・・・すばや~上間本店

2021-12-23 06:01:00 | 那覇食べ歩き

那覇市松山に昔からある深夜営業の沖縄そば専門店「すばや~」さん。昔はよく飲み歩いた〆に利用してました。疲れ切った胃を落ち着かせるために、おばさん達がホールを勤める「すばや~」さんで美味しく食べたもんです。松山では「すばや~」、沖縄市上地(飲み屋街)だったら宮古そば「愛」が鉄板中の鉄板でしたね(笑)
あれからだいぶん年月が経ち、nobutaは夜の街で夜な夜な飲むことがなくなりましたので(歳を取り過ぎました)、深夜に沖縄そばを食べに訪問することはないんですけど、「すばや~」の〆そばは良い思い出です。
で、そんな「すばや~」さんが、南風原高校近くに本店(製麺所含)を開店させたらしいと知ったのが秋口に入った頃。チャンスがあれば行こうと思って、ずるずる日にちが経過して最近になってやっと訪問できました。
土曜日のオープン時間(11時半)直後にお店に到着。
お店の前に2台分の駐車スペースがあり、そこに滑り込みましたが、店内で確認したところ、建物の地下に12台分、隣の空き地に10台分の合計24台分の駐車スペースがあるという驚くべき大箱な沖縄そば屋となっていました(驚)


それにマッチするようなキャパのある店内は、テーブル席が6人掛け2卓、4人掛け2卓、カウンタ―8席、個室に6人掛けと4人掛けの掘りごたつがあり、更に座卓が6人掛け、4人掛け3卓・・これも掘りごたつと凄いことになっていました。
しかも、新しいお店だけあってお洒落です。
問題は、nobutaが居た土曜日の正午前でお客がnobuta夫婦のみということ。
要するに「認知」がなされていないのだと思います。
場所の問題(裏路地)と言えば、それまでなんですが、沖縄の場合、特に沖縄そばで美味しければ、南風原辺り(ここは上間交差点近く)だと、確実に集客できるはず。
単に知名度なんだと思うんですが、これだけ広々としたお店なので、是非、流行ってほしいものだと思いますね。

さて、自家製麺を店内奥の別室で仕込んでいるという「すばや~」さんのメニューは、
 沖縄そば 並650円、小450円
 ソーキそば 並750円 小500円
 ミックスそば 800円
 シブイそば 700円
 シブイソーキそば 800円
 シブイミックスそば 850円
 アーサそば 750円
 ゆし豆腐そば 700円
 月見ゆし豆腐そば 750円
 麺大盛 100円(高校生まで無料)
となっていました。シブイが沖縄そばとコラボしているのは嬉しいですね。nobutaはシブイ好きですので(笑)
で、メニューはさらに続き
 明太釜玉 750円
 肉玉ぶっかけ(冷)800円
というのがありました(汗)
なんですかね。これ、自家製麺で「うどん玉」でも仕込んでいるんでしょうか?
気になったので確認してみると
 自家製麺の沖縄そば麺
で、釜玉やぶっかけをやってるんだそうです。
それは
 面白そう
です。ちょっと食べたくなりますよね。
そこで、妻は
 沖縄そば 大
を注文したのですが、nobutaは
 肉玉ぶっかけ(冷)
を注文してみました。冒険は大切です(笑)

妻の沖縄そばがこちらのビジュアルです。
結構、シンプルですが、自家製麺は全粒粉を練り込んでいるような色合いです。
妻曰く、「凄く腰のある麺・・出汁はあっさりして美味しい・・三枚肉の煮込み具合も良い」とのこと。
少しお裾分けを頂きましたが、確かにかなり硬めの自家製麺に相当あっさりした出汁でしたね。
そのあっさり出汁は、nobutaが注文した肉玉ぶっかけに付け合わせで出てきました。それが最初の写真になります。
出汁に自信ありってところなんでしょう。良いサービスだと思います。
さて、肝心の肉玉ぶっかけの沖縄そば麺バージョンは如何?

