佐久長聖高校・・・・あ~あ幻の甲子園 仏壇の掃除

2020年08月11日 | 家事のこと

昨日は高校野球の特別大会の決勝を見るのも忘れて、掃除に専念していました。

ハッと気が付いた時は7回になっていました。それでも地元佐久長聖高校が優勝しました。

我が息子は長聖の元野球部。

私も息子が高校生の時は幾度も甲子園に応援に行きました。

あの感激をもう1度。

今年だったらまだ行けたかも、と思ったのでした・・・・残念です。

 

階下の和室で残っているところはお仏壇です。

お仏壇の掃除は迎え盆の時にするので、仏壇下です。

物を出して拭いて風干しをして・・・・捨てる物がありません・・・・元に戻しました。

通りかがった夫に声を掛け、過去の葬儀関係の書類に目を通してもらいます。

次は・・・次は食品庫というか漬物や保存ビンなどを置いている場所です。

拭いて戻しを繰り返します。

ほぼ処分するものはありません。

ちーちゃんの「アイスバー」を作る道具をこれを喜ぶ年頃のお宅に回すことにしました。

俎板を1枚。

寄り事の形態が変わりました。

もう我が家で大量のひじきを煮ることも、煮こじを作ることもないでしょう。

大丈夫です、まだ3枚も大型のがありますから。

何事も1度では決断できないものです・・・・ゆっくりとです。

でも夫に言いました。

「すみませんね、急がせて」と。

ハイ2階にあった大量のフロツピーを処分してもらいました。

「私が動けなくなったら、あなたに物を片づける余裕はないと思うから」と。

ハイ少々の予感を含めて。

大事に何もしないでいたら、そうならないという保証もありませんから、出来るうちに処分すべき物は処分しておきたい。

そうして1年経って同じことができれば幸せだと思うのです。

中島木材のホームページは こちら
 ブログランキングに参加しています。お帰りにポチッとしていただけるとうれしいです

 

にほんブログ村

にほんブログ村にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

コメント

少しずつテリトリーを増やしています。

2020年08月10日 | 家事のこと

こんにちは。

お暑い午後ですが、昼食後2階の自室の北側の窓際でパソコンに向かっていると、爽やかな風で暑さはどこえやらです。

午前中、家の中を飛び回っていた時はさすがに汗だくでした。

少しずつ自分のテリトリーを拡大していくみたいに、昨日は自分の作業部屋の本棚に突入しました。

2階の本棚は重いと家の鴨居が下がるからと、本自体は無くしていましたが、書類のファイルが健在です。

でもどう眺めても、もうしばらくは捨てられない資料なので元に戻しました。

でもちーちゃんの古い教科書などがあったので目を通してもらいかなり減りました。

それぞれの母校の名簿・・・・これが厚い・・・は下の本棚に移し、棚がすっきりしました。

あとは夫の物・・・・私に権限はございません。

そして今朝は「つるし雛」を入れてある物入と引出しです。

季節の変わり目に飾るものを替えているので度々出し入れしているのですが、増えてくると管理が大変です。

それぞれの箱に細かくラベルを貼りました。

同じ時期に飾るものはまとめたりと少し手を掛けました。

引出しには飾り物の細かいグッズが入れてあります。

一番数が多いのはレース類。

娘の頃、旧軽井沢の大城レース店で心ときめかせて買い求めた数々。

白馬の王子様同様、それを使う日々もいまだに来ません。

和の住まいではどう使っても数がしれていますから。

食卓を夏らしい白のレースに替えました。もちろん上には厚いそれようのビニールを掛けています。

娘というものは夢見るものなのですね、我が娘も大量のレース類を所有していましたから、今やそれも私の管理下です。

願わくば孫娘の嫁入り時には持っていってもらいたいものです。

一針一針編んだものは貴重です。

義母がディサービスに出かけましたので、義母の部屋の掃除と押入の大掃除です。

中身の寝具類や炬燵布団一式も干したり洗濯して、部屋中に風を通します。

カーテンもガラス戸も開けてすっきり暮らせばいいのにと思いますが、義母は外から見られることを懸念します。

大丈夫、人は見るのではなくて、目を背けるわよ、と思う私です。そりゃあ年頃のお嬢さんならともかく、私やお母さんならね(笑)

