アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

福島第一原発3号機 核燃料プールから取り出し開始

2019年04月15日 10時17分38秒 | 福島原発

震災後、菅直人が購入したエコ豪邸。被災者が未だに仮設住宅で暮らしていると言うのに、原発に反対するアホは、誰もこれを追及しない。


何が再生エネだよ。原発壊しておいて金儲けか?

@メルトダウンさせた張本人の菅直人にやらせろ。よく、知らん顔してエコ御殿に住んでいられるよな。


コメント

核燃料取り出しに向け・・・格納容器の土台強化の実験

2016年11月30日 08時43分49秒 | 福島原発
廃炉への道のりは気が遠くなるような作業です。福島第一原発からの核燃料取り出しに向け、まず、格納容器の一部の土台を強化するための実験が始まりました。
国際廃炉研究開発機構・吉沢厚文専務理事:「試験装置を使って、取り出しの方針に役立つようなデータを取って参りたい」
日立GEと国際廃炉研究開発機構は、福島県楢葉町で、福島第一原発2号機の核燃料の取り出しに向け、土台部分を強化する実験を始めました。2号機の圧力容器には溶け落ちた核燃料の多くが残っていますが、圧力容器を覆う格納容器に穴が開いているため、作業ができず、まずはその水漏れの穴をふさぐことが必要です。しかし、穴をモルタルでふさぐと、今度は格納容器の一部がその重みに耐えられなくなるため、この土台を強化する実験を進めています。
日立GEニュークリア・エナジー原子力プラント部、大目二三由技師:「時間はかかるのはやむを得ないです。工事側や開発側で努力しても最後は現場で一定量の線量が下がっていることが求められる」
土台を強化するための作業はロボットではなく人が行うため、現状では放射線量が高すぎて入れません。このため、実際の作業時期は見通せていません。

@なんだかんだ言っても、世界に先駆けていい実験材料になるじゃない。安全第一で宜しく。


コメント

東電事故報告書 「首相官邸からの指示」として、「炉心溶融」という言葉を使わないよう指示!

2016年06月18日 08時32分25秒 | 福島原発

被災者が未だに仮設住宅で暮らしていると言うのに、菅は再生エネで孫正義と組んで大儲けしてこのような御殿を建てた。原発に反対するアホ共は、誰一人これを追及しない。

@報告書は、当時の清水正孝社長が「首相官邸からの指示」として、「炉心溶融(メルトダウン)」との言葉を使わないよう社内に指示したとしている。
これに対し、菅と枝野は必死になってそのような指示は出していないと否定しているが、それ以前の東電の記者会見では、ガンガン炉心溶融という言葉を使っている。
そもそも無知な菅が、知ったかぶりをして態々福島に出かけ、その間注水を止めた事がメルトダウンを誘発させたんじゃないか。もっともっと菅の責任を追及し刑務所にぶちこむべき。なにが再生エネだ。
映像が残っているのに、菅も枝野(こいつは女房と子供をシンガポールに逃がしている)もどこまで無責任で自己保身に明け暮れる汚い奴らか、今更、私が言うまでもない。


コメント

福島第1原発5・6号機付近で枯れ草など焼く火事 けが人なし

2015年03月22日 07時39分03秒 | 福島原発
福島第1原発の構内で、道路脇の枯れ草を焼く火事があった。東京電力によると、21日昼前、バスで巡回中の運転手が、5・6号機近くの土手から火が出ているのに気づき、消防に通報した。
火は、道路脇の枯れ草や通信ケーブルなどを焼いて消し止められた。けが人はいなかった。現場には、車のブレーキの破片が落ちていて、東京電力と警察が原因を調べている

@久々に反原発派が送り込んだ工作員の仕業だよ。汚染水のタンクに穴をあけたり、電源盤をショートさせたり色々やってきて、ここでもその度に脱原発派の仕業と書いてきたけど、それで少しは
作業員として送り込まれてくる人間の調査も厳しくなったと思うけど、少し気が緩みだしたのかな。ここにきてまた再開したって感じだね。


コメント

福島の仮設住宅 「吉田調書」受け止めは   朝日の次は反日TBSだね! 朝日新聞は不買運動で!

