The orthodox civilization is the festival politics of Japan

「安藤真の『世界文明の正統は』」の続き、祭政は人間中心を超え物質文明を越える、これを受け継いでいるのが日本の伝統と文化

A Conclusive Troubles of Korea 11

2018-02-28 11:17:24 | 世界経済

 ポイントは、金一族とその支持グループがあの国を支配しており、そして、支配し続けていこうとしている、国民は二の次・三の次、とても国家と言うわけにはいかない、山賊や海賊が国を乗っ取ったようなものだ、
 1、ニセ札の発行   
 2、外国人を拉致(らち)する 
 3、覚醒剤の製造と販売
 ⅳ、密輸に近い輸出入   
 4、イランやアフリカの独裁政権との関係・・

 金一族と支援グループの合計は数百万人か、この国の総人口は2千400万人ほどだから、1割ほどが支配していることになる。   

 北線帰還事業は1950年〜1984年、高度経済成長の前からで、この国が貧しかった時期、それでもクルマを持って行ったヒトがいた、商売でもするつもりだったのか、職場の上司がニヤニヤ笑いながら近づいて来る、
 「いいおクルマですね」
 その瞬間、パッと判断し決断できるかどうか、それが生死を分ける、ベスト・アンサーは、
 「あなたさまに使っていただきたくて はい 持ってきたのであります どうぞ 自由に存分にお使いになってくださーい 」
 「そうですか そうですか」
 「これが カギです」
 「たいへんに いいこころがけですね きっといいコトがあるでしょう」
 これだけの言動ができるか、できたか、まずムリだろう。

 最悪のケースは、
 「こっちで使うために わざわざ運んだんだ そんなきったねー手でさわるんじゃーねえー クルマからはなれろ このボケッが シッシッー」
 「そうですか」
 「・・・」
 「タイヘンに元気ですね あなたにふさわしい職場は ベツにあるでしょう」

 やがて炭鉱への赴任命令、炭鉱にやられたら「1年モタナイト」、重労働と粗末な食事・・・多くの人々の過酷な運命であった、この国のシンブン、あまり報道しない,彼らのTraumaになっているんだろう、
 「あの栃木の山奥の老人のいうことが 正しかった」
 
 「あの国が そんなに良くなるはずがない おまえたちはみんなだまされているんだ」
 今回のオリンピックの美女外交も、おんなじケースだろう。
コメント

A Conclusive Troubles of Korea 10 

2018-02-26 10:09:58 | 世界経済
 
 それでも、うすうす気づき始める、そこで、
 「向こうにいって 手紙を書くが 名前がカタカナで書いてあったら その内容は ゼーンブ反対のこと ウソだと思ってくれ」

 そういう約束をしておく、つまり、
  「地上の楽園」は「地上の地獄」
  「こんなにいい国はありません」は「これ以上ひどい国はありません」
  「みんな親切で天使のような人々です」は「赤鬼・黒鬼・白鬼 そんな連中です」
 そして、
  「ぜひ こちらに来てください」は「セッタイ・ゼッタイに 来てはいけません 人の住むトコロではありません」

 これは、きびしい徹底した検閲があるからで、前に紹介した、
 「ニッポンのコジキが うらやましい」
 この手紙は脱北者に頼んだものだろう、いたましい事実である、では、どうして、こうなったのか。

 それは、ニッポンのマスコミがあおりにあおったからで、 
 「ニイガタがら船に乗れば エスカレーター式に 地上の楽園に 到着する」 
 これは、なんと、あの硬派のサンケイ新聞、すごいもんだ、
 「こんな記事 いいんだろうか」

 サンケイがこうだから、ほかがどうだったかは・・・縮刷版で確認できる。
コメント

A Conclusive Troubles of Korea 9

2018-02-24 10:26:52 | 世界経済
 
 帰還事業の初期、到着した人達に一戸建ての住居が提供された、電気・水道がついている、
 「これなら まあまあかな」
 係官が、
 「どうですか」
 「ありがとうございます」

 ニコニコとして、
 「それでは ニッポンにいる友人や親類に 手紙を書いてください」  
 なんだかヘンだと思いながらも、
 「文化住宅を提供されました あなたも早くいらしゃい・・・」

 書き終えると北朝鮮の役人の態度が一変した
 「さあー なにをぐずぐずしているんだ」
 「・・・」  
 「荷物をまとめて 出るんだ」
 「ここは わたしの住居ではないんですか」
 「おまえたちの住むトコロは 別にあるんだ」
 栃木の山奥の炭焼き小屋が御殿に思えるほどの、みすぼらしい集合住宅・・・