我が家人様から見える位置にはありません。だいたいからして道を歩いている人いないではないですか、と言うのですがね。

長い事家の中から外を眺めていた人の裏返しの感覚だなと推して察しています(笑)

昨日「暮しの手帳」1981年の初夏号を読みました。

40年近く前のものです・・・・まさに時間を感じますが、読んでいて人の生き方が今より丁寧だと気が付きました。

掲載されている料理も、今の人はこんなに手間暇かかる料理は作らないかもと。

「牛久沼のほとり」住井すゑさんの連載は、今の時代にも心にずっしりと響くものがありました。

毎日1冊はムリにしても読み直していきたいものです。

お読みいただきありがとうございました。

中島木材のホームページは こちら
 ブログランキングに参加しています。お帰りにポチッとしていただけるとうれしいです

 

にほんブログ村

にほんブログ村にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

コメント

83冊お別れしました。

2020年08月09日 | 読書

曇って北風に冷たさを感じる佐久です。

こんな日は何をさておいて庭の草取りです。

真夏はいいです、抜いたのも、掻いたのも確実に枯れるから。

昨日と今朝で庭を1周できました。

夫が木の下を担当してくれました。私ダメなんですなんたってこの時期は。

先日スギナに除草剤を掛けました・・・・3日目にしてその効果を感じます。

暮同様お盆前は家の周りをきれいにしている慣習がありましたが、まだまだそれは残っているようです。

昨日本棚の整理をして83冊の本とお別れしました。

だから本棚はスキスキになりました。

でもどうしても読み返したい本は残しています。

10年ごとに読み返している、山岡荘八の徳川家康・大草原の小さな家シリーズ・エイラシリーズ・人間の運命シリーズ・アンネの日記。

堀田善衛の「若き日の詩人たちの肖像」の初版本・・・・私の青春の1冊・・神保町の古書店で求めたあの日のあの気持ち・・・戻れてしまうのね。

「チボー家の一族」の5冊はあきらめました・・・・字が小さすぎて。

パラパラめくっていたら、新札が出てきました・・・・あの頃の千円だから今より価値はあったにしても、なぜ・・・へそくり・・・ないわね。

そういう習慣はなかったから、今まで確認しないで処分していたけれど(笑)

古本買ったらお札が入っていたという話は読んだことあったけどね。

今回書棚から出したのは「暮しの手帳」ここ15年分以上かな。

そのうちに、暇になったら読み直したいと捨てきれなかった分。

18歳から読み続けてきて、今までに何回か少しずつ処分してきたけれど、やっぱり過去は過去だわね。

処分する前に読むというスタンスで「世界遺産」を読んでいるけれど、それをしばらく中断して、この暮しの手帳を読み直して、すっきりとお別れすることにします。

ということでただ今、本棚の前に山積みです。

それではまた。

中島木材のホームページは こちら
 ブログランキングに参加しています。お帰りにポチッとしていただけるとうれしいです

 

にほんブログ村

にほんブログ村にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

コメント (2)

退職したらやりたいこと・・・・本棚・アルバム

2020年08月08日 | 家事のこと

遅い更新です。

朝起きると同時にスィツチが入ってしまい、家中を飛び歩いています。

昨日は嫁ちゃんから電話があり孫男子3人のプールのお供でした。

でもさすが中2のお兄ちゃんが大丈夫と言ってくれたので、送り迎えと昼食のみになりました。

レスリングをやっている彼ら、泳ぎの練習を学校以外でしたことがありません。

車の中で聞きましたら、1000メートル350メートルに75メートルと返ってきました。

本日も兄ちゃんの監督の元、室内のプールでびっちり泳ぐのだそうです。

 