2014年09月12日 14時52分18秒 | 福島原発
11日、福島第一原発の吉田昌郎元所長が政府の調査委員会に事故当時の状況を説明した、いわゆる「吉田調書」が公開されました。明らかになった事故の対応をめぐって、福島の避難者はさまざまな受け止め方をしています。調書は、事故から4日後、東電が「現場から全面撤退する」と認識した当時の菅総理が、東電本店に乗り込み、「逃げても逃げ切れない」などと述べたことについて、吉田元所長は「現場は逃げていないだろう。何を馬鹿なことを騒いでいるんだ」と強く批判。官邸と現場に認識のずれがあったことなどが浮き彫りとなっています。

「行き違いというか、すれ違いというか、(東電と)菅総理の対応が明確になった。真実はちゃんと皆さんに報告した方が良いし、吉田所長の行動は正しかったと思います」
「あの状況に関しては、所長さんも真剣にやったことは確かだと思います」(避難している人)

@反日反原発の尖鋭TBS轟沈。朝日のアホトップが謝罪して、今度はTBSだね。
今までならこんなインタビューは100%没でしょ。わはは
いずれにしても国民は、朝日新聞不買運動で応えてやろう!! 菅直人は首を洗って待っていなさい。死人に口なしじゃないよ! こうした形で必ずあんたも国民に首を取られるよ。


コメント (2)

中間貯蔵施設受け入れ、福島県知事らが正式表明

2014年09月01日 16時29分58秒 | 福島原発
除染で出た廃棄物を保管する中間貯蔵施設について、8月30日に受け入れを表明していた福島県の佐藤知事と大熊町と双葉町の町長は1日午前、石原環境大臣などと面会し、建設の受け入れを伝えました。
「中間貯蔵施設は地元に大きな負担を強いるが、福島県の一日も早い環境回復のため、建設の受け入れを容認する苦渋の決断をした」(福島県 佐藤雄平知事)
佐藤知事はこのように述べた上で、避難地域の将来像を具体的に示すことや、原発事故にかかる財政措置は引き続き国と協議していくことなどを政府側に申し入れました。佐藤知事はこの後、上京し、安倍総理と会談して、建設の受け入れを伝える予定です。

@いいんだよ、それで。




コメント

予定外のポンプが稼働、汚染水240トンが誤送

2014年04月14日 10時29分46秒 | 福島原発
福島第一原発で使う予定のないはずのポンプ4台が稼働し、汚染水およそ240トンが予定とは違う建屋に送られていたことがわかりました。原子炉建屋から発生する汚染水は、4号機近くの集中廃棄物処理施設のいくつかの建屋の中に、移送され貯蔵されています。ところが、今月10日ごろから、汚染水が貯蔵されるため水位が上がるはずの建屋の水位が逆に下がるなど、異常が見つかりました。調査を行ったところ、使うはずのないポンプ4台が何らかの理由で稼働していて、貯蔵予定のない建屋に汚染水およそ240トンが移送されていたということです。汚染水には、1リットルあたり2700万ベクレルの高濃度の放射性セシウムが含まれるとみられていますが、建屋から外への漏えいはないとみられています。

参考:東電本店前で原発作業員らデモ   この中に犯人がいるでしょ!

@作業員として送り込まれている反原発グループ工作員の仕業です。先般も東電本社前で赤旗を立てて待遇改善を訴えていた作業員の中に必ず犯人はいます。何度も何度も事故を装い福島原発の印象を悪くしています。


コメント

福島第一地下水バイパス容認 汚染水対策で全漁連

2014年04月08日 09時46分08秒 | 福島原発
福島第一原発事故による汚染水を減らすため、地下水を海に放出する「地下水バイパス」の計画について、全国漁業共同組合連合会=全漁連が容認しました。地下水バイパス計画は、原子炉建屋に入る前の地下水をくみ上げて海に流すもので、一日に建屋に流れ込む地下水およそ400トンのうち100トンほどが減らせるとされています。国と東京電力は排出する水のトリチウム濃度を低く定めた運用目標をつくり、漁業者に理解を求めていましたが今月4日、福島県漁業協同組合連合会が計画を受け入れたのに続き、全漁連の会長らは7日、経済産業省の茂木敏充大臣と面会し、「地下水バイパス」計画を容認することを表明しました。
「国家的な見地からやむをえざる措置であるという必要性を痛感する考えでおります。したがって、漁業者としてはまことに苦渋の決断でありますが、このバイパスについて容認をするという判断をいたしました」(全漁連 岸宏 会長)
「大変厳しい状況の中で、まさに苦渋の決断をしていただいた漁協の関係の皆さんに心から敬意を表したい」(茂木敏充 経産相)
岸会長は、茂木大臣に対し東京電力が運用目標を遵守するよう指導し、排出される地下水の安全性を周知して、風評被害を避ける対策を講じるよう改めて求めました。地下水バイパスによる放出は、来月以降に始まる見込みです。

@魚に餌もやった事がないくせに、なにかあると補償補償とうるさい連中だ。


コメント

東電本店前で原発作業員らデモ   この中に犯人がいるでしょ!

