The orthodox civilization is the festival politics of Japan

「安藤真の『世界文明の正統は』」の続き、祭政は人間中心を超え物質文明を越える、これを受け継いでいるのが日本の伝統と文化

ニッポンの新聞・ニッポンの構造 下

2016-11-30 02:49:06 | 世界経済
      
 スマホやパソコン、ずいぶん安いものがある、どうしてか、パーツ(部品)を安く製造しているからだろう。
 
 中国が国際マーケットに参加した時、中国人労働者の給料はアメリカの約20分の1、それで、アメリカの企業は、次々に中国に進出する、アメリカ各地の工場地はさびれていった、多くの労働者が失業、かろうじて残った者も給料がダウン、アメリカは景気が冷えこんでしまった、これが、トランプ現象の背景だろう。

 そして、中国の労働者の賃金は、年々、上昇し、そこで外国資本は、中国からタイ・ミャンマー・ベトナムに工場を移す、そして、現在、マレーシアに下請け工場を経営するものがあるのだが、これがひどい条件なのだ、ネパールから若者を集め、せまい部屋に10数人を押しこめ、1日10数時間の労働、安い賃金、トイレにも行かせない、人身売買さながらの契約内容、そして、これらは、どこの下請けかというと韓国のサムソンとパナソニック、あの善良と幸福のイメージで売っているパナソニックさま。
 「ビジネスは きれいごとではない」

 PHPだっけ、松下ナントカかだっけ、
 「すごいなあー」
 Kクン、
 「知らないはずは ないねえー」

 この国のマスコミ、なにをしているのか、
 「ニホンケイザイ新聞が これを書いたらホンモノなんだがね」
 「とてもとても そんなもんじゃあない 今は アサヒよりも悪い」

 これをすっぱぬいたのはイギリスのマガジンだった、
 「くさってもイギリス されどイギリス」
 「イギリスって キリギリスに似ていない」
 「・・・」

 なんかチカラがぬけた、
 「だからねえー これもニッポンなんだ」
 「キミのいうニッポンだけじゃあないんだよ」

 まったくイヤな奴だ、ヨコハマ市民のK君。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニッポンの新聞・ニッポンの構造 上

2016-11-28 04:05:32 | 世界経済
     
 横浜市民のK、まだいる、
 「食料モンダイがタイヘンなことになっている」
 「日本の食のカナメ・全農を解体しようという動きがある」
 「ニッポンのマスコミ この問題を報道しようとしないようだ」

 「全農を株式会社にする そうすると」
 「どうなる」
 「巨大な資本力で買収だよ なにしろヴェトナムのジャングルを枯葉剤で真っ白にした連中だ あっという間に買収さ 日本人の食料をコントロールする なにを食べさせられるかだ」
 「たしか モンサント・Monsanto だったね」

 「問題は それに協力する日本側の勢力だ」
 「政府・自民党の一部か」
 「若手は なにも言えないからね」
 「とんでもないカネが動いているようだ」
 「自民党の この利権体質をチェックする野党が まるで機能していない」
 「ふだんは ぐずぐずでも こういう時はシャキッとしてほしいものだ」

 「グローバリズムって言っても 巨大企業・多国籍企業が有利になっている そして国民は何も知らない 知らされていない」
 「何度 こういうことがあったか あのトロン計画がそうだ 見事にやられてしまった」   
 「そのアメリカのやり方を 中国がマネしている」
 「この国の野党とマスコミの停滞が この国を追い詰めている 国民は何も知らされていない」
 「それは 今回の大統領選で明らかになったな」

 「新聞と言うクラシックな報道媒体は その歴史的使命を終えたのかもしれない」
 「若い人々は インターネットだね」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜市民K君のヒラリー分析

2016-11-26 04:34:04 | 世界経済
     
 横浜市民のK、イヤな奴(やつ)だ、
 「ヒラリーのヒステリーについて まあまあだったな」
 「・・・」
 「君としては よくやったほうだよ」
 「うっうっうっ」

 「おれだったら あんなもんじゃあないネ」
 だったら、自分で書けばいい、
 「ヒラリー もう20歳 若けりゃあ トーセンだったな」
 「そんなもんかい」
 「そんなもんさ」

