かたつむり・つれづれ

アズワンコミュニテイ暮らし みやちまさゆき

「オッペルと象」-牛飼いになってものがたる

2011-09-01 16:37:08 | アズワンコミュニテイ暮らし
 牛丸仁先生にとって、入院生活は良いことばかりではないらしい。
 結構、いろいろやることや、病室の隣近所のつきあいに、忙しくなるときがある。
 先生は、三重の人を「西の人」と呼んで、「西の人は早口で、しゃべっているときに同時にしゃべる、そして声が高い」と言われた。はっと、胸に手を当てた。
 
  外からの情報がすくない入院生活のなかに、教え子の一人から手紙が来た。
「教え子」といっても、その方は大学教授で、文学を学生に講義している。
 牛丸先生が信州大付属小学校で、子どもたちに語りかけてくれたことが、貴重な体験であったという。
 「おだやかに、しずかにはなしてくださった。まくしたてるのとは、違う。ゆっくりと、論理的に、しらべていく。これが今、学生に向かう時、じぶんにとってのテーマです。」といった内容と聞いた。
 この辺も、なにか考えさせられる。

 宮沢賢治「オッペルと象」ーーいつものように、全文がパソコンで印刷されている。
 今回は、副題「ある牛飼いがものいがたる」というのにちなんで、参加者の一人ひとりが”牛飼い”に
なって、ものがたることになった。


 はじめに、牛丸先生が”牛飼い”になって、ものがたった。
 途中で語り口を変えた。一つの節を、7語・5語とはっきりリズムをつけた。
宮沢賢治は、この作品最後まで、七五調で拵えた。

 ”牛飼い”が参加者のリレーで変わるので、そのたびに、そういう物語になった。
 
 白象が、ある時、オッペルが主人の稲こき場に現れた。
 オッペルは機を見て、「ずっとこっちにいたらどうだい」とはたらきかけた。
 白象はけろりとして、「いてもいいよ」と答えたものだ。

「こっち」というのは、どういうことだろう?という問いかけ。

 白象は、オッペルから言われるままに、働いた。
 オッペルは、白象がなんでも素直に受け入れて、言うがままに動くので、うーんとこきつかった。

 白象は、苦しくなって、仲間の象に助けを求める。

 怒った象の群れは、オッペルの館に押し寄せ、オッペルを「もうくしゃくしゃに」つぶしてしまう。

 
 案外、スムーズに、たくさんの”牛飼い”は語り終えた。
 オッペルは、調子にのりすぎたんじゃない?
 
 ここで、牛丸先生から、投げかけ。
 『最後に
 
 「ああ、ありがとう。ほんとうにぼくは助かったよ」
  白象はさびしくわらってそう言った。
 
 ここのところ、「白象はさびしくわらった」とあるが、この「さびしくわらった」というのは
どういうことか、ちょっと、みんなから意見だしてもらったらどうかな』

 参加者から、いろいろ感想があった。
 この辺は、もし関心がある方あれば、実際に作品にあたって、そこのとこ、考えて見るのも
おもしろいかもしれません。
 参加者の意見や感想を聞きながら、牛丸先生は「いや、今回は、みなさんの話を聞きながら、
じぶんの中がはっきりしてきました」と言われた。
 それが、どんなお気持ちから言われたのか、いまこれを書いていると、「どんなかなあ?」と
こころに、残る。

 教え子からの手紙を引用されて、「これからは文学の時代がやってくる」と言われた。
 これも、その時は「そうかあ」と聞きましたが、果たしてどんなことだったか?

 次回、9月25日、宮沢賢治「カイロ団長」
 

 
 
 












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「お茶!」 | トップ | 「聞くとは」「聴くとは」、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アズワンコミュニテイ暮らし」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事