The orthodox civilization is the festival politics of Japan

「安藤真の『世界文明の正統は』」の続き、祭政は人間中心を超え物質文明を越える、これを受け継いでいるのが日本の伝統と文化

瀬戸内寂聴と昭和の5人   終

2018-07-22 09:07:29 | 世界経済
 
 昭和の5人は、
 1、三島由紀夫  
 2、岡本太郎   
 3、永田洋子   
 4、田中角栄   
 5、美空ひばり
  
 1と2については、みっちりとやった、3の永田洋子は赤軍派のリーダー、凄絶なリンチで仲間を総括したが、セトウチは彼女と文通していた、
 「それが おどろくほど幼稚なんですよ マンガなんか描いたりして」
 この理由につて、
 「組織や集団の中にいると 成長しないのかもしれない」
 「その地位を守ろうとして とんでもないことをしてしまう」
 そんなことを言っていたようだが、そうなら、これは当たっているのではあるまいか。

 ジャクチョウはチョウで鳥・おしゃべり鳥、あの鳥越俊太郎はインコ、インコの一種のインコーで女子学生にあんなことこんなこと、落選して、すっかり毒気が落ちてコモド・ドラゴンのようなオーラが抜けてしまった、しかし、あのマスゾエさんは、あいかわらずテラテラ・ギトギト、オーラーを発している、カムバックは近いのかもしれない。

 田中角栄は「ヒトをとらえる巧みなこころづかい」、美空については、会場にやってきた観客の顔を見つめる念の入ったプロ根性・・・

 ところで、小池さんとのバトルはすごかった、第2ラウンドはないだろう、小池は、今は、死んだふりか・・・

 天台の尼僧のジャクチョウさん、虚仮世間を引っ掻き回すだけ引っ掻き回した、しかし、何が残ったか、な-んにも残らなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瀬戸内寂聴と昭和の5人 10 

2018-07-20 09:56:15 | 世界経済
 
 何度目かの東北調査から帰った夜、ユング心理学の秋山さんに電話、すると、プレミアムな声が、
 「太郎ちゃんも 縄文文化 やっていたわよ」

 太郎ちゃんは岡本太郎、秋山さんは岡本の友人、もっともパリ帰りの岡本はタイヘンな人気者でインテリの女性に囲まれていた、当時、最先端の学問・芸術を身に着けていたからだ、岡本のハナイキは荒く、あのカリスマ・小林秀雄が自慢のコレクションを見せた時、
 「なんだ こんなガラクタ」
 「・・・」
 カリスマがボーゼーン。

 むらがっていたオンナの中から、岡本のこころをとらえた1人、ほかのオンナを遠ざける、その前に、ジャクチョウが岡本に接近、すると、岡本がジャクチョウに、当然、僧籍に入る前、
 「ボクの秘書にならないか」
 95歳のアマさんは、
 「秘書にならないかというコトは ふふふ 愛人にならないかってことなんですよ」 

 そんなコトがあったのかねえー、もっとも岡本もゲテモノ好きのケイコー点があった、あながちウソでもないかもしれないが、こういうのは、
 「言ったもん勝ち」 

 あんましきれいな話しではないな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瀬戸内寂聴と昭和の5人 9 

2018-07-19 09:33:58 | 世界経済
    
 若い岡本太郎に群がったオンナたち、やがて1人がのし上がる、そして、ほかのオンナたちをハイジョ(排除)、やがて、養女になり岡本の財産を受け継ぐ、ユングの秋山さんが亡くなった時、岡本太郎に電話した、すると女性が出て、
 「伝えておきます」 

 伝わったかどうか、その時、岡本自身もそうとう悪かったようだ、2度目の電話、
 「伝えましたから」 
 ケンモホロロ、この女性が養女だったか。  

 瀬戸内は、この養女から小説をあづかったことを記している、どこかに紹介してくれということらしい、ジャクチョウさん、
 「それが すごいんです」
 「なんと云いましょうか 愛欲地獄 ドロドロなんですね」
 なんだかうれしそうだ、
 「オトコとオンナ くんずほぐれつ ふふふ 血がドバッー・・・ 下半身が血まみれ」
 とってもうれしそうだ。

 女性の側の性描写で文壇での地位を築いたセトウチさんが驚いた、すごかったんだろう、なんというか、
 「あまり 見たくないね」
 だから、  
 「よい子は マネしないように」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瀬戸内寂聴と昭和の5人 8

