高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

世界平和に導く為の語録

人食い退治に奔走するトランプ大統領と特殊部隊は天皇家の牙城である帝都の地下帝国破壊のために地下へ侵入!!

2020-08-09 00:05:00 | 日本の闇

人食い退治に奔走するトランプ大統領と特殊部隊は天皇家の牙城である帝都の地下帝国破壊のために地下へ侵入!!

日本に巣くう「人食い達の牙城に、アメリカの「特殊部隊」が、8月14日から侵入し、帝都の地下帝国を破壊します!!

アメリカでも、大量の逮捕が始まります!!

地底都市破壊ですから「戦略核」が、当然使用されますので「大地震」が発生する可能性もありますし、都心の崩壊もあり得ます!!

 


Qのポストは7月30日から更新されていませんが、今回は、二つの重要な内容をお届けします。

はじめは、フリン将軍からのメッセージ

独占:フリン将軍からアメリカ国民へ宛てられた手紙


私たちはすべての善に対し、悪からの悪質な攻撃のすべてを目の当たりにしており、大統領は数十年、おそらく世紀にも渡るような前例のない方法で行動しなければなりません。

アメリカの各地路上で起こっている事をよく観察すれば、それが聖書の中で見られる善と悪の本性である事は無視出来ません。

それはアンティファやBlack Lives Matter運動という形で出現したマルクス主義です。

非常に有能である法執行の専門家(警察)は我々市民の家庭、街、社会の安全を守る為に存在しているにもかかわらず、その存在が過小評価されているという矛盾した考えです。

米国の運命が危機にさらされている今この時、全世界の未来は脅かされています。

クリスチャンとして、私たちは行動すべきではないでしょうか。

私たちは、神の摂理が、私たちの運命の究極の審判であることを認識しています。

自由を愛する国家形成という私たちの運命を達成するために、地域社会で私たちの割を果たす摂理が要求されています。

それは、悪の力との戦いの中で、私たちが恐れに正面から向き合うように励ましてくれます。

この地上には、神を敬い、自由を愛する人々の団結した力に勝る敵はいません。

私たちはもはや、これらの闇の力が単なる祈りだけで去っていくようなふりをすることはできません。

祈りは重要ですが、行動が必要です。

この行動は、地方、州、連邦レベルで必要とされています。

また、経済上、メディア、聖職者、教会領域でも行動が必要とされています。

自分の能力の範囲内でどのように行動できるかを決めましょう。

立ち上がって、自分の信念を表明しましょう。

自分が誰であるか、何に向かって立ち上がっているかを誇りに思いましょう。

平和的抗議活動といつわりながら、あなたの安全と平穏を破壊し、侵害する闇の力を許すことを厭わない力強さを持ち、地域社会の「指導者」たちと正面から向き合いましょう。

教会や礼拝所は通常の状態に戻さなければなりません。

善意の皆様には、責任を怠らず、友愛的な行動をとっていただきたいと思います。

その様な責任や管理の下にない場合は、慈善の精神で行動して下さい。

私たちは、自身の宗教的自由と共に自然法を軽視したり、無視したりすることはできません。 私は、高齢者が人生のすべての善とのつながりを失っているのを目の当たりにしています。 

信仰とのつながり、家族とのつながり、個人の自由とのつながり、特に教会に出席するという単純な行為は、彼らが何十年も続けてきた事のひとつです。

私たちは少数派だと叫ぶ人たちを恐れたり、脅したりしないようにしましょう。

私たちは少数派ではありません。

善は常により力強く、悪に打ち勝つことができるのです。

しかし、善良な人々が個人的な生活から引き離された時、;教師から離れた子供たち、信徒から離れた説教者、地元の企業から離れた顧客など;その時は善良な人々が分断され、悪が力を増すでしょう。

