nobutaと南の島生活in沖縄本島リターンズ

ブログ「のぶたと南の島生活」の写真容量がオーバーしそうなので、食べ歩き用に開設した新ブログになりますよ!!!

早朝はタルティーヌとクロックムッシュで・・・ブーランジェリープレタポルテ(樋川)

2021-10-25 21:34:00 | 那覇食べ歩き

レビューに入る前にリアルな今日のお話。
ランチタイムの散歩で奇跡の1マイル(国際通りのこと)を往復したところ、牧志駅近くの裏路地に新しい飲食店が次々とオープンしてるのに気付きました❗
コロナ禍も落ち着きつつあり、観光客も戻りつつあるので、来月くらいから夜の賑わいが復活したら良いですねぇ。もちろん、nobutaも飲み歩けるようになればイイなぁ(^o^;)
行ってみたい飲み屋が結構増えてます❗

閑話休題。
午前7時に営業が開始される有難いハード系パン屋『プレタポルテ』さん。
のうれんプラザ前にあり、出社途中に立ち寄って朝食を購入できるので、オープン以来、とても重宝しているパン好きにはたまらないお店になります。
レビューの回数も多くなっているので、目新しいパンが並んだ際にアップするつもりでいたんですが、考えてみれば朝のレビューはしていなかったので、小ネタ程度に掲載することにしました(笑)
写真のトップが本日のタルティーヌで、乗っかっている食材が日々代わりますので、『飽きがこない』パンです。
また、多分ですが乗っかる食材によってベースのバケットがサイズを異にします(笑)

こちらのお店はハード系が主なのですが、朝はハード系の焼き上がりが午前8時なので、それよりも早い時間に訪問する時は、バケット生地のタルティーヌがnobutaには合うんですよね(笑)

もう1枚の写真はクロックムッシュ!
こちらは、必ず早朝に置いてあるとは限りません。でも、比較的に出展される頻度の高いパンになります。
このクロックムッシュ200円だけで、朝食は十分と思えるくらいのカロリーなんじゃないかな(^_^;)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

これはお薦め❗お得で美味しい沖縄そば屋❗・・・SUBA California(国場)

2021-10-23 03:27:00 | 那覇食べ歩き

nobutaが沖縄不在中の平成30年春にオープンした真玉橋から国場交差点向け国道沿いにある派手な外観の沖縄そば屋「SUBA CALIFORNIA」さんに初訪問してみました。
お店の壁面の絵柄が凄いので、車を運転していても目に留まります(笑)
その壁面側に4台分の駐車場があるのですが、非常に変則なので、たぶん3台が限界なのではないかと思いますし、駐車の仕方次第では、後続の駐車車両に脱出を遮られることいなりそうな感じです(笑)

さて、通り沿いのテラスに「沖縄そば定食500円」と掲載されているので、沖縄そば屋さんであるとは認知していたんです。
勿論、非常に安い価格だと思っていたので、機会があれば訪問してみようと考えていましたが、気が付けば沖縄に戻って1年半が経過してました(汗)
店内に入ると、小さいながらも広々とした空間作りで、カウンタ―4席、6人掛け以上のサイズ感のあるテーブル2卓が鎮座しています。注文のスタイルは分かりませんが、女性の方が一人で切り盛りされており、厨房にいましたので、paypayなどのマークが貼ってある窓口みたいなところから声を掛けました。

窓口の上の壁にメニューがあり、
 すば(大)750円
 すば(中)650円
 すば(小)500円
 ゆし豆腐そば750円
 ゆし豆腐500円
 みそ汁600円
 ポーク玉子600円
 じゅーしー150円
となっています。
「定食がないな~」って思ったので質問したところ、すべてが定食(じゅーしー、サーターアンダギー付)なんだそうです。
ゆし豆腐そばかすば(大)で迷いましたが、初訪問なので正統な「すば」にしました。
出てきたのが最初の写真になります。
アップがこちら。