 「この国のテレビ トランプ陣営のヒラリー批判 あまり放映しなかった ヒラリーが勝つと思いこんでいたからね」
 「すごい盛り上がりだったんだよ 特に婦人たちのヒラリー嫌い それを受けてトランプ君
 『大統領に当選したら ヒラリーを訴追(そつい)しまーす』
 『それでこそ 我らがトランプ われらがトランプ バンザーイ』
 ざっと こんな調子だった すごい盛り上がり これっ やらなかったんじゃあないかな ニッポンのマスコミ」

 「次の大統領に決定したトランプ ヒラリーを告訴(こくそ)するかな」
 「しないみたいだね」
 「どうしてだい」
 「そうしたら アメリカが二分してしまう可能性が ますます大きくなるからだろう」
 トランプの軌道修正、しかたがないかな、それよりもヒラリーが大統領だったら、どうだったのか、聞こうじゃあないか。

 「ヒラちゃんが 大統領になって あのヒステリー 
   そりゃあ 来た 来た 来たー 来たぞー 
   ビッグ・ウェーブだ ビッグ・ヒステリーだ 」

 「ダ・ダ・ダ ダイトーリョー なにをしたんですか
  もー お(押)しちゃったもんね 
  『北チョーセン ショーメツー(消滅)』   
  あっー これでスッキリした お水 流しとかなきゃあ 
  ビルが大さわぎするのよ おまえのウン〇はくさいって」    
       
 「ダ・ダ・ダ ダイトーリョー なにをしたんですか     
  もー おしちゃったもんね   
  『モスクワ ショーシツ(消失)』
  だいたい プーチンなんて 名前が卑猥(ひわい)なのよ 
  プーチン・プーチン・プーチンチン プーチン・プーチン・プーチンチン
  『チン・チン』だって これっ ひどくない
  ねっ そーでしょー ニッポンのみなさま」

 「ダ・ダ・ダ ダイトーリョー なにをしたんですか
  もー おしちゃったもんね 
  『ペキン カイメーツ(壊滅)』
  最近 寄付金が少ないのよ もー 御用すみね」  

 「どうだい このくらい書かなきゃあ 宇宙の知的生命体に笑われるぞ」
 「・・・」
 「まあー 宇宙人がおどろくようなもん書かなきゃあねえー」
 「・・・」
 「オレなんか なんか言うとUFOがウインウインってうるさくてね」
 「・・・」

 「そんなことじゃあ あの〇〇ブリ顔のノーベル賞候補作家に負けちゃうよ」
 「・・・」
 「なんだっけ『ノーコーソクの森』 ゴキゴキ大賞をあげたいね」
 「こいつ 外国でニッポンの悪口を言ってるんだってね ニッポンの何を知っているんだい 大乗仏教を知らず 四書五経を知らず 壮大な漢籍・日本の古典を知らず 知的には ほとんど『フリチン』状態 喫茶店のオヤジでおさまっていりゃあいいもんを 世渡り上手の三流インテリが ムチ・モーマイのおんな・こどもをだまくらかして・・・」

 すごい勢いだ、とても相手にできない、
 「だから キミなんか まあーまあーだよ」
 「うるさーい」

 本当に本当に、イヤな奴だ、ヨコハマ市民のK、
 「これがこれが ヨコハマか」
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Her hysteria might press a button of the nuclear weapon 下

2016-11-22 04:58:24 | 世界経済

And , then ,the best comment appeared ,
" Talk about having a temperament ill-suited for having access to the atomic bomb ."
It would be said " Hillary's nuclear war ", I mean to say that it may be pressed the button of nuclear weapon by her ."

I think this reporter is an insight of man .
What a good job , he performed !

" We looked for her husband to calm her down , but it failed it ."

