アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

韓国を悩ます、完全武装のシナ漁船群 「側面攻略不可、船の後方から乗り移れ!」

2011年11月30日 19時59分33秒 | シナ問題
今月28日午前7時40分ごろ、格列飛列島(忠清南道泰安郡)西方24カイリ(約44キロ)の西海(黄海)海上。無許可で操業していた中国漁船2隻の側面には、巨大なフェンスが張り巡らされていた。両側合わせ、長さ70メートル、高さは1.5メートルに達していた。しかも漁船の側面には、長さ1メートルを超える鉄の棒が数十本、まるで「櫂(かい)」のように水平に差し込まれていた。このため、農林水産食品部(省に相当)西海漁業管理団に所属する500トン級漁業指導船は、この漁船の無許可操業を確認しながらも、すぐには接近を試みることができなかった。隊員たちは、通常通り側面への接近を試みたものの、フェンスややりに邪魔され、乗船が不可能な状況だった。漁業指導船から降ろされた高速ボートに乗っているのは、漁業監督公務員8人。3段式の警棒、スタンガン、ガス銃で武装していたが、鍛えられた海洋警察の隊員のように中国の船員たちと渡り合うには力不足だった。



漁業指導船は、中国の船員が少ない船尾側に接近し、制圧することにした。船尾下方ではスクリューが回っており、乗船の途中で海に落ちれば大きな危険に見舞われかねない。幸い隊員たちは無事に漁船へ乗り移り、中国の船員たちを瞬く間に制圧した。中国の船員たちは、ほとんど抵抗しなかった。西海漁業管理団はこの日、フェンスややりで武装した中国の100トン級底引き網漁船(鉄船)2隻を拿捕した。2隻の漁船には、中国人船員23人が乗っていた。ところが中国漁船2隻は、いずれもすぐに担保金5000万ウォン(約340万円)を払い、釈放された。海洋警察が西海漁業管理団からこの中国漁船を引き継ぎ、排他的経済水域(EEZ)の外に追放した。西海漁業管理団は「1-2年前から、船の周りをフェンスで囲み、やりを差した中国漁船が出没しているが、拿捕するのは容易ではなかった。こうした船を実際に拿捕したのは今回が初めて」と語った。さらに管理団は「海洋警察や漁業管理団の乗船を妨害しようとする中国漁船の巧妙な手法は、日を追って進化しており、取り締まりは容易ではない」とも語った。西海漁業管理団は、今月17日から12月末にかけて漁業管理船15隻を投入し、ペンニョン島から全羅南道宝城郡近海にかけての海域で、違法操業の中国漁船を集中的に取り締まっており、これまでに27隻を拿捕した。

@似た者同士。
コメント

元朝青龍から1億円だまし取った疑い 警視庁、2人逮捕

2011年11月30日 13時45分30秒 | 事件
元横綱朝青龍関(31)=本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ=から約1億円をだまし取ったとして、警視庁は30日、いずれも会社役員の菊地武雄(77)=神奈川県逗子市小坪1丁目=、熊田隆春(63)=埼玉県所沢市元町=の両容疑者を詐欺容疑で逮捕し、発表した。捜査2課によると、菊地容疑者らは2009年4月、東京都内のホテルで元横綱に「フィリピンに持っている金塊を溶かして現金にするために必要な延滞保管料を貸してほしい。現金化した金のうち1兆円はモンゴルのために使いたい」などとうそを言い、2回にわたり計約1億円を熊田容疑者名義の口座に振り込ませて詐取した疑いがある。 元横綱は同年2月、知人の日本人女性を介して菊地容疑者らと知り合ったという。現金を返してもらえず、元横綱が今年3月、警視庁に相談していた。