どうですか!
なかなかビジュアル的にも良いんじゃないですか(笑)
しっかりとしたどでかい軟骨ソーキが2個、三枚肉(これまた大き目)が1個、蒲鉾も付いています。
これだけの具材たっぷりで、じゅーしーとサーターアンダギーが付くとは、相当なリーズナブル感ですよね。
三枚肉の味も軟骨ソーキの味も、nobutaの好きなしっかりと煮込んだ味付で申し分ないんですよ!
出汁は、豚と鶏のようですが、鰹出汁があっさりと香り、肉類が引き立てられています。
麺を食べたところ、照喜名製麺のちぢれ平太麺です。久々の照喜名ですが、特徴があるので分かりやすしですね。それに美味しいしね(笑)

また、脇を支えてるじゅーしーの味付けも今風で食べやすいタイプです。
そして赤ちゃんの拳大サイズのサーターアンダギー・・・・う~ん。これだけ揃って750円とは素晴らしいですね~。
素直に美味しいと思います。
これはいずれの日にかゆし豆腐そばを食べに再訪問決定ですね(笑)
ご馳走様でした!!!!

そうそう、夜はセンベロのある沖縄そば居酒屋さんだと看板から察しました!

那覇市国場201
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鯖節ラー旨いですよ!)・・・麺ヤ事業部ブンキチ(栄町)

2021-10-21 05:19:00 | 那覇食べ歩き

那覇安里のディープスポット「栄町社交街」の門下にあるラーメン屋「ブンキチ」さん。
美味しいらしいと聞きはすれど、飲み会ができなくなって久しいため栄町に行く機会もほとんどありませんので、行くチャンスもありません。

先月、栄町の人気ビストロがランチ営業を開始したので久々に栄町に出向いたところ、41分100円の駐車場を発見し、ここに停めれば、土曜日のランチタイムに「ブンキチ」に訪問しても苦にならないな~と思ったんですよね。
それで、9月半ばの土曜日。ラーメンじょーぐぅーの長男を引き連れて初訪問となりました。

nobutaが初訪問するお店に連れて行くと、長男は「犠牲者になりたくない。美味いと分かっているラーメン屋だったら喜んで行くのに・・」とブツブツ文句を言っていましたけど、当たることもあれば外れることもあるのが食べ歩きの醍醐味です(笑)

さて、栄町社交街にあるお店なので、小さなお店だろうと思ってたんですが、入店するとカウンターが両サイドにあるだけで全体で7席程度の小さなお店でした。それでも綺麗に整理されており、居心地の良さはあります。

メニューを見ると
 サバ節香り醤油ラーメン 750円
 背脂煮干しラーメン(塩、醤油) 750円
を基本に、背脂焦がしニンニク、チャーシュー麺、味玉チャーシュー麺などが並びます。
ランチタイムは、ライス小もしくは大盛が無料となっています。これは有難いサービスですよね。
nobutaは、
 サバ節味玉チャーシュー麵 1,100円
を選択、長男は
 背脂味玉チャーシュー麵 1,100円
を注文しました。
正直、沖縄のラーメン屋の強気な値段設定には辟易しますけど、慣れてきましたね(苦笑)

薬味として
 超激辛と書かれた薬味
 昆布酢
 柚子胡椒
などがあり、nobutaは柚子胡椒で味変するのが大好きなので、これは有難かった。
さて、出てきたのが最初の写真になります。
アップがこちら。

なかなか美味しい叉焼です。サバ節も香り良くて美味いですね~。
途中で、柚子胡椒をたっぷりと投下したため、サバ節の美味しさが柚子胡椒で打ち消されてしまいましたけど・・・・汗
ちなみに長男の背脂味玉チャーシュー麵の塩味の写真がこちらになります。

味玉大好きな長男曰く、黄身のトロトロ感は素敵だが、面が温かい(冷えている方が好きという意味)とのこと。
支払いはpaypayが利用できましたよ。
ラーメンは美味しいと思います。値段は高いけど、これが沖縄ラーメンの現状なので致し方がないかな。
ご馳走様でした!!