私その前後、本棚からその裏手の納戸に移りました。

4畳半の納戸、私の和ダンスが2本と後はアルバムが壁1面です。

そのアルバムをお座敷に並べて風を通し、棚をきれいにしました。

ここまでが昨夜です。

本日は・・・・・ようやく本日ペースをアップすることになりました。

それを棚に戻していきます。

5年前、私は結婚前のアルバムを解体して、写真だけを差し込むポケットアルバムにしてかなりの冊数を減らしています。

所詮アルバムは自分しか見ないものです。

しかしです・・・・人様の物はそれができません。

夫はマメな人です。

旅の記憶がすごいと思っていました。それがこのアルバム作りだったのです。

夫の旅行記ならぬ旅行アルバム、たしかにこれを作るには旅の復習が必要だったのでしょうね。

ここ10年ほどは私か旅ブログを書くようになったのか、デジカメの普及なのかアルバム作りは終わりました。

でもすごい数が残されています。

それと孫ちゃんたちのアルバム歳の上から15冊10冊3冊1冊です。

途中からデータになったのか・・・・気力がなくなったのかでしょうか。一番下は1冊です。

あらためてみたら、夫の仕事のアルバムが結構ありました。今ならパソコンの中に入っている資料というべきもののでしょうか。

これは私の範疇で処分はあり得ませんので戻しました。

全部で160冊。ポケットアルバムが130冊。

棚の上にあった引出しの多い家具、中身がありませんでしたので解体です。

カラーボックスも1台解体しました。

収納するべき場所があるものは移動して、すっきりさせました。

でもあるんです。

パネルです。正確にはなんというのでしよう。額の現代版です。

私、高1の時火災で全財産を焼失しました。

だから物に対する執着は薄いのかもしれません。

物に対する感覚は夫と差があるのかなと、この場に及んで・・・・そう終活においてね、あると感じます。

私としては自分が動けるうちに片付けておきたいが優先なのですが。

お座敷3部屋に掃除機をかけ、畳を拭いて終了としました。

そして庭の草取りです。

いくらでも仕事があるのは、田舎の主婦です。

お読みいただきありがとうございました。

中島木材のホームページは こちら
 ブログランキングに参加しています。お帰りにポチッとしていただけるとうれしいです

 

にほんブログ村

にほんブログ村にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

コメント

退職してやりたいこと・・・茶道具・花器・・・夫の過去に気がついた

2020年08月07日 | 家事のこと

始めてしまった勢いです。

お軸の後は、お茶道具と花器です。

お茶道具お座敷に箱から出して並べて風をあてます。

7~8年前に1度、姪に見せた時以来です。

姪にお茶道具で欲しいものができた時は思い出してねと。

お茶は一生続けていく積りだったから、キリが無いけど一通り揃えてあるから。

でも続けられなくて。

30代と40代で再開しようとして2度とも失敗。

「かあちゃんは普通の仕事ではないから」と義母。

仕事で出て歩くのは仕事だから口を挟めないけど、趣味は嫁の分地だから。

泣く泣くあきらめた日々。

普通の仕事ってないってどういうことかと言えば・・・・帰宅が遅い・・・だったのだと思う。

夕方になると忙しくなるとなる職場だったからね。

子供ができた時、お稽古を中断しなければよかったと後で悔いても始まらない。

そんな訳で持ち腐れ状態。

でも・・・ちーちゃんがいるから、お茶やりたいわと言った時役に立つかもと。

菓子鉢は日常に使うようにと移動、塗りのお重の菓子入れは重箱として使い、古い重箱を一つ処分。

という風に花器も炊けの花入れも普段用に移動。

茶碗は・・・なんにも転用できないのね。

箱書きを見ながら、これらが私の手元に届いた日に思いをはせました。

気がつきましたよ、夫の過去に(笑)

備前の花器の数々は夫購入の物。

本当に幾つあるのと。しっかり一ケ所にまとめました。

夫の趣味だからとやかくは言いませんが、花を活けるのは好きですが、自分の手持ちだけでも十分すぎるのです。

夫に言いました。「これは形見分けにでも使ってください」と(笑)

お茶道具から花器が移動してきましたので、花器を全部お座敷前の廊下に並べました。

そして・・・減らしました。

お花の先生から頂いた花器、たぶん免状をいただいた時のお祝いだったのでしょう。

壺は使うようにしましたが、剣山を使うのは使う気にはなれないのですが、こちらもちーちゃんがお花の稽古を始めればといくつか残しました。

最大値から見れば2割程度になったかも。

お座敷2つの天袋と地袋の中をきれいに拭きました。

カビも漂白剤で拭き取り、壁の埃も落してやれこれで完璧かと思いましたら、電灯の笠に目が行きました。

ハイ、パスします・・・暮の掃除に残します(笑)

