アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

フィリピン 飛びます飛びます

2018年11月16日 08時45分01秒 | フィリピン アジア関係
@・・・

コメント

マニラで日本人男性銃撃 防犯カメラが瞬間捉える

2018年11月13日 07時07分43秒 | フィリピン アジア関係
フィリピンのマニラで白昼、日本人男性がオートバイに乗った2人組に銃撃されました。その瞬間を防犯カメラが捉えていました。
マニラ市内を走る黄色いサイドカー付きの自転車。そこへ黒いバイクに乗った2人組の男がやってきて、追い越しざまにサイドカーに乗っていた男性を銃で撃つと走り去っていきます。8日の昼ごろに銃撃されたのは、オオグシ・マサトさん67歳です。銃弾はオオグシさんの首に当たり、自転車の運転手が急いで近くの病院に運び込みました。一命は取りとめたものの、危険な状態が続いているということです。警察は2人組の行方を追っています。

@詳細不明。

コメント (2)

フィリピン イメルダ・マルコス下院議員に汚職罪で有罪判決 公務員特別裁判所

2018年11月10日 19時09分57秒 | フィリピン アジア関係
公務員特別裁判所は9日、スイスの銀行に蓄財された隠し財産など汚職7件で、元大統領夫人のイメルダ・マルコス下院議員(89)に有罪の判決を下し、それぞれにつき禁錮6年1月〜11年の実刑判決を言い渡した。特別裁は併せて逮捕状の発行を命令した。
判決では、イメルダ氏が公職に就くことも禁じているが、来年5月の中間選挙では北イロコス州知事に出馬を表明している。イメルダ氏は控訴の手続きを取るとみられ、逮捕状はすぐに執行されない可能性が高い。
9日朝、公務員特別裁にイメルダ氏や弁護士は出廷しなかった。特別裁は30日以内に欠席の理由を文書で提出するよう求めている。
イメルダ氏は同日の声明で「担当弁護士は入院中で、現在、別の弁護士が判決を精査している」とした上で「再審請求するよう勧められている」と明らかにした。
マルコス家は約20年の長期政権下で、国庫を私物化したと批判された。大統領府行政規律委員会(PCGG)によると、蓄財金額は50億〜100億ドルに上るという。政権崩壊後の1986年から2016年までの30年で、PCGGはスイスの銀行に蓄財されていた6億ドルを含む約36億ドルを回収したが、海外の銀行などに隠された残りの財産の回収は、立証の困難さから進んでいない。今回判決が下ったスイスの銀行への蓄財は、不正蓄財全体の一部にすぎないとみられる。
パネロ大統領報道官は9日「大統領府は判決を尊重する。比の司法システムが機能している証拠」との声明を発表した。
特別裁は1993年、イメルダ氏に対し、軽量鉄道公社(LRTA)用地の不正賃貸疑惑などの汚職罪で有罪判決とし、98年には最高裁小法廷が原判決を支持、禁錮9〜12年の実刑判決を下していた。しかしイメルダ氏は再審請求、最高裁は同年10月、無罪の逆転判決を下していた。
1965〜86年のマルコス政権下では、イメルダ氏は宝石や靴、かばん、絵画などのコレクションをそろえ、派手な生活を送っていることで知られていたが、大統領やイメルダ氏自身の公職での給与と、ぜいたくな生活の支出が見合わないとして公金流用が疑われていた。
86年のアキノ政変(エドサ革命)後、マルコス家はハワイへ亡命。マルコス元大統領は89年にハワイで死去。2016年にドゥテルテ大統領は、マルコス氏の英雄墓地への埋葬を許可している。
アイミー・マルコス北イロコス知事は中間選挙で上院議員に名乗りを挙げたため、後継にイメルダ氏が出馬表明、マルコス家の復権の流れが指摘されていた。

@イメルダもあの体形で中々長生きですね。


コメント

タイでは豚の生肉を食べ続けた女が寄生虫に蝕まれた!