追記・・「高いと思うならチャーシュー麺を頼むな!」というコメントを頂きましたので、レビューに追加しますよ。
まず、高くてもお店のメインを食べなきゃ、せっかく訪問したのに勿体ないと考えてます。
高いのは承知の上で食べてますから、美味しいけど、やっぱり沖縄のラーメン価格って、全体的に高いよなぁと感じちゃうんです。


那覇市安里388-97
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トーストの存在感がスゴすぎ(笑)・・・コーヒーハウス潤(久茂地)

2021-10-20 05:23:00 | 那覇食べ歩き

とある夏のランチタイム。この時期は久茂地2丁目界隈の未訪問店を積極的に訪問していたんです。ただ、緊急事態宣言下が長引くにつれ、発令当初の5月末頃にランチ営業を開始した飲食店も休業するようになり、徐々に行くお店が無くなってきました(汗)
そこで、訪問することを躊躇していたお店にもチャレンジすることになりそうだと思うようになっていたんです。
その躊躇していたお店が、今回、訪問することになった喫茶店「コーヒーハウス潤」さんなんです。なぜ、躊躇していたかと言うと、雑居ビルの2階にお店があるため、外からは店内の雰囲気が読めず、nobutaはランチタイムに「喫煙可」のお店には行きたくないという主義なので、喫茶店は「喫煙可」も多々あることを踏まえると、危険信号が発せられて躊躇してたんですよね。

ところが、マイレビュの方が訪問結果をアップしてくれたため、写真からお店の雰囲気を察知できたんですよね~。何となく、テーブルに灰皿が置かれていないような感じだったので、これは「行くお店も少なくなってきたし」思い切ってチャレンジしてみようってことに・・・・・

で、当日。お店に繋がる外階段の壁に貼られているメニューを確認すると、この日のランチは
 シーフードピラフ
 親子丼
 ポーク玉子サンド
の3種類がメイン。
それ以外の定番メニューは
 豚生姜焼き
 肉丼
 豚生姜丼
 肉とピーマン炒め
 肉ととーふ炒め
 ゴーヤー炒め
 ナス味噌炒め
 ちゃんぽん
 目玉焼きそば
 ナポリタン(トースト付)
となっていました。ちなみに全て700円(税込)なんじゃないかと思います(金額表示がありませんので絶対とは言い切れませんけど)。
nobutaは、この定番メニューにあるナポリタンに興味があって、こちらのお店を訪問することになれば「ナポリタン」と決めていたんですよね。
沖縄定食の定番である「ぎゅーぴー」「ゴーヤ」「ナス味噌」「ちゃんぽん」も捨てがたいですけど、喫茶店と言えば「ナポリタン」って気分になるんですよね(笑)
と言うことで、2階に上ります。



2階の通路奥にお店があり、店内は、4人掛けテーブル4席、6人掛けテーブル、2人掛けテーブル2席とカウンターという構成。コロナ対策的にはアクリル板等の設置はないです(今時珍しい)。

ナポリタンを注文すると、即座にお水とサラダが登場しました。
それがこちらの写真。サラダのドレッシングが意外に美味しい!
それを食べ終えてしばらくすると、ナポリタンとトーストが登場しました。
それが最初の写真になります。アップがこちらです。



まず、トーストが分厚い・・軽く見積もっても3cm以上の厚さがあります。
それに対してナポリタンは細麺なので、量が少なく見えちゃいます(笑)
しかし、実際は、トーストがあまりにも大きすぎるので、ナポリタンが見た目貧相に感じるだけで、食べ始めると量は普通にあります。あまりにもトーストの存在感が際立ってるんですね(笑)
ナポリタンを普段食べる機会がなく、前回食べたのは東町の離島児童支援センター道向かいにある「すかぶら」さん以来ですから1年は軽く経過してますね。

食事を終えてから、セルフでアイスコーヒー(アイスティー、ホット珈琲)を飲むことができるので、そちらを頂いて撮影した写真を整理してからお会計をしました。
800円くらいかな~って思って小銭を準備したのですが、最初に書いた通り700円でしたよ。
久茂地交差点近くのお店で、この金額は魅力的ですね。
どうりて、ランチタイムはお客さんで一杯になるはずです(実際、nobutaが出るときには、すべてのテーブルが埋まっていました)。
そうそう、予想通り喫煙者は居ませんでしたよ。ご馳走様でした!!!

