The orthodox civilization is the festival politics of Japan

「安藤真の『世界文明の正統は』」の続き、祭政は人間中心を超え物質文明を越える、これを受け継いでいるのが日本の伝統と文化

I captured the tail of 空海

2015-12-30 09:57:14 | 世界経済

While I was a student of university , one of my friends was a grandson of the famous priest of Mikkyou .
He was so excellent that the professors were trying to avoid him , they could not answer his question .
One day , I wanted to solve the secret of his brain , and I visited his lodging , there , I found many notebooks .
Opened the one notebook , there were full of his writing that copied the foreign books with his hand ,
" Ten notebooks , twenty , thirty・・・ "

I asked it to him ,
" Did you memorized them ? "
" Almost ! "
His power of the understanding and the ability of memolization and the logical extension , at next moment , I felt I captured the tail of Mikkyou .
Incidentally , he was a strong resemblance to Kuukai .

I suppose that his ancestor came from China ,and helped to build an ancient society of Japan .
     
             空海の子孫   
 大学生の時、友人の一人が、密教寺院の出身で、高名な密教僧の孫であった。
 ずばぬけた頭脳の持ち主で、大学の教授たちが逃げて回る、彼の質問に答えられないのだ、それに圧倒される、「気押(けお)される」というんだろう。

 青春のある日、彼の下宿に押しかけた、あのドタマの秘密を暴いてやろう、すると、本棚に大学ノートがずらり、一冊をめくると、細かな字のラッシュアワー、彼の手書きで、ところどころに赤いインクのラインが走る、それも、実に、適格な箇所だ、
 「ぜんぶ アタマに入っているのかい」
 「まあね」

 緻密な頭脳、徹底した暗記、強靭な論理構成力、その時、私は、真言密教の秘密の一端を掴んだように感じた、とても、大学のレベルではない、ところで、彼、空海にクリソツ、おっと、ソックリなんだな、
 「こまっちゃうなあー」
 「なにが」
 「うふふ」

 東大の法学部や理科3類がいいというわけではないが、やはり、一級の頭脳が評価される社会であってほしいものだ、そして、彼の先祖は渡来系の外国人で、やはり「罪九族に及ぶ」苛斂誅求の政争に巻きこまれて、東海の島国に渡って来たのではあるまいか、とても一代や二代で生まれる頭脳ではない。

 そして、こういった頭脳の持ち主たちが、世界に冠たる日本の古代律令体制を作り上げたのだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Paul and 空海

2015-12-28 14:18:14 | 世界経済

Kuukai(空海) might know the Bible of christianity , because one of his workes is resembled with " Paul's letter to the Roman " .
Paul's letter said ,
" There is no one righteous
No , not one . "
Everybody are bad more or less and there are not the only man of righteous in the world .

Kuukai wrote,
" All are crazy , and they don't know that they are crazy ."
Paul continued ,
" There is no one who can undersrand it ."
I do think ,
" What a coincident two men's opinion are . "

Paul's message seemed to be equal to that of Kuukai ."

In Chouan of the capital of China , Kuukai might have a chance to read the New Testament .
Paul declaired ,
" They have all together become unprofitable ."

          パウロと空海の一致   
 パウロには「ローマ人への手紙」があるが、これは、空海の秘蔵宝ヤクに似ていないか、「ローマ人への・・・」には、
 「義人なし 一人だになし」
 正義の人はいない、一人もいない、絶対者から見れば、みな、多かれ少なかれ悪人、この辺はビミョーなところで、古代印度では、殺生を禁じた宗教があり、これがすさまじい。
 この宗派の寺院を訪れると、修行者の死体がゴロゴロ、つまり、「殺生はダメ」、だから、肉を食べちゃあいけない、野菜だってイキモノだ、その辺を歩いたら虫を踏み殺す・・・修行者は法悦のうちに息絶えていた。   

 空海の仏法は、そこまでは行かないが、
  三界の狂人は 狂せることを知らず
   生まれ生まれ生まれ生まれて 生の始めに暗く
  四生の盲者は 盲せることを悟らず
   死に死に死に死んで 死の終りを知らない    

 聖書には、
 「悟りのある人は いない」
 「すべての人は 迷い出て無益なものになっている」

 パウロと空海は、凡人を評価しないようだ、「人間の完全否定」、ここはプロテスタントと違っている、これが宗教の一面だろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

I do not hate the enemy 下

2015-12-27 05:22:35 | 世界経済

" Although I engage in battle , I do not hate the enymy soldiers ."    
 なんという一行、なんと突き抜けた心境だろう、まだ23歳だ、個人的には、
 「もったいないなあー」
 
