The orthodox civilization is the festival politics of Japan

「安藤真の『世界文明の正統は』」の続き、祭政は人間中心を超え物質文明を越える、これを受け継いでいるのが日本の伝統と文化

ミデアンの荒野から 2

2012-12-30 12:28:21 | Weblog

 原始福音を提唱する手島郁郎(いくろう)には、不思議なエピソードが多い、その前に、この容貌である、日本人離れしていないか。

 まるでユダヤ人のようだ、あの失われたユダヤの10部族の子孫のようにさえ見える。

 手島は戦後GHQの命令に従わなかったため、阿蘇山麓に逃亡するのだが、そこで、モーセがミデアンの荒野で経験したような数々の奇跡に遭遇する、この風貌を見ると、いかにも、そういうことが起こりそうではないか。

 手島の教えは、キリスト教なのだが、日本の伝統や習慣を否定しない、これは、あのキリスト教では、大変に珍しい、キリスト教の宗派の中には、ソートーにひどいものがある、自分たちはいいものを食べ、いい生活をおくり、信者や日本人牧師を酷使する外国人キリスト者さえいる、そう、5~7,8倍いやそれ以上のの収入、彼らにとってキリスト教は贅沢な生活をするための方便、割り切っている、だから、自分の子供は、年に数百万円の学費が必要な外国人の専用学校に通わせていた。

 今でも、こんなもんだろう、だから、手島の原始福音は貴重な教えだ。

 二年前の夏、靖国神社の境内に、長さ1メートルの千羽鶴が奉納されていた、あの戦争で亡くなった若者たちに、捧げられたものだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミデアンの荒野から 1

2012-12-27 09:22:27 | Weblog

 接心(せっしん)の4日目、20数名の参禅者もようやく慣れてきた、静寂が禅堂を支配していく、すると、
 「カサッ カサッ」

 坐禅の合い間に調べてみると、山の小鳥がエントツの中に巣を作り始めた、モノ音がしないので、安心したんだろう。

 ところが、屋根の修理にやって来た職人、禅堂に上ったのだが、下から、
 「ウワーン」
 大きなエネルギーが突き上げてきて、転げ落ちそうになった。

 このケース、意識的世界と無意識的世界がダブったか、ふたつは、同時に進行している。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

異次元からの来訪者 7

2012-12-15 05:55:31 | Weblog

 ここに連載したカットは百鬼夜行図、正式には「百鬼夜行絵巻」で室町時代の土佐光信のものが有名だ、私は、これを、たんなるfantasv(空想)によるものと思っていた。

 だが、あの震災後、あるいは、なんらかの根拠があるのではと思うようになった、あちらの世界から、こちらにやって来た、高エネルギーの境界を渡る際、被爆して、あのような顔・姿になる、赤く焼け・青く変色し、また、奇形の子供が生まれる。

 物理学では、多次元の宇宙を考えている人がいる、宇宙の構造は本のようで、あるページがひとつの宇宙、他のページには別の宇宙がある、ページとペ-ジが重なり、前のページの記事が別のページのものと触れる…

 あるいは、それは、これまでに、何度かあったのではなかろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

異次元からの来訪者 6

2012-12-10 13:59:12 | Weblog

 11時過ぎに、
 「東横線が動き始めました」

 渋谷の駅に向かう、その途中で、ビルの端に「メノーラ」を見つける、メノーラとはユダヤ教の聖具、七枝の燭台、トーラ(モーセ五書)とともに重要なモノ、あの暗さの中で、どうして発見できたのか、異常な精神状態だったのかもしれない。

 あの夜の日本人は立派だった、渋谷の駅はヒトの海だったが、誰一人として列を乱さない、みな、前の人の後に続き、電車に乗る、
 「ゴットン、ゴットン」

 いつもよりは大分おそい、それでも運転手は、一生懸命、
 「これが、日本人なんだ」

 駅を降り、自転車置き場から自転車を引き出し、鶴見川の土手に上る、対岸の灯りが光っている、沈み込むようね景色だ、
 「まるで、ちがった世界だ」

 その時、この宇宙とは別の宇宙があり、なにかの拍子に、それが重なることがあるのでは、という思いが浮かんだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

異次元からの来訪者 5

2012-12-06 05:02:22 | Weblog

 体育館を出て、青山通りのコンビニ・スーパーを探す、どの店の棚も空っぽ、みな売り切れなのだ、どんどん歩いて、原宿前の大通りまで来てしまった。

 そこから引き返し、向かって左側の路地に入ると、前方に、ぼっーと白いモノ、近づくとヒトなのだが、ちょっとヘンだ、フツーじゃあない、うずくまっている、そう、まるで白鬼だ、
 「なんだろう」

 地球的には、自閉症かなんかで、何十年も閉じこもっていたオトコが、あの夜の混乱に乗じて外に出てきたのだろうか、だが、私は、
 「異次元からやって来たのではあるまいか」

 その夜は、なにもかもが混乱し、神経が高ぶり、三角のモノも四角く見える異常な夜であった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

異次元からの来訪者 4

2012-12-03 03:44:33 | Weblog

 青山大学の体育館はだだ広く、寒々としていた、
 「ここで、一晩を過ごすのか」

 それでも、続々と集まってくる、修学旅行の高校生・台湾からの韓国客・つけまつげのオネーチャン、そして金髪のすごい美人、
 「スェーデンかな」

 ちょっと離れているが、混んできたら、少しずつ、ソバに寄ろうかな。

 一人一人に銀色のアルミのシートが配られていて、それを腰に巻くもの、かぶるもの、それにしても、長い夜を、どうやって過ごしたらいいのか、その時、お腹が空いているのに気がついた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

異次元からの来訪者 3

2012-12-01 01:40:35 | Weblog

 向こうからやって来る人々の中に、ちょっと地球人離れしたグループが紛れ込んでいる、そんな感じなのだ。

 神経が高ぶっていたせいか、あるいは、こういった巨大なエネルギーが作用した夜は、時間と空間にユガミが生まれ、異次元の存在がやって来る…

 この夜、人間離れした連中が、明治通りや青山通りを飛び跳ねていたのかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加