アメリカは決して悪に屈することはありません。アメリカ人は問題解決のために、お互いに力を合わせます。

現在、我が国の路上で起きている出来事を裏で操作している悪の勢力と無秩序を、私たちは許さないし、これからも決して許してはならない。

誰も自分たちの生活に恐怖を抱く必要はありません。

暗闇の乱れた力はアメリカが立たされている本質に挑戦しているのです。

私たちは「神の下の一つの国家」であり、私たちを強くするのは個人の自由であり、政府に与えられた自由ではありません。

政府の自由は、我々国民が個人の自由の声をあげ、主張すれば存在しえません。

アメリカに神のご加護がありますように、私たちの生活、地域社会、そして国の中にあるすべての善、そして善を支持しようではありませんか。

そうでなければ、人類にとっての真の北極星であるアメリカは、私たちの知っている存在ではなくなってしまいます。


本日、フリン将軍に関連した公聴会でのサリー・イェーツ前司法副長官の証言

サリー・イェーツ前司法副長官は水曜日、議員に対し、2017年1月の大統領執務室での国家安全保障のトップとの会議中に、バラク・オバマ大統領もジョー・バイデン副大統領も、次期国家安全保障顧問マイケル・フリンに関するFBIの捜査に影響を与えるような行動はなかったと主張。

"会議中、大統領、副大統領、国家安全保障顧問は、いかなる方法であれ、調査を指示したり、なんらかの影響を与えたりする意図はなかった "とイェーツは上院司法委員会での宣誓証言の下で述べている。

この証言は、ドナルド・トランプ大統領と彼の盟友たちが、オバマ氏とバイデン氏が次期国家安全保障顧問の調査の舵取りに主導的な役割を果たしたとの指摘を繰り返していることに対抗するもので、トランプ氏は自分が「オバマゲート」と呼ばれる不特定の犯罪の犠牲者であると主張している。

トランプ氏はその主張を裏付ける証拠を提供しておらず、イエーツは宣誓の下で、オバマ氏のフリンへの唯一の関心は、FBIがフリンが2016年の選挙へのロシアの干渉に対応してオバマ氏が下した制裁を弱体化させようとしているという懸念を調査している間に、次期政権と機密の国家安全保障情報を共有することが安全であることを確認することであったと述べた。

"フリン将軍は、抑止力という米国政府のメッセージを本質的に中和していた "とイェーツは述べている。

フリン氏は2017年に、トランプ大統領就任の数週間前に、ロシアのセルゲイ・キスリャク駐日大使(当時)との一連の電話で行ったこれらの取り組みについて、FBIに嘘ついたことで有罪を認めた。これらの通話の記録によると、フリン氏はオバマ政権の制裁に応じてロシアにエスカレートしないように促し、キスリャクは後にプーチンが報復を拒否したのは、彼の要求のためだと伝えたという。

イェーツはまた、フリン氏がローガン法(18世紀に制定された法律で、民間人が外交政策に干渉することを防ぐことを目的とした法律)に違反する可能性があるという議論は、FBIがフリン氏を捜査する理由の中心であるとの主張を否定した。

それよりもむしろ、フリンがキスリャックとの会話をしたこと、そしてその後、公に、ロシアの活動を調査しているFBI捜査官に対して、それらの通話についての嘘をついたことの方が、明らかに防諜上のリスクがあると、彼女は述べている。

ローガン法は我々の最大の関心事ではなく、関心は防諜上の懸念であった。

司法委員会でのイェーツの存在は、2016年のトランプ陣営のロシアとのつながりに関するFBIの調査の起源を調査するリンジー・グラハム委員長の調査の一部であり、トランプの同盟者側が、トランプとロシアの共謀罪を増幅させるために政治的に動機づけた根拠を貶めようとする努力の一環でもある。