@1兆円って・・・欲深いというかただのアホですね。モンゴルでもメチャ人気ないそうです。


コメント

ノルウェー連続テロ容疑者 「責任能力なし」と精神鑑定

2011年11月30日 10時39分28秒 | 海外の話題
77人が犠牲になったノルウェーの連続テロで逮捕されたアンネシュ・ブレイビク容疑者(32)の精神鑑定書が29日、オスロの裁判所に提出され、7月22日の犯行時に精神障害で責任能力がなかったと結論づけられた。検察は容疑者が刑務所ではなく、精神科の治療施設に入るべきだとの見解を示した。検察の会見によると、鑑定書は、容疑者が妄想型統合失調症を患い、「すべての思想と行動が自らの妄想で導かれた世界に生きている」と指摘した。 鑑定は、裁判所の依頼で精神科医2人が実施。法医学専門家らの委員会が内容を再検証し、裁判所が容疑者の処遇を決める。

@極右だとかキリスト教原理主義者だとか散々煽っておきながら、結局、狂気でかたずけちゃうんですね。
本人は「イスラム教徒の侵略からノルウェーと西欧を守るため」とはっきり述べています。





コメント

柔道五輪金の内柴氏、セクハラで懲戒解雇

2011年11月29日 21時39分49秒 | 社会 (蔓延する占領弱体化政策の呪縛)
アテネ、北京五輪の柔道男子66キロ級金メダリスト・内柴正人氏(33)が、客員教授と女子柔道部のコーチを務める九州看護福祉大(熊本県玉名市)でセクハラ行為をした疑いが浮上していた問題で、同大は29日、部員に対するセクハラ行為を確認したとして内柴氏を懲戒解雇処分にしたと発表した。処分は同日付。発表によると、内柴氏は9月19日、合宿先のホテルで未成年の部員と飲酒した上、セクハラ行為に及んだ。二塚信学長は「教育職員として適性を欠く。本人は否定しておらず、事実関係を認めたと受け止めている」と述べた。

@内柴は以前こう語っています。
「(僕のことを)気に入らない人がいるんじゃないですか。僕は趣味の範囲で(女子柔道部のコーチを)やってるから、余計に文句をいわれるんじゃないでしょうか。僕は幼い時に貧乏で、柔道で特待生じゃないと大学に行けなかったし、柔道のお陰で大学を出られたから、柔道するんだったらと人にカネを貸したこともあるし、ボランティアで教えに行ったこともある。今、文句いわれている数の倍以上は、人の世話をしてきてます」・・・なんだかよく意味が分かりませんね。
健全なる精神は健全なる肉体に宿るとは、過去の話か?


コメント

中国人が関与?世界48社にサイバー攻撃

2011年11月29日 19時25分25秒 | シナ問題
今年7月から9月にかけて、中国人が関与した可能性のあるサイバー攻撃が世界各国で行われ、化学系企業など少なくとも48社のコンピューターが標的とされていたことが情報セキュリティー会社「シマンテック」(米カリフォルニア州)の調査で明らかになった。被害企業には日本にある1社も含まれていた。同社が公表した調査結果によると、攻撃を受けたのは、化学分野の研究や開発を行う29社と、防衛産業などに携わる19社。各社のシステムから設計書や製造工程などの機密情報を盗み出すことを目的とした経済スパイだったとみられる。標的とされた企業名は公表されていないが、欧米やアジア、南米と被害は世界中に広がり、感染した端末の約3割は米国内にあった。

@ああそうですかと言って済まされる問題でもないような気がしますけど・・・・
コメント

比ホテル爆発、3人死亡…アブ・サヤフ犯行か

2011年11月29日 06時49分31秒 | フィリピン アジア関係
フィリピン南部ミンダナオ島サンボアンガのホテルで27日夜、爆発があり、少なくとも3人が死亡、27人がけがを負った。比英字紙インクワイアラー(電子版)などが報じた。地元警察は、使用された爆弾の痕跡から、イスラム武装組織「アブ・サヤフ」による犯行とみて調べている。同紙などによると、爆発は同日午後9時半頃、ホテル2階で起きた。ホテルには28日に行われる結婚式の出席者が宿泊していたという。アブ・サヤフは同国南部を拠点とし、過去にもサンボアンガで爆弾テロを起こしている。

@バシランやサンボアンガは元々アブサヤフの拠点ですが、どうして同じムスリム教徒の多い場所でいつもやるんでしょうね。危険を犯すのが嫌なんでしょうけど安易すぎますね。(但し本当に彼らがやっていればの話です・・・・)


コメント

怒羅権」メンバー男ら傷害容疑で逮捕

2011年11月28日 17時24分14秒 | 日本で犯罪を繰り返すシナ・朝鮮人 ベトナム 同和 その他
今年6月、東京・八王子市の飲食店で経営者の女性の頭を割れたグラスで殴って重傷を負わせるなどしたとして、中国残留孤児2世らのグループ「怒羅権」のメンバーの男ら4人が逮捕されました。傷害などの疑いで逮捕されたのは、中国残留孤児2世らのグループ「怒羅権」のメンバーで、中国エステ店を経営する善本輝雄容疑者(42)と李浩容疑者(24)、中嶌楊子容疑者(39)ら4人です。警視庁によりますと、善本容疑者らは今年6月、JR八王子駅近くの飲食店で経営者の中国人女性(47)の頭を割れたグラスで殴って重傷を負わせ、女性の夫(45)にも軽いけがをさせた疑いが持たれています。善本容疑者のエステ店の近くに女性の夫が経営する別のエステ店があり、客をめぐってトラブルになったということですが、善本容疑者は「女性に対してはグラスで殴ってはいない」などと容疑を一部否認しています。

@自ら日本の社会に対して壁を作っているとしか思えませんが、まあ好きに生きて行けばいいと思います。





コメント

NASA火星探査車の打ち上げ成功、生命の可能性を調査へ

2011年11月28日 08時42分40秒 | 海外の話題
米航空宇宙局(NASA)が開発した火星探査車「マーズ・サイエンス・ラボラトリー」が、現地時間の26日午前10時2分(日本時間27日午前0時2分)に米フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から打ち上げられた。「キュリオシティ(好奇心)」という愛称でも呼ばれる同探査車は、曇り空の中、火星へと旅立った。来年8月6日に火星のゲール・クレーターに到着する予定で、2年かけて火星に生命が存在しうる可能性を調査する。打ち上げ後、主任科学者でカリフォルニア工科大学のジョン・グロジンガー氏は記者団に対し、「今回の任務は、宇宙に生命が存在するかという問題に取り組むNASAの目的において、重要な次の一歩だと思う」と語った。探査車は25億ドル(約1940億円)をかけて開発され、重さは約900キロ。カメラ17台と10の科学計器を搭載し、これらを使って、ロボットアームのドリルで採取した土壌サンプルに含まれる要素を分析する。

@また夢が広がりそうです。





コメント (2)

インドネシア 700メートルの橋、突然崩壊 

2011年11月28日 07時44分51秒 | 海外の話題
インドネシア国家災害対策庁などによると、26日夕(日本時間同)、東カリマンタン州のマハカム川にかかるクタイ・カルタネガラ橋(第2マハカム橋)が突然崩壊し、走行していた乗用車などが巻き込まれて多数の死傷者が出ている模様だ。同庁報道官によると、27日午後までに同川から4人の遺体が見つかり、34人が行方不明になっているという。けが人は約40人。在スラバヤ日本総領事館によると、27日夜現在、邦人被害の情報は入っていないという。 橋は2001年に完成し、長さ約710メートル。地元メディアなどによると、橋は数十秒ほどで完全に崩壊。数十人が乗ったバスが川に落ちたとの目撃情報もある。事故当時、橋の修理作業中だったという。ユドヨノ大統領は関係大臣らに原因究明を命じた。

@かなり立派な橋ですが、完全に崩壊していますね。気の毒にとしか言いようがありません。





コメント

未成年者誘拐 長男誘拐容疑のフィリピン人母、起訴猶予処分 心情に配慮

2011年11月28日 07時21分57秒 | フィリピン アジア関係
離婚で親権を失った小学2年の実子の長男(8)を誘拐したとして、未成年者誘拐の疑いで逮捕された東近江市の派遣工員の女性(40)=フィリピン国籍=について、大津地検は25日付で起訴猶予処分とした。捜査関係者によると、女性は長男の誕生日を祝う目的で小学校から連れ出し、車にはプレゼントを用意していたといい、地検は女性の心情に配慮したとみられる。

