The orthodox civilization is the festival politics of Japan

「安藤真の『世界文明の正統は』」の続き、祭政は人間中心を超え物質文明を越える、これを受け継いでいるのが日本の伝統と文化

7月29日(火)のつぶやき

2014-07-30 05:36:03 | 世界経済
コメント

上野の森のエジプトの女王 秋

2014-07-28 04:16:39 | 世界経済
                   
 幕末、ある大名が、一個の白磁を手に取り、
 「藩主の子として生まれて五十年、やっと、この良さが分かるようになりました」

 朝な夕なに眺め、少年時代に青年期、ものが分かり始めた中年を過ぎ、しみじみとこの深さを楽しむ、その妙味が伝わってきた、
 「次の時代は、どうなるのか、この世界が残っているのでしょうか」

 上野の森の美術館には、長い列ができていた、
 「だめよ わりこんじゃあ」
 押すな押すなのにぎわい、大体、いつもこうだ、
 「これっ すてきね」
 「いくらぐらいかしら」
 「ヒャクマン円ぐらいでしょう」
 「そんなもんじゃあないはずよ」
 「ねっねっ これっ わたしにピッタリじゃあない」

 その時、
 「ブリブリブリー」
 誰かがやっちまった、
 「あんたでしょ」
 「ふん あなたこそあやしいわ」
 「年よりの『へ』は くさいのよ」
 こまったもんだ・・・

 そうそう、隣りの東博では台湾の故宮博物館の名品を展示しているのだが、七月七日までは、
 「ただ今 180分待ちです」
 すぐに210分待ちになった、あの一品が人気だったようだ、地方からやって来た団体が押すな押すなの長蛇の列、見ているだけでイヤになった。

 学生時代、台北を訪れ、一日中、観た、いくつかが印象に残ったが、そのひとつに小豆色のゆがんだお茶碗がある、
 「なんという絶妙な色合いとカタチだろう」
 不完全の完全、この辺は漢民族の凄味だ、こういった人々が出てこないとダメ、いつになることやら、ともあれ、それは白磁や青磁よりも上だった、そういったものは、今回、来ていないようだ、本当の名品絶品は来たのだろうか。

 それにしても、地方からバスに乗って押し寄せてくる、もっと足の着いた鑑賞態度・鑑賞姿勢が必要なのではあるまいか、いやいや、いつの時代だってホンモノが分かるのは、ほんのひとにぎり、すると、こういったブームをしかけている連中がいるのかもしれない。

 だから、こんな光景が、ちょっと違っているように思うのは、私だけではないだろう。


 
コメント

7月26日(土)のつぶやき

2014-07-27 05:51:28 | 世界経済
コメント

上野の森のエジプトの女王 夏

2014-07-26 06:17:15 | 世界経済
          
 上野にエジプトの女神が来ている、すばらしいことじゃあないか、大砂嵐の活躍に目を細めているかもじれないね。

 展示物の前には長い行列ができている、ほとんどが年配の女性、やけに熱心だ、まさか、入場料分を取り戻そうというのでもなかろうが、がむしゃらな態度は、どんなもんだろう、これでは、絵画や彫塑(ちょうそ)の微妙な味わいが逃げてしまう。

 いつも思うのだが、この女性たちは、何を見に来ているのか、スバラシイといわれるものを見て自己満足にひたり、キラキラとしたアクセサリーのひとつとでも考えているのか、自慢のタネだとしたらなんてつまらないんだろう。

 専門家だって、なかなか理解できない世界だ、そもそも、エジプトにせよシュメールにせよ、分からないというのが本当だろう、今後、とんでもない発見があり、これまでの評価がガラリと変わるかもしれない、そうそう、「クウェット女神とムゥト女神を描いたステラ」、ステラは石碑、二人の女神の間にアカシアの木があるのだが、左右対称のその葉は、何かに似ている、そう、シュメールのあの絵だ、現在の解釈では花粉の受粉作業、だが一部のオタクは、
 「遺伝子操作ではないか」

 真ん中の図がDNAの塩基配列にそっくりだからだ、まったくとんでもないことじゃあないか、だが、ひょっとすると・・・

 古代文明について、いつも思うのは、そのアンバランス、磨き上げたような建築物、カミソリの刃一枚通らない石組み、だが、うすぐらい神殿で研究していたなら、どんな照明であったのか、なお、アカシアの葉は消炎作用があるらしい。

 長い列はちっとも動かない、しかたない、彼女たちの後ろからのぞく、薄暗い室内はエジプトの神殿のようだ、この女性たちは、美に対するあこがれだけは、ホンモノのようだ。
コメント