 ヒラリーの、この烈しい性格が、政治家として成功させ、あやうく大統領にしたかもしれないが、そうなったらアメリカは、いや、人類はどうなったことか。
 「ヒラリーのヒステリーは、まさに核兵器のボタンを押したかもしれないのだ」
 
 夫のビルを呼ぼうとしたが、連絡できない、若い愛人のところにしけこんでいたのか、ニッポンのネットは大はしゃぎ、
 「ワイ ワイ キャアー キャアー」
 ほんとうにもうー、勉強でもすればいいのに、ネットのヒーロは、クリのヒラちゃんが、
 「あれで あたしを静めて静めて」
 「・・・」
 あれって、なんだろうネ、
 「おねがい おねがいよー」
 ネットは、なまなましい、エンリョ(遠慮)なんかしないのだ、
 ”Fuck me , Fuck me !" 
 これに対して、クリのビル君が、 
 ”Never !"   

 そんでもって、核戦争の可能性が、まあー 小さくなったか、おっと、
 「もう1人いたね」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Her hysteria might press a button of the nuclear weapon 上

2016-11-20 01:54:28 | 世界経済

On the night when the president election decided , Hillary Clinton got rough .
If a on-the-spot telecast reports live this , it seems to have been wonderful and would have a high viewing rate .

" She began yelling , screaming obscenities , and pounding furniture .
She picked up objects and threw them at attendants and staff."   
" obscenities " is the filthy words .
What a valuable report , it is !
If she would be a president , she would act the same ,
" She was an uncontrollable rage , her aides could not allow her to come out in public ."    

 大統領選の大勢が判明した夜、ヒラリー・クリントンが荒れに荒れた、すごかったらしい、テレビ中継したら視聴率は、トランプ・タワーを越えたかもしれない。

 「キイーキイーと泣き喚き、ヒワイなあの4文字を連発し、家具をドスン・ドスン」
 卑猥な4文字ってなんだろう、そして、モノをつかむと、スタッフに投げつける、その間にも。
 ”Fuck you , Fuck you ."

 カンペキにトサカに来ちまった。とても支持者にスピーチなんかできない、
 「ダメだ 人前には出せない」
 スタッフが必死に止める、
 「おさまるまで 閉じこめておけー」
 ”Fuck you、 Fuck you ." 
 「今夜は 解散にしよう」   

 ヒステリーがバクハツしたんだろう、こんなヒトが大統領になっていたら、どうだったか。

 きれいごとだけのどこかのテレビ、この辺はスルーか、それにしても、今回の大統領選の予想は、ハズレもハズレ・大ハズレ、すごいもんだ、自信たっぷりだったのにねえー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

D.Trump and Japan 人

2016-11-18 06:41:53 | 世界経済

A decision of TPP is so strong , and it is the top more than Japanese Government , then ,
1, You must lose a display of genetic agricultural produce .
2, Japan has to abolish Japanese health insurance plans .
We have no choice but to follow it .
What an unexpected thing ,it is !

So appearance of Trump may be the one which was prosperity for Japan .
    
 アメリカでは、ニューヨーク・タイムズ・ワシントン・ポストそれにCNNがヒラリー支持、ニッポンの新聞・テレビは、これを鵜呑みにしたらしい、ニューヨーク・タイムズは、あの朝日新聞のような新聞で、ネットでは「あさひ」(朝日)を「アカヒ」と呼んでいる、どういう意味だろー  

 今回の大統領選でアメリカのマスコミの実像が明らかになった、これらは、やはり企業や資本家クラスの側で、朝から夜までのマインド・コントロール、その結果が、
 1、コカ・コーラにハンバーガー 
 2、タバコにマイカー  
 3、ゲームにスマホ
 ヒラリーが、大統領になれば、こういった構造は変わらない、だから、見透かされていたのかもしれない。