具材は見事です。特に三枚肉をゴロゴロサイズにカットしているのは最強に美味い!
ビジュアルでも分かりますけど、ぶっかけを通り越して、まぜ麺の境地に突入した感がありますよ(笑)

沖縄そば麺は、やはり、ここでも非常に硬くて歯ごたえあり。
ここは思い切って麺の幅を広げてより噛み応えが凄い状態にしたぶっかけでも面白いかもしれませんね。
かなりジャンキーで、個人的にはとても満足した一品でした。
結論からすると、この自家製麺は、好みを分けそうな感じがしますね。じいちゃんばあちゃんには無理だろうし、小さな子供も無理かもしれません。
美味しかったです。ご馳走様でした!! 

那覇市上間342-1
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

リーズナブルで接客も良く居心地良い寿司屋さんだった❗・・・和食すし新三(久茂地)

2021-12-22 05:41:00 | 那覇食べ歩き
結婚25年ということで入籍日だった某日、久茂地2丁目の寿司屋「新三」さんへ訪問しました。
久茂地2丁目にある寿司屋さんの多くはランチ営業をやっているのですが、「新三」さんは夜だけ営業のお店なので未訪問だったんです。
外観からは居酒屋さんみたいな感じに見えるんですが、店内に入ると落ち着いたお鮨屋(割烹)です。テーブル席とカウンター席で構成され、カウンター席はちょっと歪な形状になっており、奥の方のカウンターは横並びというよりも4人くらいのグループでおしゃべりができるように向かい合っていました。



お酒の棚は多数のキープ泡盛で埋め尽くされており、オフィス街なのでリーマンの固定客が多いんだろうと思います。















日本酒は5種類、魚沼、伝心、八海山、千寿、寒梅があり、値段はかなりお手頃(お安い)です。
他のお酒も軒並み安く設定されており、オリオン生は
 中ジョッキ 550円
サザンスター
 中ジョッキ 400円
など、高級寿司店が周辺に多数ある中で、これは凄いストロングポイントだと思いましたよ。
この日は、ネットで事前に
 おまかせ料理 3,800円
を注文していたのですが、メニュー表を見ると
 飲み放題プラン 3,850円 4,400円
というのもあり、なんか周辺の居酒屋さんと同じようにリーズナブルですね。
女性向けのレディース会席なんて
 小鉢 生ホタテ
 小煮物 田芋まんじゅう
 揚物 天ぷら盛り合わせ
 寿司 5貫
 吸物 梅吸
 デザート 抹茶アイス
で、税込み2,300円と書いてありました(笑)
nobutaは、生ビールからスタートし、途中で伝心に切り替え、いつものようにビールはチェーサーとして楽しみました。



で、お任せコースがこちらの写真になります。自宅に帰って確認したら、寿司5貫の写真を撮影漏れしていたので、お店の写真を転用しています。















まず、小鉢が「あん肝」です。他に「白子」があるとのことでした。
刺身は、ヒラメ、マグロ、白身(名前を聞き忘れ)
小煮物は、田芋まんじゅうの餡掛け
焼き物は、銀鱈
揚物 河豚のから揚げ
寿司 こはだ、鯵など5貫
吸物 梅吸
デザート 抹茶アイス

nobutaは吸物の前に、「さんまの塩焼き」を別注しましたよ。だって、今年の秋は、なかなか和食屋で飲む機会がなく(コロナ渦で飲み歩けない)、「さんま」に巡り合ってなかったんですもん(汗)
やっとさんまにありつけて、さすがに時期が終わる頃だったのでサイズ感はありませんでしたが、それはそれこれはこれで「さんまを食べられるだけで嬉しかった!」のでした。
店主と「さんまが価格高騰して安魚ではなくなった」という話題になったんですが、この翌日、スーパーで「さんま」を見ると400円オーバーで売られてました(汗)
店主が「とれる魚が変わりつつある」と話されていましたが、時代が変わりつつあるのかもしれませんね。
いずれにせよ、久茂地の寿司屋なのにとてもリーズナブルで接客もとても良くて満足でした。
ご馳走でした!!!

那覇市久茂地2-10-22
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする