アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

フィリピン 国家立て直し誓う アキノ大統領が就任宣言 と、国内のGRO問題

2010年06月30日 20時40分40秒 | 海外の話題
5月に行われたフィリピン大統領選挙で当選したベニグノ・アキノ大統領(50)が30日、マニラ市のリサール公園で就任宣言し、集まった約50万人を前に「公正で効率的な統治により貧困を無くすのが私の義務だ」と演説。汚職と決別し、国家を立て直すと誓った。外交的には、アロヨ前政権時代を通じて冷え込んでいた米国との関係改善に期待感が高まっている。

アキノ氏は、過去9年間のアロヨ政権でまん延した汚職を撲滅すると公約して当選した。就任式には海外から100人以上の要人が出席。その数はアロヨ前大統領の04年の就任式に比べ倍増した。アキノ氏が先に当選宣言を行った直後、米国はオバマ大統領とクリントン国務長官がそれぞれ直接電話をかけて当選を祝福した。駐フィリピン米大使も、各国大使の中で真っ先にアキノ氏の私邸を訪問するなど、アロヨ氏当選時とは異なる対応をしている。

また、この日の就任式には米通商代表部のロン・カーク代表が出席。04年の就任式に参加した退役軍人長官よりも実利的な関係を目指した人選となった。米大使館は「貿易面を中心に両国関係を強化するシグナルだ」と解説している。アロヨ前政権時代に米国の対フィリピン関係が冷え込んだ理由について、米国の戦略国際問題研究所は論文で「米政府が04年の大統領選で不正が行われた証拠をつかんでいた」ことを挙げ、アロヨ政権が民主的な手続きを踏まずに誕生したと米政府がみなして、政権の正統性を疑問視していたと説明した。

また、04年7月にイラクで出稼ぎ中のフィリピン人が誘拐された事件を巡り、比政府が武装勢力の要求に応じて駐留していた比軍を撤退させたことを指摘。「フィリピンの汚職などの問題で米国からの投資も低調だったが、政権交代で両国関係は修復する」との見通しを示した。

@兎に角、公約通り搾取を止め農地を開放する事から始めて欲しいものです。日本に送り込まれていたエンターテェナーと称されるGRO(ホステス)さん達の人身売買名目での査証の発給中止は、最後に書かれているイラクからの撤退に頭にきたブッシュが、日本の入管に圧力をかけ10万人ともいわれていたGROの日本への道を閉ざしました。この煽りを受けた国内のピンパブが多数閉店へと追い込まれましたが、現在はそのほとんどを偽装結婚ビザによってカバーしています。(爆) 入国管理局には入国後の追跡調査を徹底して犯罪を抑止して欲しいものです。
コメント (2)

大麻取締法違反:ベトナム人グループ・リーダーの男、容疑で逮捕へ /兵庫

2010年06月30日 20時25分15秒 | 三面記事
◇厚生局神戸分室

ベトナム人グループが、県内の民家3軒で大量の大麻草を栽培していた事件で、近畿厚生局麻薬取締部神戸分室が29日、グループのリーダー格で、ヘロインを所持していたとして麻薬取締法違反の容疑で同室に逮捕、起訴された神戸市長田区に住むベトナム人の男(37)に対して大麻取締法違反容疑で逮捕状を取ったことが分かった。30日にも逮捕する方針。逮捕状の容疑は、今年1~5月の間に、神戸市垂水区内の民家で大麻435株を栽培していたという。男は、大麻の栽培を指示していたという。栽培した大麻は、ヒーターで乾燥大麻に加工し、密売人などに販売していたとみられる。


@名古屋や近郊でもベトナム人の犯罪者集団が暗躍していますが、本当に困った現象ですね。
コメント (2)

日本がパラグアイに惜敗、決定力足りず「窒息サッカー」と辛口-韓国

2010年06月30日 17時41分38秒 | 海外の話題
サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で29日、日本は初のベスト8進出をかけてパラグアイと対戦した。0-0のまま延長戦にもつれ込んだが決着がつかず、日本はPK戦の末に惜しくも敗れた。韓国ではアジア勢最後の試合として高い注目が集まったが、一進一退の攻防が続く試合展開に「窒息サッカー」と評する声があがるなど、辛口の批評が飛び出している。

韓国メディアは試合後、「サッカーファンも飽きる窒息サッカー」「海外メディア『日本-パラグアイ戦はW杯史上最もつまらない試合』」と報じるなど、全体的に辛口の記事が占めている。記事では、日本の堅い守備は1次リーグの時と変わらないと評価しながらも、攻撃については「オランダやデンマーク戦で見せたインパクトのある鋭い攻撃力は見当たらなかった」としている。

また、試合を中継した車範根(チャ・ボムグン)SBS(ソウル放送)サッカー解説委員も、「16強の試合では華麗(かれい)なゴールが次々と飛び出し魅力的な試合が多い。しかし、日本とパラグアイは両チームともに独自の特色を出し切れずにいる」と試合への物足りなさを指摘。韓国-ウルグアイ、ガーナ-アメリカはどれだけ熾烈(しれつ)だったでしょうか」と26日に行われた決勝トーナメントとを比較し、チャンスを十分に生かしきれない日本とパラグアイの試合展開を「消極的な試合」と評価した。


日本惜敗、韓国では「もっとも退屈な試合」の酷評も…W杯

サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で日本代表は29日、史上初のベスト8を懸けてパラグアイと対戦した。延長戦にまでもつれたが両チームとも得点を許さず、日本はPK戦での惜敗となった。韓国メディアは試合結果を伝える一方、海外メディアの報道や韓国のネットユーザーの冷ややかな反応も紹介した。

互いに堅い守備が持ち味の日本とパラグアイ、両チームともゴールのチャンスを生かせなかった。ポルトガルリーグの得点王、カルドーソも、ドイツで活躍しているバリオスも、ベテランのサンタクルスも、日本の組織的な守備の前にゴールできなかった。日本も数回にわたりカウンターを仕掛けたが、パラグアイの壁を崩せなかった。

今大会初のPKまでもつれ込んだパラグアイ戦は、日本のサポーターにとって手に汗握る緊迫した試合展開だったが、韓国の報道では、「インパクトも鋭い攻撃力も見られなかった。つまらない攻防戦だった」との批判もあった。さらに、他国メディアによる「退屈な守備サッカーで日本は沈没」(英デイリーミラー)、「岡田監督は野望のない臆病者」(同)、「退屈の連続の2時間だった」(英ザ・サン)などの酷評を紹介した。韓国メディアはネットユーザーによるコメントも紹介。「熱意もなく、ストライカーもいないつまらないサッカー」、「近所レベルのサッカー」、「歴代ワールドカップ中、最悪に退屈な試合」など、批判的な書き込みが多いと指摘。


@同じキムチ同士で分裂していながら、やつら日本の事が気になって気になって仕方がないんですね。朝鮮人じゃなく、日本人として生まれてきて本当に幸せだよ。
コメント (4)

妊娠中の飲酒、生まれる子の精子に悪影響も

2010年06月30日 16時26分46秒 | 海外の話題
デンマークのオーフス大学の研究チームは29日、母親が男児を妊娠中にアルコールを摂取すると、生まれてくる子供の生殖能力に悪影響を及ぼす可能性があると指摘した。ローマで開催された欧州ヒト生殖学会議で発表した。それによると、母親が男児を妊娠中に週当たり4.5単位以上のアルコールを摂取すると、生まれてくる子の18-21歳の時点での精子濃度は、飲酒しなかった場合と比べて32%低かった。なおアルコール1単位とは、ビール330ミリリットル缶1本、ワインでは小さめのグラス1杯(120ミリリットル)、蒸留酒だとショットグラス1杯(40ミリリットル)分に相当する。研究チームはまた、父親のアルコール摂取量が与える影響についても調べたが、関連性は見付からなかったという。


@酔った勢いでというのはよく聞きますけど、日本ではまず妊婦さんがたばこを吸ったりアルコール類を飲酒するなんて事は考えられません。それでも、もしお酒好きの妊婦さんが近くにいたら注意してあげてね。
コメント

MF本田 「駒さんを責められない」

2010年06月30日 07時58分09秒 | コーヒーブレイク

「W杯・1回戦、パラグアイ0(5PK3)0日本」(29日、プレトリア)敗戦の瞬間を見届けると、MF本田は1人でサポーター席にあいさつにむかい、誰よりも先にピッチを後にした。取材ゾーンに現れると「外した駒さん(駒野)を責められない。内容はどうこういっても仕方ないですね。結果がすべてなんで」と、悔しさをかみ殺すように話した。それでも今大会の日本の快進撃の象徴となった男は「まだサッカー人生は続く。この大会で自分たちに何が足りないかを感じることができた。それをどう4年で積み重ねるか」と、すぐに未来を見据えた。

駒野、胸張って帰ってこいよ!

 

@言葉にできないほどの感動・・・・・・・・・有難う。みんなで、泣こう。

 

コメント

韓国女 ネコ踏みつけ放り投げる・・・警察が捜査に乗り出す

2010年06月29日 21時08分42秒 | 海外の話題
ネコを踏みつけて放り投げる女。飼い主が女を告訴し、警察が捜査に乗り出しました。韓国・ソウル市内のマンションのエレベーターホールで、1匹の白いネコの後ろから女が近づいてきます。女は何かを踏みつけた後、ポーンと放り投げました。投げられたのは、なんと白いネコで、女はさらに踏みつけて蹴飛ばします。ネコは逃げ出しますが、この後、マンションの敷地で死んでいるのが発見されました。映像を見たネコの飼い主はこの女を告訴し、警察が動物虐待の疑いで捜査を始めました。韓国メディアによると、女は「酔っ払っていて覚えていない」などと話しているということです。

@韓国の淫売女です。


コメント (2)

アダルトDVDを違法販売 ビデオ店経営の男逮捕

2010年06月29日 16時11分56秒 | 三面記事
神奈川県で、アダルトDVDを違法に販売していた疑いで39歳の男が逮捕されました。ビデオ店経営者の平根聖容疑者は、神奈川県鎌倉市で届け出をせずにアダルトDVDを販売していた風営法違反の疑いが持たれています。平根容疑者は2007年にも摘発されていましたが、その後も販売を続けたため、警察は悪質だとして逮捕に踏み切りました。

@裏じゃないようですね。


コメント (2)

入国直後の中国人48人、生活保護の受給申請

2010年06月29日 16時08分35秒 | 社会 (蔓延する占領弱体化政策の呪縛)
大阪市西区に住む70代の姉妹2人の親族の中国人48人が5~6月に入国した直後、市に生活保護の受給を申請し、32人がすでに受給していることが29日、分かった。市は「入国直後の外国人がこれほど大量に申請した例は初めて。非常に不自然」として調査を始めるとともに、法務省入国管理局に対して入国管理の厳正な審査を求める。

市によると、姉妹2人は残留孤児とみられ、平成20年7月、中国・福建省から来日、11月に日本国籍を取得した。今年5~6月、姉妹の介護名目で同省から親族48人を呼び寄せ、大阪入国管理局が審査した結果、48人は1年以上の定住資格を得たという。48人は外国人登録後、平均6日間で市内5区に生活保護の受給を申請。同じ不動産業者が付き添っていたという。

@二人の介護目的で48人に定住ビザを発給し、全員が生活保護申請って、日本国ッて主権は存在しないんですか。こんな事を国を挙げてしているとそのうち本当にシナ人に対する排斥運動が始まるよ。
コメント (2)   トラックバック (1)