11月5日にここで書いたとおりになりましたが、それにしても拘留期間一杯近くまで引っ張りましたね。実の親子を「誘拐」なんて罪状で引っ張るくらいですから裏に何かありそうです。

コメント

「維新の会」橋下氏・松井氏が当選確実

2011年11月27日 22時50分24秒 | 社会 (蔓延する占領弱体化政策の呪縛)
27日、投票が行われた大阪市長と府知事のダブル選挙。市長選では、「大阪維新の会」代表の橋下徹前知事が現職の平松邦夫さんをやぶり当選確実となりました。府知事選では、「維新の会」幹事長の松井一郎さんが当選確実となっています。大阪市長選で当選確実となったのは、「大阪維新の会」代表の橋下徹さんです。橋下さんは、大阪の府と市を再編する「大阪都構想」を争点に知事からくら替え出馬していました。「言いたいことはいくつもあるが、まずは行政組織。大阪府庁、大阪市役所の職員、教育委員会、こちらにはきょうの選挙の結果をしっかりと重く受け止めるようにお願いしたい」(橋下徹氏)
高い知名度を生かし選挙戦を優位に進めた橋下さんに対し、現職の平松さんは民主、自民、共産党から支援を集めたものの及びませんでした。「力不足を痛切に感じています。橋下さんの強さを感じました」(平松邦夫氏)また知事選では、「維新の会」幹事長の松井一郎さんが当選確実となりました。

@全く興味ありません。既成政党を打ち破った事は評価しますが、名古屋や愛知のようにならない事を願うばかり。


コメント

アイスランド、中国富豪の土地購入 「ノー」

2011年11月27日 11時07分05秒 | 東・南シナ海で、常に恫喝を繰り返すシナ
中国の不動産企業がアイスランドで広大な土地を買い上げようとした問題で、アイスランド政府は25日、法的要件を満たしていないなどとして、購入を許可しないことを決めた。計画をめぐっては中国の政治・軍事的意図を指摘する声が出ていた。

面積は東京23区の半分
問題の土地はアイスランド北東部グリムスタジールの荒野。アイスランドの国土の0.3%に当たる約300平方キロ。東京23区の半分近い広さだ。中国の富豪、黄(こう)怒(ど)波(は)会長(55)率いる「中坤(ちゅうこん)集団」が1000万ドル(約7億7000万円)で購入し、さらに2億ドル(約155億円)を投じてリゾート開発を進めるとする計画を発表。所有者も売却に同意していた。黄氏はブルームバーグに対して「金融危機がなければ所有者は手放さなかっただろう。今後5年間でデンマークやフィンランド、スウェーデンなどでもリゾート施設を建設したい」と怪気炎を上げていた。

「背後に中国政府」の声
だがアイスランドのオグムンドゥル・ヨーナスソン内相は「外国企業によるこれだけ広い土地の取得は前例がなく、土地売買に関する法律の趣旨に反する」として不許可を決めた。黄氏はホテルやゴルフ場などにすると説明していたが、この土地は荒れ地で、冬は氷点下30度以下になる地域にあり、意図をいぶかる声が出ていた。黄氏は旧建設省など中国政府での勤務経験があり、「バックに中国政府がいるのではないか」との推測がある。地球温暖化が進めば北極海回りでアジアと欧州を結ぶ航路が開けるとされており、空母建造を進める中国が大西洋での戦略的な足掛かりや北極圏の資源を狙っているのではないかというわけだ。

連立政権内で対立
ただ、2008年に経済危機に陥り、傷が癒えていないアイスランドにとって、巨額の投資話が「渡りに船」だったことは事実。国内には土地購入不許可に異論が噴出している。フランス通信(AFP)によると、ヨハンナ・シグルザルドッティル首相は「内相の決定に失望した」とした上で「法律を非常に狭く解釈している」と批判した。しかし、この問題の権限は内相にあり、ヨーナスソン内相は「これが最終決定で、覆すことはできない」ときっぱり話す。シグルザルドッティル首相は社会民主同盟、ヨーナスソン内相は左翼環境運動という政党に属している。中国国営通信、新華社は26日、「アイスランドへの投資が頓挫 黄氏、公平な国際投資環境主張」と題した記事を配信。「連立政権内の争いが購入不許可の原因だ」とする黄氏のコメントを伝えた。まだ第2幕がありそうだ。