 そして、
 「男子の本懐 これに過ぐるものなし」
 これを、
" Oh , there is no granter longer cherished desire for a man ."
" cherish " は、大切なものを抱く・愛をこめて大事に護る、この英訳には愛情がこもっている。

 それにしても、当時の日本人は、なんと立派なんだろう、あの戦争の内容と結果が分かっていて、それを、わが身に引き受ける、代々木公園の一角に、終戦直後、自決した少年たちの石碑があった。

 11月29日の空は青く青く、小春日和の日差しが暖かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

I do not hate the enemy 上

2015-12-25 02:20:44 | 世界経済

I do think that the modern history of Japan is full of sorrow , I watched this letter before confirming MacArthur testimony .
Therof this letter of Japanese soldier is interesting strongly .

At the corner of Yuusyuu-kan , I found the bride-doll which was dedicated by old woman . 
It was for her son who died at that war .

The last message of the Captain of Japanese army was displayed at the Yasukuni Jinjya .
" Although I engage in battle , I do not hate the enemy soldiers . Since even the enimues ,in all likelyhood , love the country , they have left behind their parents , wife and child in their hometown .
They are allowed to die for mistakely becoming the hencmen of politicians . Yoshiyuki becomes a cornerstone for the Japanese .
Emperor to realize the grand ideal of the which world under one roof .
Oh , there is no granter longer cherished desire for a man ."

        敵兵を憎まず 上       
 日本の近代史は、悲しみに満ちている、なんと多くの若者が亡くなったことだろう。
 この手紙はMacArthurの上院委員会の証言を確認するまえに目にしたので、今は、感慨一入(ひとしお)である、遊就館の一角に、花嫁人形が展示されていた、90を越えた日本婦人がささげたものだという。
 あの戦争で亡くなった我が子のためのもの・・・

 11月の靖国神社の社頭に、あの戦争の若者の最後の手紙が奉げられていた、
 「戦ひて敵兵を憎まず
  蓋し 敵も圀を愛するが故に 故郷に父母妻子を残し來る者なればなり」

 なんという格調の高さであろうか、文章もいい、
 「彼等は誤れる為政者の股肱となり死す。
  義彦は八紘一宇の大理想実現の為、皇圀の礎石となるなり。
  嗚呼、男子の本懐 これに過ぐるものなし」      

" I don't hate the enemy soldiers ."
 これには、びっくりした、だから、
" Even blue devil will be crying to read it ."
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

An active oxigen and a skin cancer

2015-12-23 06:04:19 | 世界経済

In Australia , many people suffer from the skin cancer .
Their ancestor lived in England for many gerations where was much cold and small urtraviolet rays .
Then , their blue eyes and white skin is an enviromental adaption , they don't fit to the climate in Australia .
Well , the oxigen molecule of the fourth orbit dose not safe , and it will get another molecule .
There are four pattern of an oxigen movement , one of four is the fourth orbit is empty .
And , at this pattern , the power of active oxigen is so strong that many people become a skin cancer .

          活性酸素と皮膚ガンの関係
 オーストラリアでは skin cancer が深刻である、はるかイギリスがらやって来た彼らにとって、紫外線ほど厄介で危険なものはない。
 「白い肌と青い瞳」は、地球の高緯度地帯に適応した身体的形質であり、赤道に近い地域の環境には向いていない。

 ところで、酸素分子は安定した電子の対でできているのだが、第4軌道の電子だげが対を造ることができず「不安定な状態」、そこで、これが第4軌道を安定させようとして、他の電子を狙うことになる。

 このパターンには4つあるが、イチバン悪いのが「一重項酸素」、第4軌道が空っぽで「強い酸化力」を持つ、そして、紫外線などの刺激により、皮膚ガンなどさまざまのガンの原因となる。

 もっとも、悪質な活性酸素ということになる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The water of Lourdes and the hydrogen water Ⅱ

2015-12-21 05:07:50 | 世界経済
       
The water of Loudes may be effective for the sick .

I had a chance to know the water of hydrogen recently .
The oponent of living thing is said to be the active oxigen which destroy the cell and the organ of body .
A few scientist insist that the active oxigen is the origin of many illness that are a hypertension , arterricoscleresis , disbetes and cancer .
The terrible power of active oxigen make the cell and organ weak and make the people unhealthy and disorder .

When we take the water of hydrogen , it changes the only water to combine the active oxigen .
It is so simple and strong theory , but I don't decide it is true or not .