 つまり、彼らは「おとり」で、こうやって、次から次へと呼び寄せた、その総計が9万人以上、日本人妻が数千人、その年の冬が越せなかった日本人女性がいたという、
 「ペタリと尻をおろし 日本の方を見ていました」

 今年の日本の冬は寒かったが、あの国は、こんなものではない、それに、あの国の人々の視線、身も心も凍りついてしまったんだろう。

 NHK、江戸の街を放火して回ったロウシたちを匿(かくま)ったセゴどんなんかやらないで、こういったドラマをやってもバチは当たらないと思うが・・・

 
コメント

A Conclusive Troubles of Korea 8

2018-02-21 11:00:25 | 世界経済
    
 栃木の山奥で炭を焼いている老人がいた、半島の出身、朝鮮総連の係官が説得に行く、当時はスマホがないので、重たいスライド映写機をかかえていった、山道を行くとみすぼらしい小屋が見えた、  
 「お国は タイヘンな発展です 千里の馬のイキオイなんです」
 
 スライドには、ケムリをはく工場、労働者の群れ・・・
 「さあー 一日も早く帰国して祖国の建設に参加しましょう」

 この老人、
 「おまえたちは だまされている」
 「あの国が そんなにうまくいくはずがない」
 「これは いいところだけを映しているんだ」
 係官が、
 「もう 何万人も 海をわたっているんです」
 「きっと ひどい目にあうだろう それは 目に見えている」
 そして、
 「ここは まずしいが ぐっすりとねむれる だれに気兼ねをすることもない 時々 山を下りて 街で甘いものを買うこともできる」
 「こんなに いいくらしはない オレはしあわせだ もう そんなスライドは しまってくれ」

 総連の担当官、
 「なんて ひねくれたジジイだ」
 そして10年経った、
 「彼の言っていたことは 正しかった」
 「おれは なんてことを なんてことをしてしまったんだ」

 向こうに渡った人々は、あの国の最下層に組みこまれ、言語を絶する生活、こっそりと届けられた手紙に、
 「ニッポンのコジキが うらやましい」

 あの民族の本性が出たのかもしれない、儒教ではできないことだろう。 
コメント

A Conclusive Troubles of Korea 7

2018-02-20 11:04:05 | 世界経済
 
 北朝鮮帰還事業は1950年から1984年まで行われ、9万数千人が海を渡ってしまった、このうち3千数百名が日本人妻、数十名が日本人夫、だから数千名以上の子供がいたはずだ、どうなったのだろう、こちらも手を打ってほしいものだ。

 当時の北は、朝鮮戦争の後で、人口は1千500万人ほど、だから、むこうのねらいは労働力だったのかもしれない、在日の人々は、
 「仲間の言うことは信じないが 日本人の言うことは信じた」
 この辺が、民族性なんだろう、彼ら、だますのが当たり前、だまされる方が悪い・・・

 この国では、
 「大新聞や大学のセンセーが ほめそやしていた」
 あの国は、
 「計画経済の 理想の国だ」

 この国は資本家が搾取し、労働者が苦しめられている、高度経済成長前のニッポン、リンゴが食べられない、大学に進学するおカネがない、そこに舞い込んできた北への帰還事業、ニイガタの港はお祭り騒ぎ、すごい熱気で、見送りにきたのに「乘ってしまった」女性がいた、さあー タイヘン・・・
コメント

A Conclusive Troubles of Korea 6

2018-02-19 14:46:40 | 世界経済
 
 タイヘンな盛りあがりだ、ちょっと整理してみようか、
 1、ピョンチャン・オリンピックではなくてピョンヤン〈平常)・オリンピック  
 2、ほほえみ外交と美女軍団の目的と事情   
 3、取りこむか、取りこまれるのか   

 美女軍団の一人がアクビをした、また、韓国・北朝鮮以外のチームに拍手をしようとした”美女”に隣りの美女が「ツン・ツン」、きびしい統制のもとに行動している、さて、「アクビとハクシュ」の美女はどうなるのか、どんな処分が待っているのか。

 北鮮帰還事業であちらに渡った日本人妻の1人が、
 「ワタシは だまされた」
 これで「政治犯」、そういう国なのだ。

 こういった行動。ほほえみ外交は、ソーT-に追いつめられている、まいっている証左かもしれない、特に、ピョンヤンや大きな都市以外は食べるものがあるのか、オリンピックどころではないのではあるまいか。

 パラリンピックが終わったらどうなるか、予測がつかない。
コメント

A Conclusive Incident of Korea 5

2018-02-17 11:57:02 | 世界経済
    
 山田電機のテレビの前に、ヒトが群がってしまった、仕事をサボタジューしたようだ、合唱している婦人、その時、
 ”ハニュー ユズル JAPAN "

 スッー、
 「クルクルクルクルリン パッ」
 4回転だな、
 「シャ・シャ・シャ・シャー」    
 大マタびらき、アメリカのテレビが、
 「SILKのような 優美なうごきです」

 指が小刻みに揺れている、
 「あれでリズムをとっている キンチョーをゆるめている」
 「千両役者だな」
 「ああ いいものを見た」
 
 ハニュウは世界の人気者らしい、だから、どこかで、
 「ママン このひと 白人なの」
 「ノン ちがいますよ」
 「きれいな おカオで 白人よりも白人みたい」
 「ふふふ」
 「パパアが ニッポン人はシュメール人の子孫だって言ってたわ」
 「まあ なんてステキなんでしょうね」

 ユーラシア大陸の東の果てのこの島国に、大きな夢を抱いて、なんと多くの人々がやってきたことだろう、アイスリングの上で、立派に立派に、花開いていた。
コメント

A Conclusive Troubles of Korea 4

2018-02-14 11:14:14 | 世界経済

Among many ceremonies of Taoism , there is a strange one that a boy climbed a persimmon tree stopped to come out fruit .
And near that tree , a man shouted to tree ,
" Come out fruit
Come out fruit ,
When not come out ,
We will cut you out !"
Then , the boy answered ,
" I will come out fruit ,
I will come out fruit ."
After that some of them starts to come out its fruit again .

It may be the proof that the god of Taoism controlled everything in the world .
On scientific thinkinng ,many men shocked the sleeping tree and it would be so effective to make it come out again .  

 韓国が儒教の国ならば、不可逆的な国家の約束をひっくり返すことなんかできないはずだ、また、曲がりなりにも近代工業国家になれたのは日本の援助や投資・技術指導があったからだろう、しかし、これっぽっちも感謝しない、これは「除災招福」の自分中心の道教信仰のためではあるまいか。

 紀元前108年、漢の武帝がt朝鮮半島を支配し4郡を設置、その1つが楽浪郡、現在のピョンヤン(平壌)を中心の地域、313年まで存続した、およそ400年間である、この期間に、漢民族の民族宗教・原始道教によって骨の髄まで染め上げられたのではなかろうか、
 1、おどす 
 2、だます  
 3、ウソをつく
 4、ギャアーギャアーと泣きわめく 
 
 あくまで、自分中心であり、
 「オレは正しい オマエが まちがえている」
 それは、
 「ウソも100回言うと ホントーになる」
 そうそう、
 5、彼らは道教の神さまさえダマし 利用する・・・

 天地の万物が、彼らの利権なのだ、人類の中でも、最も狡猾なグループになる、あのAnglo-Saxonの見え透いた倫理感が立派に見えて来る。


,  
コメント

A Conclusive Troubles of Korea 3

2018-02-13 10:29:38 | 世界経済
 
 現在、この段階でも、核兵器の開発を続行している、だから、まともに相手にしてはいけないはずだ。

 どうしたんだろう、あの国の中統領、町長か村長のレベル、なんとお粗末なことか、あの国のレベルがわかる、ところで、ピョンチャンがすごいことになっていた、
 1、突風が吹く 
 2、ひどい寒さ  
 3、深夜のジャンプ・・・  

 アメリカのテレビ局が放映権を買ったためらしいが転倒するものが続出している。

 こういう状況では、完成されたベテラン選手よりも、粗削りの未熟な若い選手の「一発ショーブ」。 

 それにしても体育協会のコーチや指導者、なにを考えているのか、ほとんど貴ノ花だ、貴重なおカネをムダにしている、もっとも「共同体維持の利権構造」が「協会保存の仕組み」に変形しただけかもしれない。  
コメント

A Conclusive Troubles of Korea 2

2018-02-12 10:59:03 | 世界経済

The religion stresses the limitation of man power and wants to make the people its member .
Especially the primitive Taoism liked to attack other religions and they had to escape from there .
They moved to far east islands and were welcomed kindly .
The success of Japan seemed to be helped by those religions .       
 
 なかよくするのは結構だが、今のままではムリ、
 1、核兵器による威嚇
 2、ニセ札や覚醒剤
 3、サイパー・テロ  
 4、国内での弾圧・・・

 そうそう、ラチ問題もある、さらに北朝鮮帰還事業の3千数百人の日本人妻はどうなったのか、ニッポンの新聞があおりにあおった、国をあげての犯罪行為・・・ショウグンさまの出席の時、全員が拍手喝采のアラシだが、この時、拍手しない者は処罰されるらしい、顔もニコニコ、引きつってはいけない、引きつろうものなら、当人が、ひきつらされてしまう。

 だから、今は、交渉する時期ではない。
コメント