パトカー追跡、海に飛び込む=男性死亡、盗難車か―警視庁

2010年06月29日 11時09分08秒 | 三面記事
28日午後6時25分ごろ、東京都江東区有明の都道で、パトカーに追跡されたワゴン車が街路樹に衝突した。運転手の男性は車から降り、水の広場公園近くの埠頭から海に飛び込んだ。男性は約50分後に救助されたが、搬送先の病院で死亡した。水死だった。男性は30代とみられ、警視庁東京湾岸署が身元確認を急いでいる。

同署によると、「盗難車とみられる車両を確認した」との連絡を受け、同署員が警戒中に車を発見。パトカーで約600メートル追跡したところ、車は街路樹に衝突した。男性は車から降りて70~80メートル走り、高さ約1メートルの柵を乗り越えて海に飛び込んだ。同乗者はいなかったという。 


@人生とは分からないものですね。16年間も外国の刑務所で劣悪な環境を克服して生き抜いた人もいれば、こんな事で命を落とす人もいたりする訳で、この若者も逃げずに捕まっていれば水死することはなかったでしょうに。自業自得というか、もったいない人生でしたね。   合掌
コメント

大統領恩赦の鈴木英司氏 16年間に費やした弁護費用と獄中生活費は2千万円

2010年06月29日 07時05分49秒 | 社会 (蔓延する占領弱体化政策の呪縛)
大統領恩赦でニュー・ビリビッド(通称モンテンルパ)刑務所を出所した鈴木英司さん(54)が、逮捕以来16年間に費やした弁護費用と生活費は総額2千万円に達した。うち生活費は1500万円。監房の賃貸料から食費、光熱費、囚人組織への寄付、医療費まで多岐にわたった。鈴木さんが「金がないと、無実の訴えはおろか、命も続かない。逆に金があれば、手に入らないものはない」と振り返る刑務所事情を紹介する。

■特別待遇と代償

地裁などで有罪判決を受けた被告・受刑者が全国から集められるモンテンルパ刑務所。一審で死刑判決(大麻所持罪)を受けた鈴木さんは1995年6月の入所直後、死刑囚専用棟に収容された。94年1月の死刑制度復活(2006年6月に再廃止)から既に1年半が経過し、強盗殺人やレイプ事件を起こした比人死刑囚数百人が収監されていた。 同刑務所では、外国人を「VIP」として迎え、個室監房と世話係2人を付けるのがおきて。刑務所内を仕切る囚人自治組織の資金源確保が目的で、個室や身の回りの世話を提供する代償として、家賃や年4回の寄付金などをむしり取られる。 鈴木さんが約8年間過ごした死刑囚専用棟の個室(約6平方メートル、トイレ付き)の場合、入所時に敷金7千ペソを取られ、その後も1カ月500ペソの共益費を払い続けた。03年の減刑後、移された別棟でも、VIP用個室を割り当てられ、敷金2万ペソと共益費500ペソを払ったという。

必要なのは家賃だけではない。食料の配給量が不足しているため、VIPは世話係の比人2人を扶養しなければならず、自身を含めた3人分の食費は1日100ペソを超えた。飲料水は約15リットルで50ペソ、電気代は1カ月500ペソ程度だった。 医療費も有料。鈴木さんは入所直後の1995年8月、胃潰瘍(かいよう)で所内の病院に運び込まれたが、ベッド代として400ペソを請求された。退院後に買わされた胃薬は一錠25ペソだった。 その半面、金さえあれば何でも手に入る。囚人自治組織の経営する売店では、日用品から酒・たばこ、麻薬まで売られ、さらに大金を積めば、広々とした個室にソファやベッド、エアコン、テレビなどを持ち込むことも可能だ。レイプ罪で同刑務所に収監されたハロスホス元下院議員は、敷地内に「別荘」やテニスコートを整備し、停電用の自家発電機も備えていた。

■16年間の「財産」

金がなければ、入院すらままならない獄中生活。厳しい状況を支えたのは、両親の仕送りや知人らの支援だった。愛知県渥美町在住の年老いた両親は年金の一部、月額3万円を在フィリピン日本大使館を通じて送り続けた。また、幼なじみらからの支援金が届けられたこともあった。 しかし、父親の普さんが寝たきり状態となった2006年から、仕送りは月額1・2万円に減少。このため、同年6月にはVIP用個室を出て、約20平方メートルほどの部屋で13人が寝起きする雑居房へ移った。 一方、精神面で鈴木さんを支えたのは妻のマリッサさん(29)。鈴木さんが死刑囚専用棟にいた00年12月、携帯電話の文字メールで「文通」が始まり、翌01年5月に初めて同刑務所内で対面した。02年2月には長男の賢君(8)が誕生し、その後も飲食店のレジ係などをしながら、夫の出所をじっと待ち続けた。

今月21日の出所時、鈴木さんの所持品はTシャツ約10枚とズボン1本、裁判関係の書類だけ。「持っていたシャツは全部で20枚ほど、ズボンは2本ありました。出所時のしきたりで、半分は所内の囚人らに分けました」という。 16年の歳月と大金を費やした結果だったが、鈴木さんは「一番の財産は妻子と16年間に知り合った日本人の方々。また、(フィリピン語などの)言葉が分かるようになったおかけで、比人の性質、性格も見分けられるようになった。老後は、比でのんびり過ごしたい」と話す。 鈴木さんはモンテンルパ刑務所を出所直後、比入国管理局に再拘束され、現在は首都圏タギッグ市内の同局収容所に身柄を移送された。 大麻所持事件の罰金100万ペソ(約200万円)の支払いが終わり次第、強制送還される予定だが、日本で息子の帰りを待つ母親は「(生活費や弁護費用を通じて)もう2千万円以上を比のために使った。それなのに、なぜ罰金まで取らなければならないのか」と話しているという。

@私も過去一度だけ訪れた事があるモンテンルパ刑務所。外観の白い壁と違って中での生活は想像を絶する過酷なものだったんでしょうね。私なら二度とこんな国では生活したいとは思いませんが・・・・・・支えてくれた愛する家族の為に頑張って欲しいものです。


コメント (2)   トラックバック (1)

横浜弁護士刺殺事件で41歳の平川隆則容疑者を公開指名手配

2010年06月29日 00時55分50秒 | 事件
横浜市中区の法律事務所で6月、弁護士の前野義広さん(42)が刺殺された事件で、神奈川県警は28日、殺人容疑で全国に指名手配していた千葉県市川市伊勢宿、職業不詳平川隆則容疑者(41)の氏名や顔写真を公開し、情報提供を呼びかける公開手配に踏み切った。平川容疑者は犯行直後にいったん自宅に戻ったとみられるが、その後の足取りはつかめていないという。 県警によると、平川容疑者は昨年、神奈川県内に住む妻に離婚訴訟を起こされ、前野さんが妻の代理人として訴訟を担当したという。県警は離婚訴訟をめぐるトラブルが背景にあるとみている。

犯行日の翌3日、県警は市川市にある自宅マンションなどを家宅捜索。駐車場にある平川容疑者の車を押収したところ、前野さんの血液が付着した衣服が発見された。 同日、平川容疑者が自宅を歩いて出る防犯カメラの映像を県警は確認しているが、それ以降は戻った形跡がないという。県警は、平川容疑者が前野さんを刺した後、現場近くにとめた自分の乗用車に乗って自宅まで戻り、さらに別の交通手段で逃走したとみている。 前野さんの死因は右脇と右胸を大型のサバイバルナイフのようなもので刺されたことによる失血死だった。凶器とみられるナイフを犯行直前に平川容疑者が購入したことも県警は確認している。

@まだ、捕まっていないんですね。


コメント (1)

死亡男性のカード窃盗容疑で中国籍の女2人を逮捕 新宿のホテル

2010年06月28日 17時50分38秒 | 三面記事
東京都新宿区歌舞伎町のホテルの一室で、三鷹市の男性会社員(46)の遺体が見つかった事件で、男性のクレジットカードを盗んだとして、警視庁新宿署は窃盗の疑いで、いずれも中国籍の新宿区大久保の無職、曹莉(ツァオ・リー)容疑者(46)と同区百人町の飲食店従業員、段琳娜(ドゥアン・リンナ)容疑者(35)を逮捕した。同署によると、曹容疑者は「声をかけられてホテルに入ったが、カードは盗んでいない」と供述し、段容疑者は「窃盗に関しては知らない」といずれも容疑を否認している。逮捕容疑は、24日午前3時55分から同4時15分の間、同ホテル内で、男性会社員のクレジットカード2枚を盗んだとしている。