イェーツはまた、フリンの通信を監視する試みはなかったことを強調した。

彼女は、また司法省はFBIがキスリャックとの通話の録音をどうやって入手したのかを正確に話

すことを許可しなかったが、キスリャックのような外国人工作員を米国内で監視することは日常茶飯事であると述べた。

イェーツは「フリン将軍の監視はなかった」と述べた。

共和党員はイエーツが2016年10月、FBIがロシアの工作員と疑っていた元トランプ陣営補佐官カーター・ペイジ氏の監視申請を承認したことに質問の多くを集中させた。

この申請は、クリントン陣営と民主党が雇った会社のために反トランプ情報を収集していた元英国諜報員クリストファー・スティールがまとめた書類に大きく依存していた。 

 

いわゆるスティール文書の信頼性はその後数年で損なわれており、ペイジを監視することを正当化するために反対派の調査文書に依存していると共和党はFBIを非難している。

さらに、マイケル・ホロウィッツ監察総監による審査では、申請書には多くの誤りや漏れが含まれていることが判明したが、申請書自体が無効であるとは判断していない。

イェーツは、申請書を厳密に検討したが、承認するかどうかを判断するためにFBIが

行った事実を信頼したと主張。

彼女は、Steel Dossierが申請書の重要な構成要素であることを認め、ペイジの令状を

承認した裁判所に虚偽の陳述をした者は責任を問われるべきだと強調した。

イェーツは、FISA申請に問題があったにもかかわらず、ホロウィッツ氏が政治的な偏

見が一因であるという証拠は見つけられなかったと強調。 実際、スティーレ文書の

政治的な出所をFBIのプロセスで見つけた誤りの一つとして挙げていない。

イェーツは、この文書の背後にある潜在的な政治的動機について、事務所の弁護士と

内部で話し合ったことを明らかにしたが、「DNC(司法省)が資金提供をしていたと

は知らなかった」と付け加えた。

グラハムは、スティーレの主な情報源であるFBIの捜査官とアナリストにインタビュー

した人物に向けて、委員会の継続的な調査を進めていくつもりであると述べた。

聴聞会が終わる頃、グラハムは、彼が公開した要約は、実際にはスティールの情報源

との3つのうちの最初のものであり、「諜報アナリストとケース・エージェントと他の

2人にインタビューするつもりだ」と述べた。

"我々は彼らに諮問する予定である。" "ところで、あなたはFBIの誰かに 書類の信頼性

がゼロだと話しましたか?もし誰かに話したとしたら、それは誰なのか?"

我々は国家として、その人物にどのような説明責任があるのかを決定する事になりま

す。それが今後の調査の目的だ。

グラハム(R.S.C.)は公聴会の冒頭で、FBIがフリンにインタビューした理由を「見せ

かけ」だと考えていると述べた。

"私たちは、次の移行期には、誰が勝ったとしても、刑務所に行くことを恐れずに外国

の指導者と話すことを確認する必要があります "とグラハムは言った。
 

イェーツは最後にグラハムの質問に対し、マイケル・フリンの捜査中、当時のFBIでレ

クターのジェームズ・コミーは "悪党 "になったと答えた。


今回はここまでです。

今日も最後までお読みくださりありがとうございました。

以上

誘拐された子供たちを救出する協議会 
TEL042-365-2728  FAX042-361-9202 
住所、氏名。電話番号を明記の上でFAXでお問い合わせください!!
多くの方たちから「行方不明の子供」の情報が送られてきます!!

有志達89名が、参加したいとの希望がありましたが危険が伴いますので「声援」だけをお願いしました・・・感謝します!!

この「人食い問題」を、解決しない限り、私たちに安住の地はない!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。
ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。
  
 ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼ ロにしてくれます。
最低、半年は飲んでください!!

不況に左右されない特殊な業務で業界独占の事業ですから、男女を問わず誰にでも簡単にできる事業です!! 脱サラ、転職に最適です!!

・起業家の皆さんに特選技術情報を提供します!!
    お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・
 郵便番号・住所・氏名・電話番号を明記の上でお申し込みください。

 

 

 

 

 

 

 


この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「人食い達」の幼児狩りの実... | トップ | 日本列島騒乱!! 日本列島に巣... »
最新の画像もっと見る

日本の闇」カテゴリの最新記事