那覇市久茂地2-15-1
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

汁なし担々麺を食べに7年ぶりに登竜門へ

2021-10-19 18:22:00 | 那覇食べ歩き

今年の夏は、結構、麺類(特にラーメン系)で負け試合があり、あまり負けるというのに慣れていないnobutaには結構堪えるランチ食べ歩きとなっていました。特に週5日の平日ランチで連戦連敗したことがあり、「麺の負けは麺で取り戻す」というスタイルのため、未訪問店の訪問時期の峻別ミス、もしくは選んだ商品の選択ミスに心が折れかけました(苦笑)
そういう時は、結局、安定感があって美味しいことを知っているお店への再訪問でしか「取返し」が効かないので、連戦連敗だった週末から、美味しい沖縄そばから始まって、平日ランチは美味いラーメン屋を巡るような動きに切り替えて負の連鎖を断ち切ったんです。

と言うことで、そんな負の連鎖を断ち切るために再訪したお店の1つである登竜門さんのお話になります(前置きが長過ぎました)。
登竜門は、一銀通りのいちぎん食堂斜め向かいにある人気「担々麺」のお店になります。

nobutaが前回訪問してから7年半近く経っていますが、未だにお店が健在である上、お客さんの入りも良い様ですから、那覇でも有名なお店ですね。
勿論、7年以上も昔の感想など覚えているはずもないので、自分の過去blogで記事を確認し、前回は濃厚担々麺835円を食べていたこと、次回訪問する際は「汁なし担々麺」を食べると誓ったことを思い出しました。
そこで、注文するのは「汁なし」と決め打ちして訪問したんです。
通り沿いにある看板を見ると、ちゃんと汁なし担々麺がメニューに存在するのが分かりましたが、
 冷やし担々麺
があること、それ以外にも塩ラーメンやつけ麺、冷やしラーメンがあることも分かり、一瞬、「汁なし」「冷やし」と迷ってしまいながら入店。

券売機を押すときは、初志貫徹で
 汁なし担々麺 900円
を押しましたけどね(汗)
で、券売機を眺めながら、7年前に835円だった担々麺が900円というのは、消費税の増加分や食材の高騰などを考えると、相当頑張ってるな~ってある意味感心。

しかも、ランチタイムはサービスがあり、
 大盛り
 ライス
 黒ゴマプリン
 杏仁豆腐
のいずれかが無料とのことで、更に感心(笑)
登竜門さんは、自家製麺のお店ですが、今では「太麺」「平打ち」「細麺」から選べるようになっていることも分かり、合わせて感心!!!
さらにさらに、ホールを担当するお姉さんの接客の上手なことに至っては、非常に好感を持てて「いやはや良いお店だな~」と本当に思いました。
で、一体全体、なんで7年も未訪問なんだろうと自己嫌悪(笑)もっと頻度良く訪問すべきだな~って反省しちゃいました。
ただ、店内は、コロナ対策用にアクリル板を設置しているんですが、テーブル席の間隔は狭くて、やはり密度が気になりましたね。テーブル1卓くらい減らした方が時代にはマッチしてそうでした。
注文した「汁なし担々麺」のビジュアルが最初の写真。アップがこちらになります。

系列店の沖縄そば「くくる」さんには、頻度良く訪問しているので、あちらでたっぷり利用する薬味がちゃんと置いてあり、味変しながら頂きましたよ。

もちろん、ちゃんとテーブルには、紙エプロンも準備されており、正直、申し分ありません。
美味しく完食し、ホールのお姉さんの元気な声と手際の良さに感謝しながらお店を後にしたのでした。
美味しかったです。
ご馳走様でした!!!!
今後は年1回は訪問するように心掛けたいと思います。

那覇市久茂地2-11-16
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

噂の『マカのン』頂きました!・・・マーサンミッシェルカフェ(おもろまち)