2018年11月09日 23時02分18秒 | フィリピン アジア関係
@豚を生で食う奴は、死ぬ。当たり前じゃないか。ナメクジ食ったり、アホが多いです。


コメント (2)

フィリピン バーのトイレでコカインを吸った警官を逮捕

2018年11月06日 21時36分27秒 | フィリピン アジア関係
首都圏タギッグ市ボニファシオ・グローバル・シティーのバーでコカインを吸っていたとして10月31日夜、首都圏警察マニラ市本部の現職警官(34)が危険薬物取締法違反容疑で逮捕された。調べによると警官は、午後11時45分ごろ、バーのトイレでコカインを吸引しているところを警備員に見つかり、通報を受けたタギッグ署員に逮捕された。警官からは小袋に入ったコカインと吸引用のストローが押収された。警官は解雇され、刑事訴追される見通し。

@最近、ドラッグの噂だけでバンバン殺していたドゥテルテさんも大人しくなったから、また昔のフィリピンに戻りつつあります。

セブの刑務所では、パイプいすの中から覚せい剤がごろごろ出てきたそうです。
コメント

フィリピン 大型の台風26号typhoon Rosita 今日、ルソン島北部に上陸

2018年10月30日 05時57分20秒 | フィリピン アジア関係
フィリピン気象庁(PAGASA)は28日、北マリアナ諸島(米自治領)サイパン島を直撃した台風26号(フィリピン名:ロシタ)が、30日朝にルソン島北部に上陸するとの見通しを示した。フィリピンに今年上陸する18個目の台風となる。9月にルソン島北部を直撃し、崖崩れなどで120人以上の死者を出した台風22号に匹敵する勢力という。
 PAGASAによれば、台風26号は28日午前10時時点で、ルソン島北部カガヤン州アパリの東875キロメートルの海上を、時速20キロで西へ進んでいる。中心付近の最大風速は毎秒56メートルで、瞬間最大風速は同68メートル。29日夜から北・中ルソン地方は豪雨となり、特に東部では強い風が吹く見込みで、洪水や土砂崩れの恐れがある。29日夜には、マニラ首都圏にも熱帯低気圧警報(TCWS)の発令が見込まれる。

@もう上陸していると思われますが、何ともなりません。

コメント

マニラ 少女を性的暴行した市本部の警官を逮捕

2018年10月30日 05時49分35秒 | フィリピン アジア関係
首都圏パシッグ市で27日、15歳の少女に性的暴行したマニラ市本部の警官(29)が逮捕された。調べによると、警官は25日、麻薬密売容疑で少女の両親らを同市サンパロック地区で逮捕。交番に同行した少女をサンタメサ地区のホテルに連れて行き、両親の放免と引き換えに少女をレイプした。警官は少女の方から性行為を持ちかけてきたと述べ容疑を否定したが、少女の母親は複数の警官が少女にビールを無理やり飲ませてレイプに及んだと証言している。

@フィリピンでも、悪徳警官が同じようなことやっています。
コメント

安倍総理が緊密アピール? インド首相を別荘招待

2018年10月28日 19時25分37秒 | フィリピン アジア関係
@シナになんて、行くもんじゃありません。倒れさせればいいのです。


コメント

台湾脱線事故 ”自動制御装置が切られていた疑い”

2018年10月22日 18時45分39秒 | フィリピン アジア関係
台湾北東部で21日、8両編成の特急列車が脱線して18人が死亡、190人がけがをした事故で、複数の地元メディアは、台湾の鉄道当局の責任者の話として、事故当時、列車を安全に走行させるための装置が切られていた疑いがあると伝え、当局が事故と関連があるか調べています。
北東部の宜蘭県で21日夕方、8両編成の特急列車が脱線し、台湾当局によりますと、乗客366人のうち18人が死亡し、190人がけがをしました。
現場では、脱線した列車について、警察や鉄道当局などが現場で調査を行うかたわら、反対側の線路を使って22日朝から列車の運行が再開されました。
この事故について、複数の地元メディアは、台湾の鉄道当局の責任者の話として、走行中の列車の速度などについて計測し、自動的に列車を制御する装置が切られていた疑いがあると伝えています。

参考;列車事故防ぐ安全装置とは
列車の脱線や衝突を防ぐ安全装置は、海外では「ATP」などと呼ばれ、同様の仕組みの装置は、日本でATS=自動列車停止装置や、ATC=自動列車制御装置と呼ばれています。日本では平成17年に起きたJR福知山線の脱線事故を教訓に、列車がスピードを出しすぎると脱線するおそれがある急なカーブについて、ATSを設置することが鉄道各社に義務づけられました。


@日本車輛を擁護するつもりはないが、現地でマニュアル通りに運用されていなければとんでもない事です。


コメント

フィリピン 停戦一年、現在のマラウイ市

2018年10月19日 10時40分31秒 | フィリピン アジア関係
@昨年10月23日、フィリピンのロレンサナ国防長官はIS系マウテ・グループとの戦闘終息宣言を発表したが、あれから1年、未だに家を追われた住民18000人が仮設住宅で生活し、インフラはなにも手つかずの状態が続いています。
旧市庁舎を、国軍の本部にしています。マラウイの戦いで、国軍兵士100名が戦死しています。頑張れフィリピン! 日本がついているぞ!