@さすが中華思想というか、成金というか、こんなところまで触手を伸ばしているんですね。アイスランド政府の大英断の勝利です。24日にここで取り上げましたけど、シナでは既にバブルの崩壊が始まっていますからとても楽しみです。
コメント (2)

フィリピン アロヨ前大統領 57人虐殺事件でも提訴「病状」焦点

2011年11月26日 07時06分50秒 | フィリピン アジア関係
フィリピンのアロヨ前大統領が、選挙妨害容疑で起訴、逮捕されて1週間。アロヨ氏はマニラ市内の病院に“勾留”されたままで、病状が審理開始の焦点となっている。アロヨ氏は、2009年に南部ミンダナオ島で57人が虐殺された事件でも、遺族に提訴され、立場は苦しさを増している。頸椎(けいつい)疾患を抱えているとされるアロヨ氏は18日、入院中の病院で逮捕された。直接の容疑は07年の上院議員選挙の際、ミンダナオ島マギンダナオ州で、当時の州知事などに得票数の不正操作を指示したというもの。アキノ政権はかねてから、アロヨ氏にまつわる数々の汚職疑惑にメスを入れる方針で、逮捕はその手始めだ。アロヨ氏は逮捕前、夫とシンガポールへの出国を試みた。政権側は“逃亡”を阻止した格好で、病状にも疑いを抱いている。これに対し、アロヨ氏の医師団は「海外で治療する必要があった。審理で病状を説明する」としている。

一方、マギンダナオ州では09年11月、州知事の対立候補の親族や政治家など57人が、虐殺された。アロヨ氏と関係が深いとされる州知事と、その息子らが逮捕、起訴されている。その遺族は今月22日、アロヨ氏がこの事件に関与し州知事らを支援していたとして、1500万ペソ(約2650万円)の損害賠償を求め提訴した。アロヨ氏側は「事件にまったく関与しておらず、提訴は嫌がらせだ」と反論している。

@アロヨの旦那ホセ・ミゲル・アロヨ氏も汚職絡みの事件で色々刑事告発されていますが、裁判自体が買収されるお国ですからね・・・・・・・・
フィリピンで一番信用できないのがお巡りさんですし、もしフィリピンへ行かれたら事件に巻き込まれないようお気を付けくださいませ。





コメント

読売巨人軍球団代表の職を解任された清武英利氏が解任会見 ノーカット

2011年11月25日 17時54分49秒 | 社会 (蔓延する占領弱体化政策の呪縛)
@新潮には江川の借金問題が渡辺の介入を招いたと書いてありますね。













・・・・後は一本にまとまったらあげます。
コメント

清武氏、10ページ“逆襲声明文”用意 極秘事実暴露も

2011年11月25日 08時05分49秒 | 社会 (蔓延する占領弱体化政策の呪縛)
巨人・渡辺恒雄球団会長(85)を批判し、球団代表兼ゼネラルマネジャーを解任された清武英利氏(61)が、25日に都内の日本外国特派員協会で行う反論会見で、10ページに渡る“逆襲声明文”を用意していることが24日、明らかになった。桃井恒和代表取締役社長(64)が解任理由にあげた5つの骨子が事実無根であることや、極秘とされてきた新事実も記載されているもようだ。

“決戦”への準備は整った。反論会見を翌日に控えたこの日、主役である清武氏は姿を現さなかったものの、代理人を務める吉峯啓晴弁護士(62)が、当日会見場で10ページに渡って記載した声明文を配布し、反撃に出ることを明かした。会見の内容は解任理由として挙げられた5つの骨子か?という質問に吉峯氏は「もちろんあります。新しいこと? ちゃんとペーパーを出すので。10ページぐらい。丁寧に書いておいたから。それを(25日)見てください」と答えると足早にタクシーへと乗り込んだ。

@楽しい1日になりそうですね。
コメント