同署によると、犯行直前に曹容疑者は酒に酔った男性と、ホテルにチェックインしており、曹容疑者が盗んだカードを使い、段容疑者がホテル近くのクラブで飲食をせずに約10万円を決済。男性の遺体が見つかった際、カードは男性の財布に戻っていた。同署はカードを使用後に、曹容疑者が財布に戻したとみて捜査している。同署は男性の死因や詳しい経緯を調べるとともに、カードを決済した店も関与している可能性があるとみて店の関係者から事情を聴いている。男性はチェックアウトの時間を過ぎても退室せず、同日午後5時半ごろ、ベッド上で全裸で死亡しているのを従業員が発見した。

@これもシナ人です。


コメント

またシナ人経営者 違法風俗店摘発その瞬間 年間売り上げ6億円

2010年06月28日 16時29分27秒 | 三面記事
千葉県富里市などで違法に営業していたとして風俗店が摘発され、経営者ら22人が逮捕されました。風営法違反などの疑いで逮捕されたのは、千葉県内で風俗店を経営する中国籍の孫莉容疑者(39)と従業員の男女ら合わせて22人です。孫容疑者らは去年10月から今年6月の間、富里市や成田市などの風俗店の営業が禁止されている地域で、中国人の女らを雇って男性客に対して性的なサービスを行っていた疑いが持たれています。孫容疑者は1年で最高6億円を売り上げていたとみられ、警察による捜索では、自宅からこの一部とみられる現金1900万円が見つかっています。

@相変わらずあくどい商売をしていますね。





コメント

生後10日の乳児刺傷 容疑で母逮捕 石川・小松

2010年06月27日 20時45分03秒 | 社会 (蔓延する占領弱体化政策の呪縛)
生後10日の長男を刺殺しようとしたとして、石川県警小松署は27日、殺人未遂容疑で、母親の会社員、渋由佳容疑者(25)=富山市北代=を逮捕した。容疑を認め「育児に疲れた」と話しているという。長男は胸などに3週間のけが。

逮捕容疑は、26日午後8時ごろ、両親らが住む小松市下粟津町の実家の裏で、長男の胸や腹を包丁で数回切り付けて殺そうとしたとしている。同署によると、渋容疑者の祖母(79)が110番し、署員が現場で泣いている長男を保護。渋容疑者は約6・5キロ離れた北陸自動車道の路側帯で車に飛び込もうとしているところを見つかった。


@本当に日本人はどうなってしまったのでしょう・・・・・・・・・・・・
コメント

「盗撮?」電車内で友人がメール、連携で逮捕

2010年06月27日 14時04分49秒 | 三面記事
札幌北署は26日、札幌市厚別区上野幌1の6、北海道工業大4年伊藤那知容疑者(22)を北海道迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで現行犯逮捕した。発表では、伊藤容疑者は同日午後6時5分頃、JR手稲駅に停車中だった普通列車内で、向かいに座っていた同市内の高校3年女子生徒(17)のスカートの中を携帯電話の動画撮影機能で盗撮した疑い。

女子生徒の隣に座っていた友人で同市内の高校3年男子生徒(17)が、伊藤容疑者の不審な動きに気づき、「カメラで撮られてない?」と女子生徒に携帯電話でメール送信。女子生徒は「ぽいね」と返信し、2人は被害を確認した。2人は、札幌駅で降りて改札を出た伊藤容疑者を約100メートル追跡。男子生徒が問いつめたところ、伊藤容疑者は「すみません」と盗撮を認めたという。


@勇気ある高校生ですね。
コメント