2018-07-18 10:03:45 | 世界経済
 
 這(は)いずり回るようにして東北を調査したが、あの大地震の前にはすっかり興味を無くしてしまった、あんまり熱心にするべきではないいのかもしれない。

 この時、発見した「青い目の日本人」、ある作家が取り上げたのだが、主人公は殺人犯、いくらなんでもひどすぎる、協力してくれた人々に、もうしわけない、こういった連中はなんでも材料にする、編集長に、
 「抗議しましょう」
 煮え切らない態度、
 「あの会社は大きいからな:
 「・・・」
 「優秀な弁護士をたたくさんかかえている うちみたいな小さいところじゃあ太刀打ちできないよ」
 そんなもんかな、
 「それに 君にとっては いい宣伝になるんじゃあないかな」

 これが現場なのだ、ユダヤ金融資本の抗議で、あっけなく雑誌をつぶした大手の出版社、しかし、ニッポンの小さいトコロには強圧的、
 「ムリが通れば ドウリが引っ込むか」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瀬戸内寂聴と昭和の5人 7 

2018-07-17 10:52:18 | 世界経済
 
 あの青森の牧師さんの最後の手紙、ある年の11月、
 「これから ブリザードの吹き荒れる冬がやってきます
  あの時の楽しいお話しを思いだしております どうぞよいお正月をお迎えください」

 私はプロテスタントは嫌いだが例外もある、仏教いや仏教教団は不毛、キリスト教にだって、すばらしい人がいる、カトリックの愛宮神父、どうしてあんなに親切にしてくれたんだろう、それにシスターたち・・・   

 こちらはナマグサイお話し、ジャクチョウさん、スマホの奴隷になっているニッポンの若者が、
 「なにを目標に 生きたらいいんですか」
 ジャクチョウというおしゃべり鳥、
 「それは」
 「・・・」
 「恋と革命です」
 「ワアー」

 まあー、なんてソツがないいんでしょう、ツボをこころえている、あまったれた現代の若者には、ちょと魅力的なのか、しかし、こういうのは、
 「邪知分別知(じゃちふんべっち)」

 今の日本人は、二極分化、すぐれているものはすぐれている、そうでないのは時代に振り回されている、両者に通じるものは、なんだろうか、戦前の日本には「おごそかな生活があった」、台湾の老人の話しに、
 「かつての日本人には 香りと品がありました」
 「下町には下町の 山の手には山の手の風格がありました」

 両国の寺で関東大震災で亡くなった少年・少女の写真を見た、鉄の灯篭がとける猛火に包まれたのだ、東京の下町、正義感の強そうな少年、すぐなみだぐんでしまいそうな少女、これがニッポンの子供たちだった、どうして、こんなに変わってしまったんだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瀬戸内寂聴と昭和の5人 6

2018-07-13 08:51:53 | 世界経済
 
 日本の現在の仏教教団、
 「それは 世間が見ている通りだろうね」

 世間はどう見ているか、
 「お墓があるから仕方なくつきあっている」
 若い連中は、どんどん離れている、
 「宗教的生命が無くなっている」

 東北を調査していた時、いろいろな疑問を感じ、曹洞宗の寺院をたずねる、すると、
 「今度 町会議員に立候補するんだ それで なんの用かな」
 話しているうちに、この人が、まるでモノを考えていないことに気づく、地方では、それでもリッパな顔役・・・

 電車の中で知りあった地元の人が、
 「それなら 教会の牧師さんが勉強していますよ」
 さっそく電話すると、
 「待っています」

 牧師さんの自宅には二つの図書室があり、ひとっはキリスト教、もう一つは、民俗学・日本歴史・人類学・・・
 「ニッポンのコトに興味を持ったのは」
 うれしそうに話し始めた、
 「とても熱心なおばあさん ええ クリスチャンです その方が亡くなると気
    なんまんだぶ 
    なっまんだぶ・・・
 ちょっとモンダイになりました」
 「アーメンというべきではないか」

 「ところが わたし たおれて酸素吸入 ふーと楽になった おもわず  
    ゴクラク ゴクラク・・・  
  わたしは人間存在の 奥の深さを知ったのです それ以来 こうした勉強をつづけているのです」

 たいへんによろこばれた、
 「こんな話しをするのは 何年ぶりです」
 「ああ 今日は 楽しい」
 「なんて楽しいんでしょう」

 意外な出会dい、
 「僧あるところに僧なく 僧なきところに僧あり これが人生なんだな」
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瀬戸内寂聴と昭和の5人 5 

2018-07-12 09:27:28 | 世界経済
 
 瀬戸内が天台宗の僧侶になるための研修中、天台の新人僧侶と知り合ったのだが、彼らは、初めての厳しい生活に、アタフタ・オロオロ、そこで、海千・山千のおばちゃんにすがりついた、という。