上野の森のエジプトの女王 春

2014-07-24 09:12:21 | 世界経済
       
 上野で古代エジプト展をやっている、気になっていた、メトロポリタンのコレクションだというが、帝国主義の時代にエジプトから持ってきたもんだろう。

 大英博物館やルーブルもそうだが、近代国家になりきれない混乱と貧困のギリシャやエジプト・メソポタミアの国々から、札束でビンタをするように買収したのではあるまいか、もっとも、そうでもしなければ、ドロボーに盗まれ散逸してしまったかもしれない。

 エジプトには、代々、盗掘を職業にしている村があるというから、我々の想像をこえている。

 この女性ファラオ・ハトシェプストは面長の近代的な容貌だ、エジプト人はハム語族だったはずだが、まるでコーカソイドみたいだ、エジプトの新王国第18王朝第5代のファラオ(BC1473-BC1458)、夫のトトメス2世の死後、トトメス3世の摂政になるが、やがて、女王になり、内政を充実させ近隣諸国との交易を発展させ、エジプトに繁栄をもたらす、女王ハトシェプストは、頭巾や腰布をまとい、また髭(ひげ)をたくわえた男性像として描かれることが多い。

 女性ファラオは珍しい、全体的にやわらかく、繊細な印象だった。

 ところで、先日、シュメール文明の写真集を見たのだが、これが、なかなか良くできていて、圧倒的な迫力で、なんというか、完成度がすごい、とてつもない知力の結実だ、
 「一体 なにがあったのだろうか」

 この中に三人のドイツ人がこちらを見ている一枚があったのだが、その面差しには緊張と驚きの表情が浮かんでいる、
 「なにかに 気づいたんだろう」
 ノアの洪水伝説は、ギルガメッシュにある、こちらが本家本元だ。

 シュメールにくらべるとエジプトは、やや、いや、かなり弱いように思う。
コメント

8%の消費税と政府支持率の低下

2014-07-23 09:07:01 | 世界経済

 生活が安心なら政府は信頼される、生活が不安になれば民心は離れていく、統治者は民衆の生活に敏感であらねばならない、
   民(たみ)の竈(かまど)は賑(にぎ)わいにけり

 あの大戦末期、ベルリン市民への食料配給は確保されていた、そのため、ナチス・ドイツは信頼をつなぎとめていたという、さて、この国の政府支持率の低下は、消費税率アップと無関係ではないはずだ。

            
 これまで、増税によって吹っ飛んだ政権は多い、今回は、どうなるのか。

 最近の新聞は怠慢(たいまん)だから、ちっとも信用がおけない、ひとつぐらいホンネを吐いてくれるものがあってもいいのだが、ムリかな、しかたない、ネットで、探索・収集・整理・分析して自分なりに推理するしかないのだが、これがタイヘンな作業、あの日経だって、詳細に読んだら半日はかかる、それでも、木を見て森を見ず、かえって、分からなくなってしまった。

 テレビに出てピーチク・パーチク、次々と統計・データーを引っ張り出して、ああだこうだ、
 「この連中は なんなんだろう」
 株価の予想なんかしないほうがいい、彼ら、やったことがない、ゼンブ見抜かれているんだよ、それに「後解釈(あとかいしゃく)」にはうんざりだね・・・

 ところで、今回の消費税、ソウトウなショックではあるまいか、新聞・テレビはなんとか乗り切れたというチョーシ、実際はどうなんだろう、930円の品物を買って千円札を出す、すると、
 「おきゃくさん たりませんよ」
 「えっ」
 「1004円です 40銭はおまけにしときました」

 なんてナマイキな店員だろう、これでは消費マインドが冷えこんでしまう。

 ドトール・コーヒーもおかしい、200円だったのが220円になった、8%を10%にしたのか、いや、まてよ、200円の時はどうだったのか、200円の価格なら、5%の消費税で原価は190円だったはずだ、その190円の8%は15,2円だから、今回の値上げは、205円でいいはずだ、なんて巧妙なんだろう、見事にやってくれた、ビンジョーだ!ビンジョーだ!

 バカ正直なのはスタバ、280円の8%で302円、これもわずらわしいね、そこでカードを薦めている、だが、ちっとも特典はないみたいだ。

 商業資本家は抜け目がない、いつも犠牲になるのは、一般の国民なのだが、これでは、次の選挙に影響しないわけがない、これによって、国家百年の計がダイナシになるのは残念なこよだ。

