nobutaと南の島生活in沖縄本島リターンズ

ブログ「のぶたと南の島生活」の写真容量がオーバーしそうなので、食べ歩き用に開設した新ブログになりますよ!!!

さいたま市内で心を奪われた定食のお店!・・・なか里(八王子)

2020-03-31 06:11:00 | 埼玉食べ歩き

さいたま市に3年間住んだnobuta。最後の最後の記事として残していた『最高の定食屋』について書きます。
このお店を認知したのは埼玉でもとても信頼のおけるレビュアーの記事で、あまりにも良さそうな定食屋なのでBMして行く機会を探っていた1月末の平日火曜日に初訪問しました。
この日は年休でして、給食無しだった長男が帰宅するのを待ってから八王子公園近くの『なか里』さんに向かいました。
お昼は定食屋、夜は居酒屋になるお店です。場所については朝ジョギングの際に確認済みで、自宅から4kmちょっと離れた場所に有ります。正直、JRの駅があるわけでもないので車がなければ行くのは無理というお店です。
駐車場は4台停めることができ、お店に隣接しています。
午後1時半過ぎに到着。ランチ時間帯は過ぎ去っているので、nobuta達がランチ最後のお客さんになりますが、ジョーク連発する店主が快く向かいいれてくれました。



お店はテーブル席と座敷(座敷もテーブル席)に別れています。けっこう綺麗にしている定食屋さんですね。
卓上に灰皿があるのでランチも吸えるのかもしれませんが、全く煙草の臭いはしませんでしたので、ランチタイムは禁煙なのかもしれません(その方が有難いです)。







気さくな店主が、一番暖かい席に座りなさいとストーブ近くの席を示してくれましたので、そこに座ってメニューを一応確認しました。注文するのは初めから決めており、nobutaが食べたかったのは『カキフライ定食』700円です。そうなんです!カキフライが700円で食べられるお店なのですよ(笑)
だから冬の時期に行くべし!と心に決めていたのです(笑)
長男は『トンカツ定食』800円を食べさせる予定だったのですが、貼ってあるメニューを見ると『5食限定!ビックトンカツ定食』1,000円となっており、店主から『今日は3食出たからまだ残っているよ!』と説明を受け迷わず注文しました。
さて、じっくり出来上がりを待ちます。nobutaのカキフライは15分ちょっと、長男のビックトンカツは20分くらいで登場しました。じっくりと時間をかけて揚げてくれてるんですね。
ちなみに御飯大盛りはプラス50円なので2人とも大盛で注文しました。
さて、まずはカキフライ定食からです。



御飯大盛は、御飯茶碗ではなく丼にたっぷりと米が詰まってやって来ました(^_^;)
これはおじさんには荷が重い(取り皿を貰って長男に挙げます)。
小鉢はサラダで、メインのカキフライの大皿にもサラダがたっぷりと乗っかってるので、野菜天国状態になってます。nobutaは野菜が大好きなので、御飯を長男に挙げた換わりに、長男のサラダを貰いましたよ(笑)
味噌汁は豚汁なのですが、明らかに具沢山!
と言うよりも具ばかりで汁は気持ち程度というくらいなんです。もちろん美味しい!
メインのカキフライはとてもネタが大きい牡蠣で食べ応え十分!揚げ加減も十分!ホクホクで素晴らしいっす。これだけ揃って700円プラス50円って考えられないくらいのハイコスパです。
もう感動もんですよ(笑)

そして、やって来ました!長男のビックトンカツ!
これがね。分厚いのです(^_^;)
普通のトンカツの厚さの2倍以上はありそうです。かなり時間をかけて揚げているので柔らかさは健在!それを5等分にカットしています。これはすごく旨そうですね。長男が食べ始めます。スタートは良好。柔らかくて美味しいと御飯(どうぶりプラスnobutaのどんぶり半分)とトンカツを堪能しています。
余りにも分厚いのでバナナを食べてるみたいです(笑)
しかし、4カット目を食べる頃には明らかにペースが落ち、5カット目は辛そうです。もう豚汁は食べられないと訴えるので、nobutaが豚汁を食べました。その結果、nobutaの胃袋にも限界到来。