花器入れにしていた場所も同様にし、今その隣の本棚と掃除用具入れに移動始めました。

ここでドクターストップなら夫からストップが入りました・・・・無理しすぎだと。

そんな訳でボチボチと、本日は出勤です。

何年か前骨董市でお茶道具一式が売りにだされているのを見ました。

お茶の先生をなさっていた方のお道具でした。

なんとも言えない気持ちになりましたが、物を持つということはある面で覚悟が必要だと思ったりもしたのでした。

お読みいただきありがとうございました。

ポチッしてくださる皆様感謝です。

中島木材のホームページは こちら
 ブログランキングに参加しています。お帰りにポチッとしていただけるとうれしいです

 

にほんブログ村

にほんブログ村にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

コメント (2)

懸案事項・・・・お軸の整理

2020年08月06日 | 家事のこと

本当にお暑い毎日になりましたね。

まあー家の中にいる分には我慢が出来るのは佐久です。

義母が暑くて暑くていられないと申します。

昼休みに窓を全部閉めてと指示がでました。エアコン使うのだなと思っていましたら、使わなかったようです。

なぜ?

風が嫌だからと。

えー、そうなの。

一番性能が上のランクのエアコン、そんなことはないはず。

就寝の手伝いをしていたら、エアコンを付けてと。

みたら22度設定になっていた・・・・どおりで。

スイッチを切らないで温度設定を上げておいてくださいね、と言えば「知らなかったわ」と。

96歳やっぱり「知らなかった」が出てくるのかも。

 

週に2日お休みが増えて、今まで思っていても手が回わらなかったことを始めました。

お軸の整理です。

義父の生前、夫と3人で整理したのですが、やっぱり完全ではありません。

湿気をとるために順番に鴨居に掛けました。

窓を開け、扇風機を回します。

しばらくすると乾いたわというのが手触りで分かります。

1幅ずつ写真をとり、箱書きの外函に中身と飾る時期を記載したラベルを張りました。

今時は床の間のない家も多くなりました。

これこそ私たちの時代しか日の目を見ないものの筆頭かもと。

これで食べていた人たちも大変だわと、そんなことも考えながらです。

お軸の掛替は夫の担当だったのですが、忙しかったのでしょう、アヤメが長くかかっていました。

紫陽花も日の目をみませんでした。

立秋になったら秋の七草にする分でもと、朝顔を飾りました。

桔梗はいつにすればいいの。

夫が自分で買い求めたもので茶掛けが多いのです。お花の好みだったのでしょうか、この時期がダブります。

奥座敷にはお盆用を飾り、盆明けの後の分も用意しておきました。

書の掛け軸もたくさんあるのですが、字が読めない(笑)から、飾る時期に迷うので、ついついお蔵入り状態。

亡き娘の残した高校生時代の書を亡き後孫娘に残すために5本軸にしました。

略装のままの物も全部鴨居に掛け、娘の作品展の風情となりました。

あとは大昔の物の整理です。

絶対飾ることはないものばかり。

1幅、中国の古い時代の石碑の拓本。

これが我が家の床の間に収まらない高さ。

これっ、いただきものだと思うのだけど、どうしていいか分かりません。

その昔、もうどなただったか忘れましたが、家の中を見せていただきました。

それが、とても立派な3幅1組のお軸を飾るために作ったというステージのような床の間。

そしてその床の間にあう大きなお座敷でした。

若かった私でも本末転倒ではないかしら、と思ったのですが、その軸がなんであったか記憶にありません。

よっぽど大事だったのでしょうね。

本来は床の間があってお軸でしょうね。

だからサイズアウトのお軸困っているのです(笑)

拓本にだれが表具代を掛けてくれたのでしょう。このあたりが処分するのに心が痛むのですね。

1枚ごとに写真を撮ったので、整理して次世代に渡す準備です・・・・要らないって言われるかも(笑)

またひとつ懸案事項が終わります。

中島木材のホームページは こちら
 ブログランキングに参加しています。お帰りにポチッとしていただけるとうれしいです

 

にほんブログ村

にほんブログ村にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

コメント (2)

恒例の真夏の布団干しパート3と96歳の誕生日

2020年08月05日 | 家族

3日目です。

(ここのところ1日遅れの中身です。)

でも出勤日です、ので朝7時に長座布団をブロック塀と庭石の上に並べました。

ところが名物の霧でしょうか、なかなか陽が差しません(笑)

まあー昼まで干すからいいことにしましょう。

2枚あった使っていない炬燵の掛布団。

1枚は今義母の部屋になっているので炬燵を外しているからその分だとわかるのですが、ハテもう1枚は?

