The orthodox civilization is the festival politics of Japan

「安藤真の『世界文明の正統は』」の続き、祭政は人間中心を超え物質文明を越える、これを受け継いでいるのが日本の伝統と文化

歳出の40%がインフラの日本統治 11

2011-04-26 12:41:21 | Weblog

 戦前と戦中、朝鮮・台湾・関東州・樺太・南洋の諸地域で、現地予算の40%を社会資本(インフラ)の整備に投入する、植民地に対して、こんなことをしたのは日本ぐらいではなかろうか。

 もし、これが本当であるとすれば、植民地の発展を考えてのことであろうが、これは、大変に立派なことではあるまいか。

 我々は、あのカリブ海や中南米で何が行われたかを知っている、それは、言語を絶するmatanza・matannzasであり、スペイン人は現地の部族との戦闘にスペインに見方するnative・原住民を連れていくのだが、彼等の食料は、捕虜の肉、「腕」が一番うまいという記録があった、キューバのバレーボールチームに一人の原住民の顔を見ることがない、16、17世紀に絶滅してしまったのだ。

 植民地の支配は・経営は残酷なもので、原住民を虐待し、金銀・財宝を強奪したスペイン人、プランテーションを経営して巨額の利益をものにしたイギリス・フランス・オランダ・イタリア・ポルトガル・ベルギー・・・ 今、混乱の極であるリビアは対岸のイタリアの植民地であった、カダフィ大佐が所有する兵器はイギリス製である。

 プランテーションの労働者はアフリカから連れて来られたのだが、狭い船内に詰め込まれたので病気が蔓延し、死んだ者は、次々に、海に放り込まれた、そのため、後続の船は、プカプカと漂う死体を目印に航行した、なんとも強引で過酷な植民地経営であった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歳出の40%がインフラの日本統治 10

2011-04-26 12:39:09 | Weblog

 かつて、日教組が勢力を奮っていた時代に小・中・高校時代を過ごした大人の中には、あの戦争で、日本は、取り返しのつかないことをしてしまったと思い込んでいる人々が多い。

 彼等は、戦前の政治は、大変にひどいもので、とりわけ植民地の統治は、まったく評価できないものであったと信じ込んでいるようだ。

 「そんなことはない」と自信を持って断言できる日本人が少なくなってしまった。

 冷静で客観的な歴史観が必要、そのためにも偏見のない最小限の知識を身につけておくべきだろう。

 戦後、日本の歴史を歪めた張本人は、やはり、大学の左翼学者や教授、さらには、朝日新聞やNHK・・・の左寄りの知識人であろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歳出の40%がインフラの日本統治 9

2011-04-23 02:59:14 | Weblog

 ところで、戦前の日本は、そんなに悪いことを、悪いことだけをしたのであろうか、あの明治・大正・昭和の誇り高い日本人が、悪辣で非道な行政によって現地の人々を苦しめ続けていたのであろうか。

 日本人は、韓国人でも中国人でもない、日本人は日本人である、日本が統治した五つの特別会計地域で40%ものインフラ整備を行っていたという資料をみつけた、
 1、朝鮮
 2、台湾
 3、関東州
 4、樺太
 5、南洋

 これが事実であれば、これは、ちょっとは自慢してもいい出来事かもしれない。

 同じような行政、現地予算の数十%をインフラに投下する行政を行って、それを、感謝してくれる国・民族と、それを無視する国・民族がある。

 そして、日本の資本をねだり、日本の製品をコピイし、それどころか日本の技術を、まるまる盗む、これからの日本、こんな国を相手にしないようにするべきだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歳出の40%がインフラの日本統治 8

2011-04-18 05:19:16 | Weblog

 支配クラスが40%を超え、彼等は、全く、働こうとせず、タバコの火すら、召使いに点けさせた、当時、朝鮮を旅行した白人女性は、その有り様を、記録に残している。

 この非人道的な社会が数百年に渡って持続した、そのため、屈服と盲従の性格が朝鮮半島の人々に刷り込まれたのではなかろうか、現在の北朝鮮の有り様を見ていると、そう思わざるを得ない、そう、元気があり勇気のある若者は、みな、粛清されてしまい、大人しく臆病なDNAだけが残った。

 他の地域・民族であるならば、あれほど理不尽な支配体制が成立することはない、成立しても持続することは不可能。

 「除災招福」の原始道教にとって、一番大事なことは、自らと自らの一族の幸福・繁栄であり、そのためには、何でもする、なにしろ、天にあって宇宙を支配する天帝ですらだまそうとする、だから、近隣の民族などなんでもない、これっぽっちの良心の痛みを感じることはない。

 それは、人間界の事実を捻じ曲げ、歴史を歪曲し、都合が悪くなれば自分勝手な理由を揚げて契約・約束を反故にする。

 彼等の歴史問題の目的は別にあり、それは、国際社会から日本を引きずり落とすことであり、今後も、機会があれば策略・謀略を仕掛けてくるであろう   ― 景福宮 ―
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歳出の40%がインフラの日本統治 7

2011-04-16 23:34:49 | Weblog

 韓国と中国は、ことある毎に日本を批判する、他のアジア諸国はそれほどではないから、この二カ国は特別なのかもしれない。

 韓国と中国は儒教の国であったことが知られているが、漢民族の民族宗教・道教についてはあまり知られていないようだ、実は、韓国と中国、儒教がタテマエで道教・原始道教がホンネ、李氏朝鮮にあっては、支配階級の両班(やんばん)が、全人口の40%を超えていた、彼等は、全く労働をしない、そして、一般の庶民を苦しめ、庶民の娘を強奪することがあり、それどころか殺傷しても咎められない。

 支配クラスが40%を超えることなど、とても考えられない、これほどの堕落はない、ところが、今の韓国のインテリ、これについては口を噤(つぐ)んでいるのではなかろうか、40%と記したが、実際は、50%を超えたのではということを聞いたが、その資料は、見つけることができなかった。

 それにしても、無為徒食の支配者が、全人口の半数近くの社会とは、どうであろう、恐らく、人類の歴史でも発見することは不可能、もう、それだけで、どうのこうのとは言えない、それが、李氏朝鮮の実態であった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歳出の40%がインフラの日本統治 6

2011-04-13 19:37:59 | Weblog

 カダフィ側の傭兵、筋骨隆々の大男かと思っていたら、なんと少年兵が混じっていた、まだ、あどけない顔の少年兵の死体が道ばたに転がっている、
 「真新しい軍服が痛々しい」

 これについては、うすうす知っていた、何も知らない子供をさらって来て、マインドコントロールにかけ、兵士に仕立て上げる、欧米のマスコミでは,時々、取り上げている。

 Newsweekでは、女の子のケースを調べ上げていた、どのくらいの年齢からであろうか、さらって来てSEXの道具にする、1日に何度否何十度、そのために「膣(ちつ)」と「腸」の間に穴が開いてしまい、そこから、「便」が漏れるようになる、これを治す手術が困難らしい。

 なぜ、こんなことになったのか、それは、欧米の植民地支配が原因であり、白人政権の延命を図るために、部族間の抗争をあおり、その始末をつけずに本国へ撤退してしまった、憎しみは憎しみを生み、敵対する部族の殲滅を図る、そのためには、子供を産むことを不可能にさせてしまうという戦略でもあるらしい。

 なんという事実であろう、バーコードまつ毛に鼻ピア・マニキュアとペデキュア、109の回りをチャラチャラしているどこかの国のオンナの子に見せてやりたい、彼女たちは、どんなに恵まれていることか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加