2014年03月15日 01時48分14秒 | 福島原発


都内の東京電力(TEPCO)本店前で14日、福島第1原子力発電所の事故処理に当たってきた作業員らが、劣悪な労働環境の改善を訴えるデモを行った。約100人の作業員らは、拳を宙に突き上げ、事故収束作業の人員を確保しようとする下請け企業にだまされたと抗議。AFPの取材に応じた30代の男性は、きちんとした安全対策もないまま理不尽な作業を強要され、数か月働いて被ばく線量が基準を超えると解雇されたと話し、人間が働くべき環境ではなく、プレッシャーの中で些細なミスが起きやすくなっていると訴えた。東日本大震災に伴う未曽有の原発事故から11日で丸3年が経過したが、福島第1ではまだ廃炉作業に入れる状況とはなっていない。廃炉までの道のりがこの先数十年に及ぶとみられる中、数千人の作業員が毎日、汚染水の処理や無数の修復などの危険な作業を続けている。

@この中に、汚染水タンクに穴をあけたり、電源盤にネズミ入れてシュートさせた犯人がいるでしょ。
ついに現れましたね。当局はしっかり頼みますよ、反原発が為に、むやみやたらと放射能をまき散らさせないように・・・
コメント

汚染水100トン漏れ、人為的な操作による可能性 

2014年02月22日 09時32分07秒 | 福島原発
福島第一原発の汚染水を保管するタンクから、極めて高い濃度の汚染水およそ100トンが漏れた問題で、東京電力は、これまでの説明を修正し、原因が故障ではなく、人為的な操作による可能性が高いと発表しました。操作ミスなどの可能性も出てきています。この問題は、19日午後11時半ごろ、福島第一原発4号機のそばにあるタンクから、放射性物質の濃度の極めて高い汚染水がおよそ100トン、せきの外へ漏れたものです。これは、満水に近かったタンクに、本来、別のタンク群に行くはずの水が流れ込んだためです。東京電力は20日の会見で、本来は閉まっているはずの3つのバルブのうち、2つが開いていた上に、残る1つは閉じていて、水は流れないはずなのに流れてしまったのは、故障が原因とみられると説明していました。

しかし、21日、バルブの写真などを調べたところ、閉じていたとされていたバルブも水漏れが発見されるおよそ半日前には開いていたことがわかったと発表しました。また、その時には、本来、水を流す別のタンク群につながるバルブは閉じていたこともわかりました。さらに、この2つのバルブは水漏れが起きたあとには、本来の状態に戻っていたということです。東京電力は、水漏れの原因は故障ではなく、人為的な操作による可能性が高いと説明を修正しました。人為的なミスを隠ぺいするためにバルブの状態を戻す操作が行われた可能性も出てきています。東京電力は、現場にいた作業員らへの聞き取り調査なども行い、詳しく調べるとしています。

@だから作業員として送り込まれている反原発派の仕業って言ってるでしょ。過去の一連の汚染水漏れやネズミの電源盤ショート事件もすべて反原発派の悪質な仕業です。メディアは隠ぺいとかにしたいのでしょうが、そんな事はあり得ません。
当局はきっちり捜査してますか? 


コメント

福島第一原発の地下25mでも放射性物質検出???

2013年12月21日 06時35分57秒 | 福島原発
福島第一原発で、また新たな汚染水問題が浮上した。
東京電力:「水質にばらつきがかなりある状況で、今の段階で原因が特定できない」
東電は、福島第一原発3号機と4号機の間の岸壁近くで、地下25メートルの地下水層から放射性セシウムやストロンチウムが検出されたと発表した。これまでは、地表付近の地下水層から放射性物質が検出されてきた。しかし、今回の検出で、地下水層との間の水を通さない「不透水層」を隔てた、さらに深い地下水にも汚染水が混じりこんでいる可能性が出てきた。東電では、今後1カ月かけて水質調査するとしている。