お座敷のを今風なのに新調したのに、過去を取ってあったのですね。

私の権限が無い時代の名残でしょう。

処分します。

というわけでお昼休みで終わりました。でも圧縮袋入れは夜の部に。

義母の96歳の誕生日なのです♪ ♪

その準備♪ ♪

そして明日から2日間、ちーちゃんの部活と補習登校のためのお弁当の用意。

今夜は義母の好きなお寿司。

ちーちゃんパパが義母の好きな物をセレクトしてくれました。

息子ファミリーはレスリングの練習で7時過ぎになるとかで、本日はパスすることにしました。

またお祝いすればいいんだから。

嫁ちゃんがホールケーキを届けてくれました。

このところ布団干しに熱中していて、常備菜が少なくなっています。

野菜もみんな配ってしまったしね。

10種類以上冷蔵庫に並んでいないと、盛り付け係の夫心配になるのだそうです。

という訳で昼休みにもせっせこと、作り続けました。

畑から届いた野菜は基本的にすべて使い切ります。

これってかなり一生懸命に食べてもらうこと前提ね。

半分は冷凍庫に収まったりします。

息子ファミリーが来た頃から、少々食べ過ぎだった義母。ショートスティでもお誕生日には特別に一品くださったのだとか。

見ていて食べ過ぎかなと思っても、嫁の立場でそうとは言えないものね。

黙って胃薬出してあげました(笑)・・・・前日のこと。

だってお誕生日のお祝いおいしく食べられないではないですか。

「足腰が弱って」は本人の弁ですが、それ以外は至って元気です。

「もうすぐ100歳」も本人の弁です。

大丈夫です120歳までいけそうですよ。

孫や子からのお祝いの電話ももらって、ケーキのロウソクも吹けていいお誕生日でした。

先日までの天気がまるで嘘のよう、皆様も暑さにお気を付けくださいね。

お読みいただきありがとうございました。

中島木材のホームページは こちら
 ブログランキングに参加しています。お帰りにポチッとしていただけるとうれしいです

 

にほんブログ村

にほんブログ村にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

コメント (2)

真夏の布団干しパート2

2020年08月04日 | 家事のこと

2日目です。

天気予報を見ると曇りですが、何となくよさそう。

4日からは本当にピカピカの太陽さんですが、始めたらお終いにしたいのが人情というもの。

お座布団をブロック塀の上と庭石に並べます。

昨日できなかったお布団も少し。

炬燵の布団類は2階に持ち上げベランダに干しました。

そしてディサービスに出かけた義母の部屋の掃除と布団干しです。

カバー類も全洗い。

上掛けに布団のカバーにと小物がまだありますが、薄手の上掛けは災害でもあって荷物を持ち出す時の大風呂敷の代わりに残して置くことにしました。

座布団30枚に長座布団が15枚。

長座布団はしばらく前、お布団を減らしたくて、打ち直しをしてもらった折、長座布団にでもとお願いしたら、なんと10枚も届いてしまったのでした。

さすがに大量で、配りました。

今回取り込んでから考えました。

カバーを新しいのに替えようとして突如・・・・いらないわと。

10枚減るではありませんか。

これを使う時は本当に限定的。

世の中が変わってきたから、さらにコロナ禍でもっと変わるかも。

築40年の在来工法の我が家では、お布団は年に2度は干さないと急なお客様には使えません。

こんなこと、次の世代がやっていけるかと言えば・・・・ハイハイ彼らの家は高気密高断熱ですから布団干しの必要ないですね。

築40年の家がいつまで存在するかにかかってくるわけだけど。

ここは発想を大胆に変えて、私たちが必要とする量だけにしなくては。

カンカン照りにはならないから、回転が悪かったけどとりあえずこの日の予定分はお終いにできました。

半間の押入れ一つに入る分って決めているのだけど、実は入りきれなくて小屋の押入れにまだ存在する炬燵グッズこちらは明日です。

階下の部屋すべてに掃除機をかけ。床すべてを雑巾で拭いてすっきりしました。

化学雑巾よりも雑巾で拭くのが好きで、回収日になっても未使用な我が家の化学雑巾。

 