長男は食べ終えて車に乗ったあとで『豚汁を食べていたら吐いてる!もう一週間はトンカツを見たくない!はち切れる~』と呻いてました(笑)
帰宅後、勉強部屋で、大学一年で期末試験のレポートを作成していた長女と腹がはち切れそうな長男は並んで昼寝。寝顔は幸せそうでしたね(笑)
しかし、凄い定食でしたね。他も軒並み安く、定食によっては納豆付きもあり、納豆嫌いな人は厚焼き玉子に変更できると書かれているなどサービスに手抜きはなさそうでしたね。
埼玉で食べた定食屋の中では値段、内容、美味しさのバランスからピカ一だと感じましたよ!
後は場所ですね(^_^;)
ご馳走さまでした!

これが埼玉食べ歩きラストの記事になります。トータル○店舗を三年間で食べ歩きました。平日は都内食べ歩きなので、それからするとよく食べた方だと思ってます(笑)
埼玉のマイレビュアーの皆様には本当にお世話になりました。この場をお借りしてお礼申し上げます。
『埼玉県民』になれて良かったですよ(笑)
コメント (2)

ランチでは感じなかった美味しさとリーズナブルさがある!・・・サムシング・クアトロ(北浦和)

2020-03-30 06:25:00 | 埼玉食べ歩き

本当に本当に最後の北浦和食べ歩きネタになります。既に北浦和の自宅は立ち退いており、西川口でホテル暮らしだったnobuta家。
常盤中卒業式だった日の夜、明日は沖縄行きの飛行機に乗るので、家族全員で食事と取れるのはこの夜が最後となりました。

日暮里で生活を始めた子供も呼んで、西口はハッピーロードにある人気のイタリアン『サムシング・クワトロ』に向かいます。
人気店なので、事前にネットで席を予約していたのですが、大正解(笑)
こんなにコロナウィルス禍にも関わらず、満員御礼で女性のグループで埋め尽くされていました。相当、忙しそうです(^_^;)
店長と女性のスタッフがホールを担当していましたが、よくこれだけの忙しさに対応していると感心しきり。あまりにも大変そうなので、無理は言わない方が良いだろうと長女と話して、食事を楽しみました。
長女がこちらのお店を贔屓にしていたので、長女が美味しいと思う料理をアラカルトで注文していきました。
また、30分飲み放題があり、最初の30分だけ飲み放題にして、生ビールを4杯(800円)頂きましたよ(笑)
長女が選ぶだけあって、美味しいイタリアンでしたが、かなりボリュームもあり、家族で食べるには十二分!
昔、ランチで利用したことがあったのですが、その時には感じなかったサービス、美味しさを実感しましたね。















食べた料理は写真の通りなので、相当食べてます。なのに一人3,000円いかなかったのは、やはりドリンクですね(笑)




nobutaしかお酒を飲まなかったので、その金額で落ち着いたんだと言えますが、やはり30分飲み放題というサービスが効いていること間違いなしですね!
美味しいかったです。ご馳走さまでした!

さいたま市浦和区北浦和4-3-11
コメント

空港で食べるカレーうどんだから良いんだろう・・・cuud(羽田空港第一ターミナル)

2020-03-29 00:05:00 | 東京食べ歩き

羽田空港JALサイドの出発ロビーは、手荷物受取所のBとCの中間地点にある『カレーうどん』専門店cuudさんを利用した。




ま~外観からは洒落たお店は店内もお洒落で、おしぼり、ナイロンエプロンも準備されており、雰囲気、サービス的な面は完璧といえる。




メニューも絞ってあり、カレーうどん、トマトカレーうどん、そのハーフ&ハーフの3種類が何れも1,278円(外税)という金額で提供される。つまり1,400円くらいのカレーうどんなので、高いと言えば『それは高い』が、空港では妥当金額だし、カレーうどんオンリーが出てくるのではなく、ご飯、野菜ピクルス、出汁割りが付いてくるので、なんか許せる金額ではある(笑)






肝心のカレーうどん本体であるが、子供や年配の方には不向きなので注意すべし。その点は外観からも感じ取れるので間違う人は少ないかな。
カレー出汁は、nobutaは、トマトカレーもカレーも嫌いじゃないね。しかし、麺はね(^_^;)
まぁ、コンセプトが洒落ているところに比重を置いているんだろうから致し方がない麺って感じ。うどんフリークには、受け入れられないだろう。これで、麺まで納得できるものだったら、相当、高い評価になるね。
とにかく、ここは空港だからなぁ。これからすると良いお店だと思うよ。
ご馳走さまでした!