2021-10-19 03:45:00 | 那覇食べ歩き

沖縄ではお祝い事で「のまんじゅう(のーまんじゅう)」という首里久場川にある銘菓「ぎぼまんじゅう」さんのお饅頭を頂くことがあります。それは白のお饅頭にでっかく食紅で「の」の文字が書かれているお饅頭なんです。「熨斗袋」の「のし」の「の」を描いていて、縁起物として重宝されているんですよね。
nobutaは餡子が(食わず)嫌いなので、頂いても妻に渡してるだけなんですけど・・・・
で、その「のまんじゅう」って結構文化として定着しているので、それを捩って「マカロン」に「の」の文字を描いて「マカのン」として売り出しているお店が登場し、それが沖縄タイムス(地方紙)にでっかく記事として掲載されていたんです。
その記事を読んで、製造販売しているのが「ココアイランドオキナワ」さんであることを知ったnobutaは、結構驚いたんです。
だって、「ココアイランドオキナワ」さんって、「首里御殿山」という沖縄そば屋さんを運営している会社だからです。
沖縄そば以外にも色々と手掛けてるんだな~って思うと同時に、コロナ渦の中で色んな知恵を絞って仕事をされていることに感心したんですよね。
で、ま~nobutaは50代なので、出産祝いなどで重宝される「のまんじゅう」に因んだ「マカのン」を頂く機会も少ないだろうと思っていたんですよね。
でも、その記事を読んでから1週間くらいした某日、昔の部下が育児休暇から復帰したからと挨拶に顔を見せにやってきてくれた際、なんと、その旬な「マカのン」をお土産に・・・
いや~、無縁だろうと思っていたお菓子が目の前に・・・・(笑)
記事に書かれていた通り、苺、ピスタチオ、オレンジ、チョコ、バニラの5種類が1個つづ入って1セット。
店頭販売している「マーサンミッシェルカフェ」さんは、「ココアイランドオキナワ」さんが手掛けるキャラメル専門店とあって、マカのンの中にはキャラメルが挟んであるという優れもの。
餡子が嫌いなnobutaでも、これなら喜んで食べますよ(笑)
昨年秋から販売してとても人気があると新聞に書かれていたと思うんですが、本当に人気があるんでしょうね。こんなにすぐに巡り合えるとは思いもよりませんでした。
美味しいお土産でしたよ!
ご馳走さまでした!!

天久りうぼう楽市
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

素直に高いと思うが美味しいラーメンで満足度は高い❗・・・志のわ(市立病院前)

2021-10-18 05:24:00 | 那覇食べ歩き

真嘉比交差点から「田そば」を越えて松島中学校に向かう通りのT字交差点にあるラーメン屋「志のわ」さん行ってきました。
以前、沖縄では超貴重だったお好み焼き屋さんの場所に昨年末オープンしたお店になります。
当時、たまたま、体調を壊した部下の見舞いでお店の前を通った時に、お客さんが外に多数並んで待っているのを見て驚いたんです。だって、オープン時期から人が並ぶとうラーメン屋って、東銀座食べ歩きをやっていた時期に見かけた「八五」のオープン初日以来だったんですもの(笑)
さて、そんなこともあり、年末時期から人気のあるラーメン屋ができたもんだな~って思っていたんですが、なかなか行く機会がなく、あっという間に夏・・・そろそろ行かねばなるまいと9月上旬に長男を連れて訪問してみることにしました。

お店の駐車場は、お好み焼き屋の頃から建物裏手にあるのは知っていたので、11時オープン時間の10分前に到着し、駐車場に滑り込みました。どうやら敷地2個分離れた場所にも駐車場があり、5台分のスペースが確保されているようです。

店内は、カウンター2か所に4席(コロナで広く間隔をあけている)、4人掛け(広め)のテーブル3卓ありました。
券売機で購入する今時のスタイルではなく、注文して最後に清算するという懐かしのスタイルです。
一番客で入りましたが、それは正解で、nobuta達が帰るころには人が並んでいました。

メニューを確認すると季節限定ものもありましたが、基本は
 醤油、塩ラーメン 830円
をベースに、全部乗せが1,030円、トッピングが味玉、メンマ、葱100円、チャーシュー5枚250円となっています。
替玉は存在せず、大盛は+100円です。
チャーシュー丼350円、餃子5個350円もありました。
ま~高いと言えば高く、今時はこれくらいするかもねって言えば妥当な金額と思います。と言うか、沖縄のラーメン屋って結構高いお店が多いですからね(苦笑)
ま~nobuta的には、美味ければ全て許されると思っていますけど・・・
さて、長男は
 醤油の味玉2個乗せ+チャーシュー丼
を選択、nobutaは
 醤油全部乗せ大盛
にしました。つまり、客単価で1,300円くらいです(それを考えると高いかな)。
まず、チャーシュー丼が着丼。
その写真がこちらになります。