 ところで、あのTPP、TPPは、もうひとつはっきりしない点がある、関税の壁を低くして大きなマーケットを作る、いいことづくめのように思えるが、最終的な決定権はTPPの評議会にあり、つまり、これが日本政府よりも上なのだ、だから評議会が、
 1、遺伝子組換え農産物の表示を無くせ  
 2、日本の健康保険制度は廃止しろ  
 1は、アメリカの遺伝子企業であり、2は巨大な薬品会社、ヴェトナムのジャングルを枯葉剤で真っ白にした資本力、なんとしてでも、そうするだろう、この国の自民党政府、この辺をアイマイにしたままだったのではあるまいか。

 だから、イギリスがEUを離脱せざるを得なかった状況が再現したかもしれない、トランプの登場は、ニッポンにとって、幸か不幸か。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

D.Trump and Japan 地

2016-11-16 05:56:11 | 世界経済

The Japanese mass communication seemed to believe the report of New York Times , Washington Post and CNN that Hillary would be selected ,
And most of journalists of Japan said ,
" Hillary would become next president ."

Only Mr Tarou KImura .
" Hillary is the politician who rotted ."
" Only Hillary isn't supposed to make it a president ."

" The politician who rotted " is because private prosperity has been saved by the various means , and there also seems to have been a donation from Russia and the Gulf states which supports terrorism in the donation .
      
 トランプの勝利、ニッポンとアメリカの予測は大ハズレ、それでもプロなのか、これっ、ソートーな痛手(いたで)だろう、巨万の調査費を費やして、このザマ、シロウトと変わりない、いや、シロウト以下だ。

 イギリスのEU離脱も同じだった、今年はなにかの転換点になるのかもしれない、ニッポンのテレビでは、木村太郎さんだけが、
 「ヒラリーは 腐敗した政治家です」
 「ヒラリーだけは 大統領にしてはいけません」
 ヒラリーはウオール街と親密であり、そう、ユダヤ資本・団体に密着しており、ヒラリーが大統領になれば、これまでと同じか、それ以上で、金持ちはより金持ちに、そうでないものは現状維持かそれ以下、「アメリカは変わらない」、ヒラリー自身もカネに汚い。

 「クリントン財団」は、すでに20億ドル・2000億円を集めた、アメリカでは、外国からの政治献金はダメだが寄付ならいい、さまざまの手段で海外からの寄付、なかには中東のテロ集団を応援している国からの寄付もあったという、だから、それに見合うお返しと政治的配慮があったんだろう、そうそう、夫のビルが大統領の時は、中国に対するさまざまな支援や技術供与、そこで、
 「クリントン夫妻は 国益よりも個人の利益のために政治行動している」

 ネットに木村太郎が、ああいった発言をしたのは局からの依頼で、「ほとんどが ヒラリー支持なので番組を盛り上げるためにトランプの側に立ってくれないか」

 どうだろう、それはないのではあるまいか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

D.Trump and Japan 天

2016-11-14 04:01:48 | 世界経済

D.Trump may change the Japan , he said ,
1, Japan must pay more money for U.S. army stayed in Japan .
2, Japan has a right to have nuclear weapon .

What does it mean for Japan , it may mean the independence of Japan in true meaning .
After World War 2 , U.S. wanted to make Japan weak , and break the order, the culture and the characteristic tradition , it used to carry on it ,
1, Japan had bad society before the last war
2, I suppose U.S. supported the opposite of the conservatives .
3, Free and democracy are best
Of course , that democracy is the type of America .

The president of D.Trump is not so bad , Japan may be able to get his way .
    
 暴言王・D.トランプの登場は、ニッポンになにをもたらすのか、
 1、駐留米軍の削減  
 2、核兵器の保有 
 これを受けて、三菱重工や川崎重工の株価が上がった、戦後70年でなにかが変わるのか、本当の意味でニッポンが独立できるのか。

 アメリカにとってニッポンほどジャマな国は無かったのかもしれない、だから、なんとか、この国の手足を縛っておこう、そのために、
 1、戦前の日本は悪い国  
 2、反対勢力を巧みに利用する
 3、自国の「自由と民主主義」を押しつける
 4、それでも天皇システムは残す
 5、あるいは韓国や中国を焚きつけてのニッポン・タタキか