コメント

ハーフサイズで飲みまくった(笑)・・・クラフトビアバルIBREW銀座一丁目店

2020-03-28 00:00:00 | 東京食べ歩き

沖縄時代の上司と最後の飲み会とあって、ビール大好きなnobutaのためにクラフトビアバルが会場になりました(笑)

都内に4,5店舗お店を構える『IBREW』さんです。nobutaは新橋駅前店に行ったことがありますが、こちらの銀座一丁目店は初訪になります。
お店の場所は前々から知ってて、何時もお客さんが一杯という印象があるお店です。

















さて、コースの予約はしていないので、アラカルトで攻める事になりました。
沢山種類を飲むためにハーフサイズ270ml429円を選択。この安さがこちらのお店の魅力でもあります(笑)









スタウト大好きなnobutaは、
いわて蕨ビール『オイスタースタウト』
仙南クラフト『スタウト』
SHIKIBEER『BURGUNDY』
スワンレイクビール『ストロベリーダークセゾン』
ALESmith『SPEEDwayスタウト』
を味わい、更に大好きなコエドビールの飲食店用に卸している台湾Sunmaiとのコラボレーションビールも飲みます。

アテとなる食事もガツガツ食べ、懐かし思出話と共に4時間も長居(^_^;)
いやぁ~旨かった!







値段もお手頃価格で収まり申し分なしですね(笑)
ご馳走さまでした!

中央区八重洲2-11-7

コメント

路地裏の古くて小さなお店・・・新日本料理春(御徒町)

2020-03-27 05:50:00 | 東京食べ歩き

店名の冠『新日本料理』がスゴいので、和食の高級店の様に感じるかも知れませんが、御徒町駅南口から末広町駅に向かう中間地点の狭い路地にひっそりと佇む、メチャメチャ古いお店です。
この日は、都内で独り暮らしを始めた長女と御徒町駅ランチ。前からBMしていたお店4店舗の中から『春』さんを長女が選びました。
家で揚げ物を作れないので、天ぷらや揚げ物が食べたいというのが理由です。

こちらのお店は店頭に黒板でメニューの記載がありますので、選んでから入店するのがベスト。何故なら、年期の入った店主から直ぐに何を注文するのか聞かれますからね(笑)
この日の黒板には、900円ものが天重、天ぷら定食、いわし天ぷら定食、やりいか天ぷら定食、春野菜天ぷら定食、いわしフライ定食、焼魚定食。1,000円ものが季節魚野菜天ぷら定食、牡蠣天ぷら定食、牡蠣フライ定食、牡蠣柳川定食、ちゃんこ鍋定食、蛤鯛季節野菜茶碗蒸し定食、刺身三点盛定食、蛤酒蒸し定食。
正直、天ぷら定食以外は、全て食べてみたいと思いました(笑)
しかし、後にも先にも一度きりの訪問だと思いましたので、素直に天ぷら定食を選択。長女は海老が嫌いなので野菜天ぷら定食を選択して入店となりました。

店内に入ると、外観からは感じられないくらい古いお店。得に手前のカウンター7席はノープロムレブですが、奥の二人掛けのテーブル席からは座ることすは無謀(笑)





さて、ここから出てきた定食も見事な出来映えでした。
しっかりと小鉢まで付いて、揚げたての天ぷらが、千円以下とは感謝しかないですね(笑)
ワンオペなので不満に思う方もいるかも知れませんが、丁寧でしたよ!
たぶん、それが一番大切なんだと思います!

nobutaが近隣に勤務していたら、全メニュー堪能していただろうと思わずにはいられませんね !
ご馳走さまでした!

千代田区外神田5-4-10

コメント

味玉は美味しいが・・・麺処有彩(西川口)

2020-03-26 07:29:00 | 埼玉食べ歩き

西川口にある有名なラーメン屋『有彩』に行ってみました。正直、nobutaの口には全く合わず、恥ずかしながら途中で残して退席しようかと思ったのですが、何とか食べきりました(^_^;)
nobutaがこういうパターンに陥るのは稀中の稀なので、本当に口に合わず!です。
食べログでは百名店ですが、nobutaなりの理由を記載していきます。
まず、美味しかったのは味玉ですね。黄身がしっかりととろけるように仕上がっていて、まずもって美味いと感じました。
では、受け入れられなかったのは何かと言いますと、スープと自家製麺です。

特製醤油ラーメン900円を券売機で選んだのですが、それには『あっさり』という記載がありました。しかし、実際は濃厚な醤油で、あまりにも強すぎて具材に合わないと感じましたし、麺も関東ではよく見かける平打ちのちぢれ気味な細麺で、これもnobutaには受け入れがたかった。若干、佐野ラーメンの受け入れられないバージョンと嗜好がリンクしてしまいました。

ラーメンは、好みがありますから、nobutaみたいに感じる方は少ないかも知れませんけどね(^_^;)
そうそう、ホールの女性の接客は丁寧でしたよ。
それに、nobutaが入店した際は一人待ち状態でしたが、帰るときには15名くらい待っていたので、本当に人気店なんだと思いました。
ご馳走さまでした!

川口市西川口1-8-5
コメント

広島出身の元気なおじいさんが作るお好み焼き!安い!旨い!ボリューム満点!・・・しゃもじ(西川口)

2020-03-25 05:44:00 | 埼玉食べ歩き

北浦和からの引越しが完了し、暫くは西川口のホテルで暮らすことになったnobuta。ホテルの近くにお好み焼きの暖簾を発見。ネットでググってみると、なんとなんと広島風(nobuta的には正当なお好み焼き)じゃないですか!
そうと分かれば家族で行ってみるしかありません。店内は勿論カープのポスターだらけ(笑)

メニューはしゃもじにマジックで書かれており、鉄板焼など豊富なラインナップですねぇ。しかも、かなり安い(^_^;)
肉玉そばは700円。
牡蠣バター680円、ステーキ980円等は価格破壊しているんしゃないですか!
店主の80歳手前と思料されるおじいさんと話していると、『値段を書き換えるのが手間。オープン以来33年間値段据え置き!』と笑っていました(笑)



nobutaが観音出身だと話すと、おじいさんが敏感に反応。おじいさんは観音高校のヨット部だったそうで、インターハイ2連覇!と話されていました。
奥さんが蕨出身で、近くの西川口にお好み焼きのお店を立ち上げて長らくやっているそうです。

おじいさんの作るお好み焼きは、全てがたっぷり!キャベツたっぷり!豚肉たっぷり(笑)
いやいや、これで700円はヤバいでしょ。

おじいさん曰く『お好み焼きを焼くことがボケ防止』なんだそうで、『損得勘定』ではないんだそうです(笑)
埼玉は極端にお好み焼きのお店が少ないし、都内も多くはありませんが、この値段、このボリュームで、なぜ今までお店の存在を知らなかったのか不思議でなりませんね(^_^;)
こんなお店が西川口にあるんなら足しげく通っていたんだけどなぁ~
後悔先に立たずですね(笑)
メチャ気に入りました!埼玉とのお別れも残り3日ですが、できれば再訪したいなぁ~
ご馳走さまでした!



川口市並木3-18-3
コメント

流石は人気のある大盛でお手頃価格のラーメン屋!・・・喜久(北浦和)

2020-03-24 04:47:00 | 埼玉食べ歩き

3年前、北浦和に引っ越してきた慌ただしい時期に3回ほど訪問した自宅直近のラーメン屋『喜久』さん。
北浦和駅西口から10分くらいの場所にあるのに何時も人が列をなしている人気店です。
人が並ぶ理由については3年前にレビューしたので、そちらをご覧ください(笑)
さて、自宅から徒歩2分の場所にも関わらず、その後は未訪問だったのですが、それは、どうせ転出する時期に自宅で料理をしなくなれば、食べに行くと予見していたからなんです。
で、引越直前の日曜日のランチに訪問してみました。この日は雨で、肌寒く、オープン直後なのに並んでません。ラッキーですね!



小さな店内の奥にある座卓に陣取り、メニューを確認したところ、3年前から50円だけアップしたたげと良心的なことがわかりました。
こちらのラーメン屋は、塩ラーメンがベスト。○○らーの○○によって塩、醤油とベースが異なるので要注意(笑)
そして、セットで餃子、もしくは半チャーハンを選ぶべし。特に半チャーハンは、半チャーハンとは言えないボリュームがあるのです!
ということで、長男はチャーシュー麺の餃子セット。nobutaはモヤシラーメンの半チャーハンセットを選びました。共に1,050円になります。
出てきたのが写真になります。









どうですか?このボリューム感(笑)
人気があるのも頷けますよね!
家族連れ、カップル、お一人様など、本当に人気がありますよ。
今回も胃袋がはち切れるくらいに食べました!大満足です!
ご馳走さまでした!

さいたま市浦和区新中里1-14-17

コメント

これは上品なスープでとても美味いラーメンだなぁ・・・めん処羽鳥(日暮里)

2020-03-23 06:51:00 | 東京食べ歩き

都内で人気のラーメン屋さんって、当たりハズレがあるんですが、こちらのお店は『当たり』でしたね(笑)
スープがシンプルながらとても美味かったです!

これは朝から引越だった日の午後の話。沖縄行きの荷物と日暮里行きの荷物に分けて荷出しを行い、日暮里は午後荷入れだったので、午後2時前に日暮里駅に到着。東口の人気ラーメン屋『羽鳥』に狙いを定めて訪問しました!
人気店と承知していたのですが、平日のランチ終了後という時間帯だったので、先客0という状態で店内へ。
L字カウンターのみの小さなお店ですが、店主以外に従業員の女性が2人もいるので、相当な人気があるんだと思いました。
券売機が左手にあるので、まずはにらめっこ。

疲れていて考えるのもいやだったので、左上のメインボタン『生姜ラーメン850円』と麺増110円を押して席に座りました。

カウンターに食べ方の説明があり、生姜を崩さずにスープを味わった後、生姜を崩して味を整えるようですね。
出てきたのが、最初の写真。アップがこちらの写真になります。

チャーシューは見た目以外に厚めにカットされていて、味付けはあっさりしてるのですが、とても美味いと思います。
そして、スープですねぇ。優しくあっさりしていますが、途轍もなく美味い!
これは美味いなぁ。麺は好きなタイプではありませんが、そんなのはどうでもいいと思えるくらい美味しいスープでしたね!
素直に美味しいなぁと思いましたよ(笑)
ご馳走さまでした!

荒川区西日暮里2-28-8

コメント

新しく登場した炭火焼きの焼肉屋さん・・・國家炭之助(北浦和)

2020-03-22 06:56:00 | 埼玉食べ歩き

北浦和駅西口からJR沿線沿いを北上徒歩3分の場所にできた新しい焼肉屋さん。昔は焼鳥屋、その後不思議なお店になって、その不思議なお店だった正月明けに焼肉を披露していた時があり、それが新店舗の予兆だったんだと今では思います(笑)
荷造り最終日、明日は朝から引越の夜に、概ね引越準備が終わったので、外食として利用しました。日曜日の夜ですがやってます!
午後3時からオープンのようですね。



店内は先客が二組居ましたが、全く煙が立ち込めておらず、換気の良さが分かります。
それでも、服などはビニールをくれるので、それに繰るんで煙対策は万全です。



まずは飲み物メニューから、生特大、サワー、コーラ等を注文。

焼肉は満遍なく大量に注文しました。
また、牡蠣の炊き込み御飯(今日の炊き込み御飯)等のサイドも充実しているので注文して食べましたよ!

お店のInstagramを見ると仕入れたお肉の紹介があるようです。
この日も、それぞれ何処何処産のお肉なんだと逐一説明がありました。



















家族でお腹一杯になるまで食べたのですが、それでも一人3,000円台でまとまったので、値段的にはお手頃だと思いました。
このお店が北浦和での最後のお店になります(涙)
北浦和いい場所でした!
機会があれば、もう一度住んでみたいですね。
ご馳走さまでした!

さいたま市浦和区北浦和4-7-10
コメント