結構、いい加減なチャーシュー丼を提供するお店が多い中、こちらのはしっかりとした叉焼たっぷり丼で、見た目からも非常に美味しそうに感じます。
長男は、レア系のチャーシューを好みませんが、本人曰く「それでも十分満足できる美味しさ!」と話していました。
なにせ、帰り道に、「今後も行ってもいいラーメン屋」と話し、「トータルバランスが良い」とまで言っていましたからね(笑)
次に、醤油全部乗せ大盛が最初の写真。アップがこちらになります。



これはnobutaが食べたラーメンですが、とても完成した美味しいラーメンだと言えます。これは万人受けしそうで、大人も子供も素直に美味しいと感じるんじゃないかな。
nobuta自身、再訪して「塩」を試さなければならないと思いましたし、期間限定の「蕎麦」も食べた方が良いかもしれないと思いました。要するにレベルが高くて、他も美味しいに違いないと思ったわけです。
長男も気に入ったみたいなので、年内には再訪したいところですね。
ご馳走様でした!!!

那覇市真嘉比3-1-14
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宣言下に開催されたラーメンイベントで広島の拉麺を堪能!・・・酒処がらむ(久茂地)

2021-10-15 20:05:00 | 那覇食べ歩き

炉ばたまさらさんのInstagramの緊急告知で、居酒屋まさらの傍にある下駄ばき駐車場内の「酒処がらむ」でラーメン営業がなされることが分かり訪問してみることにした9月末の週末土曜日のお話になります。
こちらの「酒処がらむ」さんは、店名は知りませんでしたが、前々から居酒屋まさらの下駄ばき駐車場にある屋台が気になっていたので、Instagramの告知の写真を見て直ぐに場所が分かりました(笑)
Instagramの告知には、広島尾道の「拉麺またたび」のラーメンであるとのこと。
nobutaは生まれが広島なので、広島の文字を見て確実に訪問すべしと思ったんですよね~。
直ぐに「拉麺またたび」のレビューを確認して、尾道らーめんではないことが分かりましたが、とりあえず広島生まれで観音育ち・・・実家近くには天満川沿いの「すずめ」があり、基本「すずめ」のラーメンを幼いころから食べて育ったので、まぁ無性に食べたくなるんですよね(笑)
さて、午後1時からの営業だったので、他のお店で妻と昼食を食べて買い物をした後、フリーな時間帯を作ってから午後3時過ぎに1人でお店に立ち寄りました。



下駄ばきしたの屋台には、沢山のお兄さん、お姉さんたちがいて、どうやら一般客は場違いみたいな感じでしたが、Instagramで告知しているのですから、普通に空いている席に座って、お目当ての
 またたびの拉麺 1,000円
を注文しました。
1,000円って恐ろしく高いですけど、ま~イベント企画なので美味しく頂ければ全て良しです(笑)
登場したラーメンが最初の写真。アップがこちらになります。

まず、驚いたのは椀(器)です。
なんと
 中華そば くにまつ
の椀なのです。今では担々麺のお店ですが、広島市内では超有名店ですもんね(もちろん、nobutaが広島からいなくなった後にできたお店ですけど・・・実家に帰った際に食べたことが2回ほどあります)。
那覇でのイベントなので、くにまつの椀を見ても、感慨深く思う人はいないと思いますけど、nobutaは感慨深く美味しくラーメンを頂く気持ちになりましたよ(笑)
で、ま~普通に美味しい1,000円の拉麺を頂いたわけです。具材に特徴があるわけでもないので、美味しい中華そばを頂けたということで満足。こんな沖縄那覇で、尾道のラーメン屋さんの拉麺が楽しめるだけでも有難いイベントだと思いましたよ。
炎天下の中、ご馳走様でした!