 内閣の支持率がビミョーに動いている、2世3世の議員たちには、これに対する危機意識があるのだろうか。

 
コメント

7月22日(火)のつぶやき

2014-07-23 05:42:05 | 世界経済

エジプト出身の大砂嵐の活躍を日本にいるアラブ系の人々が、どんなに喜んでいることか。 blog.goo.ne.jp/yokohama888/e/…


コメント

法人税25%の波及効果

2014-07-20 08:54:46 | 世界経済
            

 株価がボックス圏に入ってしまったようだ、上に突き抜けるか下に堕ちるか、アベノミクスの真価が問われている。

 上に行くためにはドギモを抜くような政策が必要だが、そのひとつが、
 「法人税を、3年間で25%にする」

 これでどうだろう、海外の資金がドッと流入するのではあるまいか、日本に来たがっている企業は多い、それをジャマしているのが法人税の高さ、
  ニッポン    35,64%
  フランス    33,33        
  ドイツ      29,52        
  イギリス    24.20      
  シンガポール   17.00     
     - 2014 4月 -    

 上の表は2012年で、この統計は2014年です、イギリス並みの法人税にすれば、これなら日本の魅力が倍増、ところで、イギリスの産業はどうなっているんだろう、この間は中国にバカにされていた、ハリーポッターと機関車トーマスそれにエリザベス女王と大英博物館・・・

 シンガポールはさすがにすごい、ここに留学を希望する若者が多いらしいが、この大学で知り合った世界中の友人は、一生のタカラモノになるだろう、さて、ニッポンをどうす・るか、この国は財政が逼迫(ひっぱく)すると増税増税で切ぬけて、ちっとも構造改革をしない・できない、この国の土台が村落共同体だから、地縁・血縁でがんじがらめで、にっちもさっちもいかない、おもいつくままに、
 1、生活保護費の不正受給
 2、医療費の特に検査費用の重複
 3、中央・地方議会の不合理な運営と出費
 4、天下りとそれに関連する巨大企業の癒着・・・

 4は社団法人や財団法人だけではなく、ということ、これらの予算は、みな、我々の税金だろう。
コメント

ナカタ話し 下

2014-07-19 05:59:56 | 世界経済
         
 C君が、
 「中田の監督は ないな」
 「前園がダメで 中田もダメか 日本人の監督は出ないね」

 「そうそう ナカタがローマの選手だったころ イタリア娘に人気だった」
 「彼のマスク イタリアの男にまけない 目がちょっとほそいけどね」
 「ナカタは鼻が高い ヘッデイングで競り合ったんだが 鼻の高さでは負けていなかった」
 「ボールの取り合いは」
 「それは 忘れた」

 「ナカタは山梨の韮崎の出身だが あのあたりには 中央アジアからのグループの渡来があった」
 「ほーう」
 「ポリオーマ・ウィルスの調査の結果だが わたしは ナカタを見る時 いつもこれを思う 彼の日本人離れした言動 徹底した個人主義 それは この国の共同体意識からは生まれないだろう」
 「それと 彼がイタリア語を やすやすとものにしたことだね」

 「ナカタがもうちょっと背が高かったら とんでもない選手になっていたかもしれない」
 「そういう世代が 育ちつつある だいじょうぶだよ」

 「新しい日本人だね 188センチぐらいでインナーマッスルがバキバキ 小柄な南米の選手をはじきとばす そうそう ドイツの選手の3人抜き いやいや フンパツして5人抜き キーパーと1対1 日本男子の富士山シュート ゴール・ゴール・ゴゴゴール ネットが ゆーらゆら」

 「そんなシーンが 見たいな」
コメント

ナカタ話し 中

2014-07-17 04:13:05 | 世界経済
        
 「FIFA・フイファはマフィア、スタップ細胞はストップ細胞」
 「ふふふ いうね」
 「かっぽう着なんか着ちゃって、みょーに初々しいとこ見せていたね」
 「こまったものだ」

 「FIFA、あんなに集まった金を どうするんだろう どこに投資するのか」
 「集まった金といえばバチカンだ 世界中のカトリック信者の金が集まる だから ひょっとするとひょっとする」
 「どうゆうことかな」
 「二度か三度 マネーロンダリングして とんでもない資金になっているかもね」
 「クジラの反対かい」
 「そのくらいなら かわいいもんさ」

 「バチカンとナチス・ドイツはどんな関係だったんだろう ナチスは共産主義と戦っていた だからバチカンはナチスびいきだった」
 「すると あのガス室は 見て見ぬふりか」
 「バチカンとナチスはどの程度の関係か 待てよ イスラエルは なぜ黙っているのか」
 「担保にとっているのさ バチカンのイスラエル非難を封じているんだ パレスチナ問題について ローマ法王のコメントはあったかな」

 「バチカンの積年の敵は イスラムだね」
 「第二回バチカン公会議の決議に対して 一部の過激派は別にして イスラム全体は さほどの反対はしなかったようだ」
 「双方 相手の手のうちを知り尽くしている」

 「それに イスラムの本当の敵はプロテスタントだからね」
コメント