@またですか。そんなもの作業員として入り込んでいる反原発グループのねずみの仕業にきまっています。そっちをしっかりチェックしなさい。


コメント

福島原発汚染水問題"氷の壁"など対策案まとまる

2013年12月11日 07時48分31秒 | 福島原発
福島第一原発の汚染水問題についての政府の専門家会議が、原子炉建屋の周りの地下を氷の壁で囲むなどの対策案をまとめました。10日の会議では、会場に福島第一原発の巨大な模型が持ち込まれ、敷地内の地層などの状況を専門家らが確認しながら汚染水対策が話し合われました。まとめられた報告書には、原子炉建屋の周りの地下を氷の壁で囲む「凍土壁」や、雨水が地下にしみ込み、汚染水と混ざるのを防ぐため、地面をアスファルトで覆うなどの対策が盛り込まれています。一方、汚染水を処理した後に放射性物質「トリチウム」が残る問題については、年内をめどに新たな対策チームを立ち上げることになりました。

@いいですね~。それより内部に反原発グループの工作員を送り込まれない事が一番重要です。そして、一日も早く停止中の全原発を再稼働しましょうよ。


コメント

愛煙家、山本太郎

2013年11月12日 06時42分53秒 | 福島原発

議員宿舎のバルコニー。


プッ!


国立がん研究センターの調査によると、発がんリスクは、喫煙が1000~2000ミリシーベルトの被ばく、受動喫煙が100~200ミリシーベルトと同等とされている。
所詮、イモの山本くんなんだから、好きなだけすったらいいがな。
コメント (2)

福島第一原発で停電、原子炉注水ポンプが一時停止

2013年10月08日 08時33分37秒 | 福島原発
福島第一原発で停電があり、原子炉内に冷却用の水を送るポンプが一時、停止しました。原因は作業員の操作ミスでした。東京電力によりますと、7日午前10時前、福島第一原発の8つある配電盤のうちの一つが停電し、1号機の原子炉注水ポンプが数秒間停止しました。注水量は一時、約8分の1に減りましたが、すぐに別のポンプが起動し、原子炉の温度にも変化はありませんでした。電源盤を点検していた作業員が誤って停止ボタンを押したのが原因で、周辺の放射線量に大きな変化はないということです。

@毎度毎度そんな凡ミスあり得ないし、誤ってじゃなくて、故意でしょ。反原発派が送り込んだ作業員によっての。
作業員の素性(途中で思想転向したとか)だけはしっかり調べあげてくださいよ。一般的にそんな大事な配電盤に、スイッチを押し間違えるようなアホ作業員が近づける状況であったとしたら、福島は大爆発を起こしますよ。送り込まれたスパイに決まっています。




コメント

汚染水から放射性物質を除去 “切り札”ALPS再開へ

2013年09月23日 09時16分17秒 | 福島原発
東京電力福島第1原発の汚染水問題で、“切り札”となる多核種除去装置(ALPS(アルプス))が今月下旬に試験運転を再開する。たまり続ける汚染水の抜本策としてALPSで処理した水の海洋放出が計画されているが、放射性物質のトリチウムだけが取り除けず、地元漁業関係者が放出反対を表明している。実はトリチウムは国内外で日常的に海へ流されており、専門家は「健康への影響は少なく、必要以上に恐れることはない」と指摘する。

海外でもフランスのラ・アーグ再処理工場では年間9950テラベクレル、英国のセラフィールド再処理工場では1390テラベクレルといった海などへの放出実績がある。環境科学技術研究所の久松俊一環境影響研究部長は「各国でもこれまで大きな健康被害があったという報告はない」と話している。

@その通りです。強欲な漁業組合が、どうのこうのといつも反対していますが、あんた達は悪いけど一度でも魚に餌をやった事があるのでしょうか。


◆汗や尿で排出
トリチウムは三重水素で自然界にも存在し、放射性セシウムやストロンチウムに比べて、人体への影響は少ない。産業医科大アイソトープ研究センターの馬田敏幸副センター長(放射線生物学)は「水素の同位体のトリチウムは全身に分散し、ストロンチウムのように骨に蓄積し残ることはない。飲み込んだとしても、汗や尿で排出され、10日ごとにその半分が体外に出る」と説明する。

◆「健康被害なし」
国内ではこれまで、トリチウムを海に放出してきた。各原発では、原子炉施設保安規定で「放出管理基準値」を独自に規定。年間の放出量による一般公衆への影響が年間0・001ミリシーベルト未満に抑えるようにしている。

青森県六ケ所村の核燃料再処理工場では平成20年、再処理試験で出た1300テラベクレル(テラは1兆、管理基準は1万8千テラベクレル)のトリチウムを海に放出。希釈のため、沖合3キロまで放水口を離すなど工夫をこらした。これに対し、福島第1原発のトリチウムの総量は、再処理工場の半分以下である500テラベクレルと推計されている。六ケ所村の管理基準を準用すれば、10日間で放出できる計算だ。






コメント