10月からは普通にお店を再開されると思いますので、「居酒屋まさら」と「酒処がらむ」を流れで訪問してみたいものです。

那覇市久茂地2-6-20
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

緊急事態宣言下の特別企画『新垣家』の家系ラーメンはベースのスープがメチャ美味かった❕・・・パーラー小やじ(松尾)

2021-10-15 06:38:00 | 那覇食べ歩き

8月後半頃にパーラー小やじのInstagramが更新されて、9月初旬の3日間に『新垣家』というネーミングで家系ラーメンを提供するとの事。パーラー小やじは松尾の飲み屋街の人気店の1つなんだけど、緊急事態宣言下では営業していなかったはず。
そういうのは『行かないとね!』ということでスケジュールに登録しました。
初日は大盛況で直ぐにスープがなくなったらしいと知り合いから連絡があったので、訪問日は、オープン20分前に到着。
席はコロナ対策のため9席のみ。すでに客が並んでましたが、一巡目に滑り込めました(笑)
オープン時間には30人待ちという異様な状況になってましたから、最初に滑り込みできたのはラッキーでした(笑)

nobuta親子は、
豚骨醤油ラーメン750円
を注文。

辛ニラを投下する準備をして着丼を待ちましたよ(笑)
出てきたのが最初の写真になります。
アップがこちら。

まず、スープと麺を味わってから辛ニラをたっぷり投下しちゃいましたよ。ベースの豚骨出汁が非常に美味くて、さすが人気のある飲み屋だと思いましたし、これって、普通にラーメン屋を屋台でやっても受けるかもしれませんね(笑)

で、さっさっと完食。直ぐに次の客に席を譲ってあげないとね。もちろん、辛ニラは瓶に入っていたのを全て投下して旨辛なスープにして飲み干しました!
なかなか、良い企画ものでした。早く、飲める日がやってこないかな~(涙)
美味しかったです。ご馳走様でした。
たぶん、この人気ぶりからすると、緊急事態宣言が続けば、何度もやりとうな気がしますね(笑)
那覇市松尾2-11-8


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お昼だけバーガー喫茶『昼さがり』に変身するバーで1,000円BURGER(久米)

2021-10-14 18:30:00 | 那覇食べ歩き

Instagramを見ていると、久米にあるbar「Blanc de blanc」さんがランチタイムだけ「バーガー喫茶昼さがり」という店名でハンバーガー専門店になっているので気になっていたんです。
でも、夏の直射日光の中、久米まで行くのはおっくうだな~ってことで、10月中旬の曇り空のランチタイムに訪問してみることにしました。
日本そば「みつまる」さんの近くにあります。

こちらのbarが気になっていた理由は、barなのに美味しそうなアテをコース料理みたいに提供しているからで、絶対に美味いだろうな~(しかもお酒と一緒に飲んだらなおさら)と踏んでしたんです。
だから、ハンバーガー専門店としてランチ営業しても、那覇で有名な「Zooton's」や「maverick」に負けないだろうと思ったんですよね(笑)



さて、店内に入ると当然のようにbarの空間ですが、カウンタ―以外のテーブル席も結構ゆとりがあり広々としていました。



メインメニューは
 昼さがりバーガー 1,500円
を筆頭に
 ハンバーガー 1,000円
 チーズバーガー 1,200円
 てりやきバーガー 1,200円
 ダブルチーズバーガー 1,800円
 ラムタイムバーガー 2,000円
となっており、全てにポテトフライが付きます。
平日じゃなければ、ドリンクのクラフトビール1パイント1,300円と注文しちゃいそうですね(笑)
さて、nobutaは身分相応ということで1,000円のハンバーガーを注文しました。店名の付いている昼さがりバーガーは、ブルーチーズなどが挟んであるみたいです。
そのハンバーガーのビジュアルが最初の写真。
角度を変えたのがこちらになります。



ウマウマのポテト、食べ応えのあるハンバーガーでなかなか良いですよ!
肉厚も良くてね。しかも県産和牛のパテですよ!!
満足度の高いハンバーガーでした!
本来は、夜、barタイムにコース料理を楽しみたいと思っていたお店なので、次回は、夜訪問しようと思います。
勿論、コロナが落ち着いた時期ですけどね!
ご馳走様でした!!!!

那覇市久米2-19-1
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする