The orthodox civilization is the festival politics of Japan

「安藤真の『世界文明の正統は』」の続き、祭政は人間中心を超え物質文明を越える、これを受け継いでいるのが日本の伝統と文化

女神の殺戮

2009-07-05 06:12:25 | Weblog

 古代世界では、「∧」は剣で男性原理、「V」は杯で女性原理、Vはハートでもある。
 このVが聖杯のシンボルになるのだが、それは女性と女神のシンボルでもあった、そのため、聖杯を求める騎士の旅は、失われた女神を探す旅・禁じられた旅ということになる。

 古代の世界では、子供を生みだす能力は神聖な力とされたが、男性の支配する教会では、邪悪・不浄とされ、聖なる女性も「敵」とされた。

 さらに異端を根絶やしにして、大衆をキリスト教徒に改宗させるために、あらゆる方法が動員される、そのなかに、異教の大切なシンボルを邪悪なものとする方針があった、
 1、ポセイドンの三叉の矛は悪魔の槍
 2、老賢女のとんがり帽子は魔女の帽子
 3、金星の五芒星は悪魔の記号

 こうして、豊かな古代世界は封じ込められていった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大審問官の苦悩 | トップ | キリストの血統 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事