2番手のきゅうりがとれるようになって、甘くないピクルスを作り始めました。

でももういいかもと夫に。食べるほうが追い付かないわよと。

茗荷がとれてきたので甘酢漬けに。

合間隙間に保存食作りも。

走り回るように次々とこなしながら、今年も真夏の布団干しができたことに感謝したのです。

続きはまた。

中島木材のホームページは こちら
 ブログランキングに参加しています。お帰りにポチッとしていただけるとうれしいです

 

にほんブログ村

にほんブログ村にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

 

コメント (2)

恒例の真夏の布団干し

2020年08月03日 | 家事のこと

日曜日、待ちに待った梅雨明けです。

恒例の真夏の布団干し祭りです。

家中のお布団を干しまくります。

2階の押入の分はベランダへ。1階の分は庭の布団干しで干します。

薄手の物は洗濯竿も使います。

真夏だと2時間で1回転で4回まわしました。

押入の中のスノコも干します。下に敷いてある新聞紙も取り替えです。

日付を見ればやっぱり昨年も8月初めだったようです。

同時進行でね家自由のタオル・バスタオルの漂白も進めていきます。

4~5年前まではシーツも掛け布団カバーも布団から外して洗濯していました。

当然予備の物も洗っていましたが、いつ使うかわからないものにそこまでのエネルギーを使う元気もなくなり、今は使った後でお洗濯することにしています。

それでも枕カバーは漂白して洗いました。

2階の押入の分はそのまま収納ですが、1階の分は圧縮袋に入れて、湿気を避けています。

これがなかなか手間がかかります。

減らしてきました。

ところで何客分かと、数えてみます。

10客分の上下のお布団、毛布10枚、夏掛け10枚、シーツの予備が17枚、掛け布団カバーが10枚。枕が12個。クッションが6個。

以上が来客用。

この他に娘に持たせた嫁入り布団が2組。夫と私とちーちゃんパパの予備の布団が4枚。

現在毎日使っているお布団とその予備のシーツ類は別だから・・・・。

この春先、大量に寄付してここまでのレベルです。

10数年前の半分以下かもしれません。

考えてみれば楽になったかも。

でも1日では終わりませんでした。

お炬燵布団は翌日まわしにしました。

この仕事が終わるとホッとします・・・・まだ途中だけど(笑)

それではまた。

中島木材のホームページは こちら
 ブログランキングに参加しています。お帰りにポチッとしていただけるとうれしいです

 

にほんブログ村

にほんブログ村にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

コメント

8月1日はお墓参りの日なのです

2020年08月02日 | 日々のこと

8月1日はお墓参りです。20年くらいまえまでは企業もこの日をお休みにしているところもあったのですが、最近は少なくなっています。

しかし今年は土曜日でしたから、車がひっきりなしに往来し、お墓は1日中賑わっていました。

我が家は自分の家のお墓のほかに、一族のお堂の裏手に古いご先祖様のお墓もあってその2か所にお参りします。

天気予報を見て、孫たちのレスリングの予定を勘案して夕方にしました。

一族のお墓に行ったら、えー、マジで私たち一番なのかしらと思ったのでした。

見ましたらお線香はあがっていますが、お花がないのです。

これ昨年から。

時代が変わってきたと感じる時ですね。

人の見送り方が外注化して簡略になったのと時期を同じにしているかもしれません。

それぞれのお墓にはお花も供えられていました。

そのお花がほとんどお店で買ったもののように見えました。

私の子供の頃は野山に咲く花でしたが、そんなの忙しい人には不可能。子供の仕事でしたし。

だから庭先にそのための花を育てるようになっていたのでしたが、それもここにきて違ってきたのでしょうね。

いつの間にやら…本当にいつのまにやら私たちが上の年代になってしまっているけれど、次の世代が大きく変わってきているのかもしれない。

そんな思いがしたお墓参りでした。

そうそう昔はこの日は仕事も休んでのんびりしていたものです。

遠来のお客様もありましたし。

ところが梅雨がようやく明けました。

じゃがいも堀りです。

ほぼ半分以上は夫が掘ってあったのですが、その後夫が夏バテっぽくなっていました。

それではお手伝いしましょうと、午前中トコトコと出かけていきました。

雨が降っていると掘れないから、ひたすら梅雨明けを待っていたのです。

夫の懸案事項がひとつ終わりました。

お読みいただきありがとうございました。

中島木材のホームページは こちら
 ブログランキングに参加しています。お帰りにポチッとしていただけるとうれしいです

 

にほんブログ村

にほんブログ村にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

 

コメント