コメント

インド 空港警察に、「笑顔を減らす」よう指示が出される

2018年10月11日 10時23分19秒 | フィリピン アジア関係


インドの空港警察に、笑顔を減らすよう指示が出された。地元メディアが報じた。
当局者は、親しみやすい態度がテロにつながる恐れがあると考えているという。
インディアン・エクスプレス紙は、空港の警備を担当する警察隊員について、笑顔を減らし、親しみやすさよりも、緊張感が重視されるようになると報じた。当局者らは、2001年の米同時多発テロは親しみやすさが重視されたため起こったとの見解を示しているという。

@だそうですが、途上国の空港で一番信用できないのが、逮捕権を持つ空港警察。逆に迷彩服の自動小銃を持った兵士がいれば安心します。
世界中のどこの国でも警察官は必ず悪さしますけど、軍人さんに悪い事をする奴は一人もいません。


コメント

フィリピン 訓練中の陸自隊員38歳が車両で移動中大型車と衝突し死亡

2018年10月07日 15時04分00秒 | フィリピン アジア関係
防衛省によりますと、フィリピンでアメリカ軍などとの共同訓練に参加していた陸上自衛隊・水陸機動団の38歳の2等陸曹が車両で移動中に大型車と衝突し、死亡しました。

@まさかと思って見ていましたが、そのまさかだったんですね。精鋭部隊だけに、訓練で死ぬなんて・・・合掌



コメント

マニラ トンド カラオケ店でデートを断られた男が従業員女性を刺殺

2018年10月06日 12時23分30秒 | フィリピン アジア関係
首都圏マニラ市トンドのカラオケ店で2日夜、客の男(21)がデートの誘いを断わられたことを理由に従業員女性(41)を刃物で刺して殺害する事件があった。被害者の同僚によると、男はトイレに行った女性の後を追いかけ、デートに誘ったという。警察の調べでは、断られた男はいったん家に帰り、刃物を持って店に戻った。止めに入ったレジ係の女性(56)も刺されて重傷を負ったという。男は肉屋で働いていた。

@トンド、ここでも何度も取り上げてきましたが、観光客が一人で行く場所ではありません。マニラでも超有名な危険ゾーンです。
カラオケと言っても、日本のそれとはまったく違います。売春斡旋所です。
コメント

フィリピン 8歳少女、強盗からカバンを奪い取る 何でも俺のものと主張するチャンコロと大違い!

2018年10月03日 11時47分56秒 | フィリピン アジア関係
フィリピンに住むブリエル・ミニアさん(8)は武装した男たちに襲いかかり、父を強盗から守ろうとした。
英紙デイリー・メールによると、北部カヴィテ州で事件は起きた。車で帰宅した男性が降車すると、複数人の強盗が現れた。強盗は武器で脅しながら、金銭を奪い取った。ミニアさんはこの時家の庭で遊んでいたが、強盗を目撃するとミニアさんは一人の犯人に襲いかかり、金銭の入ったカバンを手からもぎ取った。強盗はミニアさんを押し倒したが、彼女は立ち上がって追い掛け、ペダル付きのオートバイ「モペット」の中に入り込んだ。
強盗はモペットからミニアさんを地面に投げ出し、逃げていった。彼女は擦り傷と鼻の骨折の可能性だけで済んだ。入院から2日後、彼女は退院した。

@厚顔無恥で傲慢なチャンコロ親子に対し、家族を守るために銃で武装した強盗に毅然と立ち向かう8歳少女の正義感の強さ。同じアジア人でありながらこの違いは何なんだろうかと思います。
南シナ海で目につく島は全部俺のものだという、古典的な中華思想(盗人)のあり方に現れていますね。頑張れフィリピン!

コメント

ミクロネシア 空港で、旅客機が滑走路をオーバーランして海に突っ込む! 47人全員救助

2018年09月29日 11時29分34秒 | フィリピン アジア関係
太平洋中西部のミクロネシアの空港で、旅客機が滑走路をオーバーランして海に突っ込みました。 事故直後、海につかった機体に多くのボートが掛け付けています。28日午前、太平洋中西部ミクロネシアの空港でニューギニア航空の旅客機が滑走路をオーバーランして海に突っ込みました。

@死者が出なくてよかったね。

コメント