I suppose that the water of Lourdes may be effective .     

          ルルドの泉と水素水 下
 ルルドの水はホンモノかもしれないと思ったのは「水素水」、それを、直近、知ったからだ。
 人間の大敵いや生物の大敵は active oxigen・活性酸素 、これが人体を酸化させる、
 人体の細胞組織を傷つけて、万病の原因になるらしい。
 だから、高血圧・動脈硬化・糖尿病そして癌の遠因になるのだという。
 この活性酸素の働きを弱めるのが水素、水素分子を組み入れれば「水」になる。

 酸素分子の第4軌道には1つの分子しかないものがあり、これが悪さをしている、そこに水素分子を注入して、そう、
 「水に流す」
 だから、
 「めでたし めでたし 
  天下泰平 五穀豊穣 
  あっぱれ あっぱれ 
  それっそれっ ニッポン晴れ 」

 水素水は万病の予防・健康の土台、さっそく買いにいこうか、やっぱりドン・キホーテが安いね、商品はひとつで330ml、水素含有量が 0.7ppm~1.4ppm 、ドンキの何店かを調査する、
 A店  198円
 B店  190          
 Ⅽ店  158 プラス8%   

 C店は横浜駅の西口、ここがイチバン安かった。
 商品の会社名が見えない「特許番号 3606466」
 「ひょっとすると ひょっとするかもしれない」
 この店、12月18日に行ったら、ひとつもない、売れちまった。

 だから、「ルルドの水」はホンモノかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The water of Lourdes and the hydrogen water Ⅰ

2015-12-19 14:07:59 | 世界経済

When I visited a friend of christian , he showed me a small bottle of water ,
" This is the water of Lourdes . "

The size of the bottle is just that of eye lotion .
It is famous among chrisrian that the water of Lourdes recovers the illness .
Catholic order which absorbed the customes of Native Europeans at their growth likes the occult .

Jeanne d'Arc who heard the voice of God seemed to be the blood of celt .
The people of celt consideed the wild flower to be the fairy and hear the song of fairy in the howling of the wind .
By the way , I become to think that the water of Lourdes may be true .       
 
           ルルドの泉と水素水 上
 カトリックの友人を訪問すると、小さなビンを見せ、得意げに、
 「ルルドの聖水だぞ」
 「ふーん」
 「すなおじゃあないね」
 「むかしからさ」    

 小さなビン、目薬くらいの分量だ、なにほどのことがあろうか、ところが、このオトコ、
 「万病に効くんだ フェッフェッフエッー」
 なんて下品なんだろう、✕ファイルじゃあないが、カトリックのオカルト趣味には困ったものだ、この宗派は、かつて、Native European の風習を取りこんだ、やたら軽薄なハロウィーンやクリスマス・・・

 ところで、あのジャンヌ・ダルクは神の声を聴いたらしいが、彼女はケルトの血統だろう、ケルトの人々は野の花に妖精を身て、野を渡る風に妖精の歌を聞く、月面で神の実在を確信し、牧師になってしまった宇宙飛行士がいたが、彼はアイルランド系つまりケルト系だろう。

 ところで、トレドの水、案外、ホンモノかもしれない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

That war was dictated by security of Japan Ⅳ

2015-12-19 03:54:23 | 世界経済

The Meiji Restoraction was said to be succeeded with the help of England .

After World WarⅡ , we can say that Japan was constituted with the pressure of GHQ , they requested the change of systemes strongly ,
1, The Empeor must be the only symbol
2, The society has to be based on the democracy
3, The equal rights for men and women
4, The parliamentary government is required

The Emperor as symbol might be to deny the tradition of Japan and to make the total power of country weaker .
The democracy looked good , but another side of it may make the union divide , and the people of Islam objected the democracy of Europe-type for it .

At any rate , America wanted that Japan was bad , therfore they would not admit the testimony of MacArthur , they might earnestly desire to conceal his opinion .

The problem is in Japan ,
" How coward they were ! "

The worth of journarism of Japan is going to come " zero " without limit .