 日本の本当の敵はアメリカだったのかもしれない、日露戦争(1904~1905)が終わって、わずか2年後に日露協商(1907)を締結、あの死闘を展開した相手とである、この協商の実質は同盟に近かったようだ。
 なぜ、こんなことが起きたのか、それは、アメリカの動きであり、鉄道王のハリマンが乘り出しかかっていた、そこでロシアとは仲直り、この関係は、ロシア革命(1914)まで続いた。

 日露戦争の戦費調達のための外債を買ってくれたアメリカの銀行家・シフ(Jacob Schiff)を明治天皇の晩餐会に招待している、だが、その後の扱いがビミョーになる、この辺が、明治の男の政治センスであろうか。

 政治は複雑だ、その時の当事者しか分からないことがあるようだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グローバリズムの結果は「格差と貧困」 下

2016-11-11 05:20:15 | 世界経済
       
 トランプの勝利でタイヘンな騒ぎ、新聞・テレビの予想は大ハズレ、これではマスコミの存在意義がない、
 「トランプが勝つ可能性は カミナリに打たれるくらい低い」
 このヒト、翌日に、テレビでシャーシャーとしていた、これが、ニッポンのマスコミを象徴していた。

 さて、グローバリズムは、人々を、平等に豊かにするはずであった、だが、アメリカにおいては「格差と貧困」を増大させている。

 さらに、世界経済に組みこまれた中国は、当初、数の労働者の賃金はアメリカの20分の1、だから、これが世界の労働コストを引き下げ、それは、消費活動を冷えこませ、世界の景気を停滞させている。

 これらの原因は何か、教育レベルの低い時代には、それほど不平等な社会ではなかった、ところが、大卒が30%を越えるようになると、その30%のエリートは、自分たちに有利な社会を造っていくようになる、それは、社会制度に法体系そして税金のシステムだ、これによって、ガンジガラメにしていく。

 つまり、この30%が、そうしてしまうのだ、ニッポンの消費税など、その一例であろうか。

 だから、70%の不満と怒りは、アメリカではトランプ現象を引き起こした、イギリスのEU離脱を2年前に予測したユダヤ系フランス人の人口統計学者・エマニュエル・ドットは、トランプを支援するグループについて、  
 1、トランプよりも理性的  
 2、怒りと不満のマグマ  
 3、トランプは彼らのツール  
 4、トランプを使って30%をたたく   

 アメリカのその構造をどうするか、トランプの価値は、そこにある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グローバリズムの結果は「格差と貧困」 上

2016-11-08 18:27:28 | 世界経済
 
 ニューヨクの株価・72ドル高、円が105円 ー6・17分ー 、マーケットはクリントンの勝ちと見ているようだ、それにしてもタイヘンな盛り上がりだ。
 ところで、あの中国の人々、これをどう見ているんだろう、それなりの影響が、じわじわと効いてくるのではあるまいか。

 さて、人々を平等に豊かにするはずだったグローバリズムが、「貧困と格差」を増大させてきた、ヒラリーが大統領になれば、この傾向は、ますます加速するだろう。
      
 だから、この20年間で、「トップ1%」の所得集中度が変化している、
  アメリカ   8.2    16,7     
  イギリス   5.9    12.7    ー Piketty Atkinson ー   

 アメリカの1%の金持ちたちは、この20年間で資産を倍にしている、これが、トランプ人気の背景にある、イギリスも同じで、イギリスはグローバル化の影響をもろに受けた、
  1、ロンドンはグローバル経済の拠点
  2、イギリスの経済は金融事業に特化  
  3、イギリスの北部地方との格差の増大      

 EUの目的のひとつは、アメリカのひとり勝ちからヨーロッパ各国を守ることだったのだが、結局、ドイツだけが恩恵を受けた、EŪは、加盟国を平等に扱い、格差を少なくするはずだったが、その反対になりつつある。   

 ちなみに、この20年間のドイツは、
  ドイツ   10.8    11.1       

 アメリカのひとり勝ちを防ぐためのはずが、ドイツのひとり勝ちになった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加