 文壇の長老・丹羽文雄に取り入り、気難しい三島と親しく、クセモノ中のクセモノ・今東光から法名の一字をかち取る、なかなかのスゴウデ、うん。こういうのを「やりてババア」・・・

 瀬戸内がチベット人のグループと出会った時、法衣姿のジャクチョーをチベットの人々が礼拝したらしい、それを、とくとくと記していた、
 「ちょっと ちがうのではあるまいか」
 「このひと なんかカンチガイをしているようだ」

   ジャクチョウを とうといひとと たずねくる
         たずぬるひとは なおもとうとき  
 
 ちょっとマシな僧侶ができるには、3代かかるというが、この人、こまったもんだ、だれか注意する人はいないのか、せっかくの宗風が泣いている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瀬戸内寂聴と昭和の5人 4

2018-07-10 08:24:29 | 世界経済
 
 特攻を前にして、
 「イタミが あるかないか」

 痛みを感じる前にコッパミジン、彼らの意見は、
 「fifty and fifty、五分と五分」
 彼らが生きていたら、ニッポンは、もっともっと良くなっていたことだろう。
 
 ネットに三島の身長は、
 「155センチ」
 これに対し、
 「163センチはあった」

 あまり重要なことではない、ところで、若い今東光が天台宗を選んだのは、なかなかの慧眼(けいがん)、当時の仏教界で真摯(しんし)で謙虚な宗風だったようだ、この国には、真言宗や禅宗があるが、真言宗では、優秀な弟子が育たない、ボスが大きすぎるのか、禅宗はふたつあるが、どんなもんだろう、不立文字・教外別伝でオベンキョウがおろそかに、気がついたら、もう中年、アタマが働かない、
 「ああ 人生は空で この空は からっぽのほうだった」

 しかし、それだけの今東光が、あの女流作家を引き立てるとはドーユーことか、
 「アツゲショウ(厚化粧)のオンナを 都知事にするわけにはいきましぇーん」

 これほどの下劣はめずらしい、天台の開祖が泣いている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瀬戸内寂聴と昭和の5人 3

2018-07-08 08:14:05 | 世界経済
 
 ロシアとクロアチア、PKでクロアチア、いやあー もりあがる、W杯は、ヒトの、
 「理性を くるわせる」
 「それが 目的なのか」
   
 ところで、瀬戸内は三島について、
 「ちいちゃくて毛深くて足がほそい」

 これは、ボデイビルや剣道を始める前の三島だろう、その後、鍛えに鍛えた、
 「オトコは 文武両道であるべきだ」
 「文」では、神経質で気の弱いオトコ、「武道・スポーツ」だけなら日大アメフト部、これに気づいたんだろう。

 このブログで、今と三島の確執(かくしつ)について触れた、それとは別に、あの事件について、戦後二十数年、三島の胸中には、
 「学徒動員で死んでいった友人・知人に対する思いがあったのではあるまいか」
 「優秀な若者から先に 死んでいきました」
 「フランス語やドイツ語の原書にしたしんだ学生たち」
 
 次から次へと突っこんでいく、
   雲こそ我が墓標  
    落暉よ碑銘を飾れ  

 三島文学は、終に、この一首を越えらえなかった、
 「神のような心境ではないか」 
 それが、それこそが、
 「中東の若者が 日本人を尊敬する理由なのですよ」

 モンスターのような三島由紀夫の心の底に、少年の哀しみがあったようだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瀬戸内寂聴と昭和の5人 2

2018-07-07 10:12:13 | 世界経済
  
 このヒト、とても、もてそうではない、若い頃はなおさらだったと思うが、
 1、三島由紀夫 
 2、今東光   
 3、丹羽文雄(にわふみお)  ・・・

 そうそうたるクセモノとコンタクト、小説の世界で成功、なにか、あるんだろう。

 岡本太郎からは、
 「オレの秘書にならないか」
 辞書とは、
 「フフフ 愛人にならないかってことなんですよ」
 当人は死んでいる、こういうのは、
 「言ったもん勝ち」

 そう、この尼僧は、人たらし・男たらしの才能がある、これで生きてきた、成功してきた、しかし、
 「あつゲショウのおんなを 都知事にすることはできません」
 このへんが「地(じ)」、しかし、あれは、
 「どっちもどっち」
 まるで、四国のタヌキとミドリのキツネの化かしあい、
 「ああ だまされた」

 このヒト、95か96、長生きである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加