        伝統的価値観の解体   
 明治維新がイギリスの支援によって成立したとすると。戦後の日本はGHQの圧力から出発したのかもしれない、そのアメリカの基本戦略は「日本を強くしない」、そのためには、
 1、象徴天皇制
 2、民主主義
 3、男女同権
 4、議会主義    

 1は伝統的価値と伝統的結束力の分解。2はいいように見えるが、もうひとつの目的とその効果は分割統治に通じる、だから、相手によっては、これを注射すると、部族社会・民族国家がバラバラにされる、イスラム世界が反対する所以(ゆえん)だろう、成功したイスラームが日本で、失敗した日本が、現在のイスラームになるのかもしれない。

 とにかく、アメリカは過去の日本はマチガイであると主張したい、そのためにマッカーサの証言が広まっては困る、ということだったんだろう。
 それにしても、日本のマスコミの弱腰は困ったものだ、そうNHK、なんのためにあるのか。

 ネットの時代、彼らの存在価値は、かぎりなくゼロに近い。
   
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

That war was dictated by security of Japan Ⅲ

2015-12-16 05:13:17 | 世界経済

On one day in the end of Meiji era , the chief of justice who treated " Taigyaku incident " shouted ,
" What a terrible action you committed to kill Meiji Emperor ! "

Koutoku Shyusui who was known taking good care of his old mother answerd ,
" He is a decendant of North dynasty that robbed 3 treasures of the South dynasty . "
" I don't admit the dignity of him . "
The court became frozen , because it was true .

Most of Japanese could not know this dialogue of the court , but Ishikawa Takuboku who worked at Asahi sinnbunn had a chance to read the report about it , he said ,
" How hopeless it is ! "
" Japan has died . "

At the village of the deep Kisyuu , there are tombs caved with the flower of chrysanthemum .
The people of South dynasty dimished in the darkness of history .
I will visit there and offer the white flower to them .       

         明治天皇は北朝の子孫
 明治の終りに「大逆事件」が起きる、この時、大審院の法廷で裁判長が。
 「明治天皇を弑(しい)し奉(たてまつ)らんとするは なにごとぞ」
 すると、母親思いの幸徳秋水が、むっとして、
 「あれは 正統な南朝の三種の神器をだまし取った北朝の子孫ではないか」
 「・・・」
 「おれは 認めない」
 大審院の法廷が凍りついた、当時の日本人は南北朝の正統を知っていた、幸徳は、それを突いた。

 大審院法廷のこの問答を知っていた日本人は少なかったが、あの石川啄木は、その時、朝日新聞にいて、徹夜で文書を読む、膨大な書類に目を通す、そして、
 「この国は ダメだ」
 「ニッポンは 死んだ」

 古陵の松柏 天ピョウに吠え
 山寺に春を訪ねれば 春寂寥  
 眉雪の老翁 時に掃くことを止め
 落花深きところ 南朝を説く   

 南朝の後に後南朝が起こるが、その後は不明、紀州の山奥のある村の墓に、菊の御紋があるという。

 いつか、白い花を持って、訪ねてみたいと思っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

That war was dictated by security of Japan Ⅱ

2015-12-14 05:00:05 | 世界経済
             
Today , the jurnalists of Japan called it " the Pacific War " and they dose not say
" the Great Asia War " that meaned to liberate the coutries of Asia .

D.MacArthur was a considerable person who declared that the last war was dictated by security of Japan .
He said America made a fatal mistake to bring the communisit groop of China up .
He might be keenly realized it by Korea War .
He thought that Japan feared if the supplies were cut off , there would be 10 - 12 million people unoccupied .
His opinion was the same of To-jyo's comment who was leader of Japan ,
1, Japan was not aggresive country
2, It was the only way to keep Japan

By the way , the newspaper of Japan did not report that impotant testimony of D.MacArthur .
They might fear the anger of America and Red China , and we must say the spirit of jurnalism of Japan died .         

        大東亜戦争と太平洋戦争   
 現在、大東亜戦争と言ってはいけないらしい、「太平洋戦争」である、大東亜戦争には、アジアの国々の解放という意味があった。

 ところで、MacArthurはそれなりの人物であったのかもしれない、日本の戦争は自衛のためであり、アメリカはアジアにおける共産主義勢力の拡大をなおざりにしてきた、これは、あの朝鮮戦争で辛酸を舐めた結果と教訓かもしれない、彼は、気づいたのだ。

 あのままでは、日本は資源や原材料を獲得できず、1000万から1200万人の失業者が出た、これは、東篠の主張と等しく、彼は、
 1、日本は戦争国家ではない
 2、国家自衛のための方法であった   

 ところで、この貴重な証言を、なぜ日本のマスコミは報道してこなかったのか、一部の人々は、
 1、アメリカの逆鱗に触れる恐れがあったから
 2、共産中国のご機嫌を損なう恐れがあったから

 「まさかまさかのあかさかみつけ」、本当だろうか、なんという情けなさだ、これではジャーナリズムとは言えない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加